なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧



d0060962_0443785.jpg
今回は韓国ドラマの中に出てくる婚姻タブーについて、です。
ドラマを見ながら、いろいろ調べて、かなり間違いのない線じゃないか、と思うのですが、専門家じゃないし、もしかしたら間違っている部分があるかもしれません。
もし、間違っている部分があれば、教えてくださいませ。

他国の法律はなじみがないうえ、韓国では近年法律が変ったので、より分かりにくいですね。

まず絶対結婚不可能な関係について。
韓国では従弟同士は結婚できないという話(たとえば「90日間、愛する時間」)はお聞きになったことがあると思うのですが、血縁関係で結婚できない範囲はそれより、かなり広いです。
以前は出身地(本貫)が同じで同じ苗字の者同士は結婚できないという法律がありました。
要するに、父方の親戚とはいくら関係が離れていようともダメ、だったんですね。
ところが、それは1990年の法改正で、8親等までと限定されることになりました。
といっても、8親等といえば曾曾曾祖父母を同じくする人(みいとこ?呼び方も知らない…)ですから、日本人の感覚で言えばとても広いですね。
日本で法的に親族とされるのは6親等までじゃないかな?
でも、その法改正によって以前は父系だけが問題になっていたものが、母系の親戚に広がった、ということもあるようです。

また、配偶者の姉妹やきょうだいとは離婚や死別した後も結婚(当然再婚と言うことですね)できません。
「雪だるま」がそうでしたね。
例えば、妹はお姉さんの配偶者だった人と、弟はお兄さんの配偶者で会った人と結婚できません(。姉と妹、兄と弟が入れ替わっても同じ。)
「6親等以内の血族の配偶者、配偶者の6親等以内の血族、配偶者の4親等以内の血族の配偶者である姻戚、またはこれら姻戚だった者との間では、婚姻していけない。」という法律があって、認められません。
ということは、従弟やはとこが離婚して、その相手と自分が結婚することや、別れた(死別した)妻の従弟やはとことも結婚できないんですね。

では、両親が結婚することにより兄妹になった子供たち同士の結婚は?
ここからがグレーゾーンです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-30 00:48 | 韓国ドラマの常識 | Comments(16)

いろいろ、新しいドラマが始まって、記事の方が追いつかないのですが、まずは、これ。
d0060962_23112354.jpg
新羅、百済、高句麗を統一して統一新羅へと向かう礎を築いた、新羅第29代王の金春秋の物語です。
80話の予定だそうです。

歴史物は難しいから、とパスしようかとも思ったんですが、KBS史劇だし、男性主人公で朝鮮時代以前の話、と私の好きな時代劇路線なんですね。
そこで、ちょっとだけ見てみよう、と思って見たんですが、面白くって続けて見ています。
あらすじを書くにはいろいろ調べないと無理なので、これはあらすじアップはパスです。


今のところ、6話まで放送されているのですが、まだ、子役の時代。
子役と言っても結婚話が出る年齢なんですけどね。
チュンチュ、ユシン、トクマンはこんな感じ。
d0060962_23114958.png


More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-28 23:31 | ドラマ中途報告 | Comments(8)

今年度の一幕物のドラマスペシャルは一つの記事にまとめてしまおう、と思ったのですが、字数オーバーで無理なので、別記事にします。

この記事で扱っている作品のタイトルは以下の通り。

 アート( 아트) 
 私の妻ネイトリの初恋(내 아내 네이트리의 첫사랑)
 テコン、ドーを知っていますか(태권, 도를 아십니까)
 曲がり角(모퉁이 )
 友逹の中に犯人がいる(친구 중에 범인이 있다)
 パパが行く(아빠가 간다) 

あらすじは、HPに載せられているもの、ほとんどそのままです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-27 17:03 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

d0060962_10114276.jpg次々と新しいドラマが始まっていて、次々と見ています。
そんな中、まだ、始まったばかりで何とも言えないんですが、これはいい感触です。
脚本家が「華麗なる遺産」「検事プリンセス」「私の期限は49日」と次々ヒット作を生んでいるソ・ヒョンギョン作家なんですね。

