なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の韓国ドラマ(2007年9月)と「彼女がラブハンター/オ・スジョン」感想


秋になったら、面白そうなドラマがなくなる~~!と心配していたのですが。
それはそれ。やっぱり、そこそこ楽しんでいます。
次回が待ち遠しいほどハマってはいないですけど…。

新しく始まったドラマでは、「飛び立つ(날아오르다 )」が結構おもしろくなってきました。
嫁ぎ先で苦労しているヒロインって、わたしの苦手なタイプだと思っていたのですが、中盤に入って、なかなか、展開が面白くなってきました。ありがちなストーリーではなさそうな気がしています。
そして、禁断の夜8時台のドラマにも手を伸ばしてしまいました。
ハン・ジヘがが主演の「憎くて、可愛くて/いい時も悪い時も(미우나 고우나 )」。
月~金連続で100回を超すドラマなんて、ちょっときついかとは思ったのですが、見始めるとと止まらないですね。すっごく面白いわけではないんですが、なんとなく見続けてしまう。
登場人物が多いから、あっちで何かが起こったと思ったら、次はこちら、と飽きません。
こういうのが連続ドラマの魅力なのかしらん。
それにしても、ドラマの中の世界って、ほんとに狭いというか…。こんなに登場人物が多いのに、あっちでもこっちでも人物が関連していて、まるで平安貴族の社会のよう、と思ってしまいます。
あと、「冬の鳥(겨울새)」はまだ、4話を見終わったところですが、脱落する気分が濃厚です。
正統派ラブストーリーって言うの? 古臭くって、暗いの。それでも、2、3か月だったら見続けようかとも思うのですが、予定を見たら、3月まで?? ちょっとつらいかも。
しかし、今週から始まる裏番組「糟糠の妻クラブ(조강지처클럽)」もねぇ。
どうやら、裏切られた主婦たちが団結してって、わたしの一番苦手なタイプの話になりそうな気配だし…。
まあ、10月になったら、面白そうな新番組も始まりそうだしね。その辺との絡みで見続けるかどうか最終決定することになりそう。

ついでに、10月にとりあえずは見てみる予定なのは、このあたり。
オロントゥンタン(いい加減な?)興信所(얼렁뚱땅 흥신소 ) 
オークションハウス(옥션하우스)→1話感想
ロビイスト(로비스트)
インスンはきれいだ( 인순이는 예쁘다)
以上がこれからの予定。
見終わったドラマは一つしかないのだけれど、感想を。
(そうそう、全然書いてないけれど、「完璧なお隣さんに会う方法」も一応、見ています。今週で終わりそうなので、その感想は次回に書きますね)

カールハンター、オ・スジョン/彼女がラブハンター(칼잡이 오수정)  ☆☆☆
(これ、タイトルの日本語訳がサイトによってまちまちだし、ピンときませんね。日本に入ってきたら、きっとタイトル変更すると思います)

別にストーリーがとりわけおもしろかったわけでもなく、むしろ、主人公2人(オ・ジホとオム・ジョンファ)の濃い~顔が気になったドラマではあったのですが、そこそこ楽しめました。
ネタばれしない程度にあらすじを書いておきます。
若い頃は抜群にモテて周りからちやほやされていた、オ・スジョン。そのまわりをうろついていたのが、巨漢でさえない男のコ・マンス。スジョンの有名大学に入学したら、付き合ってあげるわと言われ、見事合格。その後、司法試験にも面接を残すだけというところまで行き(面接で落ちるなんて考えられないらしい)スジョンと結婚するところまでこぎつけたのだが、マンスは何と、面接で不合格となり、スジョンは結婚式場から逃げ出し、別の男とアメリカ行きの飛行機に乗る。というのがプロローグ。
月日は経ち、2人はもはや30代半ば。スジョンは仕事の方ではそこそこ成功しているが、より好みしているうちに、男たちに見向きもされない年齢になってしまった。そこへ再び現れたのが、マンス。彼は、その後アメリカに渡り、すっきりと痩せ、人気プロゴルファーとなって韓国へ帰って来たのだ。カールと名前を変えて。(余談ですが、韓国の人って、外国で成功すると、名前変えるの? そういうドラマ、結構多いように思うんですが)
スジョンは過去に彼にしたことのも関わらず、再びアタックを始める。
それを知ったマンスは彼女に復讐をしようと、詐欺師を偽物の大富豪に仕立て上げてスジョンに近づけるのだが、そんな風に復讐に燃えながらも、まだ、スジョンに気持ちがあるわけで…。
と言ったところから始まります。
このドラマは、最初に出てくるマンスの肥っていたころの姿が効いていますね。どんなにかっこよくクールになっても、太った体をゆすりながらよたよた走っている姿が思い出されてしまって、なんだかそのキャラクターのイメージをずっと引きずる感じ。
そして、最近は出番の少なくなったライバル役ですが、このドラマにはライバルらしいライバルの女の子も出てきます。おとなしそうな顔をして、裏で姑息な手を使うタイプ。女に嫌われるタイプですね~~。
また、犬とオオカミの時間のところでも書きましたが、キム・ガプスさんが気弱な父親役というのも意外で面白かったな。
というわけで、期待するほどでもないけれど、見ても損はないドラマだったと思いましたです。
[PR]
by kirikoro | 2007-09-24 22:48 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)