なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧




輝くか、狂うか(빛나거나 미치거나)  ☆☆☆
d0060962_09160822.jpg
2015年MBCの月火ドラマ、全24話
演出 ソン·ヒョンソク(「個人の趣向」「TWO WEEKS」)、ユン·ジフン(「夜警日誌」共同演出)
脚本 クォン・インチャン(「バーディーバディ」)、キム・ソンミ
原作 ヒョン・ゴウンの同名小説(「1%の奇跡」「恋人作り」原作・脚本)
出演者
チャン·ヒョク (ワン・ソ役)、オ·ヨンソ(シンユル役)、イ·ハニ(ファンボ・ヨウォン役)、イム·ジュファン(ワン・ウク役)、イ·ドクファ(ワン・シンニョム役)

韓国では、そして日本でもCSで「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」がスタート。
KNTVは解約しちゃったけれど、時代劇は字幕付きで見たいので、そちらは次の機会にするとして、男性主人公が同じ、こちらのドラマを見ることにしました。
しかも、同じくラブストーリーです。
グッドタイミングで地元テレビ局で、75分枠での放送があったんですよ♪
星は3つですが、4つと迷った末での評価で、まずまず面白く見ていました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-30 09:26 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)


モンスター(몬스터) ☆☆☆☆
d0060962_20565369.jpg
MBCの月火ドラマ、全50話
演出 チュ・ソンウ(「伝説の魔女」「百年の遺産」)
脚本 チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン(「2人の共同脚本で「ジャイアント」「お金の化身」「奇皇后」)
出演者
カン・ジファン(カン・ギタン/イ・グクチョル役 )、ソン・ユリ(オ・スヨン/チャ・ジョンウン役)、パク・ギウン (ト・ゴヌ役)、チョン・ボソク(ピョン・イルチェ役)、チェ・ボア(ト・シニョン役)、イ・エル(オク・チャリョン役)、イ・ギグァン(イ・グクチョル子役)、イ・ヨルム(チャ・ジョンウン子役)
最高視聴率は14.1%(AGB)

*このドラマについてのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


カン・ジファンが「お金の化身」「ビッグマン」に続き、またしても復讐ものの主人公を演じます。
前2作はコミカルな要素も結構ありましたが、今回は徹頭徹尾シリアスな復讐ものです。



More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-27 21:04 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~(사랑하면 죽는 여자 봉순이)」 ☆☆☆☆
d0060962_00012107.jpg
2016年のウェブドラマ、全3話(元は10分ちょっと×12話で作られています)
演出 クォン・スヌク(MVの監督)、㈱メタロジー
脚本 ムン・ジヨン(「スタイル」「I LOVE イ・テリ」)、キム・ヒャンジ
出演
ユン・ソヒ(ボンスン役)、SUPER JUNIORのギュヒョン(ジュソン役)、チ・イルジュ(ジェボム役)、キム・ユミ(ソヒ役)

愛の感情を持った瞬間に電源が切れてしまうサイボーグ乙女と、認知症にかかってしまった天才プログラマーの最後の恋愛!

話の展開の面白い短編ドラマでした。
少し前まで、ウェブドラマってそれなり…と思っていたのですが、最近では良いものがけっこう作られていますね。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-23 00:03 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)


タンタラ~キミを感じてる(딴따라) ☆☆☆
d0060962_23584314.jpg
SBSの水木ドラマ、全18話
演出 ホン・ソンチャン(「美男ですね」「ドラマの帝王」)、イ・グァンヨン
脚本 ユ・ヨンア(「キレイな男」、映画「パパロッティ」)
出演者
チソン(シン・ソッコ役)、ヘリ(グリン役)、カン・ミニョク(ハヌル役)、チェ・ジョンアン(ヨ・ミンジュ役)、チョン・ノミン(イ・ジュンソク役)
最高視聴率は8.7%(AGBニールセンによる)

ラブコメだと思って見始めたのですが、ラブコメ要素は少なめ
どん底に落ちた弱小芸能プロダクションの代表が、やはり人生どん底の天性の声を持つ歌手を見出し、彼を中心にバンドを結成して成功に向けて奮闘する話が中心となっています。
バンドの話はたびたび扱われますが、主人公がプロダクションの代表というのが新たな視点じゃないかしらね?
視聴率はヒトケタとふるわなかったのですが、まあまあ面白かったですよ♪

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです♪

          →「タンタラ」は面白かった?

タイトルの”タンタラ”とは、エンターテイメント業に携わる人たちの、半ば嘲笑的な言い方のようなのですが、それをあえてバンドの名前にもするのね。
邦題は「タンタラバンド」に甘ったるいサブタイトルがつくのではないか、と予想…。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-21 00:01 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)

花たちの戦争~宮廷残酷史~(궁중잔혹사 - 꽃들의 전쟁)  ☆☆
2013年JTBCの週末ドラマ、全50話。
d0060962_09014879.jpg
演出 ノ・ジョンチャン(「インス大妃」「鉄の王―キム・スロ」「個人の趣向」いずれも共同演出)
脚本 チョン・ハヨン(「インス大妃」「王と妃」「欲望の炎」)
出演者
キム・ヒョンジュ(ヤムジョン)、イ・ドクファ( 仁祖)、チョン・ ソンウン (ソヒョン世子)、ソン・ソンミ(嬪宮カン氏)、チョン・テス(ナム・ヒョク)、コ・ウォンヒ( チャンニョル王妃)、チョン・ソンモ(キム・ジャジョム)
最高視聴率は4.3%(AGBニールセンによる)。ケーブルドラマなので、ヒット作の数字だと思います。

