なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


BBクリーム



何度も繰り返して書くのは、いやなんだけれど。
先日の頬の傷ですが、1週間ちょっと、バンドエイドのキズパワーパッドを貼って、
無事、新しい皮膚が再生しました。
キズパワーパッドはかさぶたを作らせないまま新しい皮膚を作ってくれるので、
顔の傷には大正解でした。
少し高いけれど、やっぱり頼れる奴だ。

そして、バンドエイドを外したあと、どうするか。これが、問題でした。
再生しても、しばらくは赤みが残りそうだし、
新しい皮膚は紫外線にはめっぽう弱いそうだから、何とか防がなきゃいけないし。
でも、ファンデーションって、治りきってない傷の上に塗るのに抵抗あるし…。

そこで、思い出したのが韓国で人気とかの、BBクリーム。
素肌のように見せるファンデーションってやつね。
うそかほんとか、韓国の女優さんたちのすっぴん写真は
このクリームを使ってるんだ、という噂が。
BBとはBlemish(欠点)Balm(保護剤)の略だとかで、肌のダメージに働きつつ、
欠点カバーをしてくれるファンデーションということらしいです。
エステでピーリングした後に使うクリームって話もあるし。
すり傷の後って、ちょっと念入りなピーリングだと思えば(ちょっと無理?)
ぴったりじゃない?


d0060962_8402173.jpg


ということで、急遽、BBクリームを購入!
時間があれば、いろいろ選べたのですが、3~4日後には使い始めたい、となるとメーカーが限定されてしまいました。
日焼け防止効果がないのが不満ではあったのですが、ちょうどミシャのBBクリームが発売日だったので、購入してみました。
しかも、おねだんも50g1800円と私の日ごろ使っているファンデーションの価格帯だし。(ふだんは500円~1800円ぐらい。100円ファンデもつかってみたけれど
あれは、顔色が黒く沈んでダメだった…)

初韓国コスメです♪

届いた商品、手にとってみると、やたらと黒っぽいクリームが出てきて、えっ?
色といい、テクスチャーといい、粘土(クレイ)ぱっくみたいじゃん。
顔に塗ってみると、なに、この変なテカリは?
だったのですが、パウダー類を乗せると、自然な感じに仕上がりました。

シミなどをカバーする力はまったくありません。
色ムラは、少し補正されている気もする。
光の拡散でカバーするタイプなのかな?
毛穴が詰まった感じにならないんですね。
わたし、かなりきめが粗いので、何を塗っても、毛穴の部分に入り込む
ファンデーションが気になって、色ムラさえなければ素顔の方がましなのに…
と思う状態だったのですが、これを使うと、不思議と詰まらないんですね。

しっかり肌になじませると、化粧崩れも起こしにくいみたいだし。
優秀と言えば優秀な商品じゃないかと思うのですが、
何せ元の肌の状態が(汗)…でしょう?
やはり、おばさんはもう少し仮面をつけないと
世間に迷惑かもしれない、なんて思ったりもします。

BBクリームを使い始めて6日目になりましたが、
傷の赤みは順調に薄れていっています。

これで、この夏も無事に終えれそうです。
[PR]
by kirikoro | 2007-08-27 08:41 | 商品 | Comments(1)

相変わらず、韓国ドラマ、見ています。
ただ、毎日午後には人間の体温を超えていたので、(40.9度ってなに!)
さすがにパソコンはスこし休息させていたので、視聴時間は多少減ってます。
(今日は、久しぶりに涼しい!!)

