なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:途中放棄のドラマ( 13 )



d0060962_106487.jpg

「怪しい家政婦」=韓国版「家政婦のミタ」6話まで見たのですが、ここでリタイアです。
日本版の方は面白く見たのですが、韓国版の方は、日本版の面白いところがすっぽり抜けている、って感じなんですね…。
なんか退屈。

ドラマのリメイクには、原作と大きく違うものと、原作にかなり忠実なものがありますが、このドラマは日本版にかなり忠実に沿っているようです。
日本版のエピソードも、部分的には韓国の事情に合わせているものの、同じものが登場しています。
ただし、韓国版は1話あたりの時間も長い(だいたい正味1時間5分前後)ですし、話数も多い(20話)ので、かなり構成は違っていて、6話で日本版のエピソードのかなりの部分がすでに語られている感じです。
それだけに、これから先の展開がどうなるか、気になりますね。
家政婦に恨みを持っている男が日本版に比べて、ずっと早くに登場していますが、私はこれをこの後の柱に持ってくるのかな?と思っています。

さて、このドラマを見て考えるのはやはり、日本版との違いです。

More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-10 10:10 | 途中放棄のドラマ | Comments(10)

今年の挫折ドラマ


今年のドラマ、ベストテンはまだ、2本残っているので、少し先になりますが、最近、途中で視聴を挫折したドラマについて、まったく書いていなかったので、今年1年分をまとめて…。

中には早々に止めたものもあるのですが、ここでは4話以上見たものだけの報告です。

一番最近のものでは「千日の約束」
キム・レウォンの除隊後復帰作として話題になった、ヒロインがアルツハイマーを発病するドラマ。
面白くなるかしら?と思いつつ、14話まで見たのですが、まるで面白いと思わないところに、見たいドラマがたくさん出て来たのでストップしました。
このドラマは日本で放送されても、まず見ないと思います。

脚本はキム・スヒョンなんですが、この作者さん、人物がいかにもドラマに出て来そうな人たちで、類型的なんですね。
「美しき人生」のようなファミリードラマでは、そういう類型的な、いかにもドラマ的な人たちの中に起こる今日的な問題が面白かったのですが、恋愛ドラマでは、どうにも古臭く感じてしまってダメでした。

2本目は、一度は記事にしたシットコムの「ハイキック!短足の逆襲」ハイキック3ですね。
ユン・ゲサン、ソ・ジソクが出演と、若手の登竜門と言われるシリーズにしては豪華な主演陣で、それなりに面白くは見ていたのですが、1話が短いとはいえ、平日毎日の放送で、ついつち貯めてしまっているうちに、おいつけないところまで来てしまいました。
このドラマは、テレビで気軽に見たいですね。
これは地上波でやってくれたら、再挑戦すると思います。

少し前にギブアップしたものは「いばらの鳥」「ロイヤルファミリー」
ふたつとも、欲望で動く人が出てくる、ドロドロ系なんですが、ちょうど、これを放送している頃、わたしはちょっと、こういうテイストのものを受け付けない心理状態になっちゃったもので…。
これらは、縁があれば見るかもしれません。

*(追記)これは結局、テレビで放送されたときに見ました。
どちらも面白くて、結果的に、テレビのカット版の視聴の方がよかったように思います。

「ミス・リプリー」も、3分の1ぐらい見たところで、やはり挫折。
ストーリーはこの後どうなるんだろう?と気にはなりつつ、男性主演陣があまり好きじゃなくって、ついつい後回しにしているうちに、終ってしまっていました。
これは、再挑戦するかどうかは微妙なんですね。
主人公がダメでも見続ける価値があるようでしたら、教えてください!


次に、テレビ等で見ていて挫折したものは
1、「愛もリフィルできますか?」
キム・ヒョンジュンが出演、ということで見始めたんですが、何が面白いか分からず…。
2、「千秋太后」
週1話放送だったのですが、このペースだとなかなか話が進まないんですね。
その上、ヒロインの若い頃のキム・ソウンは可愛かったんですが、チェ・シラが強烈で…。
でも、」このドラマはわりと面白かった、という評判も聞いているので、GyaOなどで週2話以上のペースでやってくれれば、たぶん再挑戦すると思います。

こんなところかな?
もしかして、すっかり忘れてしまっていて抜けているのもあるかもしれませんが…。

そして、テレビで視聴していて、今ギブアップしそうなものも、もう1本。
それはチョン・イル主演の「美賊イルジメ伝」
ナレーション多用のスタイルが、斬新なのかもしれないんですが、どうも、テンポが悪くノレないんです。
その上、チョン・イルもまだ、彼の魅力を発揮できていない頃の作品って感じかしら。
いまいちなんです…。
5話まで見たところなんですが、面白くなるかしら?
[PR]
by kirikoro | 2011-12-28 23:19 | 途中放棄のドラマ | Comments(4)

