なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『内助の女王/僕の妻はスーパーウーマン』感想


d0060962_19472343.jpg


僕の妻はスーパーウーマン(내조의 여왕内助の女王)   ☆☆☆
MBCの月火曜ドラマ。全20話。
予定されていたドラマが資金難から中止になり、急遽作られたドラマみたいだったので、どうかな?と思ったのですが、なかなかの佳品でした。韓国での視聴率も、よかったようです。
ストーリーは三組の夫婦が繰り広げるラブコメってところですね。妻の内助とは何か、というようなことがテーマですか。
みな、既婚者なので、恋=不倫?と思われそうですが、不倫というほどのドロドロはありません。でも、恋愛テイストも、ちゃんとありますよ。
例によって、4話までのあらすじを簡単に紹介しますと。
中心となるのはオン・ダルス(オ・ジホ)とチョン・ジエ(キム・ナムジュ)夫婦。学生時代、いつも人の輪の中心にいて、人気者だったジエ、ソウル大の医学部の学生だったダルスと知り合って、結婚したのね。出世間違いなし、と思われたダルスなのだけれど、超がつくぐらいの小心者で、世渡りが徹底的に下手。医学部は手術の実習のたびにぶっ倒れて卒業できなかったし、勤めていた会社でも、ついつい本音を言って、クビ。もう1年も無職なのね。それでも、ようやくのこと、ジエが昔の友達のつてを頼って、面接試験を受けられることになったのね。ジエ、就職がまだ決まっていないにもかかわらず、影響力のあるキム理事の夫人に近づいて取り入ります。しかし、ここにきて、大きな問題が! 高校時代、ジエの友達だったヤン・ボンスン(イ・ヘヨン)が夫の合否を決める、部長の夫人ってポジションにいるのね。ジエ、高校時代にさえないボンスンに結構ひどいことをしているの。それが立場逆転! ジエはひたすらボンスンのご機嫌取りをするものの、いろいろと自尊心を傷つけられることとなります。その上、そこまでしておいて、ボンスンはジエにものすごい劣等感を持っていて、ダルスの就職を、むしろ、邪魔します。というのも、実はボンスン、学生時代ジエと付き合っていたハン・ジュニョク(チェ・チェロ)と結婚しているのね。しかも、ジュニョクとジエがお互いに誤解するように仕掛けて別れさせているの。そんな訳で、ボンスンは有能な秘書のような存在としては認められているものの、女として愛されている自信が持てないでいます。てか、いまだに、ジュニョクが本当のことを知ったらジエを選ぶと思っているのね。
そして、再会したジエとジュニョクなんだけど、ジュニョクはジエに未練たっぷりって感じです。ジエはまるっきりそんな気はないみたいだけどね。
初めのうちは妻たちのゴマスリ合戦が繰り広げられます。実は、わたし、ここんとこが苦手で(だって現実の生活でも逃げた部分だし)ちょっと視聴意欲がそがれたんですが、内助=ゴマスリの訳もなく、間もなく、面白い展開になって来ます。
さて、ボンスンの妨害にもかかわらず、仮採用(のようなもの?)となったダルスは、昔振ったウン・ソヒョン(ソン・ウソン)に再会します。彼女、何と、ダルスが務めることになった会社の社長夫人となっています。この、ソヒョンと社長のホ・テジュン(ユン・サンヒョン)の夫婦は政略結婚なのね、形だけの夫婦なの。ソヒョンは夫から全く見向きもされず、しかも、実家の母は継母、姑からは嫌味ばかりを言われる日々で、心の安らぐ場所がありません。
テジュンはといえば、名ばかりの社長で、毎日遊び暮らしてます。そんなある日、テヒョンの車がジエの車にぶつかり、テヒョンとジエも知り合いになります。でも、ジエは、テヒョンが夫の会社の社長だとは知らず、無職だと思い込んでるのね。(そりゃあ、真昼間からぶらぶらしているんですからね)そして、このテヒョン、ジエに興味を持ったみたいです。
さて、その後どのように展開していくのか。その後の簡単なお話と感想は、別ブログに書きますね。ネタバレでもいいよ、という方のみ、お読みください。
 →僕の妻はスーパーウーマン、続き

