なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

キム・ソンリョン、キム・ボムの「ミセスコップ2」


ミセスコップ2(미세스캅2)  ☆☆☆
d0060962_18234175.jpg
2016年SBSの週末ドラマ、全20話
演出 ユ・インシク(「ミセスコップ」「お金の化身」「ジャイアント」)
脚本 ファン・ジュハ(「私に嘘をついてみて」「海神」共同脚本、「ミセスコップ」)
出演者
キム・ソンリョン(コ・ユンジョン)、キム・ボム(イ・ロジュン役)、イム・スロン(オ・スンイル役)、ソン・ダムビ(シン・ヨオク)、イ・ジュニョク(ペ・デフン役)、キム・ヒチャン(カン・サンチョル役)
最高視聴率は11.1%(AGB)

*このドラマはアンケートを設けています。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


シーズン1では、キム・ヒエが強力1チームのチーム長を演じていましたが、シーズン2では、チーム長以下全員が去って、新たなチーム長のもと、新たなメンバーがやって来たという設定のもと、スタートです。
でも、キム・ミンジョン演じる刑事課長はそのまま、前回のメンバーもちらっと出演しています。




さて、今回の主役を演じるのはキム・ソンリョンです。
キム・ヒエは、いかにもおばさんって感じでしたが、今回のキム・ソンリョンはゴージャスな衣装をまとった、一見母親というよりもキャリアウーマンって感じ。
それでいて、悪事を目にすると、無茶なことをしまくって、絶対逮捕!です。
でも、派手ないでたちは目くらましで、家に帰ったら、いかにも気を抜いてますって感じになるのがリアリティーがあります。
といっても、ミスコリア出身の女優さんで、やっぱりきれいなんですけれどね~~
私は見ていてかっこいい!と思う今回のヒロインの方がずっと好きでした。

そして、今回の悪役はキム・ボムです。初の悪役演技です。
最近の若手の悪役といえば、見るからにサイコな極端な悪役を演じることが多いのですが、彼はとても抑制のきいた演技で悪役を見せます。
パッと見た感じでは、オーバーな演技の方がなんだか凄いように感じるのですが、実際のサイコな人たちって、周りの人間も騙されるって話ですから、こういう紳士的で穏やかな姿をしているんでしょうね。
とはいえ、追い詰められてくると、サイコ全開の姿を見せることになるのですが…。

刑事ものとしては珍しく、最初から最後まで、キム・ボム演じる悪役のロジュンとの攻防が描かれます。
悪役との攻防では、強力班チームのメンバー、頑張るんですけれど、なかなか敵を倒せません。
ずっと、敵を追い詰めることができないのでいるのですが、敵があがくことにより、少しずつ相手側に亀裂が入り始め、最終的に勝利する、という展開になります。

刑事ものの場合、最初はいくつかのウォーミングアップ的な事件を扱い、それが徐々に主人公の過去につながる事件に終点していく、という形が基本形だと思うんですが、このドラマは違います。
過去の因縁は、当事者が後々まで関わってくる、という場面はありますが、最初の事件で一応解決。そして、その事件が敵との出会いであり、新たな因縁の始まり、といった感じになります。
と、少しばかりの変化球ではありますが、後の流れは一般的な刑事もののパターンで、ハラハラドキドキしながら物語の流れを楽しむドラマだと思います

ニューヨークで華々しい経歴を重ね、帰ってきた刑事のユンジョン。
でも、彼女がアメリカに渡る前の事件は冤罪だったと言うことを彼女は知っています。
判決が出た後、真犯人からと思われる手紙が来たのですが、事件の犯人逮捕には彼女の夫の昇進への足掛かり、ということもあり、強引に進められていたのね。
事実を夫に言うも、夫に握りつぶされてしまいます。
帰国したユンジョンに再び届く犯人からの手紙。
ユンジョンはその事件の真犯人逮捕を考えるのですが、その機会はすぐにやってきます。

