なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧



d0060962_10313839.jpg

ベートーベンウィルス(베토벤 바이러스)  ☆☆
MBCの水木ドラマ。全18話。 
韓国初の音楽ドラマということなんですが…。正直、音楽はものすごく表面的に扱われています。突っ込みどころも満載です。わたしの場合、このアラがどうにも気になってしまって、評価が厳しくなってしまったかもしれません。韓国では結構話題になっていたようだし、視聴率もそこそこ取ったドラマだったんですが。
最初のあたりはうまく演奏できていないという設定のところでも、ちゃらちゃら、そこそこに弾いていて、わざわざこのドラマのために演奏家を集めた意味がないじゃん、と思っていたのですが、そこのところは途中から改善(?)されて、下手なところは下手に聞こえるようになりましたが。それに、選曲も最初は何これ、と思っていたのですが、後半はなかなか良くなりました。

でも、ヒューマンドラマとしては、そこそこ面白いです。オーケストラ員の内部で、また外部とののあれやこれやのトラブルがあって、、団員一人一人の問題がいっぱいあって。その波をくぐりながら進む物語です。この部分は、どのエピソードもほんとにおもしろくできていると思います。
盛り上げ方もうまくって、あちこちに見どころがあります。(ただし、ラストはどうにもねえ。これは失敗だったのではないかと思います。盛り上がりという面では消化不良でおわっちゃったって感じが否めない)

しかし、何と言っても、このドラマの魅力は、世界的指揮者のカン・マエのキャラクター。
高慢で、容赦なく毒舌を吐き、しかもあまのじゃくで小心者。だけど、実はいい奴なんだな、これが。なかなか理解されないけれど。
これを演じるのがキム・ミョンミンなんですが、この人、ほんとにこういう癖のある役をやらせると、圧巻ですね。しかも、あまりにも指揮する姿が決まっていて、実在の指揮者のような錯覚をさせる。

例によって、ネタバレにならないように最初4話に限ってのあらすじです。
市役所の文化芸術課の職員トゥ・ルミ(イ・ジア)が出した企画によってオーケストラが結成された。ところが、公演プロデューサーがお金を横領して逃げてしまい、団員はみんなやめてしまった。困ったルミは市長には事実を伏せたまま、新しい団員を集める。何とか頭数は揃えたものの、実力面には不安のある面々。
そこにやって来たのがカン・マエ(キム・ミョンミン)。(このカン・マエ、というのはマエストロ・カンといった愛称なのかな? 本名は副主人公と同姓同名のカン・ゴヌのようです。)音楽界では誰もが知る、エリート指揮者。だが、彼にとっては実力がすべて。オーケストラの団員のレベルにあきれ、即刻やめようとする。だが、高額な違約金を払えないルミはトランペッターのカン・ゴヌ(チャン・グンソク)と共謀して、彼の愛犬を人(犬?)質にするような真似までして、彼を引きとめるのね。
一旦はとどまったカン・マエだがあまりにも人の心を傷つける言動に団員たちは疲弊しちゃう。そこで、団員は自主練習ということにして、ゴヌを実質リーダーとしてひそかに練習を始めるのね。
このゴヌはカン・マエとは正反対の人物なの。クラッシックを嫌って正規の教育を受けてないのだけれど、絶対音感を持ち、聴いた音はたちまち覚えてしまう。(それでやってこれたから、じつは楽譜が読めない)そして、人望が厚い。
けれど、その秘密練習はあっという間にカン・マエの知るところとなっちゃう。カンマエかゴヌかの選択を迫られたルミは団員に必要なのはゴヌの方だと言ってふたたびマエは去ることに・・・。
ところが、カンマエの宿命のライバル、チョン・ミョンファンを後任とする、いう市長の言葉を聞いたとたん、カンマエは突然怒り狂ったかと思うと、私がこのオーケストラを指揮して期待にそえる演奏を聴かせる、と宣言しちゃう。
突如猛練習を始め、腕を骨折したからとゴヌに指揮をさせようとする。
そんな折、警察官の仕事を休職してオーケストラをやってきていたゴヌ、なんと、公演まで仕事を休めない、という状況に追い込まれてしまう! さて、ゴヌ、どうする?
こんな感じで始まります。

