なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

パク・シフ、イ・スヒョク、クォン・ユリ(少女時代)の「名もなき英雄〈ヒーロー〉」


名もなき英雄<ヒーロー>(동네의 영웅)  ☆☆
d0060962_23195014.jpg
2016年OCNの土日ドラマ、全16話(BS11版は22話)
演出 クァク・ジョンファン(「逃亡者PLANB)、「THE K2」「チュノ」」
脚本 チャン・ミンソク(映画「ノートに眠った願いごと」、映画「義兄弟」)
出演者
パク・シフ(ペク・シユン役)、イ・スヒョク(チェ・チャング役)、クォン・ユリ(ペ・ジョンヨン役)、チョ・ソンハ(イム・テホ役)、ユン・テヨン(ユン・サンミン役)、チェ・ユンソ(ソアン役)

最高視聴率は1.8%(AGBニールセンによる)

任務の遂行中に同僚を亡くした元諜報部員が事件の真相を探ろうとしているうちに、貧しい就業準備生や生計のために汚職も辞さない刑事と知り合い、力を合わせて、困難に直面している町の人たちを密かに助ける町の英雄として生まれ変わる物語。

私はBS11で見ました。
話数拡大版だと、オリジナルとは違うところで1話が終わることになるので印象は違ってくるかな、と思うのですが、1話が短いと気楽に見られるのが魅力ですね。
このドラマも韓国版を1話だけ見た時に、結構長いな~と思ったのでちょうどよかった感じです。
最近では、特に面白く思えるドラマはオリジナル版で見たいけれど、そうでもないドラマに関しては1話が短く編集されているものの方がむしろいいかも、と思うことも多いです。




(story)
ペク・シユンは元諜報部員。3年前、マカオでの作戦実行中、突然中止命令が下ったのですが、強行して後輩のジヌを殺されてしまいます。
シユンも責任を取って服役し、ようやく出所したところです。
そんな彼が訪れたのは元諜報部員たちが集まる「Bar隣人」。
シユンは3年前の事件には裏があることに気づいており、事件の解明とジヌの復讐をしようと思っているのね。
情報を収集しているうちに、そのBarが売りに出されていることを知り、自分が買い取ります。
一方、町内は大型ショッピングモールの建設のため、地上げを請け負うチンピラが住民たちに嫌がらせしています。
「隣人」でバイトをしている脚本家志望のジョンヨンとその友達で町内で店をやっているボミも絡まれるのですが、覆面をした男に助けられます。
覆面男の正体はシユンです。

一方、検事のイム・テホは家賃は上がるし、子供の教育費はかかるしで、給料だけではとても苦しい状況。
そんな折に元諜報部員のソヌから、副業で会社を運営してくれれば大金の報酬を出す、という申し出を受け、やることにします、
仕事は元諜報部員の監視で、テホはその実行役のアルバイトとして、警察官志望のチェ・チャングという男を雇います。
チャングは命令を受け、しばらくある人物を尾行しており、男に付いて「隣人」にも来ています。
彼は素人ですから、尾行していることはバレバレ…。
ところが、その監視対象の男が殺されてしまいます。
その男は3年前のマカオの事件とも関わりがあったようですね。
しかも、殺しの手口がマカオの時と同じです。
テホは刑事としてこの事件の捜査にかかわるのですが、ソヌからは、事件には深入りせず、適当に関われ、と言われています。

そして「隣人」に現れるシユンの元恋人のソアン。
マカオの作戦では一緒に行動しており、その時には結婚直前だったのですが、シユンの方はジヌの復讐のことしか考えていませんから、出所しても連絡もしていなかったのね。
店にやって来たソアンにも冷淡に接するシユン…。

一方、町の商店主に対するチンピラの嫌がらせはやまず、何度か覆面姿でチンピラをやっつけたシユン。
いつのまにか、困った時に助けてくれる”影”と言われるようになります。
ところがジョンヨンはチャングが覆面の男と似た格好をしていたことから、彼こそが覆面の男ではないか、と思ってしまうのね。
誤解を受けたチャングはジョンヨンによく思われたい、とじぶんも 影になろうと思い始め…。

と、まあ、こんな感じで、行きがかり上人助けを始める主人公なんですが、町の人たちを苦しめている問題が過去のマカオの事件とつながりがあるんですね。
復讐をしようとしていた主人公が市井の人たちに振れ、新たな価値観を見出し、過去の事件も解決する、というスタイルなんですが、正直、なんか物足りない…。

ひとつは私がこのドラマのユーモラスな部分を楽しめなかったせいかもしれませんが、下請けのヤクザさんだとか、弱すぎだし、元諜報部員の監視にシロウトのチャングを雇うなんて、意味不明…。
話の展開によって見えてくる黒幕たちにしても、ちっとも怖い感じがないですし。
また、シユンが方向転換する経過も説得力がないと思います。
普通こういう展開のドラマの場合、無関係な事件をいくつか経るか、関係があっても周辺の出来事からだんだん核心に近づく展開になると思うのですが、このドラマではモール建設のための地上げ問題しか出てこないことも、話に奥行きがない原因になっているのではないかと思います。

また、役者さんの演技もねえ…。
パク・シフは期待に副うだけの演技を見せてくれたと思うのですが、ほかの主要人物が少し残念な気がしました。

イ・スヒョクは「夜を歩く士」の時とは180度違う、明るい現代の若者を演じているのですが、コミカルな演技が冴えないのかなあ?なんだかぼさっといているだけって感じだし、
少女時代のユリのキャラは他の人が演じたら、なかなかドラマが引き締まるキャラだったんではないかと思うのですが、なんだかいらないキャラのように見えてしまっていましたし、
チェ・ユンソも演技があまりうまくないのかな?キャラに説得力がないように思いました。
チョ・ソンハは雰囲気はとってもあるのに、演技の方はしばらく見ていると単調さが気になってしまい…。
出演分量があまり多くない町の人たちを演じる助演陣はいい感じだったんですけどね。

正直なところ、話も役者さんたちも中途半端で締まらない感じを受けてしまいました。

視聴率はケーブルといっても豪華俳優陣に海外ロケまで行ってこの数字は残念だったかもしれませんね。



web拍手 by FC2



[PR]
by kirikoro | 2017-06-26 23:36 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)