なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

我家にどうして来たの/なんでウチに来たの?(우리집에 왜 왔니)


新しく始まったドラマ「太陽の女」1、2話、とりあえず見てみました。
うう・・・。暗い、というのが感想。
でも、「イルジメ」でもなく、「スポットライト」でもなく、これを見続けてしまいそうなのはなんでだろう…。

さて、今日終わったドラマの感想です。

我家にどうして来たの/なんでウチに来たの?(우리집에 왜 왔니)     ☆☆☆
d0060962_0243377.jpg
SBS金曜ドラマ。星の数は、私の面白かった度です。3つはまあまあってところ。
すっごく面白かったわけじゃなかったけれど、不満もそうなく、楽しめたって感じです。
金曜ドラマって、月火や水木ドラマに比べ、わりと年齢層が高めの人向けって感じの話が多い気がしますけど、これはそんなでもなく、普通のラブコメって感じでした。

ネタばれしないよう、最初の数話のみのストーリーを紹介すると、貧しいながらもポッキという恋人もいて、なんとなく、日々を送っている青年、チョ・ギドンのもとにある日、昔出て行った母親が知的障害を持つ兄を連れてやってきた。そして、むりやり彼をギドンのもとに残して去るのだが、じつは母親は病気で世話を見ることができなくて兄をギドンに託したのね。それを知ったギドンは母親の手術費を捻出するため、奔走するが、ちょっとやそっとのことではそんな大金が手に入るはずもなく、途方にくれる。そんな時に見たのが大金持ちのハン家の「お婿さん候補」募集のお知らせ。
困ったギドンは恋人の存在はもちろん、兄や母のことも隠して応募するのだが、激しい競争に勝ち残り、めでたく(?)ハン家にミスの婿候補として入り込むことに成功する。
ところが、この結婚相手となるハン・ミス、わがままで、やりたい放題! 遊びまわって、酒に酔っては大騒ぎする手に負えないお嬢様なのね。だけど、心の底では昔自分を去って行った男、イ・ガンジェを今でも待っている。しかも、このふたり、お婿さん候補として出会う前に、いわゆる最悪の出会いで出会っているの。
こんな二人だから、もう、喧嘩ばかり。惹かれる合うことなんてなかったはずなのに、なぜか、心が動きだして…。という展開になります。

最初、このハン・ミス、あんまりにもジコチューで可愛くないの(怒)!と思っていたんですが、それには訳があるのね。それが分かるにしたがって、可愛く見えてくるの。ギドンが惹かれていくのも、当然だわ♪

最初から、ギドンに恋人がいることは分かっているし、ギドン×ミスのラブストーリーだということも分かっているのでネタばれにはならないと思うのだけれど、ギドンは一時二股状態になっちゃうのね。そのあたり、このキャラでこれはなあ、という気がして、ちょっと見続けるのがしんどかった時期もあったのですが、ちゃんと解決していったので、まあ、我慢のしがいはあったというところかな。
ラストは韓ドラにありがちな、急にみんないい人になっちゃって、全部まとめちゃって、ちょっと拍子抜けって気もしましたが、まあ、これぐらいは。ぎりぎり許容範囲でした。
それにしても、ミス父。途中降板されたんでしょうね。急遽だったんでしょうか。ラスト数話、声はうなり声一つ出さなくなっちゃうし、明らかに別人と分かるうしろ姿…。ちょっと苦しかったですね(汗)。

主な出演者はチョ・ギドン(キム・ジフン)、ハン・ミス(イ・ソヨン)、チャン・ポッキ(オ・ユナ)、イ・ガンジェ(キム・スンス)。d0060962_025840.jpg

キム・ジフンは花を探しに来ました(花いちもんめ)のライバル役だった人。
        →このひと。

イ・ソヨンは春のワルツをはじめ、新入社員でもライバル役だった人ですね。


オ・ユナはミスターグッドバイのライバル役だった人だ。他のドラマでも見かけたように思うけど、何だったかな?

       →写真d0060962_0253934.jpg






で、もう一人、注目が、この人。
演技力はどうかな?と思うけど、なんか可愛くって…。
ハン家の末娘の恋人でやくざのカン・イロを演じたキム・ドンゴン(김동건)。
d0060962_047151.jpg
                  →
[PR]
by kirikoro | 2008-05-31 00:30 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)