なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

KBSドラマスペシャル「ノリャンジン駅には汽車が止まらない」「そして星になった」


いくつか溜まっている短編を少しずつ、分けてアップすることにします。
まずは、KBSドラマスペシャルから2作品
d0060962_10443366.png




ノリャンジン駅には汽車が止まらない(노량진역에는 기차가 서지 않는다)  ☆☆☆
2015年のKBSドラマスペシャル、1話完結

演出 イ・ジェフン(「チョン・ドジョン」共同演出)
脚本 キム・ヤンギ
出演者
ポン・テギュ(モ・ヒジュン役)、ハ・スンリ(チャン・ユハ役)、キム・ジョンウン(キム・ユンチョル役)

就職浪人生が多く暮らす街として知られる鷺梁津(ノリャンジン)。
主人公のヒジュンもまた、公務員を目指し、この町で暮らし始めて4年になる33歳の男です。
父親に<人並みに生きろ>と繰り返し言われ続けてきたヒジュンは”人並み”の安定した生活を送るため、公務員試験に受かることだけが人生の全てになってしまった男です。
とはいえ、公務員試験は非常に狭き門で、出口が見えない日々です。
そんな彼の前に突如昔は有望な器械体操の選手だった、という一人の少女ユハが現れ、彼の生活は大いにかき乱されます。
ユハの気ままな振る舞いに怒りながらも、現在の大切さを思い出すヒジュン。
そして、ヒジュンにもようやく、日の当たる人生が始まろうとするのだけれど…

こんなお話です。
2014 KBS脚本公募優秀当選作だということですが、新鮮というよりも、手堅い印象のドラマでした。
役者さんたちは魅力的でしたが、お話の方は、私としては、手の内が読めすぎちゃって、感動が薄かったかな?

そして星になった(나에게로 와서 별이 되었다) ☆☆☆☆
2013年のKBSドラマスペシャル、1話完結
d0060962_10502181.jpg
演出 ファン・インヒョク
脚本 キム・ミンジョン
出演者
カン・ジソク(ガンソク役)、チョン・ソミン(ハジン役)、イ・ビョンジュン(ビョンス役)

玩具会社に勤めるハジンはある日、友人の代理で裕福な人たちの婚活パーティーに出席します。
そこで出会ったガンソク、実は会場に向かっている時にガンソクはハジンを見かけています。
電車の中で、子供が自分の服を汚したのに、うまく収める彼女にガンソクはどうやら一目ぼれしたみたいです。
ハジンもまた、ガンソクとの出会いを運命ではないか、と思っています。
でも、ガンソクも実は、友達の代理で出席していたのね。
確かに彼は年収1億ウォンあり、収入はいいのですが、実は病気の母親がいて、支出の方が上回るような状況でちゃんとした家にも住めず、簡易宿泊所暮らしです。
自分の状況を考えれば、ハジンと付き合うことなんてありえないことなんですが、あきらめられないガンソク。
一方のハジンも、経済的に大変な状況です。
勤め先の会社が経営的に苦しく、何か月も給料の支払いが滞っており、ハジンは家賃が払えず、簡易宿泊所、しかもガンソクの住んでいる部屋の真上の部屋に転がり込んでいる状況です。
でも、そんなことはガンソクには言えず、前に住んでいたアパートの前まで送ってもらうハジンです。
しばらくはお互い、同じ宿泊所で暮らしていると言うことは知らずにデートを重ね、親しくなっていくのですが、とうとうそのことが明らかになり…。

真面目に働いているのに貧し差から抜けられない人たちの愛の物語です。
息苦しいほどの貧しさが胸に刺さり、その中の彼らの愛に心が痛むけれど、その中で童話のような輝きを描いてくれたドラマ。
じつは、韓国で放送された当時に一度見ていたのですが、感想を書かないままに放置していました。
最近では日本でも若年層の貧困が大きな問題となっていますし、決して他人ごとではない物語って感じが放映当時(2013年)より一層強くしました。



web拍手 by FC2



[PR]
Commented at 2016-11-07 10:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-07 10:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2016-11-10 08:40
11-07 10:11の鍵コメさん、こんにちは。

>問題定義をしてから、最後には誰かが亡くなって終わる、問題解決されたようで、恋が実りハッピーエンドにもみ消されて、本当の解決がうやむやにされるケース、なんだか尻切れトンボの様なドラマや映画、最近、この様に感じ始め、私今、韓ドラ倦怠期に入っているようです。

これは、ありますね~
私もこの辺りで、少し前、ちょっと韓ドラ視聴の不調気が来たように思います。
でも、最近、夫の定年を前にして、先々の不安が増大している時期なので、逆に、日本ドラマの
>「悪いものは悪い、そして、成敗する」「ラブコメもあまりドロドロ感が無く、笑える」
これよりこういう出口のない感じのドラマに共感している感じがあります。
もっとも、日本では治療費は月額9万ぐらいまでなので、ドラマのカレぐらい収入があれば困ることはないですけれどね~
とはいえ、もうちょっと普通の収入だと、月額9万はかなり大きいですけれど。

でも、
>この様なドラマで国民が「こんなんだから仕方ない、皆そうなんだからどうしようもない、 あぁ~ あんな金持ちになれたらなぁ~」なんて、思わせるのではなく、悪い事は悪い。 少しでも、悪いサイクルを断ち切らなきゃ! と思えるドラマを作って欲しいです。

これは私も韓国ドラマを見ていて、よく思います。
ただ、現在の韓国の状況は、変われる契機になるのかも?と思いつつ見守っています。

ドラマによく出てくる、ともかく大統領にさえなれば、何をやっていても揉み消せる、、というセオリーが崩れかかっている、と思って見ているのですが、どうなんでしょうね。

ドラマの結末、私は彼が亡くなった、と理解したのですが、分かりにくいですよね。

国籍の話は、とても興味深かったです。
じつは私、むかしむかしにグリーンカードを入手できる機会があって(具体的なことは個人情報にかかわりそうなので書けませんが)一旦はアメリカに行こうとお別れ会まで開いたのですが、土壇場になって、やっぱりアメリカの片田舎なんかに住みたくない、日本を離れたくない、なんて言いだして没にしたことを思い出しました。
韓国や中国の人だったらきっと、またとない機会、と飛びついたんでしょうね~~
Commented at 2016-11-13 12:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2016-11-14 10:05
11-13 12:54の鍵コメさん、こんにちは。

기러기아빠も、韓国ドラマではよく登場しますよね。
ドラマを見ていると、大卒ではまだ経歴が足りなくて、海外留学して初めて大企業への就職条件に適合するって感じですから、現実もそんなところがあるんでしょうね。

グリーンカード、現在ではそういう状況なんですか!
9.11はいろんなところで影響を及ぼしているんですね。

「K2」は私は14話まで見たところなんです。
ネタバレを避けながらの感想、ありがとうございます。

>しかし、司法さえも信用されてないのかもしれません

韓国ドラマを見ていたら、司法なんて頼る気にならなくなるだろうな、って感じになってしまいますよね。
もしかして、ドラマが現実を映しているだけではなく、現実に悪い方向で影響を与えているような気もするこの頃です。
じつはこのドラマ、期待していたんですが、なんだかやたらと物事をただ大きく、派手にする方向に持って行っているような気がして、なんだか視聴意欲が萎えるんですよ…。
なんで暗殺計画で銃撃戦なんだ!だとか・・・。

役者さんたちは魅力的なんですけれどね~~。
あと2話、がんばって(?)見ます♪

by kirikoro | 2016-11-06 10:50 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(5)