韓ドラ漬けの日々から、なかなか抜け出せません。
だけど、他にしたいことも、しなきゃいけないことも、山ほどあるのよね。

一大決心をして、私の人生初の眼鏡も買ったし。
実は、ずっと乱視だったんですが、頑張れば見えるので買わないで来たんですが、
頑張る力がなくなって、本を読むことから遠ざかっていたんですね。
これで、本もちゃんと読めるし。

なので、このあたりで何とかしないことには…と思っているんです。
とはいえ、わたし、何かを途中でストップする、ということがとても苦手な性格です。
ドラマでも、追いつけていないものがあっても、もうちょっとしたら…なんて、なかなか止められないできたのね。

でも、そうも言ってられない状況になって来たので、ここで、2本、すっぱりとリタイアです。

一本は、コヒョンジョンとクォン・サンウの「大物」。
d0060962_8513324.jpg

これは9話でリタイア。

視聴率はいいドラマなんですけどね。
ヒロインに魅力が感じられない、ということが一番苦痛で後回しにして来ていました。
おばさん、というより、お嬢さんでね。
それに、クォン・サンウの主演作なので、テレビでも何度も見る機会がやって来ると思うのね。 ←どこが、すっぱりなんだか…
(吹き替えの可能性が高いけど)
今頑張って見なくてもいいや、って感じ。
(このドラマは結局、テレビのカット版で最後まで視聴しています。その感想は→「レディプレジデント-大物」

それにしても、クォン・サンウの出演するドラマって、わたしにとってはいつも期待外れって感じなんですよね…。
ストーリーが、これ、ちょっとどうよ、というものが多いような…。
それでいて、いつも、クォン・サンウって好みの俳優さんじゃないけど、素敵だな、と思います。
そういう基準で作品選びをされているのかな?

もう一本は「逆転の女王」。

More
[PR]
by kirikoro | 2010-11-25 08:59 | 途中放棄のドラマ | Comments(10)

d0060962_2358448.jpg


MBCの週末ドラマ
グローリアはやはり、途中下車です。 

50話予定のドラマを6話まで見ただけで何か言うのはどうか、と思いますが、最初のあたりの印象、と言うことで、ご理解ください。
これぐらいの長さのドラマだと、10話過ぎたあたりから、面白さが分かる、なんてこともありますから。

「産婦人科」で素敵!と思ったソ・ジソクが主演(あるいはNo.2?)だし、ソ・イヒョンも好きな女優さんだし、と、少しばかり期待していたのですが、なかなか話が進まないんですね。
どこか、ちょっと古臭い感じもするし。
その間に興味をつなぐ要素も見つけられなくって…。
視聴率も10%にちょっと届かない感じ。

ヒロインが歌手となる話なんで、歌が結構重要だと思うんですが、そのヒロインを演じるぺ・ドゥナの歌もね、あまり引き付けられませんでした。
まだ、歌い始めたばかりの素人だからうまくなくてもいいんですが、何か魅力がある、と思えなければ、ちょっとつらいんですよね。
その上、同じ歌物、と言うことでキム・ジョンウンの「私は伝説だ」とも比べちゃう。

More
[PR]
by kirikoro | 2010-09-10 00:07 | 途中放棄のドラマ | Comments(13)

途中放棄のドラマ 2本


1本め、「結婚してください(결혼해주세요)」は12話でストップです。

一番の理由は、時間がないから。
そうでなくてもいっぱいいっぱいで、このドラマは後回しになっていたんですね。
追いつけるか、と思っていたのですが、、お盆にちょっとお出かけしてた上に、GyaOが大量に新しいドラマを始めたりするから…。
それも、わたしが見損ねていたものが3本もあるじゃないですか。

なので、リタイアすることにしました。
12話までは見たんですが、ファミリードラマのうちでも、ちょっと、趣味が合わない感じだったんですね。
面白さが見えてこなかったって感じかな。

以前に6話までの感想とあらすじを書きましたが、一番メインとなるのが危機の夫婦とその妻の自分探しになるのかな?
私が見たところではまだ、出て来ていなかったのですが、ヒロインは歌手になるらしいです。

