なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:視聴済韓国ドラマ( 642 )



韓国ドラマ「春のワルツ」全二十話が終わった。
毎週月火曜(に放送していた)を待ちかねている日々だったので、
軽い放心状態。

なにせ、言葉の理解に難ありなので、あちこちのサイトであらすじなどを
確認しているけど、あんまり評判は良くないみたいですね。
けれど、わたしは、放心するほどのけっこうなのめり込み方をいたしました。
まだまだ見ている本数は少ないけれど、韓国ドラマの中で1番か2番目に
好きなドラマとなりそうです。

いやあ、泣いたり笑ったり、とても外国語のドラマを見ていたとは思えません。
最後の方になると、あらすじ紹介サイトを読みながら、あれ、違うと思う、だとか、
重要なことを落としているよ、などと、とても語学独習4ヶ月弱とは思えないほど
話が分っちゃって・・・。
なんていうと、なんだか、すごく韓国語(朝鮮語)ガ分っているみたいですが、
当然、そんなことはありません。
正直、自分でもあんまり分るもんで、ちらっとそういう錯覚、
持っちゃったのよ、じつは。

もしかして、と思って、他のドラマを見てみましたが、見事にさっぱり
分からなくって、ものの10分も見ていられませんでした。
要するに、映像の情報をほとんど想像力のみで補っていたようです。
話の予想が結構(1パターンってわけではないけれど)できるので、
ついて行けたのかな、とも思います。
もちろん、予想をしっかり覆してくれる場面も多々ありましたが。

このドラマについてはいろいろ書きたいなあ、という気がします。
もういちど、最初から見直して、また、このドラマの見どころだとか、
感想などを書いてみますね。
[PR]
by kirikoro | 2006-05-17 23:47 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)

春の雪とワルツ


起き抜けに窓の外を見ると、びっくりするぐらいの雪だった。
ベランダの手すりの上には10センチほども積もっている。
さすがに地面は暖かいのか、アスファルト面には雪はない。
しかも、わさわさと、ふり続いていて、冬の風景だったよ。

でも、昼前にはみぞれから雨にかわり、それも止んだ。
積もった雪も、あっという間に溶けてしまった。
そうか。春の雪ははかないんだったな。

これがシーズン最後の雪だろうか。

コンビニ前の自動販売機に漱石さんを入れた。
紙幣の入れ替わりって、けっこう早いから、
もしかしたら、これが最後の漱石さんになるってこともあるかもしれない。

韓国KBSの「春のワルツ」は8話まで放送された。
わたしもまだ、しつこく、ついて行っている。
ジェハ君も初めて笑顔を見せたし、今まで青と黒の寒色の服しかきていなかったのが
黄緑色のセーター(だったかな?)を着用で、ようやく、春になってきました。
あらすじ紹介のサイトで確認して見ると、まあ、重要ポイントはほとんど
読みとれているみたい。
だけど、小学校の時の友だち(と言ってもジェハ君は他の子の身代わりとなって
生きているようなので、実は、面識がない)と会ったシーンで、
死んだという噂があって、というような会話があるんだけれど、
言葉が分らないわたしが何で理解できたんだろう、とちょっと不思議。

主要登場人物4人のうちの3人まではけっこう感情移入しつつ見ている。
フィリップさんだけが、どうも、行動の根拠が理解できないが・。

これ、韓国で視聴率よくないらしいですね。
ついに、7%台まで落ち込んでいるのだとか。
私が言葉を理解できないにもかかわらず面白く見られている、ということは
話のテンポが遅い、ということなのかもな。
主題歌があったかくって、じわじわ温かい、いい感じの話なんだけれど・・・。
これからの展開が想像されるところも、わたしとしては
期待が高まっているんだけれども、これも、
それがマイナスとして指摘されているみたいね。

ところで、韓国SBSのHPから、日本語字幕つきでインターネット放送(VOD)を
始めていますね
。まだ、6シリーズだけだと思うけれど。
1本200円しない(たぶん・・・。計算を大きく間違えているかも?)ので、
やすいけど、カード決済のみ。
ネットでカードを使うのには抵抗があるんだよなあ。
[PR]
by kirikoro | 2006-03-31 01:55 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)