なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



スキャンダル:非常に衝撃的で不道徳な事件(스캔들 매우 충격적이고 부도덕한 사건)  ☆☆☆

MBCの週末ドラマ、全36話。
MBC公式HP
d0060962_1845026.jpg

演出 キム·ジンマン、パク·ジェボム
脚本 ぺ・ユミ
最高視聴率は18.2%(AGBによる)
出演者
キム・ジェウォン(ハ・ウンジュン役)、チョ・ジェヒョン(ハ・ミョングン役)、キ・テヨン(チャン・ウンジュン役)、パク・サンミン(チャン・テハ役)、シン·ウンギョン(ユン・ファヨン役)、チョ・ユニ(ウ・アミ役)

愛し、尊敬した父が自分を誘拐した犯人だった!
そして、刑事として追っていた相手が実の父!?

衝撃的な事件を背景に、愛と憎しみ、復讐と和解が描かれます。


*このドラマ、あらすじを書いていないので集まるかどうか不安なのですが、(そのうちに集まるでしょう…)アンケートを作りました。
ご覧になった方は是非、回答にご協力くださいませ♪


     →キム・ジェウォンの「スキャンダル」は面白かった?

主演は「私の心が聞こえる?」「メイクイーン」のキム・ジェウォン
あ、こうやって並べてみると、キム・ジェウォン、除隊後MBCの週末ドラマに毎年出演していますね。
これら2作品は恋愛メインの家族ドラマでしたが、「スキャンダル」は恋愛部分は少なく、どちらかと言えば復讐物のジャンルに属する家族ドラマだと思います。
子供の頃に運命が入れ違った子供の話、という点ではやはりMBCドラマの「きらきら光る」に似たところもある作品です。

主人公を誘拐した男を演じるのはチョ・ジェヒョン。「シンドローム」「ピアノ」「雪だるま」に出演している人です。
また、ほのかですが、主人公とのラブラインを形成するのが「棚ぼたのあなた」以来、以前以上に活躍しているチョ・ユニ
主人公と入れ替わった人物を演じるのは「恋人づくり」「素敵な人生づくり」「テロワール」のキ・テヨン

そして、主人公の実の両親を演じるのがパク・サンミンとシン・ウギョン
パク・サンミンは「世宗大王」「ジャイアント」の主人公兄役、シン・ウギョンは「不良カップル」「白い嘘」に出演している人で、パク・サンミンが43歳、シン・ウギョンが40歳と30歳ぐらいの主人公の父母を演じるのにはどちらもちょっと若い年齢ですよね。
特に、シン・ウンギョンとキム・ジェウォンとは実年齢では8歳差!
事件の序盤の主人公の年齢に合わせたキャスティング、かと思うのですが、シン・ウンギョンはうまく老け役を作っていて、違和感はありませんでした。
女の人って、化粧法と髪型で結構、それらしい感じになるのかしらね?
これから、主人公母親役でも活躍できそうな印象でした。
次世代母親スターに名乗りを上げたって感じかしら?

それに比べ、パク・サンミンのお父さん役には最後まで慣れることなく、不自然な感じがぬぐえなかったんです。
何で金髪なんでしょうかね・・・。
この人、今までは主人公兄役が老けすぎ!といつも思っていたんですが、今回は幼く見え過ぎだと思いました。
やんちゃなままに大人になった人、というイメージなんでしょうが、見ていてちょっとつらかったです。

私は出だしで心を奪われ、序盤の主人公たちの子供時代はものすごく面白く見ていたんです。

More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-31 18:21 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

イニョン王妃の男(인현왕후의 남자) ☆☆☆☆

tvNの2012年放送のドラマ、全16話
tvN公式HP
d0060962_2038847.jpg

演出 キム·ビョンス、チョ・ロクファン(6話以降)
脚本 ソン·ジェジョン、キム・ユンジュ
出演者
チ·ヒョヌ (キム·ブンド役)、ユ·インナ(チェ·ヒジン役)、キム·ジヌ(ハン・ドンミン役)、カ・ドゥッキ(チョ・スギョン役)、バク・ヨンリン(ユン・ナジョン役)

ケーーブル局制作のドラマなので、正式な視聴率の発表はないみたいなんですが、韓国でも、日本で既にご覧になった方々の間でも、非常に評判のいいこのドラマ、ようやく見ました。

韓国で放送が始まったのは「屋根部屋のプリンス」の終盤に差し掛かったころで、曜日も同じ。
私は「屋根部屋~」に夢中だったので、同じようなタイムトラベル物はちょっと見たくないなあ、とパスしてしまったドラマでした。