ヒロインが好みだったらそれでも見続けたんじゃないかと思うのですが、彼女も好みじゃないしね。

7話以降の動きを少し補足すると。
若い無職の男の子と箱入りお嬢さんの話はその後、お嬢さんの妊娠しちゃうのね。
そのドタバタがあったかとおもうと、その彼女のお母さんが男の子のお父さんの初恋の人だったのですが、お父さん、その女の人の周りをうろうろしているのがバレて、その妻がショックを受けて、なんてことが出てきます。

そしてもう1本。
d0060962_122167.jpg


More
[PR]
by kirikoro | 2010-08-19 01:03 | 途中放棄のドラマ | Comments(2)

わたしの期待のドラマ『金首露(キム・スロ)』始まりましたよ。
わたしが、スタート前から見ようとおもった初めての史劇ドラマなんですよ!

でも、視聴率一ケタでのスタートなんですね。
映像美を期待したんですが、巨額の制作費の割にはいまいちかな、と。
CGが不自然との声があるんですが、これは私はそんなに気になりませんでした。
お話はまずまずおもしろい、感じね。(いつものパターンといえばそうなんだけれど)
続けて見ることにします。

さて、私の場合、史劇はあまり見ていないうえに、、途中でやめちゃったドラマも多いんですね。
有名なものも、どんどん落伍しています。
だいたい私、『チュモン』を見るまで、史劇の見方を分かってなかったみたいなんですね。
普通のドラマでは我慢強いわたしですが、史劇に関しては我慢が足りなかったな、と今になって思います。

「中途放棄のドラマ」のカテゴリーを作る前のものばかりなので、まとめて。

『太王四神記』
まず、最初のCGがだめ、そして、続く子供時代がなかなか終わらなくって。
ここで、ペ・ヨンジュンファンだったりしたら、我慢強く登場まで見続けられたと思うんですが、私は、彼が苦手で…。
あっさり落伍です。

『海神』
これも、物語が本格的に始まる前にリタイア。
これも、主演の俳優さんたちが、どちらかと言えば苦手なところに来て、録画を忘れて。
でも、このドラマに関しては、今のわたしが見たら、面白いかもしれない、と思っています。
これは、機会があれば再トライするかも。

これは、後日見ています。感想は→こちらに

『ホジュン』
お医者さんの話なんですね。
地味な印象のドラマでした。
わたし、時代劇は派手なのが好きみたいです。

 これもやばり、後日見ています。 →こちら


そして、一応は全部見たものの、記事にしていないものがひとつあります。
それは、かの有名な『大長今~チャングムの誓い』なのね。
実は、見ていないわけではないんです。

何で書いてないかと言えば、実は島流しになる直前から最後まで見て、また最初に戻って島流しのところまで、という見方をしたんですね。
好きなドラマだったら、そのまま最後まで見るんですが、物語が繋がったところで、もういいや、って思っちゃった。
こんな見方でなにかを語るのは、あまりにも乱暴だろう、と書いていません。

ストーリー自体は面白かったんですが、、わたしはチャングムのいい子ちゃんキャラが苦手でした。
それと、女の争い的な部分も苦手。
でも、チ・ジニはよかったんですがね。
[PR]
by kirikoro | 2010-05-30 15:34 | 途中放棄のドラマ | Comments(8)

d0060962_20183812.jpg

『神と呼ばれた男 (신이라불리운사나이)』は8話までは見るには見たんですが、ギブアップです。

理由は以前の記事に書いた見始めた時の感想から抜け出せなかったから。

現代物でも、このドラマのようなヒーローものはこのドラマの世界に入れるか、入れないかがドラマの印象を大きく変えると思うんですが、私は、だめだったんですね。
私には、ちっともカッコよく見えないんです…。
小道具にしても、詰めが甘いのかなあ。
例えば、仮面をかぶるところがあるんですが、仮面をかぶっているところはいいんです。
でも、仮面を脱いで、頭の上につけているシーンになったら、とたんにお間抜けに見える…。

視聴率はスタート前に期待されたほどではないにしても、10数パーセントはとってますから、全く人気がないドラマって訳ではないんですが。

お話はちょっと散漫かなあ。
これ、カット版になると、もう少し締まるような気もするんですよね。
運よく地上波で放送されることになれば、また挑戦するかもしれませんが、今のところ、余裕もないし、見るにしてもカット版の方がよさそうな予感もあるので、とりあえず、リタイアです。
再挑戦の可能性はそんな訳で、ゼロではありませんが。

