なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

韓国のテレビ放送事情および最近見た韓国ドラマ


韓国のドラマ、最新のものはネットでリアルタイムで見ているのだけれど、実際の視聴以上に準備している時間が必要で、結構大変なのだ。
まず、韓国の放送は日本のように時間ぴったりに始まるわけではない。
5分10分遅れは当たり前、逆に、はやく始まることも、あるのだ。

だから、始まる前から、注意してモニタの前に構えている必要があるのね。
しかも、状態のいい画面で視聴しようと思うと、はやい目に、そのテレビ局に接続しておかなきゃならない。途切れにくい放送局はどうやら人数制限があるらしく、はやい目にキープをしておくのね。
そうそう。ところで、何で放送開始時刻が定まらないか、というと番組の放送時間がアバウトだからなんですね。番組が長くなると、当然あとの番組の開始が遅れるわけで。だいたい、ドラマなんかでも出来上がるのがかなりぎりぎりらしく、場合によっては番組の放送が始まってもまだ編集作業が終わってない、なんてことがあるらしい。ですから、日本のように何分何秒でピシッと終わる、なんていうことが不可能なんだとか。

ということで、今回も最近見た韓国ドラマの感想を。
下記の中ではリアルタイムで見たのは「ありがとうございます」。
「ハローお嬢さん」はKBSのタシポギで、1~2日遅れで見ています。
☆印は私の良かった!度。今のところ、最高は星5つ。
ネタバレにはならないようにしていますので、あらすじはあら筋になっていないような…。

ありがとうございます    ☆☆☆☆
心の温かくなるヒューマンドラマなんだけれど、甘くはない。うまく練られた話だと思った。
簡単に話の紹介をすると、医師だった父親の失脚や手遅れの癌にかかった恋人を救えなかったことなど、たくさんの傷を抱えてドラマ的な表現で言うならば人生に絶望した医者が、未婚の母で、エイズに感染した娘と痴ほう症のおじいさんと暮らしているヒロイン(自分の存在に引け目があるらしく、どんな場面でもありがとうござますと言ってしまう癖がある)と出会い、互いに人間性を回復していく話、といったところか。
登場人物も脇役の一人一人まで、それぞれに個性的で、ちゃんと生きているのも魅力だった。たとえば、男性主人公とヒロインの娘の父親であるライバルはどちらもヒロイン母娘に愛情をたっぷり注ぐのだが、その表し方が違う。その描き方のおかげで、娘は父親からもしっかり愛されているけれど、主人公の方がより深い愛情と見えるので(たぶん、存在するであろう)子供は実の親と暮らした方が幸せ、と思っている人たちにも説得力をもった展開となっている。
また、ヒロインのおじいさん(痴呆のようです)を巡るエピソードにはいろいろと、いいものが多いのですが、15話~最終話のチョコパイのエピソードは圧巻。今後、チョコパイを見たら、このおじいさんを思い出してしまうだろうな、と思っちゃいます。ただ一つ、気がかりとして残ったのは男性ライバルの婚約者だった女の子のその後。幸せな消息が聞きたかったな。
エンディングもこれだけ練られた台本なので、下手にあっけらかんとハッピーエンドにならないハッピーエンドというのもいいですよね。
それにしてもチャン・ヒョク氏は除隊後の復帰第1作にとても恵まれたなと思う。いやあ、めっちゃかっこいい役です。なにせ、兵役逃れがばれての入隊だっただけに汚名挽回しなきゃならないのだけれど、同じ立場のソン・スンホンが好青年なイメージなのに対し、割とハチャメチャな役を演じることが多かっただけに難しかっただろうなと思う。「明朗少女成功記」のなかでは、「男だってできることなら逃げようと思う軍隊」みたいなセリフまであったし。それが、このドラマではチャンヒョクの魅力を余すことなく引き出しながら、いい人イメージがちゃんと出ているいい役柄だったと思う。それにひきかえ、ソン・スンホンは彼自身のために台本を書いてもらうはずが、脚本家が逃げ出しちゃって映画での仕切り直しtなったようだし、運の部分が大きいんでしょうね。
あと、最初のあたりで手術の様子が臓器(のようなもの)を取り出してみたり血がどばっと吹き出したり、とかなりリアルな感じで出てくるのだが、気持ち悪くはならなかったんですよね。頭ではリアルだと思いながら、心が作りものだと受け止めていたような。たぶん、リアルな造り物が逆に深層の部分ではリアルと認めない、というか。もしかしたら、たとえば短歌で言うところの糞リアリズムと共通することかもしれない、などと思った。