恋愛部分もあるにはあるんですが、どうも、よく分からん…。こんな中途半端な恋愛は入れない方が、と私は思っちゃいました。イ・ジアの力不足なのかもしれませんが。この人の感情表現、ワンパターンで退屈で、ちょっと感情移入できなかったな。
ゴヌは感情の揺れの大きい役だったのですが、チャン・グンソクはなかなか魅力的に演じていたと思います。
[PR]
by kirikoro | 2008-11-14 10:34 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

KBSの月火ドラマ、ヒョンビンとソン・ヘギョの「彼らが住む世界」6話まで見ましたが、なかなか面白いです。
ヒョンビンとソン・ヘギョもかわいい!
主人公たちが仲良くしているところを見て、かわいいと思うのと、勝手にやってくれと思うのと、どこが境目なんでしょうね。これは、文句なく、かわいい方!

テレビドラマの制作現場を描いたドラマという話だったので、業界ドラマかな、と危惧していたのですが、(最近、こういうのが多くって、ちょっと、うんざり)これはどうやら恋愛がメインですね。
ドラマの制作は主人公たちの現実の恋愛にヒントやアドバイスを与えてくれたり、現実の出来事のきっかけとなったり、といった役割です。
しかも、製作者たちの熟知いている世界、制作現場の裏側などもうまく盛り込まれていて、そういうところにも見どころがいっぱいです。
主人公たちがドラマを作る人たちなので、ものすごく暇がない、ということはありますが、ふつうのリアルな男の子と女の子のお話。
ヒョンビンはこういう、普通っぽい男の子を演じると、ほんといいです!
ソン・ヘギョはまたしても、これ、ソン・ヘギョ?と思ってしまいました。
この人、役によってがらっと雰囲気が変わるのね。

主人公の周りでも、ラブストーリーがいくつか展開しているんですが、キム・ガプスさんが馬鹿みたいに純情男を演じているのも、また見どころです♪
この人も、柔・硬、どんな役がらでも見事にこなす人なんだよな。

この後の展開が楽しみです。
[PR]
by kirikoro | 2008-11-12 09:06 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

オレの女(私の女)(내여자)  ☆☆
d0060962_9151227.jpg

MBC週末ドラマ、全24話。
造船会社を舞台にした愛と家族の物語。
「オレの女」というのは実際の女の人のことでもあるけど、船のことでもあるのね。
このドラマ、この内容を24話で納めるのはちょっと無理があるんじゃない、というのが正直な感想です。
たとえば、テヒの描かれ方なんて、前半と後半がまるで別人。伏線を入れておかないと、ちょっとリアリティを感じられません。
また、造船会社という男の世界的な舞台にも期待したんですが、前半はまるで生きてないし、後半にしてもちょっと描き切れていない気がします。もったいない。
最終話も、無理やり詰め込んで収拾をつけたって感じで、ちょっと強引。

ネタバレにならないように、はじめ数話のあらすじを紹介すると、こんな感じ。
ユン・セラ(パク・ソルミ)は幼いころに両親を亡くし、キム・ヒョンミン(コ・ジュウォン)と兄弟のように育った。そして月日は流れ、二人は結婚目前ってところ。ヒョンミンの勤めているテソングループの造船会社にセラも入社したのね。
そこにヒョンミンの上司として現れたのが、チャン・テヒ(チェ・ヨジン)。会社会長の娘でバツイチ。人間だって自分の思いのままにできると思っている、わがままな娘で、ヒョンミンにセラがいることを知りながら、猛烈にアタックする。会長にも紹介されてて気に入られたヒョンミンはテヒと結婚したら出世は間違いなしなんだけれど、それを蹴ってセラ一筋。(一応はね。でも、なんだか煮え切らない男なのよ、これが。)
一方セラの前にはテヒの兄、アメリカから帰国した、テソングループの後継者、チャン・テソン(パク・チョンチョル)が現れる。だけど、どうやら、彼はテヒとヒョンミンがうまくいくようにセラに近づいた(?)って感じです。でも、セラはどうやら彼に魅力を感じだしているみたいです。
こんな出だしですが、HPの人物紹介などを見ると、ヒョンミンが誠実な男で、セラが欲で誠実な男を捨てて金持ちの男に近づくみたいなイメージを受けるんですが、そうじゃない感じ。セラってかなり魅力のあるヒロインなんですが、こんな先入観を植え付けられちゃ、なかなか素直に受け入れられないです。
[PR]
by kirikoro | 2008-11-09 09:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)