今回のヒロインは定番の逆境にもめげず、たくましく生きる女の子なんですが、定番のヒロインの様に無駄に明るくないです。
どちらかといえば、無口で暗い。愛想なし。今のところ、笑いません。
まあ、ドラマが進むにつれ、彼女の笑顔もたくさん見られると思うのですが。
ヒロインを演じるのはイ・ボヨン
私の彼女のイメージはアイラインばっちりお目目なんですが、このところ、アイラインが細くなりましたね。
今回は化粧っ毛はない、という感じの顔に(もちろん、ドラマですから、それ風)ラフなファッションです。

男性主人公を演じるのはイ・サンユン
「憎くても可愛くても」や「地面にヘディング」の時には幼い感じがしたのですが、いつの間にか大人っぽい雰囲気になっていますね。

ストーリーはこの二人のラブストーリーを中心に、その他の家族の恋愛や家族間、家族内での葛藤が描かれることになるんじゃないでしょうか?
週末ドラマなので、途中でこの二人が結婚して、ラブストーリー的には他のカップルへと比重が移るのではないかと思います。

そして、男性主人公の弟役を演じているのがCNBLUEのイ・ジョンシン
高校生役なんですね。
このドラマの前作「棚ぼたのあなた」のミニョクもなかなか良かったですが、彼もなかなか自然に演技していて、役者としても期待できる感じ。

役者さん的にも、年配の人から若い人にまで注目される人たちをキャスティングしていて魅力のドラマです。

各話のあらすじは別ブログに書くととして、こちらにはキャストの紹介をしながら、登場人物の人間関係を簡単に説明しておきます。
番組HPを見ると、4話まででは、まだまだ明らかになっていない人間関係があるようなのですが、ここではそれは省き、4話までで明らかになった家族関係で説明します。

まずはまずはヒロイン、ソヨンのの家族
d0060962_1011133.png


More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-26 10:26 | ドラマ中途報告 | Comments(8)

今回は視聴率についての話題です。
どのドラマを見ようかと迷っている時、視聴率の数字を参考にする人も多いかな、と思います。
韓国のテレビ番組の視聴率として目にするのはAGBニールセンメディアリサーチとTNmS(以前はTNSメディアコリアと言っていましたが変わりました)の2社のものです。
この2社の特徴については、私は分かりませんが、数字には若干の差異はあります。
また、視聴率にはドラマの全話を通しての平均視聴率、1話あたりの視聴率、瞬間最高視聴率があります。
(ちょっと加筆)
そして、そのそれぞれに、全国の家庭の数字と、首都圏(ソウル)の家庭のみを集計した数字が出されています。
全国版の方が首都圏版より、保守的なドラマの数字が高くなる、というのは想像通りですね。

その中でニュースになることが多く、私もドラマ記事を書くときに各作品の最高視聴率、として挙げているのは1話あたりの全国平均視聴率です。

過去のドラマの視聴率の話をするときにはそれが結構ごっちゃになって使われていることがあるんですね。
よく、韓国のサイトで歴代ドラマ視聴率ベスト~~、なんてまとめをされているところを見かけるのですが、だいたいが数字の根拠が無くて、よくよく見ると、中には各話あたりの視聴率に交じって瞬間最高視聴率?と思われる数字が混じっていたり、ということがあります。
ですから、根拠の明示されていない数字は参考程度、と思う方がいいかな、と思います。

さて、ドラマの内容の良しあしと視聴率の高低は一致しない、ということは皆さんご承知のことだと思います。
また、視聴率が低くなる要因に、放送される時間帯や裏番組との競合、その他の国民的イベント(たとえばオリンピックや日本の盆にあたる秋夕だとか)との兼ね合いもある、というのはご存知のことだと思います。

