なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『イルジメ~一枝梅~(일지매)』みました


イルジメ~一枝梅~(일지매)   ☆☆☆
2008年のSBS、水木ドラマ。全20話
地元のテレビ局でやっているのを見ました。残念だったのは、各話の終わりがプチっと切れちゃうこと。無駄なようでも、やっぱり、余韻がほしい…。
韓国ではみんなが知っている、想像上の義賊イルジメの話なんですが、このドラマでは、自分の父を死に追いやった人物を探るために、貴族の屋敷に忍び込むことが真の目的だった、という想定で物語が語られます。
d0060962_142833.jpg

映像がすごくきれいなドラマです。ふだん、わたしは画質にはあまりこだわらないのですが、こればかりは余り低画質なものはお勧めいたしません。(実は、半分ほど画質の悪いのを見てから気付きました…)
イ・ジュンギのイルジメはうわさ通り美しいのですが、それだけではなく、背景も美しいです。
でも、わたしがそれ以上に注目したのは、運命によって翻弄される登場人物の愛憎。
ただし、余りにも、その絡まりが複雑で、それを描くには20話は少し短いのでは、というのが率直な印象。セドルとタンの心情はなかなか泣けますが、それ以外の登場人物たちの心理の動きを追うのが雑になったような気がします。アクション主体に見ていると、なかなかいいんですが、お話重視のわたしとしては、ちょっともったいない、と思ってしまいました。
とくに、わたしはパク・シフの演じる、シフの心情を追いながら見ていたので、なんだか、肩透かしを食らわせられたような個所がいくつもありました。特にラストはねえ。あっさり処理しすぎだと思います。
それと。シフがウンチェを見る目が熱すぎる! シフはウンチェのことを実の妹だと思っているはずなのに、どうにも恋愛の匂いがしてしまって…。
また、イルジメは仮面で変装しているので、周りの人はイルジメ=ヨンだとは気付かないんですね。まあ、それは物語のお約束だからいいんです。でもね、イルジメのことが好きなウンチェに正体がわからない、というのは、どうにも不自然すぎて…。ラブストーリー自体、やはり、説明不足で消化不良な感じ。これなら、入れなくても…って感じです。わたし、ハン・ヒョジュさんがかなり好きなんですが、このドラマでは彼女の良さが生かし切れていない感じ。

あらすじはストーリーの導入部のみ、主要人物の関係を中心に簡単に書いておきます。
時は李朝朝鮮中期、仁祖の時代。両班のイ・ウォノの愛を受け身ごもった下女のタン。しかし、それはウォノの妻の知るところとなり、殺されかけます。(でも、タンは、それを命じたのがウォノだと思っているのね。)その彼女を助けたのがセドルでふたりは夫婦になり、チャドルが生まれます。(その前に妊娠中のタンはピョンシクに身を任せているのだけれど、ウォノが裏切ったと思ってのことだったんでしょうが、この心理がよく分かりません)
一方、ギョムはウォノの正妻の息子として不自由のない暮らしを送っていた。が、ある日、ウォノが謀反により、自殺を装い殺されます。ウォノの機転により、ギョムはかろうじて命拾いするが、父の殺されるところを目撃してしまう。その後、追手の手を逃れているうちに、やはり両親を殺されたボンスンとその兄に出会い、助けてもらおうとするのね。だけど、その兄、ギョムと間違えられて殺されてしまうの。その後、ボンスンは親や兄を殺した(命じられたとはいえ、直接手を下した)コンガルをそうとは知らず慕い、養女になります。
そのウォノを陥れる文書を、ウォノの屋敷の軒下に埋めるように、ピョンシク(彼も上から命令されたのだけれど)から命じられたのがセドルなのね、怖気づいたセドルが殺されそうになっているところをチャドルが代わりに仕事をすることで助けようとします。でも、チャドルも殺されそうになるのね。そこへタンが乗り込み、チャドルはピョンシクの息子だと言って助けます。そして、それ以降、チャドルはシフと名を変え、ピョンシクの息子として育てられることとなります。
そして、そのピョンシクの娘にあたるのがウンチェ。ウォノが殺される前、ウォノの屋敷でギョムと会っているのね。淡い初恋、という感じです。
一方のギョムは何とか追手を逃れたものの、その過程で、すでに亡くなっている父親に加えられる処刑を見、また、ギョムであることを隠すため、母親に石を投げるという過酷な経験のためか、記憶をなくしてしまう。そして、そんな彼を助けるのがセドル。ヨンという名を与えられ、セドルとタンの息子として育てられることになります。
そして、13年の歳月が流れます。いまだにギョムを探す人たちがおり、そんな中の一人と出会ったギョム=ヨンは少しずつ記憶を取り戻していきます。そして、実の父が殺されたことを、また、父を殺した男の刀に刻まれた紋章を思い出します。ヨンはその男を探すべく、イルジメとして生き始めることとなります。
さて、このイルジメがどんな風に真相に近付き、どんなふうに活躍をするか、また、お互いに兄弟と知らないヨンとシフがどのように関わることとなるのかは、ご覧になってお確かめください♪
[PR]
by kirikoro | 2009-07-07 01:45 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)