4話までのあらすじは、一応書いていますので、ここに載せておきますね。

More
[PR]
by kirikoro | 2010-04-12 20:43 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)

d0060962_16334510.jpg

MBCの週末のドラマ『タンポポ家族(민들레 가족)』は6話まで見るには見たんですが。
ついつい後回しにしてしまって、追いつけません…。
結局は、あまり興味の無いジャンルのドラマ、ということなんでしょうね。
すっぱりとリタイアします。

ファミリードラマの中でも、親子や夫婦の問題がほとんど、というドラマなんですね。
ラブストーリーの部分は一家の末娘を演じるイ・ミンジとカメラマンを演じるキム・ドンウクのパートなんですが、ものすごく、扱いが少ないです。
契約結婚か?というところから、全く動きません…。

結婚するような年ごろの子を持つ夫婦の心理に興味があれば、面白いドラマなのかもしれませんが、私は全く関心がなくって、やめることにしました。

あらすじは一応書いていたので、アップしますね。
4話まで(だと思いますが、もしかしたら、3話までかも)

建築会社の専務を務めるパク・サンギル(ユ・ドングン)には妻のキム・スッキョン(ヤン・ミギョン)と3人の娘がいます。上の娘ジウォン(ソン・ソンミ)は頭も性格もよく、母親の自慢の娘。人もうらやむ素敵な歯科医のミン・ヨンソク(チョン・チャン)の元に嫁いで8年。でも、何かと言うと実家に顔を出し、母親を助ける優しい娘なのね。その上、夫からは高級な差し入れなどが届きます。
対照的なのは次女のミウォン(ミア)。優秀な姉の下、劣等感を抱いて生きてきた問題児なのね。親の反対を押し切り、同棲して子供ができて結婚、夫は定職につけなくなくって、家の中もごちゃごちゃ。
久しぶりに実家に顔を出しましたが、お姉さんの旦那さんからの立派なお弁当を皆が食べている最中で、途中で買ってきた、お母さんの大好物の鯛焼きも渡せないで、また、喧嘩して帰っちゃいました。
末娘のヘウォン(イ・ミンジ)はデパートのバイヤーをしている気さくな娘。
今日、娘たちが集まったのは餃子作りのためなのね。お母さんはお父さんの会社の副社長のお宅に一年の節目節目に餃子を作って届けているのね。というのも夫の昇進の手助けになれば、と思ってのことのよう。
そして、今度が社長になる、最後の機会なんだけど、どうやら今度は大丈夫そうです。というか、夫が社長になることが彼女自身の夢になってしまっているのね。
ところが、どうも、副社長が心変わりをした?と思われる状況になってきました。不安に思ったスッキョンは友人のピルナムのアドバイスに従って宝石を贈るんだけれど、それが突っ返されちゃう。

そして、お父さんは社長にはなれなかったのね。様子を見に行ったへウォンはがっかりしているお父さんの後ろ姿を見て、言葉をかけずに立ち去ります。
さて、その後立ち寄った銀行の窓口の隣席で金策をしていたイ・ジェハ(キム・ドンウク)と目が会います。
彼、カメラマンで事務所を運営しているんですが、その資金難に直面しているのね。実家のお父さんに頼みに行ったところ、2週間以内に花嫁候補を連れて来ないことには、資金援助どころか、それまでの出資分も返してもらう、と。
ジェハは全く結婚には興味がない、というか、結婚は必要ないと思っているんだけれど。
困ったジェハ、思わず、ヘウォンに2週間以内にプロポーズを受けてくれる女性はいないか?なんて聞いてあきれられます。

ジェハ、ますます困っています。
長女のジウォンは子供が欲しいのだけど、恋人のように過ごしたい夫なの。
これに限らず、人も羨むような結婚生活を送っているジウォンですが、本当のところは、ちっとも幸せじゃないの。
夫の意向に会わせるだけの生活に爆発寸前です。
そして、父親の誕生パーティに家族がまた、顔を合わせます。母親は、また、ミウォンとの行き違いで、ミウォンを傷つけちゃう。
ミウォンの一家は立ち退きを迫られているんだけれど、お金がなくってどうしようもない状態。
へウォンは仕事はうまくいっているんだけれど、まわりから妬まれて、妻子持ちの上司と出来てるみたいなうわさを広められているのね。
夫の退職までに末娘の結婚を決めたいと思っている母の元にまで、そのうわさが耳に入って、ヘウォンはすぐにでも結婚させられそうな雰囲気になっています。
[PR]
by kirikoro | 2010-03-14 16:29 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)

