なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ケーブルドラマ ( 116 ) タグの人気記事



美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート/黙れイケメンバンド(닥치고 꽃미남밴드 )  ☆☆☆☆
tvNの月火ドラマ
tvN公式HP
d0060962_021846.jpg

演出 イ・グォン
脚本 ソ・ユニ
出演者
イ・ミンギ(チュ・ビョンヒ)、ソンジュン(クォン・ジヒョク)エル(イ・ヒョンス)、イ・ヒョンジェ(チャン・ドイル)、ユ・ミンギュ(キム・ハジン)キム・ミンソク(ソ・ギョンジョン)、
チョ・ボア(イム・スア)、チョン・ウィチョル(ユ・スンフン)

自由奔放で、ワイルドな魅力にあふれた高校生バンド「眼球浄化」。
江南唯一の貧民街の住人である「眼球浄化」のメンバーが、江南でも最高級レベルの住宅地にある、超エリート高校に学区再編で転入することになった!
腕っぷしが強くて、ちょっとクレージーな彼らの青春ストーリーです。


ドラマの主人公たちはかっこよくて、こんなバンドが実際にあればいいのに、って感じ。
しかも、メンバーがそれぞれ、違った個性を持った違った魅力にあふれる人物です。
誰がお好み?などと、見ているだけでも楽しいんですが、そればかりではありません。

邦題のサブタイトル、ちょっとイメージが違うんですよね…。
このタイトルを見たり、きれいな子たちにバンドをさせて、メジャーデビュー?なんて話を聞くと、売れ線狙いのお子様路線か、と思えるかもしれませんが、ストーリーは練られていて、本格的。いいお話でした。
ストーリーの中心となっているのは、揺れて迷い、悩みながら、真の自分を見つけていく10代の子たちの心理。
そんな成長痛ともいえる痛みが丁寧に描かれていて、彼らに共感したり応援したりしたくなるドラマでした。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-03-22 00:12 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(24)

天地人(チョンジイン)/発酵家族(발효가족) ☆☆☆☆
JTBCの水木ドラマ、全24話
公式HP
d0060962_18394969.jpg

演出 パク・チャンホン
脚本 キム・ジウ
出演者
ソン・イルグク(キ・ホテ)、パク・ジニ(イ・ガンサン)、イ・ミニョン(イ・ウジュ)
チェ・ジェソン(カン・ドシク)、キム・ヨンフン(オ・ヘジュン)、カン・シニル(イ・ギチャン)

華々しい看板はないけれど、伝統の味を守る「天地人」。
そこに引き込まれるようにやって来た孤児院育ちのホテは、自分の幼い頃の記憶を一つずつ思い出して行きます。
そこに隠された真実は何?
そんな彼を支えてくれるのが、店の主人の次女のガンサンをはじめとする、天地人の人々です。

キムチをはじめとする韓国の伝統の料理から、そこに根付く思想まで。
韓国文化の奥深さを伝えながら、視聴者の心をも癒すヒーリングドラマです。


韓国の食を題材にしたドラマはいろいろありますが、このドラマほど、料理がおいしく見えたドラマはありません
料理はもはや、題材の域を越え、もう一つの主役となっています。

韓国の伝統美を伝えようとするドラマは今までいろいろありましたが、このドラマの伝える美は日本で言うならばジャポニズムに近く、一旦海外に出て、外部者の目を通過しての美のように思います。
その分、外国人にとっては、受け入れやすいものとなっていると思います。
でも、それでありながら、そこに流れる思想や感情は余すところなく、伝えられているのでは?といった印象があります。

韓国では食と同じように重要なものとして考えられているのは家族、という存在だと思うのですが、ここ、天地人では血縁にはこだわらない「家族」が描かれます。
家族という人の絆もその間を流れる空気のように描かれていて、とても魅力的。

総合チャンネルで放送されたドラマの中でも視聴率はあまり高くなかったのですが、私の予想では、韓国内でよりも、海外での評価が高くなる作品なんじゃないかと思います。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-02-25 19:05 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)

パダムパダム...彼と彼女の心臓の鼓動の音(빠담빠담… 그와 그녀의 심장박동소리)  ☆☆☆
JTBC(総合編成チャンネルのひとつ)の月火ドラマ 全20話
JTBC公式HP
d0060962_1153426.jpg

演出 キム・ギュテ
脚本 ノ・ヒギョン
出演者
チョン・ウソン(ヤン・ガンチル)、ハン・ジミン(チョン・ジナ)、キム・ボム(イ・グクス)、イ・ジェウ(キム・ヨンチョル)他

日本での放送は既にDATVで始まっていますね。

高校時代に無実の罪を被せられ、16年もの間服役して出所した男、ヤン・ガンチル。
しかし、間もなく末期の癌だと知らされ、その上、無実の罪を被せた人間は事実が分かるのを恐れ、ガンチルを陥れようとしている…。
ガンチルは、このまま死んでしまうのでしょうか? それとも…。


