なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カン・ジファン、ソン・ユリ主演の「モンスター~その愛と復讐~」見終わりました



モンスター~その愛と復讐~(몬스터) ☆☆☆☆
d0060962_20565369.jpg
MBCの月火ドラマ、全50話
演出 チュ・ソンウ(「伝説の魔女」「百年の遺産」)
脚本 チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン(「2人の共同脚本で「ジャイアント」「お金の化身」「奇皇后」)
出演者
カン・ジファン(カン・ギタン/イ・グクチョル役 )、ソン・ユリ(オ・スヨン/チャ・ジョンウン役)、パク・ギウン (ト・ゴヌ役)、チョン・ボソク(ピョン・イルチェ役)、チェ・ボア(ト・シニョン役)、イ・エル(オク・チャリョン役)、イ・ギグァン(イ・グクチョル子役)、イ・ヨルム(チャ・ジョンウン子役)
最高視聴率は14.1%(AGB)

*このドラマについてのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


カン・ジファンが「お金の化身」「ビッグマン」に続き、またしても復讐ものの主人公を演じます。
前2作はコミカルな要素も結構ありましたが、今回は徹頭徹尾シリアスな復讐ものです。





復讐ものって、二つのタイプに分けられると思うんですよ。
ひとつめは、主人公が敵に全く歯が立たず、終盤までやられっぱなしで、最後に逆転挽回するパターン。
視聴者にとっては、ストレスを溜めこみ溜め込み、最後にそれを発散するという見方になると思います。
もう一つは、最初はコテンパンにやられるものの、ほどなく主人公も実力をつけ、拮抗する戦いを長く続けながらも、決定打が出るのは最後になる、というパターン。
視聴者にとっては、小さな勝利にやった!と思いながらも、追い詰めきれなくって、歯ぎしりして、という状態が交互に長く続くドラマです。
どちらが好身かは、人によって異なるのでしょうけれど、私は後者が好みで、このドラマもまさに、このタイプです。
しかも、このタイプの復讐ものとしては典型的なスタイルのドラマだと思います。
新しいところはないけれど、こういうのが好きな人間にとってはやっぱり面白いドラマというか…。(あんまり続けて見たら飽きるけど)
さすが「ジャイアント」の脚本家さんたちの作品!と思える出来で、構成がうまいんですね。
毎回飽きさせないストーリー展開で、1時間があっという間の、目の離せないドラマになっていました。

ヒロインはソン・ユリ
彼女も復讐ものに結構出ている印象があったためか、カン・ジファンとも復讐もので共演したことがあったような気がしていたのですが、これは記憶間違いでしたね。
よくよく思い返してみると、この二人の競演はラブコメ。
ホン姉妹脚本のヒット作「快刀ホン・ギルドン」の二人でした。
二人とも、8年ですっかり円熟した俳優さんって感じになっていますね。

(story)
イ・グクチョルは医療財閥の跡取り息子でしたが、叔父のピョン・イルチェに父母を殺され、自らの視力も失い、財産もすべて奪われたばかりか、叔母(イルチェの妻)殺しの犯人に仕立てられ、刑務所にまで送られます。
自分を陥れたのがイルチェだと知り、彼に復讐しようとするのですが、逆に殺されそうになるグクチョル。
追い詰められ、川に飛び込んで助かったものの、その後、ホームレスとして暮らしていたグクチョルです。
そんな彼の体内には新ワクチンを作る元になる抗体があるのね。
偶然再会したロビイストのオク・チェリョンによって、血液を提供する代わりに復讐の手助けを受けることに…。

チェリョンの助けにより、米国で視力を回復し、学歴経験を積み、別人として戻って来たグクチョル。
顔を変え、名前もカン・ギタンと変えています。
そのギタンが向かった先はイルチェのいる会社トードーグループの面接会場。
面接にはイルチェが送り込んだト・ゴヌも来ています。
ゴヌはトードーグループ会長の認知されていない息子。
彼をトップ入社させ、会長に後継者として認めさせて利用、ゆくゆくは自分がトードーグループを握ろうというイルチェの魂胆です。
そして、そこにはオ・スヨンという女性もいます。
彼女は実はギタンが目の見えない時にメイドとして世話をしていた人で、互いに恋愛感情を抱いていた仲。
しかも、彼女は自らを犠牲にしてまでギタンを助けようとしたこともある女性です。
でも、彼女も名前を変えており、何か感じるものはあるものの、気づいていません。
そして始まる入社試験。
といっても、さながら諜報部員のトレーニングのような試験です…。

