なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

パク・ボヨン、パク・ヒョンシク、ジス「力の強い女ト・ボンスン」


力の強い女ト・ボンスン(힘쎈여자 도봉순)  ☆☆☆☆
d0060962_23443494.jpg
2017年JTBCの金土ドラマ、全16話
演出 イ・ヒョンミン(「ごめん、愛してる」「赤と黒」)
脚本 ペク・ミギョン(「愛するウンドン」)
出演者
パク・ボヨン(ト・ボンスン役)、パク・ヒョンシク(アン・ミニョク役)、ジス(イン・グクドゥ役)、アン・ウヨン(ト・ボンギ役)
最高視聴率9.850%(TNmS)9.668%(AGBニールセン)

生まれながらに怪力を持った少女ト・ボンスンと、知力財力容貌までパーフェクトなアン・ミニョク、正義感に燃える刑事のイン・グクドゥが出会って繰り広げられる3人の男女の力比べロマンス!?

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になったがたに参加していただけると嬉しいです♪

            →「力の強い女ト・ボンスン」

ケーブルドラマでこの視聴率ですから、かなりのヒット作ですし、日本からご覧になっている方々にも好評のドラマでした。
パク・ボヨンの演じるヒロインが怪力なんですが、小柄で守りたくなるタイプ♪
とっても可愛かった~~
そして何を隠そう、男性主人公のミニョクの言動には何だかドギマギさせられて…。
とっても素敵でした♪(眉毛はちょっと気になるんですが)
ただ




嵌るところまではいかなかったんですね~
何でなんだろう、と思っていたんですが、素敵なシーンで流れる音楽が、微妙にずれている感じ?
だいたいのところは雰囲気なんですが、主人公たちの気持ちに入り込むにはあと一押し足らない感じの音楽だったんじゃないか、なんて思いました。
ただ、こんなことを言うのも、けっこういい感じだっただけに、私の要求するものがかなりハイレベルになっていたんだと思われます。

もう一人の男、グクドゥを演じるジスに関しては、最近人気が出てきた人だと思うんですが、私はまだまだ彼の魅力が分かっていません(汗)
短編ドラマの「演奏者たち」の彼はナイーブな表情が生きていてよかったんですけれど…。
d0060962_23531353.jpg
話は逸れますが、今回の彼を見ていて「製パン王キム・タック」や「栄光のジェイン」に出ているパク・ソンウンを思い出したんですよ。
似ていませんか~?
年齢を重ねるとこんな感じになりそう。

(あらすじ)
道峰(トボン)区道峰洞に住むト・ボンスンは怪力を持つ女。
怪力は母方の血筋の女性にだけ代々伝わる能力で、罪のない人を傷つけたり私利私欲のために使ったら、ひどい体の不調が現れたり、ひどい場合にはその力を失ってしまうことになるんだそうで、ボンスンの母は若い頃に私利私欲に使ったため、その力を失っています。
そんなボンスン、ある日子供たちをのせた幼稚園バスがヤクザたちの嫌がらせに遭い、運転手が方向を受けている現歯に通りがかります。
それに気づき、ヤクザたちの前に現れるとびゅんびゅん投げ飛ばすボンスン!
そこにゲーム会社CEOのアン・ミニョクも通りがかり警察に通報します。
警察が到着した時にはヤクザはみんな大怪我をして倒れており、事情聴取では園児やヤクザが、ボンスンがヤクザを投げ飛ばした、と証言。
ボンスンは傷害罪に問われそうになりますが、ミニョクがヤクザ辰が内輪もめして怪我したんだ、と証言してボンスンは事なきを得ます。
警察にはボンスンがずっと片思いしているイン・グクドゥ刑事もいて、ボンスンは彼には怪力のことは秘密にしているのね。
それなのに、ミニョクにはお礼も言わないばかりか、彼がなにもしなかった、と文句などを言うボンスンです。
ところが、そんなボンスンの姿に、セクシー!なんてつぶやいているミニョクです。
じつはこの二人、お互いに気づいていませんが、初体面ではありません。
ミニョクが高校生の頃、彼の乗ったバスが暴走して幼いこと母親に突っ込みそうになっているところで他校の女子高生が人知れずバスを止めたという出来事があったのね。
ミニョクは立ち去っていく彼女を見ているのですが、その顔はよく見えなかったようです。

一方、ミニョクは少し前から、何者かの脅迫を受けています。
身の危険を感じた彼はボンスンにボディーガードを頼みます。
一旦は断るボンスンでしたが、ミニョクが自分のあこがれるゲーム会社の代表と知り、脅迫者を捕まえたら企画チームに配属することを条件に警護を引き受けることに…。

ちょうどそのころ、じつはボンスンの住む町内で殺人事件が発生。
グクドゥを始め警察が捜査しているのですが、この事件は単なる殺人事件ではなく、連続拉致事件へと発展していきます。

ボンスンの片思いについて説明すると、相手のグクドゥはボンスンと同じ町内に住む友達で、ヒジという才色兼備のチェリストの彼女がいます。
そのことはボンスンも知っているのね。
ヒジには優しく大事にしているように見えるものの、ボンスンが事件に巻き込まれるたび、彼女のもとに駆けつけるグクドゥ。
それに、ボンスンがミニョクの警護を始めると(対外的には秘書ということになっている)ミニョクに嫉妬しているとも思える態度をとるグクドゥです。
そんな中、指を痛めたヒジはボンスンの双子の弟で医大レジデントのボンギの診察を受けることになります。
ボンギもグクドゥの友達で、グクドゥがボンギを紹介したのね。
ところが、そのヒジ、なんだかボンギに必要以上に近づいている感が…。
何だか、ここにも三角関係が発生し様な予感です。

こんな感じで始まるお話です。
正直、16話の話にしてはいろんな要素を詰め込み過ぎなのか、ちょっとごたごたとした印象だったかな?
特に私は、あらすじで出てきたヤクザさんがこの後ずっと登場するんですが、これがもう、全くいらなかったと思います!
良くて退屈、ひどいところでは、あまりに汚く不愉快!
しかも、終盤になって活躍の場でもあるのかしら?と思って見ていたのですが、それもなく…。
こんなことなら、つまらないギャグをやめて、他の中途半端な要素(グクドゥ母とボンスン父母の話だとか、ミニョクの家族、特に父親の話だとか)をもっと踏み込んで描いてほしかったなあ。
カット版を作るなら、ここの部分はすっぱりカットしてほしいです。

後、不満だったのはボンスンが企画チームに移ってからの仕事ぶり。
ボンスンのかっこよさが台無しになっていたと思うんですよ。
ボンスンが考えたゲームを出したかったんでしょうが、内容が陳腐だし、ドラマの中でもあんまり生きていないように思いました。
しかも、幼稚園児か小学校低学年用のスペースとしか思えないボンスンの仕事場…。
このドラマのすぐ前に「運勢ロマンス」を見たせいで、そちらのヒロインと比べてしまうところもあったかもしれませんが、アイデアを出して、それをミニョクが形にする、ぐらいの方が、この場面では、かえってよかったかもしれないと思いました。

不満も書きましたが、メインのラブコメ部分を楽しめたので星4つにしました♪


web拍手 by FC2


[PR]
by kirikoro | 2017-04-19 00:04 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)