なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:韓国ドラマの常識( 5 )



d0060962_1961389.jpg前回は結婚に関することを書きましたが、結婚とくれば、という訳でもないけれど、離婚についてです。

最近の韓国ドラマを見ていて、よく、離婚よ!と夫婦の一方が叫び、もう一方が、こっちから離婚してやる!なんて感じで裁判所に出かけるなんてパターンのドラマ、けっこうあるように思います。
でも、日本人の感覚では、裁判所に書類を提出したらそれで終わりだろう、と思うのに、それからまだまだごたごたすることが多いですよね。
そこで、まだ、考え直す時間はある、とかいうセリフが出てくることもあって、疑問に思ったりもされるんじゃないかと思います。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-10-03 19:10 | 韓国ドラマの常識 | Comments(6)

d0060962_0443785.jpg
今回は韓国ドラマの中に出てくる婚姻タブーについて、です。
ドラマを見ながら、いろいろ調べて、かなり間違いのない線じゃないか、と思うのですが、専門家じゃないし、もしかしたら間違っている部分があるかもしれません。
もし、間違っている部分があれば、教えてくださいませ。

他国の法律はなじみがないうえ、韓国では近年法律が変ったので、より分かりにくいですね。

まず絶対結婚不可能な関係について。
韓国では従弟同士は結婚できないという話(たとえば「90日間、愛する時間」)はお聞きになったことがあると思うのですが、血縁関係で結婚できない範囲はそれより、かなり広いです。
以前は出身地(本貫)が同じで同じ苗字の者同士は結婚できないという法律がありました。
要するに、父方の親戚とはいくら関係が離れていようともダメ、だったんですね。
ところが、それは1990年の法改正で、8親等までと限定されることになりました。
といっても、8親等といえば曾曾曾祖父母を同じくする人(みいとこ?呼び方も知らない…)ですから、日本人の感覚で言えばとても広いですね。
日本で法的に親族とされるのは6親等までじゃないかな?
でも、その法改正によって以前は父系だけが問題になっていたものが、母系の親戚に広がった、ということもあるようです。

また、配偶者の姉妹やきょうだいとは離婚や死別した後も結婚(当然再婚と言うことですね)できません。
「雪だるま」がそうでしたね。
例えば、妹はお姉さんの配偶者だった人と、弟はお兄さんの配偶者で会った人と結婚できません(。姉と妹、兄と弟が入れ替わっても同じ。)
「6親等以内の血族の配偶者、配偶者の6親等以内の血族、配偶者の4親等以内の血族の配偶者である姻戚、またはこれら姻戚だった者との間では、婚姻していけない。」という法律があって、認められません。
ということは、従弟やはとこが離婚して、その相手と自分が結婚することや、別れた(死別した)妻の従弟やはとことも結婚できないんですね。

では、両親が結婚することにより兄妹になった子供たち同士の結婚は?
ここからがグレーゾーンです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-30 00:48 | 韓国ドラマの常識 | Comments(16)

今回は視聴率についての話題です。
どのドラマを見ようかと迷っている時、視聴率の数字を参考にする人も多いかな、と思います。
韓国のテレビ番組の視聴率として目にするのはAGBニールセンメディアリサーチとTNmS(以前はTNSメディアコリアと言っていましたが変わりました)の2社のものです。
この2社の特徴については、私は分かりませんが、数字には若干の差異はあります。
また、視聴率にはドラマの全話を通しての平均視聴率、1話あたりの視聴率、瞬間最高視聴率があります。
(ちょっと加筆)
そして、そのそれぞれに、全国の家庭の数字と、首都圏(ソウル)の家庭のみを集計した数字が出されています。
全国版の方が首都圏版より、保守的なドラマの数字が高くなる、というのは想像通りですね。

その中でニュースになることが多く、私もドラマ記事を書くときに各作品の最高視聴率、として挙げているのは1話あたりの全国平均視聴率です。

過去のドラマの視聴率の話をするときにはそれが結構ごっちゃになって使われていることがあるんですね。
よく、韓国のサイトで歴代ドラマ視聴率ベスト~~、なんてまとめをされているところを見かけるのですが、だいたいが数字の根拠が無くて、よくよく見ると、中には各話あたりの視聴率に交じって瞬間最高視聴率?と思われる数字が混じっていたり、ということがあります。
ですから、根拠の明示されていない数字は参考程度、と思う方がいいかな、と思います。

さて、ドラマの内容の良しあしと視聴率の高低は一致しない、ということは皆さんご承知のことだと思います。
また、視聴率が低くなる要因に、放送される時間帯や裏番組との競合、その他の国民的イベント(たとえばオリンピックや日本の盆にあたる秋夕だとか)との兼ね合いもある、というのはご存知のことだと思います。

そんな中、今回取り上げたいのは高視聴率枠のドラマ、です。
日本でも、NHKの朝のテレビ小説や日曜の大河ドラマなど、枠自体の固定ファンがいて、他のドラマよりも高い視聴率が求められるドラマがありますが、同じようなことが韓国でもあるようです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-23 19:44 | 韓国ドラマの常識 | Comments(4)

前回はゴールデンタイムのドラマについて書きまいたが、今回は韓国でどのようにドラマが放送されているか、それを全体的に書いてみようと思います。
このドラマは韓国ではいったいどんな時間帯に放送されているのかな?なんて疑問を持ってドラマを見ていると、また違った楽しみがあるんですよ。

私がドラマがどんな時間帯に放送されているのかに興味を持ったきっかけは朝ドラなんです。
朝の8時前から始まるドラマが結構ドロドロだったりして、どうして朝からこんなのを!?なんて思ったのがきっかけなんです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-22 12:49 | 韓国ドラマの常識 | Comments(0)

このところ、記事を書くのが楽しくない、などと言って最低限の記事をアップするのみだったのですが、ようやく回復しつつあります。
で、新しいシリーズなどを始めようかな、などと思い立ちました。

私が韓国ドラマに嵌って6年。
最初は何も知らなくて、どういう事なんだろう、と思っていたことでも、いつしか、それを韓国ドラマの常識、と受け止めるようになったことがたくさんあります。
韓国ドラマも、どんどん新しいファンの方が生まれていますから、その方たちもやはり、わたしが見始めた時と同じような戸惑いや疑問を感じられているんじゃないかな、と思うんですね。

そこで、私がこの間に得た知識(というほどたいそうなものじゃありませんが)を思いついた時に、順不同にアップして行こうかな、と思っています。
ほんとうは、系統だってアップできればいいのですが、私の力ではとても出来そうもないので、思いついたところから気ままに、書いていきますね。

それでは今日はまず、その第1回目を…。

韓国ドラマを見ていて、予告編の入る日と入らない日が、だいたい変りばんこになっている気がするんだけれど…。
こんな疑問を持たれたことはありませんか?

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-20 10:56 | 韓国ドラマの常識 | Comments(4)