なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


「神の天秤」感想


神の天秤(신의 저울)   ☆☆☆
SBSの金曜ドラマ。全16話。
d0060962_1440084.jpg

わたしにとってはまずまずの面白さっていうところだったけれど、事件の真相を暴くというスタイルのドラマの好きな人には、かなり面白いドラマではないかと思います。
犯人の側ももともとは正義感にあふれる人物なのね。それだけに、ラストをどう収めるか、というところも見どころです。
(ラストの感想はこのブログではネタバレしないことにしていますので、別ブログに書きますね。ネタバレでもいいよ、って方だけお読みください♪
  →「神の天秤」つづき

この、追い詰める側と守る側の攻防の面白さもありますが、もう一つの見どころは親たちの子を愛する心でもあります。どの親も自分を捨ててまで子のために最善な方法を取ろうとするのですが、これが、難しい。
恋愛的な部分は主人公たちが若いですから、そういう部分で動く部分もありますが、ドラマの展開上必要だった、という感じで、ほとんど重要なファクターとはなっていません。
ネタバレは最初の4話までということに決めていますので、最初の部分に限ったあらすじを紹介しますね。

カン・ジュナは働きながら司法試験合格を目指す苦学生だったが、何度挑戦してもだめ。恋人のウンジにこれ以上心配をかけまいと司法の道をあきらめようとしていたが、その発表の日に恋人が殺されてしまう。第一発見者となった彼が容疑者とされ、警察は彼が犯人だと決めつけている。母親はあまりの心労に倒れてしまい、それを見た弟がいっそ、できの悪い自分が罪をかぶったほうが、と思い、自分が犯人だと名乗り出てしまう。高額の弁護士費用を払うあてもない母親は自分の保険金をそれに充てようと自殺。しかし、その保険金をつぎ込んで頼んだ、頼りの弁護士はおざなりの仕事しかしてくれなかったうえ、控訴にはまた巨額の費用がかかると。
ジュナはそれなら自分が検事になって事件の真相を明らかにするしかないと、再度司法試験に挑戦。そして2年後にやっと合格することができた。
ところで、ウンジを殺した犯人はその日、司法試験に合格したキム・ウビン(イ・サンユン)だった。彼の父親は清廉潔白な人物として知られる検事で、ウジンも父親を尊敬し、自分も父のような検事になることが目標の、誠実な青年なのね。
ところが、合格祝いの席で酔っ払って、引っ越してしまった友人の家を訪ねたのだが、間の悪いことにウンジはその直前に暴行されかかってようやく犯人を追い払ったところ。しかも、ちょうど停電していて屋内は真っ暗。ウビンをその犯人が戻ってきたと思いこみ、ウビンに殴りかかるのね。で、何とか誤解を解こうとしていたウジンだったのだが、相手の攻撃を避けようとしたところ、ウンジがバランスを失って倒れ、頭を打って死んでしまったのね。だから、相手は確かに死んでしまったけれど、殺人っていうわけではなかった。
自首しようとしたウビンだったが、母親に説得されてできず。しかし、良心の呵責に耐えられず、アメリカに逃げるように留学して2年、ようやく司法修習生としての道を歩もうと帰ってきて、ジュナと同期生となり、親友といってもいいような友達となるのね。
だけど、ジュナはやがて犯人がウビンだと気付き、ウビンもジュナの弟が自分の罪のために服役していることを知ってしまう。さて、ウビンはどうするのか…。こんな感じです。

ところで、それぞれの親の愛ですが、ジュナのお母さんは、そんなことしたら余計に子が辛くなるじゃん、とは思うものの、そういう選択も母の愛として分かる、と思うのですが、ウビンの母の愛はまずは、そんなことしたらだめじゃん、と思っちゃうのね。
だけど、よくよく考えてみると、そう思う私はドラマに洗脳されているのかも、とも思います。
わたしたちのような、特別なコネも持たない一般人はこういうドラマばっかり見てるから、悪事は必ずばれる、と条件反射のように受け入れてしまっているけれど、そうじゃない人たちもいるんじゃないの?っていう疑問が…。
ある価値観はそれがだれに都合のよい価値観かを考えてみるべきだ、ということを聞いたことがあります。
実例としてこの罪をかくすことがまかり通る話をいくつも知っている人たちがいるとしたら、こういう一般人の道徳って、都合いいだろうな、なんてこともね。
勧善懲悪型のお話は、たしかに気持ちの良いものではあるものの、怖いものなのかもしれません。

