なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イ・ヒョヌ、ジョイ(Red Velvet)主演「カノジョは嘘を愛しすぎてる」


カノジョは嘘を愛しすぎてる(그녀는 거짓말을 너무 사랑해)  ☆☆☆☆
d0060962_07195162.jpg
tvNの月火ドラマ、全16話
演出 キム・ジンミン(「傲慢と偏見」「結婚契約」)
脚本 キム・ギョンミン
出演者
イ・ヒョヌ(カン・ハンギョル役)、ジョイ(ユン・ソリム役)、イ・ジョンシン(チェ・ジニョク役)、イ・ソウォン(ソ・チャンヨン役)、ホン・ソヨン(チェ・ユナ役)、チェ・ミンス(カン・イヌ役)
原作は青木琴美の同名漫画
最高視聴率は2.0%(TNmSによる)

〈嘘〉で包まれた天才作曲家ハンギョルと〈ビタミンボイス〉を持つ明るくて天真爛漫な高校生ソリムの、純度100%の初恋音楽ラブコメ。

*これからご覧になる方々に参考となるよう、このドラマについてのアンケートを作りました。
先にご覧になった方々に参加していただければ嬉しいです♪


フレッシュで可愛いラブコメなんですが、ともかく音楽が素敵なドラマでした。
私自身は音楽は好きだけれど、K-POPは好きなジャンルではないという人間で、普通音楽は聞き流しているんですが、このドラマはストーリーにピッタリ合う音楽でとても魅力的でした。
まずこのドラマでは、ヒロインの声に人々が魅了されるところから始まるんですけれど、見ていてそれが納得できる声なんですね。
そこにまず、惹きつけられるのですが、そのあと、話の内容に合わせて、いい曲だけれども、ちょっと足りない、という曲や、歌手に合っていない、なんて設定が出てきます。
それがみんな、納得の音で表現されているんです。きっちりと神経の行き届いた音楽づくりをしているドラマだと思います。
また、それぞれのグループの枠を越えての組み合わせで歌ったりするシーンも出てくるのですが、それもとっても良かったです。
そういう部分では「モンスター~私だけのラブスター~」を思い出したりしたんですけれど、私は今回のこのドラマの方が好きでした。

いろいろ素敵な音楽が聴けるのですが、ヒロイン以外で私が魅了されたのはチェ・ミンスのブルース!
路上ミュージシャンをしていて、会話などしながら、即興で歌詞をつけてる、といった感じの部分が多いのですが、この自由さがキャラにピッタリで、しかも味がある!
若い子にはあまり興味ないのよ~という、おじさま好きドラマファンも見逃せないドラマだと思います。

私自身はラブラインには感情移入したりはしなかったのですが、いろいろと楽しめ、始終にこにこしながら見られるドラマでした。





ストーリーの方もしっかりした造りになっています。
じつは1話でちょっと退屈かも、と落伍しかけたんですが、どこか惹かれるものがあって見続けていると、すぐにお話にも興味が湧いてきました。
各々のキャラが抱える問題をしっかりと描き、それが絡まり合ってストーリーが展開していくので見ごたえがあります。

キャストもいいんですね。
適材適所って感じで、若手は俳優と音楽畑の人をうまくミックスしており、助演陣は実力派俳優をそろえたという感じです。

主演のイ・ヒョヌは子役時代には「善徳女王」や「階伯」などの主演陣の子役を演じ、その後「花ざかりの君たちへ」「ドラゴン桜」「ファンタスティッククラブ」など、徐々に大人俳優の仲間入りしているところの俳優。
子役出身の俳優さんらしく、演技力はもちろんありながらも、俳優臭があまりない感じの自然でナイーブな感じの演技がいい感じでした。
これからますます大人の魅力を発揮していく年頃だけに、今後の活動からも目を離せないですね。

ヒロインを演じているのはRed Velvetのジョイ
ドラマ出演は初めてのようなのですが、キャラとの相性がいいのか、とても自然な感じで可愛かったです。

二人の相性も、最初はイ・ヒョヌがすこし押しが足らない?なんて思いもしたのですが、結局これもよかったかな?
業界人と女子高生の恋愛なんて、下手をすれば女の子がだまされているんじゃないか、なんて、おばさんはいらない心配したりもする雰囲気になったりもするのですが(「タンタラ」のチソンをもってしても)、このドラマでは彼の繊細さが生きていて、とってもフレッシュなカップル! よかったです。
可愛くって、見ていて笑顔になって元気ももらえる、そんなカップルでした。

