なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ヘリ(Girl's Day)、パク・ボゴム、リュ・ジュンヨルの「恋のスケッチ~応答せよ1988~」


もう、10月の視聴状況の記事を各時期なんですが、まだ書けていないので、こちらを先にアップしますね。


恋のスケッチ~応答せよ1988(응답하라1988)   ☆☆☆
d0060962_23410237.jpg
2015~16年のtvNドラマ、全20話(BS11版は42話に編集)
演出 シン・ウォンホ(「応答せよ1997」「応答せよ1994」)
脚本 イ・ウジョン(「応答せよ1997」「応答せよ1994」)
出演者
ヘリ(ドクソン役)、パク・ボゴム(テク役)、リュ・ジュンヨル(ジョンファン役)、コ・ギョンピョ(ソヌ役)、イ・ドンフィ(ドンリョン役)、リュ・ヘヨン(ボラ役)
最高視聴率は18.803%(AGBニールセン)

1988年のソウル道峰区 サンムンドンの横丁に住む五家族が繰り広げる、暖かい家族愛とご近所づきあいの物語であり、幼い頃から仲良く過ごした友達、ドクソン、ジョンファン、ソヌ、テク、ドンリョンの愛と友情の物語。

*このドラマは結末を知らないで見た方がいい、と思いますので、このブログでのコメントはネタバレ厳禁にさせていただきます。
私自身のラストについての不満を別ブログに書いていますので、ネタバレ感想はお手数ですが、そちらの方に書き込んでくださいませ。

韓国での視聴率は放送当時では歴代ケーブルドラマの1位、現在(2017年9月)では「トッケビ」がそれを超える視聴率を記録していますが、それでも2位のドラマです。
「応答せよ」シリーズの第3作目で、日本でも評判のいい人気作ですね。
わたしはBS11の42話版で見ました♪

応答せよシリーズでは、ヒロインが結婚する男性が誰?というのがドラマの一番の関心を集めるポイントになっていると思うのですが、このドラマでも、もちろんそれはあるものの、前作や前々作に比べ、そのウエイトはかなり軽い感じです。




ラブラインの方でも、メインではないと思われる恋愛の方が、恋愛らしい恋愛として書かれている感じがします。
終盤に結婚式も描かれるのですが、これも、ヒロイン以外のカップル。

ヒロインを巡る恋愛は男性二人が、ともに愛と友情のはざまで自制しちゃうんですね。
恋愛そのものより、男性二人の進むに進めない、だけどヒロインのことをずっと好き、という気持ちがたっぷり得描かれていたドラマだったと思います。
特に、最終的には恋に破れた方の男性の思いには泣かされました。

実はこのドラマで、それ以上に描かれているのは彼らの親たちの人情味あふれるご近所づきあい。
日本で言えば昭和のような、少し古くて郷愁をそそる情景と人情がたっぷり描かれていますので、お好きな人はお好きだと思います。

お好きな人は…なんて書きましたが、私の場合、話を面白く見ている間はそれなりにそういう情緒も楽しんでいたのですが、終盤、ドラマに気持ちがついていけなくなり始めると、この情緒についてもいろいろ考えてしまい…
もちろんいいところもたくさんあったでしょうけれど、良いだけだったら今でも続いていたはず。
最近では少し昔の”良い時代”が大人気ですが、マイナス面もたくさんあったわけで、それだからこそ、現在よくあるようなご近所づきあいのパターンが出来上がったんですよね。
いい部分ばかりを描かれても…と思ってしまいます。

私の場合、最後で一挙に気持ちが覚めてしまったんですが、そのわけはきっと、ヒロインの感情が分からなくなってしまったからだと思うんですよ、
男の子たちの気持ちは痛いほどわかるのに、ヒロインの選択には、どうして?って思いがぬぐえないんです。
といっても、彼女の選択が自分の予想や期待とは違った、というような単純なものではないのね。
彼女もずっと気持ちは決まっていた、という事だと思うのですが、それがどうにも私には伝わってこなくって…。