話が脱線してしまいましたが、ラストに関する感想は  コチラ に書いています。
[PR]
by kirikoro | 2008-10-25 14:41 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

d0060962_836981.jpg


恋愛結婚(연애결혼)  ☆☆
人々の出会いを演出するカップルマネージャーと、人々の別れを円滑に進める離婚専門弁護士のラブストーリー。
離婚経験者だけど、まじめで堅物な弁護士は恋愛には疎い感じ。それに対し、カップルマネージャーは仕事柄、恋愛の楽しいところをいっぱい知っているのね。そんな正反対の二人がお互いに自分にないところを学び、恋に落ちて、って感じ。
そこに、元彼と元妻が絡んできます。
ラブ・トレジャーではチョヒの弟役で出ていたパク・キウン(パク・ギウン)が、今度はライバル役で登場ですね。次世代の期待の星ってところなのかしらん?

ネタバレしないように、最初の部分に限ってストーリーを紹介すると、こんな感じ。
イ・ガンヒョン(キム・ミニ)はカップルマネージャー歴3年のキャリアウーマン。(カップルマネージャーは日本で言うと結婚相談所の仕事に近いといえば近いのかなあ。でも、紹介よりも出会いを演出するイベントが中心となっているみたい。)仕事は順調でチーム長昇進は目前。それに5年つき合っている、年下の司法修習生イン・ギョンファン(パク・キウン)はようやく修習期間も終わりとなりそう。そんな順風満帆と思われたガンヒョンだったが…。
世話焼き女房のようなガンヒョンに嫌気がさしたギョンファンに突然別の女ができ、別れ話を切り出される。そんな修羅場の中、顧客の中に結婚詐欺師が紛れ込んでいたのを見逃してしまう。自身の担当する案件で弁護士のパク・ヒョンス(キム・ジフン)が忠告してくれたのにもかかわらず、聞く耳持たずって状態だったのね。
その結果、紹介した顧客から訴えられ、会社からは首を言い渡される。損害賠償の借金を抱えて失業することになってしまったガンヒョン、事故を起こして首になったわけだから、なかなかカップルマネージャーとして雇うところはない。それでもなんとか再婚専門のカップルマネージャーの職にありつく。だけど、スタッフも全員離婚経験者ということが条件だったため、ガンヒョンも離婚経験者ってことにしちゃうのね。
一方ガンヒョンにアドバイスしてくれたヒョンスは仕事をやめ、南米に旅立つところだったが、身内の不祥事により、韓国にとどまることに。そして、ガンヒョンの勤める会社の隣に事務所を構える離婚専門弁護士事務所に勤めることとなる。ガンヒョンは自分が借金を抱えなければならなくなったのはヒョンスのせいだと思っているうえ、ヒョンスの事務所の所長との仲を誤解して、ひどい男!と思いこんじゃってる。
その弁護士事務所になんとギョンファンが弁護士見習としてやって来ます。
で、ヒョンスの事務所の所長ユン・ヘソンとガンヒョンの会社のリュ社長は元夫婦なのだけれど、このリュ社長のいとこがヒョンスの元妻ソ・ファヨン(ユン・セア)という関係。フードスタイリストという仕事でガンヒョンとも仕事をするようになる。このヒョンスとファヨンは離婚したといっても本人たちが諍いあって別れたのではない様子。ファヨンのお母さんがヒョンスがとことん気に入らないようで、この辺が原因で離婚したような感じ。
とはいえ、ガンヒョンとヒョンスは徐々にお互いのいいところに気がつき、少しずつ距離が縮まってきている。
さて、この4人がこのあと、どのように展開するの?、って感じで始まります。
主人公たちのラブストーリーを主軸に、周りの人間や、顧客たちの出会いと別れのエピソードが織り込まれて、話が進んでいきます。

お話は文句なく、面白いです。それぞれの出会いと別れを丁寧に描いています。ラストも良かったし。
キム・ミニもすっごく可愛いいし絵になってる。若い子だったら真似したくなること請け合いって感じなのね。
キム・ジフンも嫌いな俳優さんってわけじゃない。「なんでウチに来たの?」では、なかなか味のある主人公を演じてましたし。
ライバル役にも、脇役にも文句はないのに、なぜか、面白くない。お話だけを追うと、ラブコメの楽しさ満載のはずなのに、ちっともわくわくしないし。
その原因はたぶん、この弁護士の役にキム・ジフンが合ってないんだと思うのね。ヒロインがこの堅物弁護士を「かわいい!」っていうんだけど、堅物な感じがあまりしなくって、これが生きてこないの。七三分けにして、まじめそうな感じを出そうとしているんだと思うけど、似合ってないし、落ち着きがまだまだ足りない。まだ、やんちゃな役の方が似合う年頃なんでしょうかね。たとえばこれが、リュ・スヨンあたりだったらよかったような気がするなあ。(入隊しちゃったから、2年はドラマでお目にかかれませんね。残念。)
[PR]
by kirikoro | 2008-10-21 08:42 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

