不汗党(プランダン)/ならず者(불한당) 感想

いま、テレビでやっている「恋人」、最終話を残すのみとなりましたが。
地上波だと、カットが多いですね。韓国語で見ていた時よりも流れについて行けません。
正味1時間超のものを広告込みで45~50分で放送というのはやはり、無理があるなあ。
やくざの抗争シーンはばんばんカットしても全然OKなんだけれど、男性主人公と元カノとの話を端折りすぎちゃっててね、主人公たちのラブストーリーまで盛り下がっちゃう。

さて、SBSの「不汗党 」が終わったので感想を書いておきます。

不汗党/ならず者(불한당)   ☆☆
d0060962_013544.jpg

星3つが平均的な面白さのドラマ、という基準なので、それに届かず、という感想です。
主役のチャン・ヒョクとイ・ダヘをはじめ、俳優陣の演技のうまさが光るドラマだったんですが、それだけ、と言えばそれだけ。
もしかしたら、話のあまりのつまらなさに演技にばかり目が行ったのかも。とすると、俳優さんたちにとっては悪いドラマではなかったということかな。
話のいちばん主になるストーリーは善良なヒロインが、どうしようもない男をいい人に生まれ変わらせる、という話ですが、今更の感が否めないですね。このパターンって、女の人の夢の一つなんだけれど、自分の周りの現実を変えれない時代の女の夢って側面もあると思うのね。そんでもって、実現不可能なうえ、現実を生きていくのには、こんなもんを信じてちゃ、うまくいかないばかり。そのあたりのことも、そろそろみんな気付いてるんじゃないの?
このドラマのダメダメ主人公は女の人を騙してお金を稼いでいる男で、ヒロインにも最初はお金目当て(誤解でお金を持ってると思っちゃったのね)に近づくのですが、この駄目男ぶりは、あんまりひどくって、ちょっときつかったな。
あと、ライバル役の男もダメな男なんですが、こちらは相手の心が全く分からないというか、人間らしい心の動かし方を学ばないまま生きてきた男で、こちらもヒロインが成長させちゃうのね。こちらの方のエピソードではまだ、多少ほろっとくるところはありましたが。
そのうえ、ヒロインの死んじゃった元夫のお母さんにも恋心を抱いている男がいるんですが、お母さんに気に入られようと、ヤクザを廃業しちゃってね。
こんなかんじで、もう、男再生物語のてんこもり…。
で、ラストのあたりの展開も韓ドラお決まりの、という感じで、しかも何の感動もなく終っちゃった。
視聴率も低かったみたいですね。まあ、視聴率自体は面白さとあんまり関係ないですが、後半になるに従い視聴率がどんどん落ちて行く、というドラマは、たいがい詰まんないと思います。
チャン・ヒョクのうまさはすでに知っていましたが、このドラマではイ・ダヘも演技のできる人だということがわかったことが唯一の収穫だったかもしれません。

さて、後続は冬ソナですっかり有名人のパク・ヨンハ主演の「オンエアー」。前宣伝が結構すごいので逆に期待しないようにしています…。
[PR]
by kirikoro | 2008-02-29 00:01 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31