このドラマのテーマは奇跡で、天使が出てくるファンタジックな設定がなされているのですが、ノ・ヒギョン作家の作品、天使の起こす奇跡が主題ではありません。
ノ・ヒギョンは「嘘」「彼らが住む世界」「グッバイソロ」などの脚本を手掛けた人で、リアルな心理表現を得意にする人で、演出のキム・ギュテとは「彼らの住む世界」でコンビを組んでいます
このドラマでは、ファンタジーを用いるなど、など、ノ・ヒギョンとしては変わったイメージの作品だと思って見ていたのですが、終ってみると、いかにもノ・ヒギョンらしいドラマだったと思います。
d0060962_11533841.jpg


More
[PR]
by kirikoro | 2012-02-10 11:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(12)

What's Up(왓츠업)  ☆☆☆☆
MBNのドラマ、全20話
MBN公式HP
d0060962_23324844.jpg

演出 ソン・ジウォン、チャン・ミジャ
脚本 ソン・ジナ
出演者
イム・ジュファン(チャン・ジェホン)、テソン(ハ・ドソン)、イム・ジュウン(オ・ドゥリ)、チャン・ヒジン(ウン・チェヨン)イ・スヒョク(イ・スビン)、キム・ジウォン(パク・テイ)、チョ・ジョンソク(キム・ビョンゴン)、
オ・マンソク(ソヌ・ヨン)他

このドラマは以前にも記事にしましたが、事前制作されていたものの、何度も番組編成に失敗して、一度はお蔵入りと言われていたドラマ。
、総合編成チャンネルの開局により、ようやく日の目を見ることができたドラマです。
1話が50分弱と、短くなっているのもそういう事情が関係しているのかもしれませんね。
これは、日本で放送されることを考えれば非常にプラスで、韓国ドラマ特有の、1話にいろんな要素をぎっしり詰め込んだ韓国ドラマらしいスタイルを日本のテレビでも味わえるのではないかと思います。
このあと、韓国では6回ものスペシャルが準備されているようなのですが、カット場面が放送されるんでしょうかね?
視聴率的には不調な総合チャンネルの中でも相当低く、1%にも遠く及ばなかったようです。
だけど、ラストには少し不満がありましたが、全般的に見て、かなり良くできたドラマだったと思います。

それぞれ違った環境で育ち、違った悩みを抱えた子たちが大学のミュージカル学科に入学して、風変わりな先生に導かれ、少しずつ成長する姿が描かれます。
以前にも書いたように、登場人物が多く(幽霊まで2名も…)、主要人物だけでもかなり数が多いんですが、それぞれの内面にまで踏み込んで描かれているストーリーがまず、第一の魅力です。
この年代特有の繊細な心の動きが感じられるドラマですね。
みんな、初々しい魅力にあふれたキャラクター達です。
役者さんたちも、それぞれ、輝いています。

韓国ドラマを見ていると、どうしてこんなにたくさんのものを、たったこれだけの時間で描けるんだろう、と思うことがよくあるんですが、このドラマもそう。
最近ミュージカルを扱ったドラマがいくつか作られましたが、私はむしろ、それよりも「ドリームハイ」に似たものを感じました。

そして、音楽もヘビメタ(?)からラップの取り入れ、そしてもちろん、オーソドックスなミュージカルナンバーも、と雑多なものを取りこみながら、それを自然に統一感のある姿にしているのも魅力です。
出演者も、皆、歌やダンス、うまいんですね。
その上、それぞれの得意分野を発揮する場のある脚本って感じです。
ところが、イム・ジェファンは主人公の中でも一番の中心となる人物なんですが、歌は幼い時以来初めて歌うと言う場面だけですし、ダンスも、よく見ると、ほんの一瞬映すだけで、ほとんどそういうシーンに登場しません。
そのあたりの割り切りもいいですね。下手に入れると、台無しになっちゃったかも、と思います。
歌も踊りも、ともかく、見ていて楽しいし、映像的にも(ダンスシーンに限りませんが)きれいで素敵です。

ほとんど満足だったんですが、ラストの収め方にはちょっと不満あり、でした。
ありがちなラストを避けた考えられた結末だったと思うんですが、頭では納得できても、どこか心がすとんと落ちないところがあって、ここでラスト??と、なんだか肩すかしをされたような気がしてしまいました。

でも、最近放送されたドラマの中ではかなり面白い方でしたよ。


4話までの人物紹介を兼ねたあらすじは以前の記事に書いています。
          →4話までのあらすじ
5話以降のあらすじは簡単にですが、別ブログに書いています。
          →5話から20話(最終回)のあらすじ

*アンケートも作りました。ご覧になった方は、参加していただけると嬉しいです。
          →韓国ドラマアンケート「What's Up」は面白かった?