タイトルからして、私の苦手なドラマみたい…と敬遠していたのですが、「華政」の後半部とも重なる時代の話ですし、朝鮮王朝時代の中で、もっとも評判の悪い仁祖が、どう描かれているのかに興味があったので、頑張って視聴しました。BSでの視聴なのでカット版だと思います。
NHKプレミアムで放送の始まった「三銃士」もこの少し前の時代の話ですね。ソヒョン世子とその王妃もこのドラマに登場しています。
(余談ですが、「三銃士」の中で出てきたソヒョン世子の初恋の人が自殺したって話がこのドラマにも登場していました。書物に残っている話なんでしょうね♪)

評判を探して読んでみると、結構面白くご覧になっている方も多い作品です。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-19 09:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(12)


王の涙‐イ・サンの決断‐(역린)

d0060962_23162318.jpg


2014年の映画
監督:イ・ジェギュ
脚本:チェ・ソンヒョン
撮影:コ・ラクソン
出演者
ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェ

じつは私、韓国映画はあんまり見ないし、見ても、特に語ることもなくて基本、単独でブログに記事をアップすることはないのですが、これは記事にしたい、と思うドラマだったんです。
思いっきり美しい映像に浸っている中、いつの間にか、登場人物たちの悲しい運命の物語に心動かされ、感情を強くゆすぶられる映画でした。
見始めてから気づいたんですが、これ韓国で封切られた当時は「逆鱗」として紹介されていたものだったんですね。かなりのヒット作だったと記憶しています。
オリジナルタイトルの方が邦題よりずっといいと思うのですが、多くの人の注意をひきつけるための選択なんでしょうね。
仕方がないとはいえ、残念な邦題だったと思います。
特に、涙って…。甘ったるくて感傷的なのはこの映画には似合わないと思います。仕方がないんでしょうけれどね…。
ずいぶん前にお勧めいただいていた映画でしたが、CSで放送されるのを見つけて、ようやく視聴しました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-15 23:28 | 映画 | Comments(12)


王の女(왕의 여자)  ☆☆
d0060962_23432368.jpg

SBS2003~4年の月火ドラマ、全42話。
演出 キム・ジェヒョン(女人天下」「龍の涙」、チョン・ヒョ(「星を取って」「あなたの女」)
脚本 ユン・ジョンゴン(「ミンジャとエジャ-姉妹の事情 -」)
原作は朴鍾和の小説「寝て行くあの雲よ (자고 가는 저 구름아 )」←イ・ハンボクに代表される庶民や無党派の人たちが中心に描かれた小説らしいです。(日本語版はなし)

出演者
パク・ソニョン(ケトン/キム・ゲシ)、チソン( 光海君)イム・ドンジン (宣祖 )、キム・ユソク (臨海君)、サガン(ユ氏夫人)、ホン・スヒョン(仁穆王后キム氏)、イ・フン(イ・ハンミン)、キム・ヘリ(ソンイ)

1591年(宣祖24年)~1623年(仁祖1年)の間に起きた倭乱と内乱、反正という激変と混乱の歴史を舞台に語られる愛の物話。

1591年は壬辰倭乱直前で、秀吉が朝鮮に、明に行くから通せと要求してきた時ですね。
ドラマの開始は宣祖に溺愛されているヤンファダン(仁嬪キム氏)の兄のところに賊(イ・ハンミン)が入り、信城君擁立のメンバーの名簿を入手したところから始まります。
武侠テイストを取り入れたファンタジー史劇、って感じの幕開けですね。
(でも、この武侠&ファンタジーなところは中途で消えてしまうのですが、これについては後述します)

話の中心では宣祖の息子である光海君が幼馴染のケトン(キム・ゲシ)とともに王座を目指し、手に入れ、それを失うまでが描かれます。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-13 23:55 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(14)


イニョプの道(하녀들)   ☆☆☆
2014~15年JTBCの金土ドラマ、全20話
d0060962_23142481.jpg

演出 チョ・ヒョンタク
脚本 チョ・ヒョンギョン
出演者
チョン・ユミ(イニョプ役)、オ・ジホ(ムミョン役)、キム・ドンウク(ウンギ役)、イ・シア(ユノク役)、イ・イギョン(ユンソ役)、チョン・ソミン(ダンジ役)
最高視聴率は4.725%(AGBニールセンによる)

時代は朝鮮王朝初期。王は第三代の太宗(イ・バンウォン)になっていますが、まだ初代の王太祖(イ・ソンゲ)が存命中です。
太祖は太宗が2度の兄弟粛清により王となった後、王の印である玉璽(ぎょくじ)を持ったまま咸興(ハムン)に隠棲している時代。
太宗は和解を求め、何度も太祖に使者を送るのですが、そのたび殺される、という事態が続いています。
(このエピソードがもとになって「咸興差使(ハムンチャサ)=帰ってこない人や音沙汰のないこと」、という言葉が生まれたようです。)
朝鮮王朝の創生期を描いたドラマでは触れられることの多い話ですが、単独でこの時代が背景になったドラマは初めてではないかしらね?

そんな中、陰謀に巻き込まれ良家の令嬢から使用人の身分に落とされた女性イニョプの、愛と闘いが描かれています。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-05 23:23 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)

9月になりました。まだまだ暑いといえば暑いですが、こちらは盆地なので、朝晩はすっかり秋です♪
私はといえば、すっかり「六龍が飛ぶ」ロスです。
久しぶりに、ほんとに面白いと思えるドラマに出会えたことはうれしいのですが、最近では、それがどんどん続くのではなく、そのあとにどーんとロスが来るんですよね…。
とはいえ、そこそこ面白いドラマも見ているので、まあいいか。
それでは、私の現在の視聴状況です。

d0060962_08375446.jpg


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-02 09:01 | 今月の視聴状況 | Comments(12)