そんな中、今回取り上げたいのは高視聴率枠のドラマ、です。
日本でも、NHKの朝のテレビ小説や日曜の大河ドラマなど、枠自体の固定ファンがいて、他のドラマよりも高い視聴率が求められるドラマがありますが、同じようなことが韓国でもあるようです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-23 19:44 | 韓国ドラマの常識 | Comments(4)

前回はゴールデンタイムのドラマについて書きまいたが、今回は韓国でどのようにドラマが放送されているか、それを全体的に書いてみようと思います。
このドラマは韓国ではいったいどんな時間帯に放送されているのかな?なんて疑問を持ってドラマを見ていると、また違った楽しみがあるんですよ。

私がドラマがどんな時間帯に放送されているのかに興味を持ったきっかけは朝ドラなんです。
朝の8時前から始まるドラマが結構ドロドロだったりして、どうして朝からこんなのを!?なんて思ったのがきっかけなんです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-22 12:49 | 韓国ドラマの常識 | Comments(0)

このところ、記事を書くのが楽しくない、などと言って最低限の記事をアップするのみだったのですが、ようやく回復しつつあります。
で、新しいシリーズなどを始めようかな、などと思い立ちました。

私が韓国ドラマに嵌って6年。
最初は何も知らなくて、どういう事なんだろう、と思っていたことでも、いつしか、それを韓国ドラマの常識、と受け止めるようになったことがたくさんあります。
韓国ドラマも、どんどん新しいファンの方が生まれていますから、その方たちもやはり、わたしが見始めた時と同じような戸惑いや疑問を感じられているんじゃないかな、と思うんですね。

そこで、私がこの間に得た知識(というほどたいそうなものじゃありませんが)を思いついた時に、順不同にアップして行こうかな、と思っています。
ほんとうは、系統だってアップできればいいのですが、私の力ではとても出来そうもないので、思いついたところから気ままに、書いていきますね。

それでは今日はまず、その第1回目を…。

韓国ドラマを見ていて、予告編の入る日と入らない日が、だいたい変りばんこになっている気がするんだけれど…。
こんな疑問を持たれたことはありませんか?

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-20 10:56 | 韓国ドラマの常識 | Comments(4)

KBSドラマスペシャルシーズン3(KBS 드라마 스페셜 시즌3)
d0060962_23202143.jpgドラマスペシャルの一幕物も今年で三年目です。
1年目は見た作品ごとに記事にし、2年目は全作品見たものの、気に入った作品だけを記事にし、その他の作品は後で纏めて、などと言っておきながら、そのまま放置してます(すいません)
今年はまだ、放送途中なのですが、KBSワールドでの放送も10月には始まるようですし、情報を知りたい方もいらっしゃるだろう、とこれまでの分をアップしますね。

この記事で扱っている作品

湿地生態報告書(습지 생태보고서)
ノ・スクチャ(ホームレス)氏の行方( 노숙자씨의 행방)
リメモリー(리메모리)
俺をバカにするな!(내가 우스워보여?)
不二門(불이문)
心配しないで、オバケです(걱정마세요, 귀신입니다)
殺し屋理髪師(칼잡이 이발사극본)
スチール写真( 스틸사진)
私がいちばん美しかった時(내가 가장 예뻤을때)
ガラスの監獄(유리감옥)
チルソン号(칠성호)

このシリーズは日曜深夜に放送されているため、視聴率を取ることを期待されていない時間帯なんですね。
それを逆手にとって、斬新な試みや実験的な方法がしばしば用いられています。
また、放送時間が1時間ちょっと、と映画に近いので、映画的な作品も多く見られます。

そして、制作陣は若手が多いですね。
このプログラムで作家デビュー、監督デビューされる方も多いようです。

また、視聴率で争っているプログラムではないのに、なかなか魅力的な俳優さんをキャスティングしていますね。
俳優さんで見たいな、と思うドラマもたくさんあると思います。