さて、このドラマの魅力は何といってもジエのキャラに負うところが大きい、と思います。
昔は美人で、皆からちやほやされていたのに、夫が社会的に無能なために苦労する過程で、すっかりずうずうしいおばさんになっちゃった、という設定ですね。
ドラマの出だし部分ではずうずうしさがクローズアップされていて、困ったおばさん?と思われていた彼女、ドラマの進行とともに、彼女の魅力がどんどん見えてくるようになっています。可愛くってタフで、だけど、やっぱり弱い部分もあるし、純情なのよ。
そして、演じている女優さんの選択もいいですね。この、キム・ナンジュさんって、一昔前の資生堂のCMに出てきそうな(ってわかります?)、クラシカルな雰囲気の美人なんですよ。それが、見事なおばさんも演じるものだから、そのギャップがいいのね。コミカルなおばさんをやっているかと思えば、美人オーラ発散しまくりの姿も見せて、ほんとに惹きつけられます。
で、男性三人は。
まず、ジエの夫のダルスはオ・ジホお得意の、ちょっと気の弱い、情けない男なんですが、このドラマでは、あまり良いところは見えませんでしたねえ。後半になって、ますます詰まんない男に見えちゃいます。
それに対し、あとの二人がどんどん良くなっていきます。
ボンスン夫のジュニョクは当初、粘着質で嫌な男かしらん、と思っていたんですが、なかなかいい奴に見えてきます。この男をお笑い担当(?)に設定したのは、なかなか良かったと思います。
で、何と言っても良いのが、テジュン。責任感なんてないから、気ままに暮らしているわけでしょう? まるで、少年のようです。だけど、胸がジンとなるようないいところ、一杯見せます。可愛いの! 
この二人の男を成長させるのが、ジエ、というより、むしろ、ジエとダルス夫婦の在り方、と言ってもいいかもしれません。

はまった、とは言えないものの、まずまず面白いドラマでした。058.gif
[PR]
Commented by おじょ at 2010-10-07 19:49 x
今晩は
    「タムナ」。。。から覚めずに
   昨日から見はじめて。。。何となくよさそうかな(*^_^*)
     見る順番は、大事ですね~余りのギャップに少し戸惑ってますが、配役人が年齢がいってるので~大人のドラマになってますね。
    まぁ~ボッチぼち。。。見ます
    
Commented by kirikoro at 2010-10-07 20:31
おじょさん、「僕の妻は~」は「タムナ」と比べて、ぐんと現実的なドラマですよね。
初めは多少戸惑っても、これぐらいギャップがあった方が逆に純粋に楽しめそうな気がします。
それに、このドラマ自体、序盤はちょっと、入り込みにくいところがあるので、これから、徐々に面白くなる感じをお楽しみくださいね。

Commented by おじょです at 2010-10-31 17:22 x
今晩は・・・・
  このドラマ・・・う~んだわ
   もう少し「オ・ジホ」どうにかならんのかな~だから、先に進まないのよね
  ボンスンの旦那。。。とても好きですね~一番正直に生きてるかなって思うし、けど・・・どこか抜けてて可愛いですわ。
  パートナーの時とは違っていい演技してますね
   
    後。。。4話なんだけど・・・う~ん、と言いながら見ますわ
    早く『家紋の栄光』にいきたいです   
Commented by kirikoro at 2010-10-31 18:14
おじょさん「僕の妻はスーパーウーマン」私も前半きつくって、リタイアしようかと、何度か思ったんですが、後半、面白くなりましたよ。
オ・ジホは最後までいいところなかったですけどね…。

次は『家門の栄光』ですか。これは、私は1話でやめちゃったんですよ。また、感想を聞かせてくださいね。
Commented by 美月 at 2011-07-02 16:28 x
4話まで観たところで、やってまいりました!
 オ・ジホさんは「大根」(失礼。『推奴』のとき)だし顔濃いし・・・と苦手意識があったんですが、このオ・ジホには好感です。演技をみるのは初めてのユン・サンヒョンにも期待大。女優陣も、存在感あって、いいわあ。 
 そうそう、コメントをしたかった理由は、上の4話までのあらすじを読んでびっくりの、今観ているBS-TBSでのカット箇所を紹介いたしたく・・・。
 オン・ダルスの医学部時代は全くカット。というか、この二人のなれそめがわからなかった。ボンスンの境遇もカット。・・・でした。
 オン・ダルスが小心者だというのはセリフで出てきますが、少し唐突。ボンスンに至っては、両母が出てこない。生い立ちは知る由もないので、心の空虚さとか理解できませんでした。
 これだから、テレビはねえ・・・
 (私が眠っていて見逃しただけ、疑惑はあるのですが・・・あはは)
 ところで後半が面白い、となるとさらに面白いのだ・・・と嬉しくなってます。でも、せっかく好印象になってきたオ・ジホさんが、(下火に・・・?)というのは、ちょっと盛り下がる情報で・・・(笑)
Commented by kirikoro at 2011-07-02 19:08
美月さん、こんばんは。
やっぱり、だいぶんカットがあるんですね!
韓国ドラマは1話が長い上に、かなり盛りだくさんの内容をいっぱいいっぱい入れているってことが多いから、分かりにくくなることがよくあるようですね。

オ・ジホさんは・・・。
このドラマでは後半はの主役はユン・サンヒョンサンだと言っていいぐらいなので…。

このタイプのオ・ジホさんを堪能するなら、「ファンタスティック・カップル」ですかね?
オ・ジホさんは、他のドラマにとっておいて、他の部分で楽しんでくださいませ。
by kirikoro | 2009-05-20 20:00 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)