主人公とソリムを巡って争うことになるチャンヨンを演じているのはイ・ソウォン
彼は「錐」でデビューし、「むやみに切なく」にも出演している俳優さんです。

その他のクリュードプレイのメンバーを演じているのはまず、リーダーのシヒョンを演じているのはボーイズグループUNIQのソンジュ
ユンを演じるシン・ジェミンは男性グループLUNAFLYの元メンバーで、その時はテオと名乗っていたようです。
イノ役のチャン・ギヨンはモデル出身の俳優さんのようですね。
歌唱力、演技力、ヴィジュアル、よく考えられたキャスティングだと思います。

ハンギョルの元恋人の歌手ユナを演じているのはホン・ソヨンで、彼女はミュージカル俳優だそうです。
彼女、大人っぽい雰囲気だし、劇中の年齢も少し上目の設定だったのですが、実は1995年生まれの22歳。彼女のちょっとアンニュイな雰囲気の歌も素敵でした。

(story)
お勉強はあまりできないけれど、歌うのが大好きなユン・ソリムは同級生のジヌとギュソンと組んでバンド活動をしている高校生。
人を魅了する声の持主なのですが、舞台恐怖症があってオーディションではいつも失敗ばかり。
そんな彼女、ある日川沿いの道で知らない男から、電話を貸してくれ、と頼まれます。
何かの曲をハミングして、それを送信する男。
ソリムはその男に一目ぼれ(本当はその前に一度会っているのですが)してしまいます。
彼にまた会いたくて何日もその周辺を探すのですが、彼とまた会うことはできません。
そんなある日、オーディションのさなか、例によって歌いだせなくて固まっている時に、その男を見かけるソリム!
過ぎ去ろうとする男に向けて歌いだすソリム、男の方も振り返り、偶然の再会を果たす二人です。
じつは男の正体は人気バンドクリュードプレイの覆面作曲家のKとして活動しているハンギョル、という男です。
ハンギョルが口ずさんでいた局はクリュードプレイの新曲でソリムがまだ、その音源ファイルを持っていることを知るとファイルを削除してもらうために電話番号の交換をするハンギョル。
もちろん正体は隠したままで、作曲家の志望生だと説明するハンギョルです。
感激したソリムはファイルに残っていた曲に歌詞をつけ、ハンギョルにプレゼントします。
でも、ファイルをもらっても冷淡なハンギョルに、彼が曲を取り戻すために番号を聞いたことに、実は気づいていたのだ、と言って去っていくソリム。
ハンギョルはソリムにもらったファイルを一旦はごみ箱に捨てるのですが、思い直して拾い、聴いてみます。
曲を聞いた途端鼓動が大きくなるのを感じるハンギョル。
すぐさま電話をかけてみるのですが不通なため、彼女が来ていた制服を思い出して調べ、彼女の通う高校へと直接やってきます。
そうして始まるハンギョルとソリムの関係です。

一方ソリムにデビューの機会がやってきます。
クリュードプレイの所属している会社の代表のジニョクから、欲しいのは彼女だけだと聞くソリムでしたが、友人を捨てることを拒否するソリム。
ジニョクも自分の考えを押し付けたりせず、ソリムの思いどおり、バンドMASH&COとして契約を結ぶことにします。
ジニョクはソリムにハンギョルの曲を歌わせようとするのですが、新人歌手がソリムだと言うことを知らないまま、断るハンギョル。
ソリムの方はハンギョルが”歌をやっている女は嫌いだ”と言うのを聞いて、スカウトのことを言い出せず、また、ハンギョルから彼の曲を歌ってほしいと言われても断ってしまいます。
じつはハンギョル、歌手のユナと付き合っていたのですが破局して彼女はジュニョクと付き合うようになっていた直後だったのね。
そしてソリムが聴いた曲も彼女との破局から生まれた曲だったのです。

そこに、やはりソリムの声に魅了されたクリュードプレイのベーシストのチャンヨンが自分がプロデュースしたい、とジニョクに申し出ます。
クリュードプレイはもともとハンギョルが高校時代からの友人たちと共に始めたグループだったのですが、デビューの時にハンギョルが抜け、その代わりにチャンヨンが加入した、という経緯があります。
そのため、チャンヨンは他のメンバーと少し距離を感じており、また、ハンギョルに対して負けられない思いがあるようです。

チャンヨンは自分の作曲した曲をソリムに歌ってほしいのですが、代表のジニョクはハンギョルが曲を提供すればより強力な後押しになる、とハンギョルに断られてもあきらめていません。
そんな折、チャンヨンはソリムが好きな人がハンギョルだ、と言うことを知り、ソリムに3年間、自分の作曲した曲以外を唄わないようにする約束を迫ります。
ハンギョルの方はようやくソリムが代表から話を聞いていた新人歌手だと知り、あわててソリムのところに向かうのですが、ソリムは何も知らず、チャンヨンとの約束を交わした後です。

