なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ラブ・トレジャー~夜になればわかること~(밤이면 밤마다)感想


ラブ・トレジャー~夜になればわかること~(밤이면 밤마다)  ☆☆
d0060962_19515117.jpg

MBCの月火ドラマ、全17話。
日本でも知名度の高いイ・ドンゴンとキム・サムスンでおなじみのキム・ソナが主演だし、文化財を扱ったドラマということで、面白そうだと思ったんですが…。な~んか、盛り上がりにかけたまま、終っちゃった。
当初16話の予定が17話に延長されたんですが、これはオリンピック期間なんで、次回の期待作(エデンの東)のスタートを遅らせるための措置だったんじゃないかしらん。無理やり延長した感じで、ラストも間延びした感じに…。
台本は事件をおいかける部分とラブストーリーの絡み具合もあまりよくないですね。事件の方に重点が移ると、ラブストーリーがとってつけたような感じに思えてしまって。後半部の事件絡みのお話はそれなりに面白いんですが。
ラブストーリーとしては、プレイボーイが最初は恋愛の対象外だと思うような女に本気で恋をして、っていうタイプ。ヒロインがドレスアップした姿にどっきり、なんておなじみのシーンもあるにはあります。
でもね、キム・ソナはサムソンの時に比べたら、だいぶやせていると思うし、一般人だと普通の体型だろうとは思うんですが、テレビの中ではもう少しやせた方がいいんじゃない、という感じなのね。顔は奇麗に変身してるんだけど、体型がちょっとたくまし過ぎて、そっちに目が行っちゃう。説得力に欠けるの。
そんな中、注目はチョヒの弟ホ・ギュンを演じたパク・キウンくん。(画像)ちょっと、オ・ジホに似た濃い顔してます。ドラマの前半では単なる弟くんかと思っていましたが、後半には重要な登場人物になります。

お話の出だしだけ、紹介しますね。例によって、ネタばれは4話までに限っています。
ホ・チョヒ(キム・ソナ)は文化財庁の文化財関連の事件を取締る部署の所属。仕事は度を超えた熱血度。というのもチョヒのお父さん(キム・ガプス)はかつて一世を風靡した盗掘師だったのね。お父さんの盗んだものを何としても取り戻したいと思っているわけ。
ある時、チョヒは盗品ブローカーのキム・サンを追って、金沢にやって来ていた。そこにやって来たのはテレビでも人気のプレイボーイの考古学者のキム・ボンサム。彼は富豪のチャン・オソンに頼まれて、偶然キム・サンが狙っている壺の持ち主のヤクザと接触しようとしていたのね。
で、2人は反目しながらも行動を共にする羽目に。で、目当ての壺は偽物だったのだが、偽物を掴まさせられるのを2度にわたって救われた壺の持ち主は飼い猫のえさ入れに使っていた皿をボンサムに譲る。でも、その鉢、実はすごい値うちものだったのね。ほくほく顔のボンサムだったが、チョヒの一計でそれを国に寄贈させられてしまう。
しかし、それが元でボンサムは文化財諮問委員になり、チョヒと同じ職場で働くことに。そんな感じで、喧嘩ばかりなんだけど、ボンサムは少しずつチョヒが気になって来ている様子。でも、チョヒは妻と死別して一人で娘を育てている捜査官、カン・シワン(イ・ジュヒョン)に片思いしているのよね。そこに絡んで来るのが、男はみんな自分に夢中と勘違いしているコミカルなチョヒの同僚ワン・ジュホン(キム・ジョンファ)。一昔前のいや~なライバルに設定は似てるんですけど、もう、笑いをとるためのキャラとしか思えない…。でも、かわいいの。根は素直でいい子なのよ♪ だけど、ドラマ的にはどうなんでしょうね。ちょっと浮き過ぎているようにも思うんですが…。
[PR]
by kirikoro | 2008-08-20 20:06 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)