なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チョ・ヨジョン、ヨン・ウジン「離婚弁護士は恋愛中」


離婚弁護士は恋愛中(이혼변호사는 연애중)   ☆☆☆
d0060962_23181407.jpg
2015年SBSの週末ドラマ、全18話(BS12では22話での放送)
演出 パク・ヨンスン(「私の人生、恵みの雨」「私の期限は49日」)
脚本 キム・アジョン、パク・ユミ
出演者
チョ・ヨジョン(コ・チョッキ役)、ヨン・ウジン(ソ・ジョンウ役)、シム・ヒョンタク(ボン・ミンギュ役)、ワン・ジウォン(チョ・スア役)
最高視聴率は6.0%(AGBニールセンによる)

以前の上司であり、死ぬほど嫌いだった停職中の弁護士を部下に迎えることになった、事務職出身の新人弁護士!
離婚訴訟専門の弁護士事務所を舞台に、立場が逆転してしまった二人の甘辛ラブコメディーが描かれます。




離婚専門の弁護士事務所「祝福」の代表を務めるコ・チョッキは腕利き弁護士だけれど、人使いはとても荒く、事務長のソ・ジョンウはもう、爆発寸前です。
そんなある日、チョッキは財閥家に嫁いだ女優のハン・ミリの離婚訴訟を担当することとなります。
チョッキは女優の夫が浮気をしているのにもかかわらず、お金を渡したくないために離婚を拒んでいると思い、違法な形での証拠映像を手に入れ、それを証拠として提出しようとしています。
彼女の強引な手法に異議を唱え、止めようとするジョンウ。
でも、強引に振り切り証拠として提出、1審を勝訴に持ち込むチョッキでした。
ところが、直後に自殺する女優の夫。そのうえ、その違法な手法を知った女優の夫側の弁護を引き受けていたBFローファーム代表から告訴されてしまいます。
裁判直前にBFローファームの弁護士スアと話していたジョンウが情報を漏らしたものだと思い込んだチョッキは彼の誕生日パーティーを開こうとしていた事務所で彼にワカメスープを頭からぶちまけてしまいます。
今まで散々こき使われてもチョッキの腕前を信じて尽くしてきたのに、結局自分のことを信じてもくれなかった彼女を見限り、事務所を去るジョンウ。
結局、チョッキの方も弁護士資格を停止されてしまいます。そのうえ、ハン・ミリの浮気現場もどうやら仕掛けられたもののようで、彼女に利用された、と気づくチョッキです。

弁護士を続けられなくなったチョッキは故郷の父の店を手伝っていたのですが、3年後、偶然に先輩弁護士のボン・ミンギュに再会します。
彼が代表をつて目ている弁護士事務所選択の事務局長として仕事をしないか、と誘われ、立場は違うものの、元の世界での仕事を再開するチョッキ。
ところが、事務所に行ってみるとそこには弁護士になったジョンウがおり、彼の担当にチョッキをつけるミンギュ…。
水と油だった二人が逆転した立場でぶつかり合います。
でも、まったく合わないと思われた二人は少しずつ、互いの足りない部分を補うような形で助け合うようになり…。

こんな感じのラブコメで、まあまあ面白く見ていました。
主演陣のキャラがみんな、嫌みがなかったからかなあ~

私が一番好きだったのはシム・ヒョンタクの演じるミンギュのキャラ。
お金の使い方がとっても常識はずれなんですが、それが嫌味じゃなく、ユーモラスなところがなんともいい感じでした。
実際のところ、彼の一家はいわゆるロイヤルファミリーでも法曹界のロイヤルファミリー何で、いくら儲けていると言ってもちょっと設定的に無理かも、と思いもするんですが、まあ、お話の世界ですからね~
シム・ヒョンタクって、こういう常識はずれな人の役をユーモラスに演じるのが上手いですね。

彼と対になるような位置にいるのが女性ライバルのスア。
鬱陶しい系の片思いキャラなんですが、彼女の行動は終始控えめなんです。
こういうキャラはよく暴走して、うっとうしさに拍車がかかることが多いんですが、それがなくって、私の許容範囲に収まってくれていたのも幸いでした。

ヒロインのコ・チョッキを演じるチョ・ヨジョンは「ロマンスが必要1」や「海雲台の恋人たち」のヒロインを演じている人。
実は彼女、なんだかお人形さんみたいで女優としてはイマイチかな?なんて生意気にも思っていたんですが、短編の「ベビーシッター」と最新作の「完璧な妻」で侮れない女優さん!と認識を改めた女優さんなんですね。
今回このドラマを、サイコなキャラを演じる「完璧な妻」と並行して見ていて、キャラのあまりのギャップもまた、楽しんでいました。
こちらではヘンな髪形(韓国では普通だったりするのかも…)で人形っぽさを消していて、姉御肌の女性を完璧消化していましたね。

ストーリーの方は正直、初めの数話を見た段階で最後までの予想がつき、その通りに展開したんですよね~
水と油の男女がいつしか愛を育んでいく話の基本形って感じです。
離婚専門の弁護士事務所が背景のお話ですから、離婚を希望する依頼人がやって来て、各々のエピソードが挟まれるのですが、これが主人公たちの関係性に影響を与える点も基本形ですね。
しかも、そのエピソードも甘ったるいし、主人公たちとの話の関連もすごく直接的で厚みがない…。

と、いろいろ不満もあり、これをぜひ見なければいけない、って感じの話ではないのですが、嫌みもなく、こじんまりとまとまった話なので、見ている時にはそれなりに楽しめるドラマでした。


web拍手 by FC2



[PR]
Commented by lotus at 2017-06-16 19:12 x
確かに、絶対見てねというドラマではありませんが、なんか
ほっこりする話で、私は、好きでしたね。結構楽しみにしておりました。kirikoroさんも私も大好きなシムヒョンタクは今回もいい味出してましたね。ほんと彼は、お金持ちだけどなんか憎めない役はぴったりです。ゴハンいこうよもそう。

検事とか弁護士もの私は実はすきだってことがわかりました。、一話ずつ解決する話に、地下鉄の事件のはっかのことが上手くブレンドして、わたしは、星四つかな。笑

それにしても 主人公のアシメトリーの短い前髪が気になって仕方がなかったです。彼女は背もあんまり高くなく、12センチヒール履いて頑張ってるの見ると泣けてきました

つい最近 新大久保の韓国広場で、私が買ったもの。
ハッカあめです!!! なんかあったと身をたすけるかも。

Commented by kirikoro at 2017-06-18 00:32
>lotusさん

こういう気軽に見られるドラマもいいですよね。

>kirikoroさんも私も大好きなシムヒョンタクは今回もいい味出してましたね。

ほんと、嵌り役でした!

>検事とか弁護士もの私は実はすきだってことがわかりました。

韓国ドラマはこういうタイプのドラマはけっこうおもしろいのが多いので、いろいろ楽しめそうですね、

ヒロインの髪型、視線がそこに集中しちゃうんですよね~

>彼女は背もあんまり高くなく、12センチヒール履いて頑張ってるの見ると泣けてきました

ああ、そうでした!
彼女のハイヒールは背伸びしている感じの体制で、確かに泣けてきますね。

ハッカ飴GETですか!
防災用品になりますよね。

そう言えば青森にお住いの人が、列車がいつ泊まるかわからないので、冬場はいつもチョコレートを持ち歩いている、とおっしゃっていたのを思い出しました!
そういうところで生死を分ける事ってありますもんね~
by kirikoro | 2017-05-19 23:24 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)