なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チ・チャンウク、ナム・ジヒョンの「怪しいパートナー」



怪しいパートナー(수상한 파트너)  ☆☆☆
d0060962_23595813.jpg
2017年SBSの水木ドラマ、全40話(1時間換算では全20話)
演出 パク・ソノ、チョン・ドンユン
脚本 クォン・ギヨン(「君を覚えてる」「ボスを守れ」
出演者
チ・チャンウク(ノ・ジウク役)、ナム・ジヒョン(ウン・ボンヒ役)、チェ・テジュン(チ・ウニョク役)、ナラ(チャ・ユジョン役)、キム・イェウォン(ナ・ジヘ役)、ドンハ(チョン・ヒョンス役)
最高視聴率は10.5%(AGBニールセン)

殺人容疑で逮捕された司法研修生と担当検事のミステリーラブコメ

チ・チャンウクっていろんな表情を使い分けられる人なんですね。見ていて飽きることがありません♪
ステキだし、可愛くってもう、それだけで満足できるような感じでした。

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


(story)




司法修習生のボンヒは謎のメールを受け取りホテルに行ってみると恋人が別の女性と一緒にいるところ。
連れの女性はそのまま姿を消し、恋人に喧嘩を吹っ掛けるボンヒなのですが、そんな彼女をその場から連れ出してくれたのはジウク。
彼、実はその少し前にボンヒから痴漢の濡れ衣を着せられ、散々な目に遭っているのですが、彼自身も恋人に浮気されてつらい目に遭ったことがあるようでついつい助けてしまった、という感じですね、
彼を強引に飲みに連れて行き、正体を失くすほどに飲んでしまい、彼の家で一夜を過ごしてしまうボンヒです。
そんなボンヒでしたが、今度は修習生としてジウクのところに配属され、再会。
そこに痴漢の真犯人が連れてこられ、ジウクの置換疑惑も晴れ、彼に申し訳ないボンヒです。
そんなある日、ボンヒがちょっとコンビニに買い物に行っている間に自宅で元カレが何者かが殺される、という事件が発生。
コンビニの防犯カメラは運悪く壊れており、店員も、客が来たことは覚えているが、それがボンヒだったかどうかはわからない、と証言したため、ボンヒのアリバイは成立しません。
志望した元恋人は地検長の息子だったため、起訴されてしまうボンヒ。
この事件の担当検事をジウクが受け持つことになり、ジウクは元親友のウニョクにボンヒの弁護を頼んでいます。
どうやら、ジウクの元恋人の浮気相手がウニョクだったようで、それ以来わだかまりがある、といった感じです。
事件の方は、何度も捜索されているボンヒの家で凶器が発見されます。
今頃発見されたことを疑問に思うジウクなのですが、さらに、現場から遠く離れたところからもう一つ、凶器が発見されます。
凶器が二つと言うことは、一つはでっち上げられた証拠だと言うことなのですが、どうやら、何としても起訴に持ち込みたい地検長の仕業のようですね。
でも、地検としてはそんな事実は明らかにできませんから、ジウクは離れたところで見つかった凶器の方は隠して裁判に臨みますが、最後の最後にそちらの凶器も証拠として提出してしまうジウク。
ボンヒは起訴を取り下げられ、修習生に戻るのですが、真犯人が現れたわけではなく、ボンヒに対する世間の疑いの目は消えません。
ボンヒは修習生を終えても希望の検事になることができず、弁護士になるのですが、そんな彼女を雇ってくれるところはなく、個人で細々と営業する彼女のもとに訪れる依頼人は変な客ばかり…。
地検の威信を地に落としてしまったジウクの方も検事を続けることができず、弁護士へと転身します。

そんな彼らが2年後、とある事件の加害者側と被害者側の弁護士として再会…。

こんな感じで始まり、ミステリーの部分では、ボンヒが疑われた事件が(真犯人は早い段階で分かりますけれど)終盤まで続くのに加え、ジウクの幼い頃の事件の解明がなされます。
話自体は面白くないわけじゃないんですけれど、どうにも退屈な部分も多く、見せ方が下手なのかな、などと思いながら見ていました。

ラブコメの部分も、チ・チャンウクはとっても素敵だったんですが、相手役のナム・ジヒョンがなんだかおばさん臭く見えてしまって、どうにも気持ちが乗らなくって…。
ラブコメって、ヒロインが苦手だと、あんまり楽しめないんですよね~

他の俳優さんたちでは、憎たらしい悪役を演じることの多いイ・ドクファがユーモラスでとってもいい人を演じているのが注目でした。

ライバル役のチェ・テジュンは「おバカちゃん注意報」で主人公弟役を演じた人。
この人の顔って、どこか独特の感じがあって、一度見たら忘れられない感じですね。
この彼の演じるウニョクと主人公のジウクの関係ってこのドラマでは案外重要なファクターになっていたと思うのですが、この部分ももう少し見どころが欲しかった感じ。

ジウク元恋人役を演じていたナラはHELLOVENUSというガールズグループの人なんだそうです。
彼女のキャラも、うまく見せれば魅力的に見えただろうに…といった感じです。
魅力的に魅せるには彼女の実力が足りなかったのでは?という印象を持ちました。
ジヘを演じたキム・イェウォンの方が実力があって、似ているところのあるキャラなので、いっそのこと、キャストを逆にすればよかったんじゃないか、なんて思ってしまいました。

とまあ、こんな感じでいろいろと不満があったドラマなんですが、チ・チャンウクの魅力で最後まで見続けました♪
星を3つつけましたが、そのうちの少なくても一つ分はチ・チャンウクにつけています(汗)


web拍手 by FC2




[PR]
by kirikoro | 2017-07-28 00:00 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)