おまけ
テソンのOST。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-02-06 23:40 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

10TEN/特殊事件専門担当班TEN(특수사건전담반 TEN)   ☆☆☆

OCN(ケーブルテレビ)の金曜日深夜放送のドラマ、全9話。(インターナショナルバージョンは10話に編集)
公式HP
d0060962_9322671.jpg

演出 イ・スンヨン
脚本 ナム・サンウク、イ・ジェゴン

出演者:チュ・サンウク(ヨ・ジフン)、チョ・アン(ナム・エリ)、キム・サンホ(ペク・トシク)、チェ・ウシク(パク・ミノ)


上位10パーセントの特級刑事VS上位10パーセントの凶悪犯罪
これ以上、未解決事件は、ない


半裸の状態で、顔にテープをぐるぐる巻いたまま残酷に殺害された女性の遺体!その事件と7年前の事件の関連に気付くヨ・ジフン。
ところがひとりの失踪した女性を探していた、被害者支援センター勤務のナム・エリは殺された女性の顔が別人にもかかわらず、自分の探している女性とそっくりなことに気付きます。
一方、江原道でひとりの男の死を追っていたペク・トシクと新人刑事のパク・ミノでしたが、この二つの事件が絡まってきます。
謎の多いこの事件の真相を解明して行く4人…。
そして、ジフンをチーム長に、新たに難事件を専門に扱う特殊事件専門担当班が創設され、他の3人も呼ばれることとなります。


More
[PR]
by kirikoro | 2012-01-16 09:43 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)

(この記事は2話まで見た段階での感想です。全部見た上でのネタバレなしの感想は
      →こちら。   )


パダムパダム...彼と彼女の心臓の鼓動の音(빠담빠담… 그와 그녀의 심장박동소리)
JTBCの月火ドラマ 全20話
JTBC公式HP
d0060962_2345774.jpg

演出 キム・ギュテ
脚本 ノ・ヒギョン

韓国では新たに4つ、総合編成チャンネルのテレビ局が開局して、ドラマも続々と始まっていて、もう、どうしましょうって感じです。
よくは分からないんですが、日本でいえば衛星放送のようなもの?

その中で、真っ先に見始めたのがこのドラマ。
「嘘」「彼らが住む世界」「グッバイソロ」など、繊細な心理表現を得意とする、ノ・ヒギョン作家の新作ということで、私にとっては今年下半期で最も期待の作品なんです。
演出のキム・ギュテとは「彼らが住む世界」で一緒に制作していたようですね。

主演の3人、チョ・ウソン、ハン・ジミン、キム・ボムとじつは、私は出演者にはあまり期待していなかったのですが、始まってみると、この3人、いいです。

d0060962_2335229.jpg


More
[PR]
by kirikoro | 2011-12-07 23:59 | ドラマ中途報告 | Comments(2)

ロマンスが必要(로맨스가 필요해) ☆☆☆
tvNの月火夜11時~のドラマ 全16話
tvN公式HP
d0060962_15554862.jpg

演出:イ・チャンハン
脚本:チョン・ヒョンジョン

出演者
チョ・ヨジョン(ソヌ・イニョン役)、キム・ジョンフン(キム・ソンス役)、チェ・ジニョク(ペ・ソンヒョン役)、チェ・ヨジン(バク・ソヨン役)、チェ・ソンヒョン(カン・ヒョンジュ役)


ケーブルテレビでは視聴率1%に魔の壁がある、と言われているらしいんですが、このドラマは2%を超え、ケーブルではかなり好評だったドラマのようですね。
韓国版セックス・アンド・シティとの話だし、ケーブルテレビらしく、性にまつわる話題やベッドシーンなど、地上波では避けられている部分も描かれています。
だけど、それも興味本意ではなく、都市に住む30代の等身大の姿を描くための必要不可欠なアイテムとなっているんですね。
女の子の肉体的な部分も含めた心の動きが丁重に描かれているところが最大の魅力だと思います。

キム・ジョンフンの除隊後の初主演作、という事で放送前から、またケーブル作品にも関わらず、注目を浴びたドラマでした。
彼は「宮」のユルくん役で日本にもファンの多い人ですね。
彼はこのドラマでは浮気しちゃう男の役を演じます。だけど、その後、誠実な姿を見せるのね。

もう一人の男を演じるのがチェ・ジニョク。以前はキム・テホと名乗っていた人です。
「愛しの金枝玉葉」「パスタ」「大丈夫パパの娘」などに出演されています。
彼の演じる役柄は年下の財閥家の孫。
シンデレラストーリーならば王子様の役柄ですね。
熱い情熱をヒロインに捧げます。

ヒロインのチョ・ヨジョンさんは私が見たドラマの中では「銭の戦争」に出演されていたようなのですが、記憶になくて…。
しゃべり方の可愛い人ですね。
彼女の演じる役割はホテルのコンコルジュで、総支配人が夢の33歳の女性。

このヒロインの選択がこのドラマの中心となるのですが、果たして彼女の選択は?