ハローお嬢さん    ☆☆
盛り上がりのないまま、ラストになって、突如結婚!という展開になって、終わってしまった…。
あらすじは経済的に破綻寸前の宗家(名門の家系の本家で、家に伝わる伝統を守る立場、と理解していいのかな? ちょっと、詳しいことはわかりませんが、お年寄りのお偉いさんにいろいろと意見されて、苦しい立場みたい)のお嬢さんと、何としても、その家を買い取れと祖父である社長に命じられてその宗家、ファアンダンにやってきた財閥3世との恋物語。実は、その社長、若い頃ファアンダンで作男をしていたのだが、牛一頭を盗んで逃げた、という経歴の持ち主。財閥3世のほうはほぼ、ひとめぼれなんだけれど、お嬢さんのほうがなかなか恋愛モードに入らなくってねえ。ふつう、こういう展開だと、本人は気付いていないけれど、恋心が芽生えているな、などと、思いながら見るんですが、そういう気配が感じられない…。男性主人公の方も、ヒロインのことを好きというのはお話からはわかるけれど、見ていて伝わってこないのよねえ・・・。その上、会社での後継者争いだとか、ファアンダンがどうのこうの、という話の割合が結構高いのだけれど、これがあんまりおもしろくなくって。だらだらと見続けているうちに終わってしまったドラマでした。


ウェディング  ☆☆
実は、テレビの吹き替え版で見始めて、数話でリタイアしたんですが、GyaOで字幕スーパーで放送されたので再挑戦しました。
このドラマ以降、吹き替えは絶対見ないぞ、と決心した次第。リュ・シウォンの声をやった人、気持ち悪すぎ!
あらすじはお見合いで早々に結婚した男女に昔の男やら女が出てきていろいろと問題噴出で…。って感じ。
あちらこちらでちらりと出てくる、道徳の教科書的な匂いが鼻について、駄目でした。


新入社員    ☆☆☆
韓国ドラマには珍しく、恋愛の比重がかなり少ないドラマ。三流大学出身の就職浪人の主人公が間違って世界的大企業に入社してヒーローになる話。
ヒロインや男性主人公の友人たちも皆、ぱっとしない人生を送っているのだが、それぞれが自分の場所を得て、ハッピーエンドになる話。(それ以外考えられないお話だからネタばれにはならないですよね)
ライバルたちも、多くはそれぞれにいい人化していって、気持ちのいい展開。こいつは許せん!という奴だけは別にして…。

秋の童話    ☆☆
ユン・ソクホ監督の四季シリーズの第一作目として有名なドラマですね。
幼いころの恋、疑似兄弟的な関係、交通事故、白血病と王道的な道具立て満載で、私としては、古臭くって…という印象。
[PR]
Commented by やねうらねこ at 2007-05-12 06:59 x
 希理子さん…パワーあるなぁ。(笑) この写真おもしろい。毛虫が空へと上って
いっているんですね。すぐにジャックと豆の木を連想しました。そうそう…背景が黒
だとかなり感じが変わりますね。背景が黒で困るのはプリンタで印刷するとき…。
 ところで「短歌で言うところの糞リアリズム」ってどんな? あまり知らないもの
で…。
Commented by kirikoro at 2007-05-12 16:45
ブログのデザイン、いつまでも桜というのも、と思って変えました。
字が読みにくいとは思ったのですが、この写真が気に入って、ついつい選んでしまいました。
「糞リアリズム」なんですが、短歌は描写に具体性があった方がいい、と言われ、事実、その方がいい場合が多いのですが、あまりにも微細な描写によって、逆にリアリティが失われることがあるようです。とある歌会で、ある歌について言われたことなので、具体的な例をあげることができなくって申し訳ないのですが。だいたい、そのようなことだと思ってくださいませ。
Commented by mari at 2007-05-12 20:13 x
こんにちは^^
私も遊びに来させていただきました、お邪魔します!

「ありがとうございます」はいい脚本でしたね~。
そして役者さんも主役脇役揃って皆よかったです。

「ハローお嬢さん」。私はこれ10話くらい(だったと思いますが)までダラダラ見続けた末に「もう進展なさすぎ!!!」と思いばっさり切ったドラマですが(汗)、結末をこちらで知ることができました^^
ありがとうございます♪
あの二人は最後結婚したんですねー。「突如の結婚」というのが見てもないのになぜだか手に取るようにわかります(笑)。
あの展開だとそうなるんだろうな~って・・・(爆)。
このドラマは期待していただけに個人的には残念でした^^;
Commented by kirikoro at 2007-05-13 00:27
mariさん、いらっしゃいませ♪

>。「突如の結婚」というのが見てもないのになぜだか手に取るようにわかります(笑)。

あはは。わかりやすすぎ!
「お嬢さん」記事では触れなかったんですが、ファランとスハののお兄さんとの恋愛はとってもいい感じに進展して、エンディングとなったんですよ。それが唯一の救いかも…。
by kirikoro | 2007-05-11 17:33 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)