なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



ホグの愛(호구의 사랑)  ☆☆☆☆
d0060962_23485647.jpg
2015年tvNの月火ドラマ、全16話
演出 ピョ・ミンス(「オレのことスキでしょ」「フルハウス」「コーヒーハウス」)
脚本 ユン・ナンジュン(「イケメンラーメン店」「オフィスの女王」)
原作はユ・ヒョンスクの同名ウェブトゥーン
出演者
ユイ(ト・ドヒ役)、チェ・ウシク(カン・ホグ役)、イム・スロン(ピョン・ガンチョル役)、イ・スギョン(カン・ホギョン役)
最高視聴率は1.418%(AGBニールセンによる)

*このドラマのアンケートを設けています。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪

          →「ホグの愛」は面白かった?

このドラマ、最初に放送された時には、この人たちが主人公?と見る気にならずにパスしたのですが、ご覧になった方々の評判のとてもいいドラマで、私もGyaOの無料配信に合わせて視聴しました。
評判通り、とても面白く、しかも見ごたえのあるドラマでした。
実は私、チェ・ウシクって、ちょっと情けない感じで、今まで全然興味がなかったのですが、このドラマではとっても可愛くて、魅力的な青年に見えました。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-29 23:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

シングルワイフ(싱글와이프)  ☆☆☆
d0060962_23412477.jpg
2017年Dramaxの水木ドラマ、約45分×全12話
演出 チョン・ユンス(映画「妻が結婚した」、映画「今、愛する人と暮らしていますか?」)
脚本イ・イネ
出演者
オム・ヒョンギョン(イ・ラヒ役)、 ソンヒョク(イ・ミノン役)、クァク・ヒソン(ファン・ジェイン役)、AOA のユナ(ファン・ヒョリム役)

*このドラマのアンケートはこちらです。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです。


ヒロインが最終的に選ぶのは御曹司か?元夫か? が中心のコミカルなラブコメですね。
「1%の奇跡」に続くDramaxオリジナルドラマのラブコメです。
最高視聴率はだいぶん探したのですが、見つからず…
でも、オリジナルドラマをあまり手掛けていない局としては好評だった感じです。

(story)


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-22 23:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

クリミナルマインド(크리미널마인드)  ☆☆☆
d0060962_22501929.jpg
2017年tvN水木ドラマ、全20話
演出 ヤン・ユノ(「アイリス」)
脚本 ホン・スンヒョン(「幽霊の見える刑事チョヨン」シーズン1、2)
出演者
イ・ジュンギ(キム・ヒョンジュン役)、ソン・ヒョンジュ(カン・ギヒョン役)、ムン・チェウォン(ハ・ソヌ役)、ユ・ソン(ナナ・ファン役)、イ・ソンビン(ユ・イニョン役)、コ・ユン(イ・ハン役)
最高視聴率は4.9%(TNmSによる)

*このドラマのアンケートを作りました。ご覧になった方が参加してくださるととっても嬉しいです。


同名の人気アメリカドラマのリメイク。
犯罪者の立場に立ってその心理を見抜くというプロファイリングの手法を駆使し、連続重大犯罪の犯人に迫る犯罪捜査ドラマです。
アメリカ版では1話完結スタイルが基本(だったと思うのですが、違っていたらごめんなさい)ですが、韓国版は一つの事件が複数話にまたがり、1話の途中で新たな事件が発生というのが基本パターンになっています。
とはいえ、その多くのケースの背後にはずっと一人の男の存在があり…って感じでつながってはいます。
また、メンバーの過去に関わる話がずっと背後に続くのは韓国の犯罪捜査劇の基本どおりですね。

扱う事件はいかにも韓国捜査劇って感じの陰惨なケースがガンガン続きます。
しかも、息つく間もないほどの緊迫した展開!

イ・ジュンギとソン・ヒョンジュのツートップで主役を演じ、女性プロファイラーのムン・チェウォンがそれに次ぐ位置で活躍する、といった構図かと思います。
ドラマ的にはシャープなイ・ジュンギのアクションと、底の深さを感じさせるソン・ヒョンジュの演技力、中でも犯人との心理戦が一番の見どころだったと思います。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-15 23:10 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)