コーヒープリンスは最終話を残すのみとなりましたが、山は越えた、という感じ。
やはり、1回延長で間延びしてるんじゃないかな? 
相変わらず、面白いのは面白いし、たぶん、わたしの過去見たドラマの中で
一番好きなドラマになるとは思うんですが。
9回裏2アウトは、なかなか主人公たちの恋物語にならず
イライラする展開の筈なんですが、なぜか、楽しいんですよね。
じれったさを楽しめちゃうというか。
主人公たちのちょっとしたドキドキ感が伝わってくるからかな。
犬と狼の時間は毎回手に汗を握ってみてしまいます。
好きなタイプのドラマじゃないんですが、引き込まれます。
カールキラー、オ・スジョン(これ、日本語のタイトルにしにくいですね。
一番納得のできるタイトルを採用させていただいています)は
気楽に楽しめるラブコメといったところかな?
これも、今のところ、楽しく見ています。

と、今期はなかなかの、あたりです。

では、見終わったドラマの覚書と、簡単な感想を。
例によって、ネタバレはしないようにきをつけています。
☆はわたしの面白かった度。今のところ5つが最高です。


京城スキャンダル  ☆☆
日本占領下の京城が舞台。遊び人の男が、朝鮮独立を目指す組織に属する純で古風なヒロインと出会って…というのがメインストーリー。
そこに当代きっての妓生と朝鮮総督府保安科で重要な位置を占めている男のラブストーリーがサブストーリーとして展開していく。
初々しくって、ちょっとコミカルな恋と大人の恋の2本立てって、最近多くなってきているパターンのような気がするな。コーヒープリンスもそうだし、タルジャの春もそうといえないこともない気がする。
わたしはカン・ジファンが、かなり苦手だし、ヒロインのハン・ジミンもも一つかわいく思えなくって、(大人の恋の方はわりとはまれたんですが
――ハン・ゴウンの演じるソンッジュ、かっこよかったです。)感情移入しにくかったんですが、ストーリーはかなりおもしろかったです。
とくに、後半になって、こんな話って、昔の少女漫画にあったよな、と思って、脳内でアニメ変換しながら見る技を身につけてからは、かなり楽しめました。アニメ変換してみると、この主人公たちも可愛いの。
主人公が違ったら、もっと評価していたと思います。

8月に降る雪  ☆☆
 交通事故で息子を失ったヒロインと、同居していた女が借金の取り立てに耐えかねて出て行ってしまった後、男手ひとつで子を育てている男のラブストーリー。
ヒロインの息子の死に対して、一番責任があるのはヒロインの元夫だろうと思うのだがが、実際に交通事故を起こしたのは(本人は事故を起こしたことすら気付いていない)男性主人公であることを視聴者は最初から知っているという仕掛け。
また、並行して、ヒロインの弟である検事のラブストーリーが展開するのだが、その相手がこどもを残して出て行った女であり、そして、その女が出て行くことになった借金の取り立て屋がヒロインの元夫、という設定。
という舞台装置が揃っていて、期待は非常に高かったんですが…。
はっきり言って、構想倒れの感が否めません。
こんだけ緊張感のある道具立てにも関わらず、もたもたと進む話。そして、ヒロインはほとんど不機嫌なままだし。
そして、8月に降る雪というタイトルでしょ? どんなものが降るのかとそれも楽しみだったんですが。
・・・こんなもんでお茶を濁したらだめでしょ! という結果でした。

不良カップル ☆☆☆
女性ファッション誌の編集長として、社会的には非常に成功しているヒロイン。しかし、一生独りで生きて行くと考えると、ちょっとさびしい。そんなわけで、最高の遺伝子をもつ男のこども(男を、ではない)をゲットしようとして出会ったのが植物学の教授をしている男性主人公。それだけだったはずなのに、ほんとに好きになってしまって…。というのがメインストーリー。
そこに、夫に浮気をされて離婚話を切り出された主婦が夫の関心を取り戻そうと偽の恋人をでっちあげて、というサブストーリーが繰り広げられる。
一見利己的なようで、実は思いやりにあふれた人物という、この、ヒロインのキャラ、私はとても好きです。
30代の女性の可愛さという点でも、自然で、最近のドラマではぴか一だな。
シン・ウンギョンさんという女優さんが演じているんですが、ちょっと、コン・ヒョジンさんに似ていますね。
そして、お決まりのライバル女性も登場。最近、あんまりライバルらしいライバルが出てくるドラマって少ないので、どんなライバルぶりを発揮してくれるのかと、楽しみにしていました。この人、顔も意地悪そうだし。(すごい偏見)
でも、結果的に、みんなすごくいい人なんですよね。
あんまり意地悪な人の出てくるドラマはしんどいし、ほのぼのとしていいと言えばいい話なんだけれど、それはそれで、何だか物足りないんですよね。人間の心理は、難しい…。
でも、ヒロインが素敵だったので、許す!