**2011.2.14追記
このドラマ、再トライして見たところ、なかなかよかったんです。
視聴終了後の感想は→こちらにあります。**


『タムナ~Love the Island』は2話まで見たところで、リタイアすることに決めました。
日本でも、Mnetで放送されることが決まっているようですが。

私の一番苦手な、粗雑なCG画像たっぷりのフュージョン史劇って奴?
わたしには面白さが分かりません。
しかも、済州なまり(題の耽羅=タムナとは済州島の古名らしい)がきついのね。
字幕や言葉の説明がつくのだけれど、ハングルでしょう、読むのが苦手なわたしは、それを追う気力がありません…。

とはいえ、せっかくなので、基本情報だけアップしておきます。
d0060962_1927268.jpg

タムナ~Love the Island(탐나는도다=耽羅は島だ)
MBCの週末ドラマ 全20話予定
チョン・ヘナという人の漫画が原作です。

時は17世紀、日本の陶磁器の美に魅せられ、遠くロンドンから長崎へと向かっていた貴族の青年ウィリアム(ファン・チャンビン)の乗っていた船が嵐で遭難、耽羅島(現 済州島)へと流れつきます。それを助けるのが島の落ちこぼれ海女のボジン(ソウ)彼女、島での暮らしが嫌で、他の世界に出てみたいと思っているの。
ちょうど、その頃、両班のパク・キュ(イム・ジュファン)が島流しって感じで島に来ていて、ボジンの家に厄介になっているの。両班といえども、働かざる者食うべからずの、ボジンの家の決まりで苦しんでます。おまけに都会暮らしの青年にとって、島の生活は過酷そのもの。トイレからして、苦労しています。
そして、島では連続盗難事件が起こっています。
さて、ボジンに匿われて暮らしていたウィリアムでしたが、そのうち、ウィリアムを長崎まで連れて行く役目をしていた、日本人のヤン(イ・ソノ)と再会したものの(日本人の名前じゃないよなあ…と思うものの、そうなってます)、パク・キュに見つかっちゃって…。

こんな感じで始まります。

ウィリアムを演じているファン・チャンビンって、嘘くさいほど西洋人!って顔してます。このドラマの意図からすると、ナイスな人選なんでしょうが、私にして見ると、苦手感が助長されてしまいます。
この人KBSの「美男たちのおしゃべり」に出演したモデルってことのようで、役者としては、これが初めての作品のようです。フランス人なんだけれど、父親の再婚した相手(継母)が韓国人で韓国でも長く暮らしていたらしい。なので、韓国語はOKみたいですね。

イム・ジュファンは『雪の女王』や『シングルパパは熱愛中』でライバル役をやった人ね。『マジック』に登場した時は期待の人だったんだけど…。このドラマの両班スタイルだと、『ファン・ジニ』の時のチャン・グンソクと似てるな~って、わたしは思いましたです。

ヤン役のイ・ソノは『雪の女王』でボラのお兄さんを演じていた人なのね~。あの時はひ弱な感じの秀才でしたが、こちらでは、ぐっとワイルドな外貌になっています。
[PR]
by kirikoro | 2009-08-25 19:28 | 途中放棄のドラマ | Comments(8)

まず、一つ目はチェリムと、オム・ギジュンが主演の『よくできました(잘했군 잘했어)』。
26話まで見たんですが、これはもう、ヒロインいじめのドラマとしか言いようがなくって。
しかも、設定の強引さも目立ってきたので、もう、限界。
『君は僕の運命』とおんなじ匂いがします。
막장 드라마(マクチャンドラマ=どん詰まりドラマ)にはしない、という話だったのに、どこが、という感じ!
スタート時は明るい感じのドラマだと思っていたのに!
オム・ギジュンが演じる、チェ・スンヒョンというキャラはなかなか魅力的だったんですけどね。
それと、キム・ジョンファのダンスはめっちゃ、かっこよかったです。
d0060962_17115721.jpg

もう一本のリタイアドラマは『チング、愛と友情の絆』(原題は친구-우리들의 전설 友よ、俺たちの伝説)。
わたしはリタイアを決めるのは最低でも1話、だいたいは4話まで見てから、と決めているのですが、これは、1話の途中でギブアップ。
ヤクザの話なんですね。な~んか、ものすごく古臭い感じ。ヤクザドラマ自体が嫌いっていうのもありますが、これはまるで受け付けませんでした。
ヒョンビン、キム・ミンジュン、ソ・ドヨン、と、男性出演者たちの顔ぶれがなかなか魅力的だっただけに、残念です。
d0060962_17144883.jpg

もしかして、このムサクルシさがいやだったのかも…
[PR]
by kirikoro | 2009-07-02 17:17 | 途中放棄のドラマ | Comments(2)