なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ヨ・ジング、イ・ヨニ、アン・ジェヒョンの「また会った世界」


また会った世界(다시 만난 세계) ☆☆☆
d0060962_07365812.jpg
2017年SBSの水木ドラマ、
演出 ペク・スチャン(「匂いを見る少女」「野獣の美女コンシム」)
脚本 イ・ヒミョン(「屋根部屋のプリンス」「匂いを見る少女」)
出演者
ヨ・ジング(ソン・ヘソン役)、イ・ヨニ(チョン・ジョンウォン役)、アン・ジェヒョン(チャ・ミンジュン役)、チェヨン(高校時代のチョン・ジョンウォン役)、
イ・シヨン(シン・ホバン役)、パク・チンジュ(ホン・ジンジュ役)、キム・ジヌ(チャ・テフン役)、シン・スホ(キル・ムンシク役)、
ユン・ソヌ(ソン・ヨンジュン役)、キム・ガウン(ソン・ヨンイン役)、クァク・ドンヨン(ソン・ヘチョル役)、キム・ヘジュン(ソン・スジ役)
最高視聴率は8.2%(TNmSによる)

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々が参加して下されば、とても嬉しいです♪


高校生の時に死んだ少年が12年ぶりに当時の姿そのままに帰ってきた!
死んだ彼には殺人犯の汚名を着せられており、そのために残された弟妹達はバラバラになり、それぞれがつらい日々を送っていた。
また、彼の恋人は自分のせいで恋人が死んでしまった、と罪悪感に苦しみ、自責の日々から抜け出せないまま。
高校時代の友人たちと共に冤罪を晴らしつつ、兄妹や恋人と幸せな人生を取り戻していく…

傷ついた人生と心を回復させる、ヒーリングラブストーリーですね。




主演のヨ・ジングは子役出身ですが、「オレンジマーマレード」「テバク」などの主演を務め、すっかり大人俳優の仲間入りしましたね。
1997年生まれなので20歳になったところ、これからのますますの活躍が期待される人。
ヒロインのイ・ヨニは「ある素敵な日」や「ファントム」などのヒロインを演じた人で、結構長く活躍している人ってイメージなんですが、若い時から主演を務めているため、まだ29歳と、二人とも設定に割と近い実年齢ですね。
アン・ジェヒョンは「星から来た男」でヒロイン弟役を演じ注目された人で、その後、「君たちは包囲された」「ブラッド」「シンデレラと4人の騎士」などに出演しています。
彼は2016年にク・ヘソンと結婚したことでも注目を浴びましたね。
彼は1987年生まれで役の設定が34歳(ただし、多分数えでの年齢)なので、少しだけ若い実年齢です。

この3人が三角関係を形成するのですが、なぜか私は、年齢の近いイ・ヨニ×アン・ジェヒョンより、イ・ヨニ×ヨ・ジングの方がお似合いの感じがしました。
アン・ジェヒョンの華奢でシュッと(?)した感じが新世代の俳優さんって感じでジャンル違いに思えるのかしらね。
アン・ジェヒョンとヒロイン子役のチェヨン(DIA/I.O.I)だと、年齢差はありますが、ビジュアル的にかなりいい感じに見えそう。
残念ながら、そんな場面はありませんでしたが…

お話の方は、私、ヨ・ジングは苦手気味で、彼のラブストーリーって最後まで見られるかしら、と思いながら視聴を始めたんですが、飽きさせないストーリー展開でそれなりに楽しく見ました。
とはいえ、ちょっと印象は薄かったかなあ…。

内容的にもっとジーンと来てもよさそうなものなのに、さらっと見終えてしまいました(汗)
あちこちにちょっとずつ不満の残るドラマだったかな、と思います。

まず、主題は傷ついた人たちの再生の物語だと思うのに、やたらと犯人を追う部分が多いんですね。
真犯人を見つけないことには濡れ衣を晴らすことができませんから、必要な部分ではあるのですが、ヒーリングとは正反対のカラーで、興味が主題からそれてしまいます。
しかも、反転を繰り返すものの、最終の犯人に至るまでの容疑者はドラマの進行上、ありえない人たち。
その上、ある程度韓国ドラマを見慣れている視聴者にとっては、真犯人も登場した途端、犯人はこいつだ!と思ったことと思います。
しかも、子供の誘拐まであって、さらっとはいきません。
(もっともこれがあるからコンジュを巡るラストの場面が何とか成立しているのかな、とも思いますが)
謎解きドラマじゃないんだから、もっとコンパクトにまとめて早い目に真犯人にたどり着いて、各々が幸せに至る過程をもっとしっかり描いてもよかったのでは?

最後はヒーリングドラマのお決まりのパターンなんですが、おいおい突然改心するなよ、と思ったり、ちょっと簡単に赦し過ぎじゃない?と思ったり、強引さが目についてしまいました。

ところで、テフンに関して、彼の父親が実は違うのではないか、と思ったのは私だけでしょうか?
テフン母が元夫に関して”30年経って”なんて言っていたので私はてっきり…
こういう事を考えてしまうのも、きっと犯人探しで、やたらごたごたしていたからかもしれませんね。

そして、何よりの問題は、彼らが物質的な意味での安定を得るためのお金がすべて棚からぼたもち!
資金を得るための対価をきっちりと払ってほしかったですし、そういう地道な努力をしている姿がこのドラマには必要だったのではないかと思います。




web拍手 by FC2


[PR]
by kirikoro | 2017-09-28 07:45 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)