ところで、男性主人公を演じているリュ・スヨン氏ですが。
明朗少女成功記→ラストダンスは私と一緒に→18:29 とどんどんいい人キャラになっちゃって。
同一人物とは思えません…。


d0060962_16443691.jpg
d0060962_1633644.jpg











サマービーチ~浜辺へ行こう ☆☆☆
サガジな御曹司と海辺の田舎娘のラブストーリー。
出会い最悪、ライバルは血の繋がっていない兄と財閥のお嬢様、出生の秘密と、韓ドラ的要素満載の作品。
期待しないで見始めたのですが、結構、面白かったです。ドキドキわくわくはしなかったけど。
それでも、最後の障害となるエピソードについてはこんなもん、持ってくるなよ、という気がしました。
それと、これも、みなさん、いい人になって終わりすぎ。
特に女性ライバル。ここまでやってきたんだから、最後は捨て台詞の一つでも吐いた方が自然だと思うんだけど。
[PR]
by kirikoro | 2007-08-23 16:52 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

あたしのあたまのなかの


話題(なの?)の脳内メーカーなるものをやってみました。

http://maker.usoko.net/nounai/

かなり繋がりにくいです。

まずは、村本 希理子で。
d0060962_1921230.gif





次は本名で。
d0060962_1924347.gif



なんとなく、納得できてしまうのが、怖い。
姓と名の間にスペースを入れないと、また結果は違うのだけれど。
[PR]
by kirikoro | 2007-08-20 19:03 | うだうだ | Comments(2)

きのうは40.9度。
暑さに強いわたしは苦じゃなかったのですが、
韓国のテレビニュースを見ていて、
殺人的猛暑と報道しているのを見て、ぐったりしました。
でも、おかげで韓国語の単語を一つ覚えました。
殺人的猛暑=살인적 폭염(漢字表記だと殺人的暴炎)というらしい。

そうそう、韓国のニュースの天気予報では、(少なくても私が見ている番組では)
毎日、竹島=独島の天気を言います。
きっと、韓国人の方が日本人よりずっとこの島になじみがあるだろうな、と思ってしまいます。

話は戻りますが、
きょうは、朝から雲もわりと多かったし、風もあったので、
そんなに気温は上がらないだろう、
と思っていたのだけれど、40.8度。
例によって、あまり暑さを感じないわたくし。
じっとしてたら、汗もかかないんですけど。
どっちみちなら、記録更新しろよな、と思ってしまうのが…。

暑くなる前に買い物に行っておこう、と、お昼頃に出かけたのですが、
あとで見てみると、今日の暑さのピークは12時過ぎ。
わたしはたぶん40度の中を出掛けていたのでしょう。
さすがに、ちょっと疲れました。

とは言うものの。
夕方、大阪の友達から酷暑見舞いの電話をもらって思い出したのだけれど、
大阪のマンション暮らしの方が、はるかに暑かったよな。
最上階に住んでいたので、夜の暑さがひどかったです。
裸で寝ようか、とか、玄関のドアを開けっ放しで寝ようかと、
真剣に考えたことは1度や2度ではありません。
その点、ここは夜が心地いいから疲れ具合がまるで違います。

そんな中、スズメバチの巣を発見!
たいがいのことなら自分で何とかしようとする私ですが、さすがにスズメバチはね。
業者に駆除を頼みました。
12600円。
高いなあ、と思うけれど、出し惜しんで命にかかわる事態になっても困るし。
それにこの酷暑の中、屋外で作業をしてもらうとなるとね。
気候のいい頃なら、もっともったいない気がしたと思う。

