なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『欠陥専門チームゼロ/ロマンス・ゼロ 』感想


d0060962_16112029.jpg

欠陥専門チームゼロ/ロマンス・ゼロ (하자전담반 제로) ☆☆☆
全16話.。
韓国のケーブルテレビ系の局で土曜の深夜に放送されたドラマのようです。
実は、途中2話、どうしても動画が見つからなくって、見ていないのですが、エピソードが独立した話だったので、特に支障なく、続きを見られましたので、感想を書くことに♪
韓国メディアでは、スーパージュニアのカンインやTRAXのボーカルのジェイ・キム(苗字がキムね)の出演が話題になっていた感じ。(私は知らない人たちですが)
主演のイ・テソンは「『9回裏2アウト』でヒロインの若い恋人役を演じた人ね。犬と狼~やテロワールにも出ていました。今回の役のために減量した、とかいうことで、一回りスリムになった感じ。
イ・ダインは『彼らが生きる世界』で助監督役だった人ね。あの時は男っぽい感じの役でしたが、こちらでは、女の子女の子してます。
1話から2話で完結するエピソードを繋げてながら、チームの人たちの恋模様が語られる、というスタイル。少し前の『恋愛結婚』と、結婚相談所という舞台といい、エピソードを重ねながら、主人公たちの話が展開するという方式といい、似てはいますが、こちらは個々のエピソードの方が主で、主人公たちのラブストーリーにはあまり重点が置かれていないみたい。(でも、それなりに、進展と結末はありますよ。)
あらすじは、このドラマの場合、エピソードを重ねる方式なので、最初のエピソードの出だし部分のみにしますね。
あとは、ご覧になって楽しんでください♪

結婚情報会社に勤めるキム・ウジン(イ・テソン)は敏腕カップルマネージャー。抜群の成績を誇っていたが、ある顧客の結婚式で新郎が恋人の男と逃げ出すという騒ぎが…。そのために回されたのが、訳ありの顧客を担当する「欠陥専門チーム」。どうやらライバルのミン・ドゥヒョン(ジェイ・キム)がウジンを追い出そうと画策している様子だ。
顧客もひどいが、集まって来た社員もすごい。みんなひと癖ありそう。どんな時にも傘を手放さず、やたらと振り回すおばさん、チャン女史役(キム・ヒウォン)に、デスクに神様を祀って祈りを捧げるミナ(イ・ダイン)、そして酒癖のやたらと悪いナ・ホテ(カンイン)。こんな、何の役にも立たない人材に思われるチームで、どう生き残るのか?
でも一番難があるのはチーム長のウジン? 融通がきかなくって偉そうで、度を超えた潔癖症。でも、みんな一見はそうなんだけど、よく知れば、じつはみんないい人たちなのね。こんなチームならではのお相手探しをします♪
さて、その欠陥専門チームが最初にてがけるのは、ある、おじいさんの依頼。資産そのほかはあるものの、年齢がちょっと高すぎるでしょう?それで、このチームに回って来たのね。
ところが、話を聞いてみると、実は本人ではなく、娘さんの結婚相手を探しているんだとか。娘さんは、申し分のない条件!
それでは、と娘さんに似合う相手を紹介するのだが、見合いの場にも彼女は現れず、おじいさんが相手に会うのみ。なんだか変な感じです。そして、調査を進めていくと、ある事実にぶち当たる。
実は、彼女は…。
といった感じで第1のエピソードが始まります。

エピソードごとに、あっと驚く解決がなされ、心がほのぼのとするお話です。毎回こんなに上手くいくかよ、と突っ込みを入れたくもなりますが、まあ、気楽に楽しんで見られました。

わたしの一番の注目は11話ですかね。クロスドレッサー(性的アイデンティティーは外観と一致するものの、異性の服装を纏う趣味を持つ人たち)の話ですが、イ・テソンやカン・ミン、ジェイ・キムの無骨なドレス姿が見られます。この回の主人公は「1%の奇跡」で男性主人公の親友を演じたキム・スンミン。思わず懐かしくなりました。
[PR]
Commented at 2009-05-26 18:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2009-05-26 23:21
gityanさん、こんにちは。以前にも書きこみをされていた方ですね♪
テソン君に関しては、ここに書いているぐらいのことしか情報がないので、あまりお手伝いにはなりませんが…。
この記事のコピーは、出どころさえはっきり明記してくだされば、構わないですよ。どうぞ、お持ちくださいませ。
Commented by gityan at 2009-05-27 07:36 x
早速 ありがとうございます。
以前から 気になって いましたブログで お気に入りに入れさせて頂いておりました。勝手に すいません。  今回は 大好きな テソン君の ドラマ内容 だった為 こっそりと お願いを・・・♪ 
ちょこちょこ覗かして頂いておりますので 又お願いするかも 知れませんがどうぞ 宜しくお願い 致します。 今日は ありがとうございました。 とっても 嬉しかったです♪
Commented by kirikoro at 2009-05-27 07:43
いえいえ、どういたしまして♪
こちらも、ほかのところから、訪問していただけると嬉しいので、どうぞ、お気軽にお声をかけてくださいね。
Commented by gityan at 2009-05-27 18:30 x
アンニョンハセヨ ♪
又 また 早速の お返事ありがとうございます。
それに 又 完大な 御心使い とっても 嬉しく思います。
 感謝です。
苦手な サイトな為 皆さんに ニュースを UPして 頂けるサイトになって おりますので 良ければ 又 是非 覗いて下さいね。
末永く 宜しく お願い致しますね。 
今日は 本当に ありがとうございました。♪
Commented by kirikoro at 2009-05-28 05:57
また、お邪魔しますね♪
こちらの方こそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by とっこさん at 2013-03-29 21:25 x
kirikoroさん、こんにちは。

