なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チャン・ヒョク、イ・ハナの「ボイス」


ボイス(보이스)  ☆☆☆☆
d0060962_23573681.jpg
2017年OCNの土日ドラマ、全16話
演出 キム・ホンソン(「夜叉」「ライアーゲーム」)
脚本 マ・ジンウォン(「ラストダンスは私と」「カムバック・マドンナ」いずれも共同脚本)
出演者
イ・ハナ(カン・グォンジュ役)、チャン・ヒョク(ム・ジニョク役)、パク・ソンヒョン(シム・デシク役)、イェソン(オ・ヒョノ役)、ソン・ウンソ(パク・ウンス役)、
最高視聴率は5.637%

生と死を分ける最も緊迫した瞬間が集中する《112(日本での110番にあたる)通報センター》
「3分で到着、5分で現場確認、10分で阻止」の緊迫したタイムリミットの中での112通報センター員たちの活動を通じ、決してあきらめてはいけないその瞬間の勇気について描くと同時に、自分たちの家族を奪った連続殺人の真犯人を追う、音を手掛かりに事件を解決する112通報センター長と、喰らい付いたら何があっても離さない《狂犬》刑事の死闘を描くサスペンス

*このドラマのアンケートを作りました。ご覧になった方々に参加していただければ嬉しいです♪
          →「ボイス」は面白かった?

ストーリー




以前、ソンウン地方警察庁の112通報センターの一職員だったカン・グォンジュ がアメリカ留学で緊急通報の専門家となり、3年ぶりに帰韓、112通報センター長に就任します。
帰って来るなり、全国最下位レベルの被害者の生存率を上げるため、センター内に「ゴールデンタイム」チームを設置することを決めるグォンジュ 。

一方、3年前に何者かに妻を惨殺されたソンウン地方警察庁の刑事ム・ジニョクは起訴した犯人も無罪放免になり、その後半廃人状態で日々を過ごしている状況です。
そんな彼を「ゴールデンタイム」のチーム長に抜擢するグォンジュ 。
しかし、3年前の事件では、グォンジュ が容疑者の声が彼女が受けた電話の声とは違うと証言したせいで犯人を有罪にできなかった上に、彼女が偽証して金を受け取り、アメリカ留学に行ったとのうわさもあり、彼女を恨んでいるジニョク。
彼女の下で働く気など毛頭なかったジニョクですが、実際に事件が発生すれば動くしかなく、グォンジュ が他の人には聞き取れない音を頼りに被害者の場所を割り出すのを目の当たりにし、彼女の耳の能力だけは信じるようになります、

ところで、グォンジュ もまた、ジニョクの妻が殺された直後に警官だった父を亡くしています。
グォンジュ 父はジニョク妻殺害の容疑者を追って行って、その犯人に殺されてしまったことはグォンジュ と通話中だったために間違いなく、彼女は犯人の声も聴いているのですが、なぜか証拠となる電話の後半部分が消えており、グォンジュ 父の死はひき逃げによるもの、と処理されてしまったのね。
グォンジュ は父を殺した犯人を捕まえることに執念を燃やしていて、じつは「ゴールデンタイム」を作ったのも、その犯人を見つけるため、という裏の思惑があります。
ジニョクの方は最初の容疑者を犯人だと信じ込んでいたのですが、やがて真犯人が別にいることを知ることになり、グォンジュ と共に犯人を追いかけることに…

OCNの犯罪捜査物らしく、かなり陰惨な感じのドラマ(綺麗だけれど残酷で暴力的な部分が多々)なので苦手な方もいらっしゃると思いますが、スピーディーで息もつかせない展開、没入度の高い物語でした。
ドラマの舞台は緊急通報電話を受ける部署で、女性主人公が人並み外れた聴覚を持っているという設定のため、音や声から犯人や事件現場に迫る手法が新鮮で魅力的でした。
また、そういう設定ですから、音響の演出もまた、魅力となっていました。

最高視聴率はこの数字だけでも、ケーブルドラマでは、しかも犯罪捜査物としてはかなり良い数字(OCNでは歴代2位)だったと思うのですが、年齢制限が11回12回を除き19歳以上観覧可という厳しい制限がついていたので、それを考えると数字以上の人気だったと思います。
私も、最初から最後まで、時間を忘れて面白く見ました。

