なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「アフリカで生き残る方法」「特命、彼女を守れ!」MBCドラマフェスティバル2013


MBCドラマフェスティバル2013の作品から続けて2作品、紹介します。
d0060962_10270170.png




アフリカで生き残る方法(아프리카에서 살아남는 법) ☆☆☆
演出 キム・ホヨン
脚本 キム・ヒョンギョン
出演者
ユソン(カン・ミンジュ役)、チェ・ビン(ソ・ドユン役)ユン・ソヒ(ユン・ナラ役)、チョン・ヨンジュ(キム・ジュギョン役)

(あらすじ)
中3のドユンは父と継母、幼い弟とともに暮らしています。
学校ではクラスの女番長ナラの使いっぱしりをさせられ、辛い日々。
生母は幼い頃に彼女を置いて出ていき、現在はアフリカを拠点とする有名な写真家となっているのですが、突然韓国に帰国してきて、ドユンに、1か月だけ一緒に住もう、と提案してきます。
いっしょに暮らし始めたものの、ドユンのことをちっともわかってくれないミンジュにイライラは募るばかり。
ミンジュはドユンの受けているいじめを知るものの、かばってくれないばかりか、どうしてバカみたいにやられっぱなしなの?なんて言い出す始末。
自分には生母はなくて、継母が二人いるみたいだ、と思うドユンです、

じつはミンジュ、余命宣告を受けていて、娘と暮らせる最後の機会、と韓国に帰ってきていたのですが、そのことはドユンには最後まで秘密にしようと思っています。
そうこうしているうちに、いじめの対照がドユンから、彼女の親友のジュギョンに変わります。
いくら親友とはいえ、再び使いっ走りに戻るのが嫌なドユンは苦しいながらもナラには何も言えません。
それを知ったミンジュは臆病だ、とドユンを非難。
そして、ナラたちをとっちめてやる、と立ち向かう母親です。
でも、ミンジュはナラたちに一方的にやられるばかりで一切抵抗しないのね。
それを毎晩繰り返すミンジュ。
その姿を見るうち、少しずつミンジュに心を開いていくドユンなのですが…。

いじめを受けている娘ですが、自分が彼女を守ってやれる時間は短い母親。
彼女が娘のためにしてやれることは何なのでしょうか?

「アフリカで生き残る方法」というのはミンジュの新しい本のタイトルなのですが、その本はドユンに捧げられたものであり、書かれている内容はアフリカだけではなく、世界のどこにいても生き残れる方法なんですね。
それが何かは最後に語られます♪
まあまあいいお話だったと思うのですが、星3つなのは、よくある余命宣告物の、よくある感じのお話って感じがぬぐえなかったから、です。

特命、彼女を守れ!(수사부반장-왕조현을 지켜라!) ☆☆☆
演出 グォンソンチャン
脚本 イ・ヒョンジュ 
出演者
チェ・ウシク(ブ・ジュンシク役)、ハン・ボルム(ワン・ユミ/王祖賢役)、キム・ヒジョン(ジュンシク母役)、チョン・マンシク(キム係長役)、カン・テオ(ナム・ナムチョル役)、チョン・ノミン(ジュンシク父役)

(あらすじ)
1989年。10代の最後の熱い夏を過ごす少年ブ・ジュンシク 。
でも、高3である彼が狂っていたのは勉強ではなく、テレビドラマの「捜査班長」。
「捜査班長」を見て刑事の夢を育て、刑事になるためには「捜査班長」を見るべきだと固く信じているジュンシクです。
そんな彼に王祖賢という女優にそっくりの初恋が訪れます。
バスの車掌のワン・ユミです。
ところが、会社から会社のお金を横領したという濡れ衣を着せられてしまうユミ!
彼女の濡れ衣を晴らし、恋を勝ち取ろうとジュンシクは捜査ブ班長になるのですが...

少し古い時代を扱ったドラマの場合、その時代を表す風物が出てくることがよくあるのですが、このドラマでは路線バスの車掌(韓国ではバス案内嬢と呼ばれる職業)が出てきます。
日本でも昭和40年代の初めごろまでは路線バスに車掌が乗っていたものの、その後急速にワンマン化が進んだので、あまり記憶にある人は多くないのではないでしょうか。
韓国でも少し遅れて、1980年代後半にワンマンバス化が進み、このドラマでも言及されているように、この1989年の12月に廃止されているんですね。
これぐらいの過去だと、覚えている人も多いんだろうな、と思います。郷愁を感じる風景なんでしょうね。

お話の方は、よくあるタイプの話かな?と思っていたところ、最後に、ちょっとビックリする結末が待っていました。
現実の社会では、いろいろな可能性を考える事でも、ドラマの中だといつのまにか、勝手に”ドラマ的展開”なんてありもしないものを想定してしまうんですね。反省。
結末は面白かったものの、時代背景になじみがなかったので、そこまで面白くは感じなかったんですが、この時代を共有している人たちにはきっと面白い話だったんだろうな、と思いました。

*ドラマ中に出てくる「捜査班長(수사반장)」というのは1971年~1989年まで880回にわたり放送された、5人の刑事が事件を解決していく話を描いた人気ドラマなんだそうです。


web拍手 by FC2




[PR]
by kirikoro | 2017-01-15 10:32 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)