最初の事件として、とある殺人事件の犯人を追うことになった新強力1チームだったのですが、その事件が連続殺人だと気付くユンジョン。
しかも、彼女が真犯人を上げようとしている事件もまた、その連続殺人の一つと思われます。
正直に、(といっても判決後すぐに届いた手紙の子とは伏せ、新たな手紙のことだけ告げるのですが)彼女の事件も同一犯によるもの、と思われることをチーム員たちに打ち明け、捜査を始めます。
その中で容疑者として浮かぶELキャピタルの若き代表取締役のイ・ロジュン。
うそ発見器にかけられたロジュン。
その結果、当該の連続殺人犯である、という質問には反応が出ませんが、人を殺したことがある、という質問には反応が出ています。
うそ発見器は必ずしも正しいとは限りませんが、その後最初の事件時には韓国にいなかったことが確認され、アリバイ成立です。
拘束を解かれたロジュンはユンジョンに、自分が協力しないと犯人は捕まらないだろう、といって協力を持ちかけますが断るユンジョン。
ロジュンはユンジョン相手にゲームをしたいようです。
しかし、ユンジョンはロジュンの助けなしに無事に犯人逮捕、そして、次に任された事件を追ううちに、また、ロジュンとの関係が…。

こういう感じのスタートで、少しずつ、ロジュンの犯罪が明らかになり、彼を追い詰めていく話です。

前回のチームでは、若手のラブラインがありましたけれど、今回もあります。
2AMのイム・スロンと歌手のソン・ダムビが演じるのですけれど、正直、今回の役者さんたち、ちょっと演技力にかけていたのかなあ…。
あんまり説得力がなくて、なくてもよかったかも、などと思ってしまいました。

その反面、ヒロインの家族のエピソードは面白かったです。
ヒロイン父と息子はそんなに存在感がなく、あまり効果的とは思えなかったんですが、ヒロインと夫のエピソードはあまり語られていないにもかかわらず、なかなかいい感じでした。

そうそう、今回もタイトルにも名前の出てくるキム・ミンジョン
今回もほとんど見せ場がなく…。
アクションシーンなどもあるのですが、印象がどうにも薄い!
上司の重みが求められる役だと思うのですが、それがないのが一番の問題なんですかね…



web拍手 by FC2

[PR]
Commented by ローキック at 2016-10-15 03:56 x
>印象がどうにも薄いミンジョン…
薄いミンジョンさん^^;を記事の画像でも見れて、ご感想も書いて頂いて嬉しいです^^;
お顔は好みではないのですが、雑誌の名鑑見ていて印象に残り、どんな役柄を演じられるのかなと思ってたら、その後偶然に見たチャン・ドンゴンさんとの共演の「ゴースト」を観てから多くの作品を観ました。
今は何ですが^_^;、昔は多くの有名女優さんと主演されてましたね〜キム・ヒソン、ソン・ヘギョ、キム・ハヌル、チェ・ガンヒ、キム・ユミ、ハン・ジヘ…
薄い印象に惹かれたのか、何故か応援したくなる俳優さんです。CDアルバムも買って、ライブ聴きたくてファンミも二度行きました^_^

Commented by kirikoro at 2016-10-15 08:40
ローキックさん、こんにちは。

キム・ミンジョンさんの「ゴースト」懐かしい!
ドラマとしては失敗作と思われるのに、なぜか印象の残るドラマでしたね。
そういえば、同じくチャン・ドンゴンさんと共演した「紳士の品格」では久しぶりにキム・ミンジョンさんの良さを生かすキャラでしたね!

少し前のドラマにはたくさん主演されている俳優さんなのに、最近ではあまり役に恵まれない感じがして残念な俳優さんなんですよ。
この人が主演の中年の恋愛物など、見たい気がします♪

>CDアルバムも買って、ライブ聴きたくてファンミも二度行きました^_^

そうなんですか!
すごいなあ~~
by kirikoro | 2016-10-09 18:34 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)