[君は僕の運命」。(たぶん)一番つらい展開が過ぎ、100話を超えて、ようやく主人公二人の気持ちも固まり、ほんわかムードも漂うようになりましたが、セビョクは相変わらず、ひどい目にあわされますねぇ。
でも、もしかしたら、このドラマのポイントはそれこそ、ここかもしれない、なんてわたしは思い始めています。
このセビョク、元いじめっ子の私から見ると、なんか、いじめたくなるタイプなんですね。
もちろん、今はある程度まともな大人なんで、実際にこういう人を見てもいじめはしませんし、自分の中に湧き上がるいじめっ子の衝動が嫌なんですが…。
でも、心の奥底では、訳もなく、人をいじめたくなる衝動は眠っているような気がします。
私だけじゃなく、このドラマを見ている人たちもきっとそうでしょう。
特に、このドラマを視聴しているちょっと年齢の高い目の女性たちの生活を考えると、現代の社会の実生活においてはいい姑やいいおばあさんを演じなければならないですから、けっこう鬱憤のたまっている人も多いのでは。
それを代理で発散させる効果があるんじゃないかな、なんてことを思いながら、最近は見ています。

「いかさま師(タッチャ)」は5話まではなんとか見たんですが、見続けるのがちょっと苦痛になっています。
主人公たちは存分に魅力を発揮していて、そこは魅力なんですがねえ。
お話がいかさま賭博のトレーニングと勝負が中心なんで、興味がわかないんですよ。
リタイア一歩手前です・・・。
[PR]
by kirikoro | 2008-10-10 18:02 | ドラマ中途報告 | Comments(0)


d0060962_1727611.jpg

Ready Go!(레디고)   ☆☆
1997年のMBCドラマ。
いかにも古いドラマって感じだけど、全8話ということで、視聴しました。字幕つきをテレビで見たので、カットはたぶんされていたと思う。
キャンパスドラマということで、大学のサークルが物語の舞台です。
90年代末のたぶん、韓国の大学生像なんでしょうけど、日本で言うと、せいぜい70年代の感じだな。
たぶん、現実の学生たちの悩みや不安に近いところを描いているんだろうけれど、私としては、ふ~ん、って感じしか持てなくって。
でも、主人公級の出演者にはチャ・テヒョン、ウォンビン、ユンソナ、キム・ヒョンジュが名を連ね、ゲストや脇役にも見知った顔がちらほら。あの人たちの10年前はこうだった、という面白さはあります。
d0060962_17355159.jpg
3話に出ている、チャ・ドンゴンは有名ですが、チャ・テヒョン演じるチャンギがサークルの入るきっかけとなる女の子を演じている(途中でなんか消えてる…)イ・ジュヒョンは「マイスウィートソウル」にヒロインの友達役で出てる人。 (写真はマイスウィートソウルのときのもの)

そして、6話に出てくる元生徒会長のセジンを演じているのがイ・ジュヒョンですね。韓国語のサイトもいろいろ調べたものの、確認は取れなかったんだけれど、間違いないと思う。
この人は「ラブトレジャー」のライバル役を演じていた人ね。このころはもっぱら、陰のある二枚目を演じていたようです。  (最近の写真)
d0060962_17342685.jpg
このドラマ、いろいろ調べても主演級以外の役者さんの名前が分からなかったんだけれど、周りの人たちの名前も分かったら、もっとおもしろいのに、と思いました。
[PR]
by kirikoro | 2008-10-07 17:39 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

10月4日スタートの「愛しの金枝玉葉( 내사랑 금지옥엽 )」見始めました。
キム・ソンスとイ・テラン主演の(たぶん)家族ドラマですね。
まだ2話までですけれど、感触は、割といい感じ。

で、このなかに、「マイスィートソウルにの出ていたチ・ヒョヌがテランの弟という役どころで出ているんですけど。
あんなに、大嫌いだったチ・ヒョヌくんだったのに、なぜか、ちっともいやじゃないわ♪
好みにはまだまだ遠いけれど、不愉快な感じはしないのね。
役柄はソウルの方がずっと素敵だし、腫れぼったい眼はそのままだし。
痩せたの? 髪形のせい?

すっごい不思議です。


d0060962_2156588.jpg


マイスィートソウルの時のはこんなの
d0060962_23352129.jpg




…髪形か~~。
[PR]
by kirikoro | 2008-10-06 21:58 | うだうだ | Comments(2)