やがてソリムもハンギョルの正体を知ります。
そして何より、自分が心動かされた曲が恋人との別れによって生まれた曲だと知り、ショックを受けるソリム。


ソリムとハンギョルのラブラインはこんな感じなんですけれど、その背後にクリュードプレイがデビュー時から抱える問題がMASH&COのこれからに関連していたり、彼らの所属する会社とその親会社との関係、やはり音楽業界にいたハンギョルの父の人生などが描かれており、単なるアイドル出演ドラマではなく、奥行きのある物語となっています。

とはいえ、さわやかさはたっぷりでドロドロしたところはないので、アイドルドラマの長所はそのままの魅力も持ったドラマでした。


web拍手 by FC2



[PR]
Commented by リリハル at 2017-05-25 00:18 x
こんばんは。いつも楽しく読ませてもらっています。このドラマ、前から知ってはいたのですが、なんとなく結果が見えてるような気がして、視聴をためらっていましたが、kirikoroさんの感想を読んで、見ることにしました。
1話を見て、う~ん、やっぱりそんなに大したことないかもと、見続けるかどうか迷ったのですが、2話、3話と見たら、いつの間にかドハマりしてしまい…。一気に見てしまいました。
主役の二人が素敵なことはもちろん、kirikoroさんが書かれているように、ほんとみんな適材適所で、脚本がしっかりしてて、なんというか話の運びに無理がないというか、安易な展開にならないところが、すごく良かったです。
イ・ヒョヌくんは、映画で何回か見て、ドラマでは「赤道の男」の主人公の少年時代を演じていたのを最後に見て以来だったのですが、ほんとに演技が自然で、ともすればカッコつけになりそうな役を、すごく素敵に演じられていたと思います。最初はちょっと身勝手な感じだったハンギョルが、ソリムと出会うことによって、少しずつ変わっていくところにキュンキュンしてしまって…。
黄色い傘はいつ気付くのかな、それともスルーなのかなと気にはなってたのですが、まさかあんな形で明かされるとは…。ああいうところも、このドラマに好感が持てた要因です。
あまり、話題になっていないドラマだったかもしれませんが(たぶん視聴率もそんなに高くなかったと思いますが)、たくさんの人に見てもらいたいなぁ。おススメです!
kirikoroさんも書かれていますが、音楽もすごく良かったですね~
こういうドラマに出会えるから、韓国ドラマはやめられないんです~
Commented by kirikoro at 2017-05-26 10:32
リリハルさん、こんにちは。

リリハルさんもおすすめですか♪

私も内心、1話で挫折するだろう、なんて思いながら念のために見始めたら予想外に面白かったドラマなんです。

>最初はちょっと身勝手な感じだったハンギョルが、ソリムと出会うことによって、少しずつ変わっていくところにキュンキュンしてしまって…。

いい感じでしたよね♪

傘のエピソード、私もおんなじ感じで見ていました!
ほんと、このドラマ、そんなちょっとしたところがいいんですよね。

>こういうドラマに出会えるから、韓国ドラマはやめられないんです~

ほんと、同感です!
Commented by kamibin at 2017-08-31 17:32 x
Kirikoroさん、こんにちは
私も見終わりました。録りためての一気見でした。
まったくkirikoroさんと一緒で、実は1話目で脱落しかけましたがその後ハマり、次、次となりましたが若干ラスト付近がもたつきました。
でも主演の二人がとても可愛らしく、特にソリムの声は魅力的ですね~曲も良かったし
チェミンスの渋さもプラスでしたね~
普通の(普通でもないか?)父親役に驚きましたよ~アボジーと呼ばれていること自体慣れない.....。
でも素敵な歌声で違う一面を見た気がしました。

期待以上のドラマでしたね。
Commented by kirikoro at 2017-09-03 00:08
kamibinさん、こんにちは。

このドラマ、期待していなかったんですが、よかったですよね♪
めっけものでした。

チェ・ミンス
>普通の(普通でもないか?)父親役に驚きましたよ~アボジーと呼ばれていること自体慣れない.....。

ですよね。
今見ているドラマでは、やはりアボジ~と呼ばれていますが、アラブの国の伯爵ですから(汗)

それは置いといて、彼の歌はもっと聞きたかったなあ~
by kirikoro | 2017-05-17 07:26 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)