ほとんどBSで放送されたものを見たのですが、(最後のあたりは続きが待ち遠しくて日本語なしのオリジナルの形のものを探して見ました)オリジナルが約50分程度のドラマなので、カット部分も少なくカットによるマイナスはほとんどなかったと思います。

タイムトラベル物といってもいろんなタイプがありますが、このドラマの面白いところのひとつは、スリップする前とスリップした先との両方の時代でストーリーが展開されている点だと思います。

朝鮮時代は陰謀を巡っての攻防戦でシリアス、現代は主人公たちのほんわかラブストーリーと、それらの対比も鮮やかで効果的でした。

More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-29 20:40 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)

火の女神ジョンイ(불의 여신 정이) ☆☆☆
MBCの月火ドラマ、全32話。
MBC公式HP
d0060962_2174037.jpg

演出 パク·ソンス、チョン・デユン
脚本 クォン・スンギュ、イ・ソユン
出演者
ムン·グニョン (ユ・ジョンイ役)、イ·サンユン(光海君役)、キム·ボム(キム・テド役)、パク·コニョン(イ・ユクト役)、チョン・グァンリョル(イ・ガンチョン役)、ソ·ヒョンジン(シム・ファリョン役)

クォン・スンギュは原作小説の作者で、「武士ペク・ドンス」に続いての脚本を担当。(*10/29ここ訂正しました。「ペク・ドンス」の原作も彼のような表現をしていましたが、原作はコミック。ドラマの後で書かれた小説を原作と紹介したため、漫画の原作者が激怒した、という記事がありました)
ヒロインのモデルは豊臣秀吉の朝鮮出兵時に連れてこられ、有田焼創業期に活躍した百婆仙という朝鮮女姓沙器匠(陶工)。ほとんど分かっていない、彼女が日本に来るまでの時代を描いたドラマになっています。ですから、実在の人物も登場しますが、内容は全くの想像で描かれたファンタジー史劇になると思います。

時代は光海君の父宣祖の時代。朝鮮の宮廷で作る器を制作する、朝鮮で最高の陶工たちの集まる司甕院分院がドラマの主な背景となります。
女性が沙器匠となることは許されない時代、男のふりをして分院に入り、朝鮮最高の沙器匠を目指しながら、育ての父を殺した相手を突き止め復讐をしようとするヒロイン。そして、彼女と光海君とのロマンスが描かれます。

ヒロインを演じるのは子役出身のムン・グニョン
光海君を演じるのは「いとしのソヨン」で人気急上昇のイ・サンユン
そして、ヒロインを命を懸けて守る男を「パダムパダム」「花より男子」等に出演のキム・ボムが演じます。
また、ヒロインの敵に当たる親子(でも、実は実の父と兄)を演じるのは「ホジュン」「朱蒙」他いろいろなドラマでおなじみのチョン・グァンリョルと「シンドローム」や「風の国」のパク・コニョン
また、ヒロインの幼馴染の役を演じるのはソ·ヒョンジン。「神の晩餐」でヒロインのライバル役を演じた人ですが、彼女は歴史物の方が断然似合うと思いました。
キャラは似ているのに、こちらの方がずっと魅力的でした。
その他、助演陣も実力派が多数出演しています。

その中で、私の一番のお気に入りは臨海君を置演じるイ・グァンス
d0060962_2112044.jpg「シティーハンター」「イケメン青果店」「優しい男」などに出演している人です。
彼の演じる臨海君は姑息な手段を使って光海君を陥れようとする男なんですが、子役の時にはただただ腹の立つだけの男だったのに、彼に変ってから、やることは同じなのに憎めなくなるんですよ。
子役の彼を光海君が赦すのは理解できない感じだったのに、彼に変ってからは光海君が溜息をつきながら赦すのも分かるな、という感じに変わります。
彼の持ち味が生きているキャスティングだなあ、と思いました。

また、仁嬪金氏を演じるハン・ゴウン
d0060962_2112523.jpg現代劇では彼女の感情表現がダメで苦手な人だったんですが、史劇では私が彼女の苦手だと感じていた部分が長所になっている感じを受けました。
時代劇によく登場する、陰謀を巡らせ主人公を陥れようとするタイプの王妃なんですが、彼女のわざとらしいしゃべり方がぴったりだと思ったんですよ。

でも、正直、俳優さんたちの実力を存分に引き出しているか?という点においては、作中のキャラクターでこのドラマならでは、って人が登場しないんですよ。
よくあるタイプのキャラクターばかりで、悪くはないのですが、光彩を放つって感じがなかったんですね。

さて、ストーリーの方ですが…。

More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-25 21:33 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)

