なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

韓国ドラマの感想


愛知テレビの韓国ドラマ、わたしの願いが通じたのか、吹き替えなんですが、2ヶ国語放送で、やってくれるようになったみたい。(嬉)
リアルタイムでの視聴は次々と最終回を迎えるドラマが…。次のシーズン、あまり期待してるのがないんですよね~~。
まあ、そんなしーずんも、あるさ。
では、最近見終えたドラマの感想を。

コーヒープリンス1号店   ☆☆☆☆☆
d0060962_21211975.jpg

久しぶりにわくわくドキドキしたドラマで、今まで見た韓国ドラマの中では、私としては一番好きな作品になりました。
脇役に至るまで、丁寧にそれぞれのドラマが描かれており、キャラもみんな個性があって魅力的で。何よりも、各人の心理と行動が自然で共感できるのがポイント高かったです。
ストーリーも終盤、少し緊張感が欠けるといえば欠けるのですが、無理がなく、余韻を楽しむ感じで楽しめました。中盤までは、文句なく、面白かったし。
メインストーリーはちょっとしたアクシデントで(このドラマも、出会い最悪のパターン)男の子と間違えられちゃったまま、コーヒーショップで働きだすヒロイン=ウンチャンとそれまでずっと遊び暮らしていたんだけれど、お祖母さんの兵糧攻め作戦でそのショップの社長になることになった男性主人公=ハンギョルの恋。ハンギョルはウンチャンのことを男の子だと思い込んだまま、恋に落ちちゃうのね。このヒロインがとっても可愛いの。男装する女の子って、女くささが鼻についてたいがい苦手なんですが、この、ウンチャンは、男の子には見えないけれど、個性的なかわいさがあります。乱暴な仕草や大食いとがさつななんだけれど、それが許せるのは男というよりこどもに見えるからかな? それにしても、画面に出てくる食事のシーンだけでも相当カロリーをとってしまいそう! 頬のラインがだんだんふっくらしてきて、女優さんも大変!と思いました。
ハンギョルを演じているコン・ユも視線がいいんですよね。ヒロインを思う気持ちが伝わってくる…。
サブストーリーはメインの2人の初々しい恋に比べて、ぐっと大人の恋。サブヒロイン(?)のユジュって独身主義者で奔放で、というキャラなんですが、ぎらぎらしてないんですよね。むしろ、哀しげな表情が印象的なの。どこか謎めいたキャラなんですが、それも話の進展とともに明らかになって共感度も増してくる仕組みになっています。
そのほかにも、登場人物それぞれの恋にまつわるストーリーがあって、カップルの数だけ恋の数があるって感じかしらん。こういう丁寧な書きわけも、いいなあ。
その他、小道具や音楽もこじゃれた感じでそういう点でも楽しめました。
このドラマはテレビドラマでは初の女性監督のデビュー作らしいのですが、女性ならではの細やかさと、女の子の見たがるものにこだわった作り方は今後、新たな流れになっていくのかもしれませんね。
それと、定型とその変形のさせ方、という点でも面白かったドラマでした。
わたし、韓国ドラマのよくあるシチュエーションって、童話的な心理の深層に通じる部分があるのでは?と思っているのですが、現代にこれを繰り返して表現しようとするとバリエーションが重要になってくるわけで、ヒロインを疑似男の子にすることによって面白い展開になったなと思いました。
(2009.8.23追記)
星の評価を変えました。(6→5)
時間がたつと、わくわく感が薄れちゃったんですね。終ったすぐ後にも、賞味期限が短そう、といったことを書いた覚えがあるんですが、現実に、そうなっちゃった感じ。
お洒落だとか、新しいと感じた部分が急速に色あせたように思います。
でも、一度は見ていただきたいドラマです。

ブドウ畑のその男    ☆☆☆
このドラマの男性主人公、最初に見た時は、田舎くさくって、はっきり言って、少し気持ち悪くって、こんなのが主人公のドラマ、最後まで見られるかしらん?と心配したのですが(オ・マンソクさんって言うんですね。お好きな方、ごめんなさい)、ある意味、韓国ドラマの醍醐味、そのうちに、それなりにかっこよく見えはじめ、場面によっては素敵に見えて…。韓国ドラマってすごい!と再確認しました。
最初はKBSの再放送で見出したのですが、途中から、YouTubeに切り替え。→一気見。
全話アップされていると、ストップできなくなっちゃうのが、困ったところです。
男性主人公の訛りがきつくって、英語が苦手にも関わらわず、英語字幕が助かりました。

