なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「風の絵師(바람의 화원)」感想


風の絵師(바람의 화원) ☆☆☆☆☆
SBSの水木ドラマ。全20話。
李朝朝鮮後期の実在の代表的な画家、金弘道(キム・ホンド)と申潤福(シン・ユンボク)を主人公とした物語。
わたし的には星5つで評価がかなり高いんですが、いわゆる韓国ドラマを期待する人にはそれほどの作品ではないかもしれません。恋愛もあるんですが、キスシーンすらないですし。だけど、芸術を素材にしたドラマとして、ほんとによくできたドラマだと思うんですよ。

d0060962_856488.jpg

わたしは歴史ものは苦手なんですが、予告編を見て、あまりに美しいので視聴することにしました。ただ、筆で線を書くだけのことが、こんなに美しいことなのかって感じでね。朝鮮絵画に見方もかなり学べると思います。絵にしてもこんな場面で描かれたはずはあるまい、と思うものの、彼らの絵がうまい具合に物語の中にちりばめられています。代表作はほとんど見られるんじゃないかな? 私はこれに飽き足らず、朝鮮絵画を(ざっとですが)勉強してしまいました。そうしてみると、この主人公の2人は高麗仏画を除いては韓国で最高の画家の二人なんですね。この二人を絡ませて物語を作りたいと思うのも当然だろうという気がします。
ところで、ユンボクが女であったというのはこのドラマの中心部分であるのだけれど創作の部分。だけど、あまりにも説得力があって、ほんとに女だったと思いこんじゃう人が多いんじゃないかと心配になるほどでした。でも、正祖の父親が陰謀で死んで、彼が名誉回復したのは史実のよう。
途中、謎解きのように展開する部分もあって、ほんとに飽きません。
もうちょっと書きたいことがあるんですが、ネタバレになっちゃうので、別ブログの方に書きますね。
ネタバレでもいいよという方だけ、お読みください♪ →→→風の絵師つづき

ネタバレにならないように、最初の部分に限ったあらすじを紹介しますね。
シン・ユンボク(ムン・グニョン)は幼いころに何者かに両親を殺されたのだが、その絵の才能に気付いたシン・ハンピョンに引き取られ、男として育てられ図画署に入る。(男でないとだめらしい。また、公式HPでも親の復讐のためにユンボクが自らこの道を選んだように書かれているが、これは違うと思います。)ハンピョは実子のヨンボクよりもユンボクの才能を買っていて、家の存続をユンボクにゆだねているのね。で、ヨンボクは実は女のユンボクを守りながら暮らしているのだけれど、どうも、ユンボクを女として意識している様子。ところで、ユンボクは厳格な図画署の中でははねっかえり。伝統的な絵画には飽き足らず、女の人の優美な姿を描いてはひそかに売っていた。
そんなある日、長らく図画署を離れていた伝説の天才キム・ホンド(パク・シニャン)がやってきた。ホンドとは知らないユンボクは失礼な態度で接してしまう。そんなある日、ユンボクがひそかに描いていた女の絵のモデルが実は皇后であり、そのことを知った皇后の計略で、ユンボクは画家生命の危機に。しかし、ユンボクの才能を認めるホンドが自らのすべてをかけてユンボクを救おうとする…。
こんな感じです。

わたしが歴史ものが苦手な理由の第1が、女の人があんまりにも現代的で浮いて見えるってことなんですが、このドラマに関しては、その欠点が現れませんでした。ムン・グニョンはヒロインとはいえ、ほとんどが男装なのでさておき、ユンボクが心惹かれるキーセンのチョンヒャン(ムン・チェウォン)が全く浮いてないんですよね。
このドラマでは、絵を実際の人物を配置して再現するところが多いんですが、そのせいなのか、それらしい感じなんですよ。
また、恋愛の部分に関しても、ヒロインが男性として生きているわけで、あまり直接的な表現はないんですよね。でも、それぞれがそれぞれの視線で思いを語るという点も、わたしの好きなパターンでした。パク・シニャン、決して好きなタイプの俳優さんではないんだけど、ドラマの中で見つめられたら(いや、わたしが見つめられているんじゃないんですけどね)ちょっとときめいてしまいましたよ。

これは、個人的には非常にお勧めのドラマです。わたしも字幕つきが放送されたら、絶対に再視聴します。絵に関する部分がほとんど個人的に学習したものをもとにしての想像だったものですから…(汗)。
[PR]
Commented by himeka_kisaragi at 2008-12-05 22:56
こんばんわ。星5つなんですね!凄い!
最初、これと、風の国と、ベートーベン~は、同時間帯で三つ巴の視聴率でしたよね。なので私も興味があります。
また、パク・シニャンは、同じく好きではないのに、どうしてかドラマで見ると、ときめいてしまうという、本当に不思議な人ですよね。
パリ恋はもとより、銭戦でさえも、ときめいてしまいました…(^_^;)
Commented by kirikoro at 2008-12-06 08:23
こんにちは、 himeka_kisaragiさん
たぶん、一般的にはベートーベン~の方が受けがいいと思うんですが、わたし的には、絶対こちらなんです。美術関係がお好きな方にはお勧めドラマなんですよ。
パク・シニャン氏。
韓ドラを見始める前は男は顔!と思っていた、面食いだったのに、このところ、想定外の役者さんにばかり、ときめいています…。
だけど、銭戦では、わたしは…。(汗)
Commented by 韓ドラおじさん at 2008-12-12 12:24 x
こんにちは
KNTVで2008年12月12日から1話先行放送が始まりますね。
是非とも観たい番組なので録画予定にしています。
おじさんは、遥か昔に日本画主に美人画を書いていたので筆使いとか、理解できます。
兄は京都で修行した表具師なので、自分は表装も少し解るので楽しみにしています。
Commented by kirikoro at 2008-12-12 18:33
韓ドラおじさん、こんにちは。
KNTVで開始ですか。楽しみですね。(うちは契約してないので…)
美人画をお書きになっていた上に、お兄様が表具師でいらっしゃるだなんて! きっと、深い部分まで楽しめると思いますよ。
また、そういう専門的なことも教えてくださいませ♪
by kirikoro | 2008-12-05 08:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)