「ロマンス・ゼロ」は、偶然、見ました。主役のイ・テソンさんは目立つんですよね。彼をはじめて見たのは「屋根裏のプリンス」ですが、作品としてはどっちが先になるのか、kirikoroさんが書いておられるように、「ロマンス」のほうがスリムで、役柄のせいもあるでしょうが、より洗練された感じになっていますね。これまた、偶然、今日見かけた「kissのいたずら?」でもチンピラみたいな髪型で出ていました。「家門の栄光」の男優さんとどこか似て非なる感じです。

彼のキス・シーンをまだ見たことがないですが、そもそも、韓ドラ(映画は別ですね)って、セクシュアルな場面ってないですよね。「アテネ」でのスンウンさんと女優さんのベッドシーンなんて例外中の例外のような。今週、「屋根裏」では、ハン・ジミンとユチョンのはじめてのキスーシーンがありましたが、カメラワークが悪く、二人が口をしっかりつぐんで押しつけているのがまるわかりで、ちょっと興ざめしました。日本のドラマを見ていないので、比較もできないですが。どう思われますか。
Commented by kirikoro at 2013-03-30 07:43
とっこさん、さんこんにちは。

「屋根部屋~」は去年の作品で、「ロマンス・ゼロ」は2009年の作品なので、こちらの方が古い作品なんですよ。「イタズラなキス」は2010年で、その間になります。
とっこさんさんはパク・シフと似たところを見つけられたんですね。
私は、彼を見ると「星をとって」や「「恋愛結婚」のキム・ジフンを思い出すんですよ。どちらも、ちょっと暑苦しい感じで、実は少し苦手気味ですが、このドラマではすっきりしていて、あまり苦手意識は持ちませんでした。

韓国ドラマは年齢制限が設けられていて、視聴率のためにはだいたい15歳以上視聴可でつくられているのですが韓国では高校生が篤く守られていますから、ラブシーンも基本、かなり抑え目になっています。

キスシーンに関しては、ケースバイケースですね。
口をつぐんで…は少数派ではないでしょうか。
そう言えば、私は今、中国ドラマの「宮廷女官ジャクギ」を見ているのですが、ちょうどキスシーンのところで、どう見ても、唇と唇が合っていない!と思われるキスシーンが出てきてあらら・・・と思っていたので、私にとってはとってもタイムリーな話題でした♪

Commented by とっこさん at 2013-03-30 22:04 x
>どちらも、ちょっと暑苦しい感じで

(爆)。世間でいうイケメンもかたなしですね!なんなんでしょうね。たしかに、一つのカテゴリーを形成してますよね。

「共演をきっかけに」なんてロマンスを聞くと、遡って、二人のキスシーンを観察してみたくなります。タイムリーに誰かいないでしょうか。

たしか、チソンとイ・ボヨンは噂されているのでは。やはり、共演のクチですか?kirikoroさん、チソンがお気に入りだったのではないですか。この二人は兄妹といっていいような共通した雰囲気がありますが。しかし、チソンは美しい。ダビンチの「洗礼者ヨハネ」みたいに妖艶な、長髪気味のチソンのフォトを目にしたことがあります。

話がそれまくりましたが、この二人にキスシーンがあったなら、さぞかし、熱がこもっていたのでは。でも、結構、相手へのエチケットとかあるのかもしれませんね。


>唇と唇が合っていない!と思われるキスシーン

驚愕!よっぽど、互いにイヤだった?!違う意味で俳優としてのエチケット違反ですよね。
Commented by kirikoro at 2013-03-30 22:49
>たしかに、一つのカテゴリーを形成してますよね。

ついでに言えば、私の場合、ラブレインに出てきたソ・イングク君が最近このカテゴリーに入りました。

チソンとイ・ボヨンはもう長い付き合いですよね。
私がチソンさん素敵!!と大騒ぎしていたのを覚えてくださっていたんですね。はい、お気に入りの俳優さんの一人です♪
「ラストダンスは私といっしょに」での共演がきっかけのはずですが、イ・ボヨンはライバル役だったんですよ。

この二人のキスシーン、綺麗だろうな、と思うのですが、実際どうなのかしらね?
かえって、やりにくそうな感じもあります。
照れもあるだろうし、実生活のことを連想されそうで、どの程度の濃厚さでやるとか、かなり細かく計算しないといけないような気がします。
そんなことを考えると、俳優さんたちも大変ですね!

Commented by tomo at 2013-04-01 23:11 x
横からごめんなさい、 イテソン 初めて見たのが、日本映画<君を忘れない>
の 実話を映画化した作品です。さわやかで、すがすがしさの漂う韓国青年の役でした。
それから、イタキスで久しぶりに見た、彼、真逆でしたけど以外にかわいかった。
悪役より、一本気な無骨な役が似合う人だと思います^^
Commented by kirikoro at 2013-04-02 00:36
tomo さん、こんにちは。

「君をさすれない」は線路に落ちた人を救って亡くなった韓国青年の話ですよね。
映画ははあまり見ていなくて、これは名前しか知りません。

〉悪役より、一本気な無骨な役が似合う人だと思います^^

私も、そういうのが一番自然で、彼らしい気がします。
でも、韓国の俳優さんはいろんな役をこなさないといけないんでしょうかね?
どの方も、必ずといっていいほど、イメージチェンジでまるで違った役柄にチャレンジされるように思います。

それにしても「屋根部屋~」の悪役は憎たらしかった…。


Commented by kirikoro at 2013-04-02 11:42
鍵コメさん、私もよく、名前を間違えたり打ち間違えたりしますので、気にしないでくださいね。
「君を忘れない」「リトルダンサー」いつか必ず見ることにします!
by kirikoro | 2009-05-25 16:14 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(13)