最初の数話のあらすじはデザイナーを目指すヒロインがトラブルに巻き込まれて散々な目に逢っているところに(ここで男性主人公もそのとばっちりを受けて、出会い最悪パターン)1年間ブドウ畑で働いたら、土地をやるというお祖父さんの誘い。
失業してしまったヒロインがお祖父さんの家にやってくると、出会い最悪だった男性主人公もそこで暮らしていて…。
といったところから始まり、都会生活に慣れ切ったヒロインが農業に愛情をどんどん持つようになっていくって感じかな。
このヒロインのユン・ウネ、田舎暮らしになじんだキャラは可愛いんだけれど、最初の登場する「都会的な女」のイメージにはすっごく違和感が! 自分のデザインした服を着て登場するシーンがあるんですが、その似合わないことといったら!
このひと、眉を整えたらそれなりに洗練されたイメージにもなると思うんですけどね。まあ、そこをあえてしないところが韓国の女優さんが各々個性を失わないでいられる秘訣なのかも。
この人にしても、垢抜けない印象のヒロインを演じていても、要所要所では、すっごく可愛く見せるんですよね。今回も、寝顔が最高に可愛い!と思いました。


君はどの星から来たの?    ☆☆☆☆
ほんわかとした話だと思い込んでいたのですが、けっこう恋愛暴走系だったんですね。(汗)
今回Veohで。
Veohは初めてだったんですが、一話2分割だと、ダウンロードせずに見れて、YouTubeよりも使い勝手がいい感じ。

最初のあたりのあらすじは、自らの過失による交通事故で恋人を失い3年間も茫然自失状態で暮らしてきた男の眼の前にかつての恋人とそっくりなんだけれど、性格はまるで違うヒロインが表れて…。という話。
実はヒロインは死んだ恋人の妹で、それがわかったヒロインはその実の母親と祖父のもとで暮らすことになるのだけど、当然のことながら彼らは男性主人公のことを憎んでいるわけで、前途多難な出だしです。相手のことを好きなのに口に出せないという切ない系、わたし、好きなんですよね。
かつての恋人とそっくりとなると、ヒロインが好きなの?かつての恋人の面影を見ているの?と悩みそうなものですが、この主人公はそういう点では一切混乱しません。周りの人間たちが死んだ姉のイメージを重ねてしまう中で唯一、ヒロインを別個の存在として見ている。その強さが、なんだか心地よいんだよな。
ヒロインを演じているのはサムスンに出ていたライバル役の子。チョン・リョウォンさんっていうのね。活発な役どころってどうなの?と思って見始めましたが、かわいい! 田舎の女の子の役ってたいがいの場合、ほんとにダサくって結構見るのがつらいことが多いのですが、この人がやると、田舎っぽくても可愛さが出ていい感じ。二役でエレガントな姉も演じているのですが、見事に違う人格に見えますね。
男性主人公を演じているキム・レウォンも今まで見たドラマではピンとこなかったのですが(ほとんど途中までで脱落している!)今回のドラマでは、なかなか素敵に見えました。
ところで、冒頭に出てくる元恋人の事故シーンなんですが、エンゲージリングを渡している途中で事故にあうんですよね。
なんで、こんなところで渡すんだよ!と不思議に思ったのですが、もしかして、タブーと関係あるのでは?と思っています。
韓国では相手が死んでも、その兄弟姉妹とは法律的にも結婚できないそうで、心理的にもタブーが働くのではないかと推測しています。約婚式を挙げた間柄では世間的には受け入れられないじゃないかしらん? エンゲージリングを渡すか渡さないか、あたりがぎりぎりセーフのシチュエーションなのでは?と想像しているのですが、実際はどうなんでしょうね。くわしいかたに伺いたいです。
[PR]
by kirikoro | 2007-09-04 12:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)