師任堂、色の日記(사임당 빛의 일기)  ☆☆
d0060962_22494893.jpg
2017年のSBSドラマ、韓国では全28話(日本完全版は韓国版の未収録シーンも含めての編集版で30話、BSフジも完全版ですが44話編集)
演出 ユン・サンホ(「アンニョン!コ・ボンシルさん」「太王四神記」)
脚本 パク・ウンリョン(「アンニョン!コ・ボンシルさん」「2度目のプロポーズ」)
出演者
イ・ヨンエ(師任堂/ソ・ジユン役)、ソン・スンホン(イ・ギョム役)、オ・ユナ(フィウムダン)、チェ・ジョンファン(ミン・ジョンハク/中宗役)、ヤン・セジョン(ハン・サンヒョン/イ・ギョム子役)、パク・ジュンミン(コ・ヘジョン役)
最高視聴率は16.3%(AGBニールセン)
私はLaLaで30話の完全版を見ました♪

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけるととてもうれしいです♪


韓国では5万ウォン札の肖像画に描かれており、良妻賢母として名高い画家の師任堂。
でも、現代人の目からしたら、ろくろく稼ぎもなく外で別の女性との所帯を持つような夫の妻でありながらも、子女を立派に育てた女性、なんて可哀相な人にしか思えませんよね。
そんな彼女にも、叶わなかったけれども大切な愛があった、という大胆な空想のもと、時代に立ち向かう女としての彼女を描いた物語が朝鮮時代、中宗の時代を舞台に繰り広げられ、
それとかすかに呼応するような形で、現代の師任堂にそっくりな美術史研究家のジユンを中心に安堅の絵の贋作事件が展開します。
それぞれの時代で主人公を陥れようとする人たちとの戦いがあり、師任堂のパートでは、高麗紙の技術を復活させてみせたり、女性の生き方を広げる行動を起こしたり、と、とっても盛りだくさんの内容です。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-09 23:09 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(27)

10月になりました。
朝晩は急に寒くなって、いろいろ着込むものを引っ張り出して羽織っています。
盆地なので一日の温度差が大きく、多分寒暖アレルギーの私はまいってます。
今年は頭痛までするようになって来たよ…

韓国ドラマの視聴は、ちょっと視聴意欲が戻ったかな、と思ったのもつかの間で、やっぱり少し減退気味…。
人はこういうところから、一つの趣味からなんとなく離れていくのかも、なんて思います、
あ、私は離れませんよ♪
まだまだ、次にはきっとがつんと面白いドラマに出会えるはず!という期待を持ち続けています。

それでは、現在の視聴状況から。

【新たに視聴を始めたドラマ】
韓国で放送中、または最近放送終了したドラマ
d0060962_00040630.png


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-06 00:39 | 今月の視聴状況 | Comments(6)

もう、10月の視聴状況の記事を各時期なんですが、まだ書けていないので、こちらを先にアップしますね。


恋のスケッチ~応答せよ1988(응답하라1988)   ☆☆☆
d0060962_23410237.jpg
2015~16年のtvNドラマ、全20話(BS11版は42話に編集)
演出 シン・ウォンホ(「応答せよ1997」「応答せよ1994」)
脚本 イ・ウジョン(「応答せよ1997」「応答せよ1994」)
出演者
ヘリ(ドクソン役)、パク・ボゴム(テク役)、リュ・ジュンヨル(ジョンファン役)、コ・ギョンピョ(ソヌ役)、イ・ドンフィ(ドンリョン役)、リュ・ヘヨン(ボラ役)
最高視聴率は18.803%(AGBニールセン)

1988年のソウル道峰区 サンムンドンの横丁に住む五家族が繰り広げる、暖かい家族愛とご近所づきあいの物語であり、幼い頃から仲良く過ごした友達、ドクソン、ジョンファン、ソヌ、テク、ドンリョンの愛と友情の物語。

*このドラマは結末を知らないで見た方がいい、と思いますので、このブログでのコメントはネタバレ厳禁にさせていただきます。
私自身のラストについての不満を別ブログに書いていますので、ネタバレ感想はお手数ですが、そちらの方に書き込んでくださいませ。

韓国での視聴率は放送当時では歴代ケーブルドラマの1位、現在(2017年9月)では「トッケビ」がそれを超える視聴率を記録していますが、それでも2位のドラマです。
「応答せよ」シリーズの第3作目で、日本でも評判のいい人気作ですね。
わたしはBS11の42話版で見ました♪

応答せよシリーズでは、ヒロインが結婚する男性が誰?というのがドラマの一番の関心を集めるポイントになっていると思うのですが、このドラマでも、もちろんそれはあるものの、前作や前々作に比べ、そのウエイトはかなり軽い感じです。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-02 23:59 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)