彼女の場合、最初から友達から”彼はあなたのことを好きなんだ”なんて言われて恋に落ちたりもしていますし(ここだけだと、彼女はまだ、恋に恋する段階だと解釈することができるのですが)なんだか主体性なく、二人の男性間でふらふらしていて、最終的な選択もなんだか自主的な選択には見えなかったんですよね。
可愛くってけなげでいい子で、と好きなヒロインだったんですが、なんだかがっかりしてしまいました。
もしかして、自然な展開より、前作からの変化を一番に考えた?なんてことも頭に浮かびました。
*ネタバレを回避するため、分かりにくい表現になっています。ネタバレOKでしたら、別ブログにもう少し具体的なことを書いていますので、そちらも御覧になってください♪


最終的には、ラストにどうしてあの人が出てこない?だとか、現在のあの人の姿が昔の姿からはあり得ない、だとか、いろいろな不満が噴出しまくりで終わっちゃったんですね。
わたしにとっては何とも残念なドラマでした。




web拍手 by FC2


[PR]
Commented by ソネッチ at 2017-10-04 19:56 x
 お気に入りの応答せよシリーズ! 放送を楽しみにしていてほぼリアルで見ました。私は文句なしの星4です。応答せよシリーズでは一番好きなドラマでした。順番でいうと88〉97〉94の順で好きです。

 私にとって、このシリーズのウリは何といっても、男主人公。みんな、ヒロインが大好きでともかく一途。そして文句なくカッコいいです(あえていえば、97のお兄ちゃんはちょっと弱いかな)
このドラマも、男主人公二人のヒロインに寄せる思いに胸キュンキュンでした。94は、私が好きな男主人公はヒロインと結ばれなくて最後テンションが下がりましたが、88は私が応援していた方と結ばれたのでその面では満足です。

88は家族が全面に出たご近所ドラマでしたが、その部分も面白く見ました。私は幼年期、ちょっぴり、この時代の雰囲気が残るご近所づきあいを経験したことがあるんです。ご近所に子供が多く、母親たちはみんな専業主婦でした。母親同士が仲良しなので、ご近所でよく夕飯をごちそうになりました。なので、特に母親3人のストーリーが良かったです。ラ・ミランさん、存在感ありましたね。大好きでした。
Commented by kirikoro at 2017-10-06 08:08
TMさんこんにちは。
コメントありがとうございます♪

このドラマのネタバレはどうしても避けたい、と思ったので、ネタバレブログの方に移させていただきました、
http://kirikorori.blog63.fc2.com/blog-entry-732.html

勝手にすいません。
不都合があればおっしゃってくださいね!
Commented by kirikoro at 2017-10-06 08:25
ソネッチさん、こんにちは

>応答せよシリーズでは一番好きなドラマでした。順番でいうと88〉97〉94の順で好きです。

そうなんですか!
見事に私と逆です(汗)
人によって全く違ってきますよね。

>私にとって、このシリーズのウリは何といっても、男主人公。

言われてみればそうですね!

>みんな、ヒロインが大好きでともかく一途。

ほんとにおっしゃる通りだと思います。
確かにシリーズに共通していますね。

>そして文句なくカッコいいです

ここは好みの問題なのかなあ…
私がカッコいいと思ったのは実はユ・ヨンソク君だけなんですよ~
ソ・イングク君も、このシリーズの時には全くダメで、最近になり、やっと彼の魅力が分かり始めてきたところなんです。

家族ドラマの部分はわたしも、記憶を刺激されるところがありました。
そういえば、お父さんが出張などの時って、友達の家でよくお風呂に入っていた、なんてことを思い出しました。
親同士はずっと付き合いが続いていたようでしたが、幼馴染たちとは高校時代になれば、かなり疎遠になっていた気がします。
一番親しかった女の子の友達は年賀状程度の付き合いはまだありますが、他の子たちはどこで何をしているのか…
ちょっとさびしいですね。
Commented by kirikoro at 2017-10-13 08:18
とっこさんさん、こんにちは。

コメント、ありがとうございました。
ネタバレになる内容があったので、勝手ながら「きりころじっく3」の方に移動させていただきました。
http://kirikorori.blog63.fc2.com/?no=732
すいません。
何か不都合があれば、おっしゃってくださいね。
by kirikoro | 2017-10-02 23:59 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)