見終ったドラマ、いくつかたまっているのですが、なかなか記事が書けません。

まずは、KBSドラマスペシャルのドラマ2編。
いずれも1話完結物です。
雨の国(ナラ)(비의 나라) ☆☆☆☆
d0060962_1282327.jpg


More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-24 01:38 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)

d0060962_106487.jpg

「怪しい家政婦」=韓国版「家政婦のミタ」6話まで見たのですが、ここでリタイアです。
日本版の方は面白く見たのですが、韓国版の方は、日本版の面白いところがすっぽり抜けている、って感じなんですね…。
なんか退屈。

ドラマのリメイクには、原作と大きく違うものと、原作にかなり忠実なものがありますが、このドラマは日本版にかなり忠実に沿っているようです。
日本版のエピソードも、部分的には韓国の事情に合わせているものの、同じものが登場しています。
ただし、韓国版は1話あたりの時間も長い(だいたい正味1時間5分前後)ですし、話数も多い(20話)ので、かなり構成は違っていて、6話で日本版のエピソードのかなりの部分がすでに語られている感じです。
それだけに、これから先の展開がどうなるか、気になりますね。
家政婦に恨みを持っている男が日本版に比べて、ずっと早くに登場していますが、私はこれをこの後の柱に持ってくるのかな?と思っています。

さて、このドラマを見て考えるのはやはり、日本版との違いです。

More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-10 10:10 | 途中放棄のドラマ | Comments(4)

主君の太陽(주군의 태양) ☆☆☆☆
d0060962_9173842.jpg

SBSの水木ドラマ、全17話。
SBS公式HP

演出 チン・ヒョク
脚本 ホン·ジョンウン、ホン·ミラン
出演者
ソ·ジソプ (チュ・ジュンウォン役)、コン·ヒョジン(テ・ゴンシル役)、ソ·イングク(カン・ウ役)、キム·ユリ(テ・イリョン役)、チェ·ジョンウ(キム室長役)、INFINITEのエル(ジュンウォン子役)、イ・チョニ(ユ・ジヌ)

タイトルから、最初歴史物か、と早とちりした私…。
幽霊の登場するラブコメです!

大きな事故に遭った後幽霊が見えるようになってしまったヒロインは、幽霊が怖い上に幽霊からの頼みごとに悩まされ、社会生活も遅れない状態。
そんな彼女が出会った、彼の体に触れればたちどころに幽霊の消える男。
彼がいれば大丈夫、と彼に縋り付くヒロインですが、彼は大企業の社長。
変人扱いされ、次には金目当てに近づいてきた女だと思われ…。
その上彼は、すべてを金に換算する人情味に掛ける男です。
でも、彼女が15年前に自分の目の前で死んだ恋人を見ることができる、と知って彼女を雇うことにする男。
彼女は自分が誘拐されたときに死んだのですが、その時に身代金に渡したダイヤのネックレスを取り返そうとするのね。
その間も、彼を逃すことはできない、と縋り付くヒロインのペースにだんだん巻き込まれ、彼女が気になって仕方がなくなって来る男です。

(各話のざっくりしたあらすじは、別ブログにあります。 →「主君の太陽」各話あらすじ )

*このドラマのアンケートも行っています。
ご覧になった方に参加いただければ、嬉しいです。  →「主君の太陽」は面白かった?

ホン姉妹のラブコメが戻って来ました!
前作「ビッグ」ではイメージが違って、(私は、ですが)ほんとうにホン姉妹の脚本?などと思ったのですが、いつもの世界です。
序盤から、コミカルな話の中で主人公とドキドキして、後半切なくなって…。
最近(年齢のせいかしら?)ラブコメを見てもドキドキ感を持つことが本当に少なくなってしまったので、こういうドラマは私にとってはとても貴重なんですよ。
そして、比喩の効いたセリフの数々。
やっぱりこれよね!という感じです。

また、ホン姉妹と言えば、普通は魅力的とは思われない主人公を素敵に見せるマジックも見どころの一つですね。
今回はお金持ちであることを自慢げに話し、お金のことに細かく、お金のことばかり口にするタイプの男です。
でも、自己中心的な男、という点ではホン姉妹の多くのドラマと共通していると思います。
この独善的な男が恋に落ちる姿は何度見ても、飽きないです♪

ワンパターン、なんて悪口も聞こえてきそうですが、やっぱり、こういうラブコメは1年に1つぐらいは見たいです♪

男性主人公を演じるのはソ・ジソプ
暗くシリアスな役どころの多い彼が今回は、ちょっとお茶目なコミカル演技を見せてくれるのも、このドラマの見どころの一つだと思います。
ツンデレのソ・ジソプに私は夢中になりました♪

More
[PR]
by kirikoro | 2013-10-05 09:39 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)