去年は社会的な問題を扱ったものが多かったりして、ちょっと一昨年の作品とは方向性の違うものも多かったのですが、今年はシーズン1に近い、文学的な香り(?)のする作品が多いように思います。
ただ、脚本の方は少し新味が少なくなっているかな?という感じもあります。
どの作品も面白く見ているのですが、割とよくある展開、だとか、ありがちな話、という印象を受けることもあって、斬新なものを期待するこの時間のドラマとしてはちょっと残念かもしれません。
だけど、それも一長一短で、よくある展開には安定感や安心感もあって、それはそれで楽しめる作品にはなっていると思います。

今回、番組の公式HPにある専門家評価、の数字を拾い出しているのですが、専門家評価は概してオリジナリティーのあるものに評価が高い気がします。

評価している専門家は
パク·ヨンソン-劇作家(恋愛時代、いい加減な興信所、ホワイトクリスマス、 乱暴なロマンス他)
キム·ヨンス-ドラマPD(ホワイトクリスマス、赤道の男他)
チョン·トクヒョン-大衆文化評論家
ジョミンジュン-大衆文化評論家
キム·ヒジュ- 10アジア記者
の5名ですが、すべての人がすべてのドラマを評価しているわけではないようです。

それでは、各作品のネタバレにならないぐらいのあらすじと、一言コメントです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-12 23:21 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)

棚ぼたのあなた/蔓ごと転がり込んできたあなた(넝쿨째 굴러온 당신)  ☆☆☆☆

KBSの週末ドラマ 全58話
KBS公式HP
d0060962_2333734.jpg

演出 キム·ヒョンソク
脚本 パク·ジウン
出演者
キム・ナンジュ(チャン・ユヒ)、ユ・ジュンサン(テリー・カン/パン・グィナム)、ユン・ヨジョン(オム・チョンエ)チャン・ヨン(パン・ジャンス)、カン・ブジャ(チョン・マクレ)他

海外の養父母のもとで育った夫に家族が見つかった!
しかも、その家族は隣に住む大家さん一家。
そうとも知らず、ヒロインはすでに姑とは犬猿の仲です。
夫の家族と言う重荷と無縁に暮らしてきたキャリアウーマンの生活はどうなる?!


「僕の妻はスーパーウーマン」「逆転の女王」の脚本家パク・ジウンが再びキム・ナンジュと組んだ明るいホームドラマ。
前2作のキム・ナンジュの都会的なキャリアウーマンのイメージはそのままに、ホームドラマの典型のような大家族に入ることに起こる出来事をユーモアタッチで描いた作品です。
ホームドラマのツボを心得た脚本家がそのツボを押さえつつも、新たに再構成したドラマと言えるかもしれません。
食傷気味にも思えるホームドラマの中の家族が、現代を生きる女性の典型のような人物が入って来ることにより、新しい様相を見せてくれるドラマだと思います。
より共感できるヒロインの投入で、週末のファミリードラマの固定ファン以外に、より若い世代の共感を得たドラマじゃないでしょうか。

視聴率は最終的に最高視聴率45.3%(AGBによる)と、もともと高視聴率が出やすい時間帯のドラマの中でも、大ヒットと言える数字を出しています。
私自身も、コメディータッチのホームドラマはあんまり好きな方ではなかったのですが、これは見ていてすごく面白かったです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-10 23:43 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)

tvNの水木ドラマで全20話の予定です。
tvN公式HP
d0060962_2205421.jpg

演出はキム·ヨンジュンとキム・ソルメ、脚本はソン・ジンミです。
出演者
キム·スンウ (キム·ドゥヒョン役)、オ·ジホ(キム·スンヒョン役)、キム·ミンジョン(チン・ヘイン役)、スヨン(イ・ウィジン役)、チェ・ユンソ(チョン・スンヒ役)、パク・グニョン(キム・ハユン役)他

「パンダさんとハリネズミ」、面白そうな感じはするのに、まるで乗れなくてダメなので、無理に見続けるのはもったいない、と、これは、時期を改めてみることにしました。
その代わり、という訳ではないのですが、このドラマを見始めました。
新人医師の医療ドラマは私はだめなのですが、これは二人の天才の対決が見もののドラマのようなので、いいかも、と思っています。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-09-08 22:05 | Comments(2)