なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ウェブドラマ「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~」見ました


「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~(사랑하면 죽는 여자 봉순이)」 ☆☆☆☆
d0060962_00012107.jpg
2016年のウェブドラマ、全3話(元は10分ちょっと×12話で作られています)
演出 クォン・スヌク(MVの監督)、㈱メタロジー
脚本 ムン・ジヨン(「スタイル」「I LOVE イ・テリ」)、キム・ヒャンジ
出演
ユン・ソヒ(ボンスン役)、SUPER JUNIORのギュヒョン(ジュソン役)、チ・イルジュ(ジェボム役)、キム・ユミ(ソヒ役)

愛の感情を持った瞬間に電源が切れてしまうサイボーグ乙女と、認知症にかかってしまった天才プログラマーの最後の恋愛!

話の展開の面白い短編ドラマでした。
少し前まで、ウェブドラマってそれなり…と思っていたのですが、最近では良いものがけっこう作られていますね。




いたって普通の生活をしている先端IT研究チームの元気溌剌社員オ・ボンスンと、クールな天才頭脳を持つ最年少チーム長キム・ジュソン。
でもじつは、ボンスンはサイボーグで、彼女をプログラミングしたのはジュソン!それにもかかわらず、二人は運命のような愛に陥ります。
恋することを知ったボンスンでしたが、まもなく知る、自分がサイボーグという事実。
さらに、サイボーグのボンスンが誰かを愛するようになれば、誤作動を起こし、電源が落ちてしまうバグまであるという事が分かります。
ボンスンを生かすためには、愛し合ってはいけないふたり。
しかも、ジュソンはじつは、徐々に記憶を失っていくアルツハイマー病にかかっています。
それでも、彼女を治したい、何とか記憶を留めたいと思うジュソンです。

恋する気持ちを止めようとする二人なのですが、始まってしまった危険な愛は止めることができなません。
そのうえ、感情を持つサイボーグはジュソンの友達のジェボムの会社の社運をかけてのプロジェクト。
いくらジュソンが作ったとはいえ、出資をしているのはジェボムなのね。
ボンスンを商品として発表することをあきらめることはジェボムにはできません。
書品として発表された後のボンスンはしばらく賞賛を受けた後、新型が出れば廃棄される運命です。
彼らにはもう、未来はないのでしょうか?

こんなお話です。

芸術家が自分の創造物に恋する、というパターンと認知症ものの組み合わせといえると思うんですが、このドラマの面白いところは創造者が芸術家ではなくプログラマーだというところだと思います。
作ったのは主人公だけれど、お金を出したのは彼じゃないから自由にできない、という現代的な設定ですね。

ラストは多少強引かも、とも思いますけれど、夢物語なので、これくらいの方がいいのかもしれませんね。
ちょっとした時間で見られる、可愛いラブストーリーでした♪

web拍手 by FC2



[PR]
Commented at 2016-09-25 09:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2016-09-26 22:51
09-25 09:36の鍵コメさん、こんにちは。

ジュソンンの方はアルツハイマーの治療に成功、なので、記憶は結局失わなかったんじゃないかな?
ボンスンの方はジュンソンの記憶を消したところ、安定せず、商品化を断念し、ジュソンの記憶をカイロに組み込みジュソンのアルツハイマーの治療法を見つけた後、すべてリセットしたけれど、再び恋に落ちて…ということだと思います。
彼女はカメラマンとして世界を飛び回っていたんですけれど、ジュソンを見たとたんに、この人と会うために世界中を旅していた(だったかな?)といった様なことを言ってました。

「Ex-Machina エクス・マキナ」というのと設定が似ているんですか!
それは知らなかったです!

ユン・ソヒはケーブルドラマやウェブドラマに結構出ている感じですね。
私も好きな女優さんなんですよ♪
おっしゃるように演技、だいぶうまくなったと私も思います!
by kirikoro | 2016-09-23 00:03 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)