で、無事に駆除。
この暑さの影響でこのところ、駆除を頼む人が急に増えたんだそうです。
みなさまも、お気をつけください
[PR]
by kirikoro | 2007-08-17 18:35 | うだうだ | Comments(4)

妖怪 花あそび2
/ やのまん

お盆に小学校1年の姪っ子とも会ったんだけど、彼女が持っていたのが、これ。
花札の絵柄と妖怪の絵がマッチしていて、なかなか、きれい。
欲しくなっちゃいました。
彼女は境港の水木しげる記念館で買ってきたそうなので、
入手困難かな?と思ったのですが、ネットで簡単に買えますね。

関連情報で、こんなものも。
花めくりウルトラマン
/ バンダイ

こちらも、怪獣たちの哀しげな姿が、素敵です。
いや、むしろ、こちらの方が欲しい気がするかも。

ところで。
花札の遊び方って、すっかり忘れてしまったなあ。
[PR]
by kirikoro | 2007-08-15 18:49 | 商品 | Comments(0)

帰宅


11日から大阪に帰省していたのですが、ただいま帰りました。
渋滞に巻き込まれて、夫の実家にはいきそびれてしまいました。

同窓会では、すっかり記憶が飛んでしまいました。
たいへんご迷惑をかけたことと思います。
関係者の皆様、もうしわけありませんでした。
朝、起きてみると、顔を中心に、かなりのけがをしている模様…。
特に頬のすり傷は500円玉でも隠しきれないぐらいの大きさ。
絶対しみになる、といもうとに脅されております。
子からは、お前、幾つ?と軽くいなされております。
もう2度と!という、決心をいたしました(けど、何度、この決心をしているのやら)

しばらくは、後悔と懺悔の日々を送りたいと思います…。
[PR]
by kirikoro | 2007-08-13 14:45 | うだうだ | Comments(10)

ゴキブリ騒動


数日前からゴキブリが出没しているらしい。
子が大騒ぎしている。
大騒ぎしているだけで、誰も退治できない小心者家族です…。

自宅でゴキブリと遭遇するのは15年ぶりぐらいです。
(あら、同窓会といっしょじゃん。(↓前の記事のコメントでの話題)
だから、ゴキブリジェットとか、そういうたぐいのものはうちにないのね。
しかも、みんな慣れてないから退治のノウハウもないし。
そんなわけで、余計にどうすることもできず。

15年ぶりだなんて、さすが希理子さん、ご自宅はいつもきれいになさってるのね、
なんて、さすがに誰も思わんだろう。
掃除機が壊れて半年も放置しているやつだ。
(さすがにこの騒動の中、これはまずいだろうと、ネット注文いたしました)

この間、ゴキブリが家に出なかったのはひとえにゴキブリ団子(正式にはホウ酸団子)のおかげなのです。
これさえしかけておけば、ゴキブリの姿は全く見られなくなります。
人の目につかないところでご昇天なさるのだそうで、死骸すら見ません。
ダントツの効果なので、なんでこれ以外のゴキブリ駆除の製品が出回っているのか、
まったく理解できないほど。

それほどの効果なのに、なんで今回ゴキブリが出現したのかというと。
理由は明白。
家事放棄がますますひどくなっていて、ゴキブリ団子を交換する、ということすらやっていなかったからです。
少なくても2年、もしかしたら、3~4年放置していたと思う。
これは、いくらなんでもだめでしょう。
というわけで、あわてて買いに行きました。

ところで、ゴキブリ団子を買う時には注意が必要です。
似た製品で、実はホウ酸団子ではない代物もありますから。

自作すると、とっても安くできるんですが、今回はそんな気力がありません…。
  ↑ ネットで検索すると、作り方が発見できるはず。
[PR]
by kirikoro | 2007-08-07 09:06 | うだうだ | Comments(2)