なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「シークレット・ルーム~栄華館の艶女たち」感想


d0060962_8505237.jpg

シークレット・ルーム~栄華館の艶女たち(메디컬기방-영화관メディカル妓房-栄華館) ☆☆☆☆
2007年~2008年のOCNドラマ。週1回の放送だったようです。全10話
ケーブルテレビの深夜の放送ということで、セクシー路線のドラマです。
わたしはGyaOで放送されたものを見ました。星4つはわたしとしては満足度の高いドラマ。期待せずに見始めたのですが、なかなか面白かったです。

男性向け?と思ったんですが、エロではなくって、セクシー。映像的にもきれいだし、女性も充分楽しめる作品だと思います。
朝鮮時代の妓生の館が舞台ですが、性接待の場である部分にはあまり重点が置かれておらず、性に関する悩み相談所という位置付けのようです。本当にそんな場所があった、というのではなく、想像の産物なんでしょうね。
客の性的な問題とその解決を一話完結で描きつつ、全体としてはヒロイン、ヨンの過去の謎解きを追うストーリーとなっていますが、その双方が無理なく関連付けられていて、とてもうまい構成になっていると思いました。
各話のセックス相談的な部分は東洋医学と閨房術って奴?的な解決法が示されていて、普段ドラマに関心のない人(たぶん、男性視聴者を狙っているんでしょうね)をも取り込む工夫が見られるものの、下品さはありませんしストーリーの中で自然に織り込まれています。全体にわたるストーリーはドラマの定石パターン。出生の秘密と三角関係がストーリーを動かしますが、舞台が舞台だけに陳腐にはなっていないと思います。
定石でありながらもユニークだと思ったのは栄華館の人たちが栄華館を一つの家族ととらえているのね。ラストも、それにふさわしいものとなって行きます。
ごくごく最初の部分だけのあらすじは。
巷で性器切断事件が連続して起こっていた。(性器切断の道具が小型のギロチン状のものなんだけど、これ、実用性はないですよね。穴の部分に切断する部分を通さなきゃいけない訳で、こんなまどろっこしいことをするより、刃物でスパッとした方が、ずっと簡単じゃん、と思ってしまいましたが)
そんなある日、山の中で何者かに襲われ、心身ともに傷ついた状態のヨン(ホン・ソヒ)は栄華館のボディガードのウン(チェ・フィリップ)に助けられ、栄華館に運び込まれる。そこで、ヨンのキーセンとしての資質を見抜いた女将のゲウォル(イ・イルファ)によって、キーセンとして生きることを勧められる。でも、このヨン、実は性器切断事件の犯人なのね。凌辱されて死んだ姉の復讐を遂げているところだったの。そんなヨンだから、男性嫌悪なのね。一旦は断ったヨンだったが、男たちへの復讐はスカートの下にひれ伏せさせてこそ成就する、と勧めるゲウォルに心を動かされたヨン、キーセンとして生きる決心をします。そんなヨンに心惹かれるのが栄華館のボディガードのウン。そんなウンを見て、心穏やかでないのが、栄華館No1キーセンのメヒャン(ソ・ヨン)。しかも、ヨンはキーセンとしての資質も認められているでしょう、嫉妬の炎を燃やします。こうして三角関係が成立します。
このメヒャンの、ヨンをおとしいれる行動はどんどんエスカレートしていって、本当に嫌な女となるんだけど、これがなぜか、憎めない。普通のドラマだと、卑怯な手を使う女にはわたし、確実に切れるんだけれど、メヒャンがこういった行動に出る心情がよく分かるのね。不思議と、同情してしまいます。哀しい女の性って感じかしらね。
そんな切迫したメインストーリーに彩りを添えるのがエラン(キム・セイン)とダンビ(チン・ソヨン)コンビとチョンソバン(イ・ゲイン)。コミカルな部分担当です。イ・ゲインさんって、変なおっさん役が多いですね♪
そういえば、ゲウォル役のイ・イルファさんはソドンヨのヨンガモさんなんですね。一途な感じが共通なんですが、感じはすごく違ってて、分からなかったです。
わたしは時代劇は苦手なんですが、現代的な顔の女の人は脇役で、ヒロインもライバルもあまり現代的な美人ではないところが気に入りました。
ヒロインのヨンは清純な感じでまあ、違和感がない、といった感じだったんですが、メヒャンのキャスティングがよかったですね。この人、目は腫れぼったいし、現代的な基準では、絶対美人じゃないと思うんですが、チマチョゴリがすごく映えます。化粧は現代的なんですが、時代劇の女の人の不自然さは感じませんでした。
[PR]
by kirikoro | 2009-05-05 08:47 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)