と、こんな感じで始まります。
その後、ギタン、ゴヌ、スヨンともに合格して入社。
また、会長の娘のト・シニョンも登場して四角関係も始まります。
d0060962_20572344.png
復讐の方も、その中心にいるのはイルチェであることには変わりがないのですが、彼を取り巻く人たちの関連もわかってきて、個人にはとどまらない敵の姿が見えてきます。
そして、中盤になってギタンに撃ち込まれる不安の種…。
復讐してハッピーエンド♪と簡単にはいかないような雰囲気になっていきます。
実際、ラストはどちらとも決めかねる開かれた結末になっているのですが、このストーリーでは、どちらかに決めてしまう結末はあり得なかったのでは?と思います。

また、最後に死刑制度について問う部分もありました。
韓国では死刑制度は廃止されていないものの、長らく執行されていない、という現実があるんだそうです。
日本でも一時期執行されない期間があったのですが、現在では毎年何人か執行されているようですね。
その一方で日本弁護士連合会では死刑廃止を目指すことを表明するとか。
世界的には死刑廃止に傾いている感じですけれど、実際どちらがいいのか…。難しい問題ですね。

役者さんたちに関しては、主役や円熟期の助演を務めた方々はよかった半面、若手の俳優さんには演技面での不満がすこし
チェ・ボアは突飛なキャラのおかげであまり目立たなかったものの、もう少ししっとりした演技もちゃんと演じられるようになるといいんですが…。
パク・ギウンはけっこう嘘をついている場面が多いのですが、本心を話しているはずのところでも嘘を言っているようにしか見えず…。
オク・チェリョン役のイ・エルや、ユ・スンへ役のスヒョンは演技がぎこちないし。
そんな中、このドラマで初めて魅力を感じたのが、主人公の若い頃を演じているイ・ギグァンでした。
今までドラマ出演のたびに話題になっている人って感じなのに、イマイチ魅力が分からん!と思っていたのですが、今回は繊細な表情がよくて、とても男前に見えました♪



web拍手 by FC2



[PR]
Commented at 2016-10-17 23:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2016-10-22 20:12
10-17 23:41の鍵コメさん、こんにちは。
お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。

カン・ジファン、彼自身のキャラはコミカルなものが続いていましたが、作品時代はシリアスなものばかりやっていますね~~
「頑張れ、クムスン」懐かしいですね!
私も復讐ものはもういいわ!って感じなので、次回作はラブコメ希望です♪

「ミプン」はリタイアですか、
あんまりおもしろいという評判を聞きませんね~

〉日本のアイドルドラマより酷いです。

うわぁ! ますます見る気がなくなりますね(汗)

「キャリア」
私はまだ見ていないんですけれど、面白そうですね。

〉チェ・ジウの演技が「フワッ」として、チュ・ジンモとの絡みは「ラブコメ」で、事件解決は「お涙ちょうだい」
〉で、周りではミステリー?やらサスペンス?がちりばめられている。
〉でも、それぞれが成立していて、雑な感じがしない。
寧ろ、面白い!!

これ、めちゃくちゃ面白そうじゃないですか!

チェ・ジウ
〉最近の彼女は、等身大の自分を演じることによって、より女優に磨きがかかった感じで、とても魅力的です。

最近の路線の彼女なら、安心して見られますね。
私もそろそろ見始めたいと思います!
Commented by kage at 2017-02-14 11:18 x
kirikoroさん、はじめまして!
いつも楽しく読ませて頂いています。
私はこの作品、リアルタイムで視聴していたのですが、なかなか見ておられる方がいなかったので、こちらを発見してちょっと嬉しかったです。
初見時、ラストはええ~という感じで、形としてギタンとスヨンの幸せな姿も見て観たかったなと思ったのですが、少し時間が経ってみると、視聴者にギタンのその後を想像させるあのラストもありだったのかな~と思えるようになりました。。
正直、ゴヌ(パクギウンssi)引っ張りすぎだろ~っていうのもあり、ソンユリssiはちょっと綺麗に演じすぎてた気がして、細かいとこに多少不満はいろいろ…でもジファンssiはやっぱりスゴかったです!(できれば次は命の危険がない作品を希望。。)
初めてなのに長くなりましたが、これからもブログ読ませて頂きますね。またおじゃまします。
Commented by kirikoro at 2017-02-16 07:44
kageさん、こんにちは。はじめまして!

いつも読んでいてくださっていて、ありがとうございます。
「モンスター」私もこのドラマ、あんまりご覧になっている方がいらっしゃらない感じで、ちょっとさびしく思っていたんですよ。

>正直、ゴヌ(パクギウンssi)引っ張りすぎだろ~っていうのもあり、

復讐ものの基本だったとは思うのですが、もう少し演技力のある役者さんでないと苦しかったような気がします。

>…でもジファンssiはやっぱりスゴかったです!

ほんとにそうでしたね。

>(できれば次は命の危険がない作品を希望。。)

私は次は軽いタッチの作品希望です♪

レスが遅くなってしまい、すいません。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします♪
by kirikoro | 2016-09-27 21:04 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)