カン・グォンジュ を演じるイ・ハナは私、ちょっと苦手な女優さんなんですけれど、今回のドラマでは、やっぱり好きではないのですが、キャラにはよく合っていたな、と思います。
彼女、頑張りが空回りするような演技がよくあるのですが、このドラマの場合、彼女の役柄がそうなのでそれらしく思えましたし。
心配していた(汗)主人公同士のラブラインもありませんでした。

チャン・ヒョクは世間一般での彼のはまり役のイメージに一番近い役だったんじゃないかな?
格闘シーンもたっぷりで、思いっきり暴れていました。
彼の演じるジニョクの方は、いってみれば、猪突猛進のよくある刑事像で、イ・ハナの演じるカン・グォンジュ の方が主って感じはあるのですが、チャン・ヒョクの魅力でイ・ハナ以上に存在感を発揮していましたし、キャラ自体も、グォンジュ が判断を誤った時に刑事らしい勘を発揮してみたり、彼なりの働きを見せる部分もあり、イ・ハナと上手いバランスのコンビになっていたなあ、と思います、

ただ、彼の行動の無茶苦茶ぶりはどうなんでしょうね…。
銃をやたらとぶっ放すし、加害者には暴行しまくりだし。
そのほかでも、彼に限らず、これはどう見ても警察の権限を越えてるだろ!ってところが多々ありました。
そのほか、ちょっと緻密さに欠けるなあ、と思うところもあったのですが、スピーディーに話が進むので、あんまり気にはなりませんでした。
まあ、ドラマなので、そんなところにこだわっていたら楽しめないですしね。
でも、このあたりも気になる人には気になるだろうな、というところでした。

そして、主人公たちの家族を殺した真犯人です。
なかなか正体を現さないのですが、そのサイコな姿は後半に明らかになります。
最近ドラマではたくさんのサイコな犯人が登場していますが、その中でもかなり印象に残るものでした。
キャラもよかったんですが、それ以上に役者さんの方も(視聴者は真犯人は誰?と思いながらドラマを楽しむことになるので役者さんが誰なのかは秘密です)この人がこんな役をできるんだ!といった驚きもあり、次のドラマが楽しみになる出来でした。

そして、ラストも私は好き!
こういう結末のつけ方もあったのね~とちょっとした驚きでした。
そしてこのラスト、シーズン2が絶対に見たい、という感じで、見終わったとたんに次のシリーズが楽しみになりました。
視聴率も良かったので、実現の可能性は高いのではないでしょうか?

若手の二人、イェソン(SUPER JUNIOR)とソン・ウンソは事件と自分や家族の関連によりクローズアップされた回もありましたが、センター員としての能力はまだまだしっかり見せていなかったと思いますので、この二人は絶対にシーズン2に出演してほしいなあ~
特にイェソンは緊張感漂うドラマの中での、ほっこりとした可愛さがよくて、もっと見たかったです、


web拍手 by FC2




[PR]
Commented at 2017-03-15 07:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2017-03-18 23:29
03-15 07:47の鍵コメさん、こんにちは。

面白かったですね!

このラスト、鍵コメさんはダメですか~~
賛否はありそうですね。

シーズン2
私も主人公のラブラインはない方がいいんですけれど、若手のラブラインは軽く入っててもOKかな?
だけど、韓国ドラマでラブラインを入れるとなかなか軽くはならないんですよね。
アメリカドラマの犯罪捜査物ぐらいの感じでさらっと入ってくるといいんですけれど…。

「トンネル」
タイムトリップが吉と出るか凶と出るか…
ともかく見て見ないことにはわかりませんね♪

Commented at 2017-04-07 18:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2017-04-10 00:03
04-07 18:44の鍵コメさん、こんにちは。

最後のシーン、そうかもしれませんね。
私はシリーズもののホラー映画のラストだ!と思ったために、ゾンビか何かと同じ印象で見てしまっていたのですけれど、リアルに取るならば、かなり問題かもしれませんね。
今回は何とか解決したけれど、同じ悪夢がまた、繰り返しやって来る、って感じですかね。

>韓国社会って、政治や金、権力や財閥などに、とーっても不満があるじゃないですか。
>なんか、その不満を「ドラマ」なんかで解消しているんじゃないかと思うようになりました。

私もそれは感じています。
今回は私は<あのパターンのラストだ!>と思ったために不快感はなかったのですが、そうじゃなければ鍵コメさんのおっしゃる通りの感想になるのかもしれませんね。

違う視点での感想をお聞かせくださって、ありがとうございました♪
by kirikoro | 2017-03-15 00:12 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)