More
[PR]
by kirikoro | 2011-08-03 16:10 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)

manny(マニー)~ママが恋したベビーシッター(매니-MANNY) ☆☆☆
tvN の 水木ドラマ 全16話
tvN公式HP
d0060962_1050454.jpg

演出:イ・ヨンへ、パク・スチョル
脚本:ソン・ミンジ、パク・チェヒョン

出演
ソ・ジソク(キム・イハン役) 、チェ・ジョンユン(ソ・ドヨン役) 、ピョン・ジョンス(ジャニス役) 、チョン・ダビン(オ・ウンビ役) 、グ・スンヒョン(オ・ジョンミン役)他

ケーブルテレビの自主制作ドラマは、だいたい深夜枠でドラマを放送していたのですが、これは水、木曜日の午後9時台のスタート、とゴールデンタイムへの進出を狙った作品ですね。
その上、地上波と同じく週2話放送の全16話というスタイル。
かなり力を入れて制作された作品ではないでしょうか。
しかも、このドラマは1話の放送時間が地上波のものに比べて少し短いんですね。実質45分ぐらいでしょうか?
日本で放送される場合のことを考えるとカットが少なくなりそうで、それも日本で放送される場合有利になりそう。
雑誌にも紹介されていましたし、早いうちに日本で放送されるのではないかしら?

"マニー(manny)"とはマン(man)とナニー(nanny)の合成語で、男性ベビーシッターのこと。
男性主人公は、各種資格と実力を兼ね備えた、NY出身の最高のマニー。
しかも、ルックスも抜群!
こんな男が一人家にいたら…なんていうのは、子持ち主婦の、一つの理想形じゃないかしら?


そんな素敵なマニーと、ちょっとドジで内気なシングルマザーのラブコメです。

マニーのキム・イハンを演じるのはソ・ジソク
d0060962_10421649.jpg

日本でも「19歳の純情」でファンになった人も多いのでは?(私は未見なんですが)

More
[PR]
by kirikoro | 2011-06-03 10:46 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(20)

彼女のスタイル(그녀의 스타일)  ☆☆

KBSN(KBS系のケーブルテレビ)で2009年放送されたドラマ、全8話。
私はテレビで日本語字幕付きのカット版を見ました。
韓国公式(?)HP
日本公式HP
d0060962_981782.jpg

演出 イム・ギョンス
脚本 オ・ヒョンリ、イ・ヒョジン

出演者
ホン・スヒョン、キム・ミンソン、パク・ヒジン、アン・サンテ
イ・サンヨプ、パク・ジュニョク、ハン・ジョンス、キム・ジョンウク、イ・ジョンス、イ・ヨンフン

メークアップアーティストのコン・ミジュ。
といっても間もなく30歳になろうとしているのに、いまだにかけ出しのまま。
そんな彼女のの上司としてやって来たのがNY帰りの実力派メークアップアーティストのミン・ジソク。
いい加減なミジュの仕事ぶりを容赦なく叱責するのね。
同僚のボンPDが庇ってはくれるんだけれど、庇い切れず…。
そして、付き合っていた彼からは突然別れを告げられます。
そんな彼女をルームメイトのジョンファは占い師の元へと連れていくのね。
ところが、占い師のお告げは「30歳までの3ヵ月で彼に出会わないと一生男との縁はない」ですって!
タイムリミットは3カ月。
ミジュは果たして、運命の人に出会うことができるのでしょうか?
そして、仕事の方では一人前に育って行くことができるのでしょうか?


その彼女の前に次々と王子様候補が現われます。
だけど、彼ら、皆、強烈な人たちです!
d0060962_992882.jpg

まず1番目はイケメンの年下君。
ペットのように家に入り込んでくるのですが、その彼、実は…。

More
[PR]
by kirikoro | 2011-03-30 09:11 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

神のクイズ(신의 퀴즈) ☆☆☆
d0060962_1136243.jpg

OCN(韓国のケーブルテレビ)のドラマで10部作
韓国HP

演出はイ・ジュンヒョン。(「東京、天気雨」)
脚本はパク・チェボム

登場人物
リュ・ドックァン(ハン・ジヌ役)、ユン・ジュヒ(カン・ギョンヒ役)、チェ・ジョンウ(チャン・ギュテ役)、パク・チュンミョン(チョ・ヨンシル役)、キム・テウ(キム・ソンド役)、パク・タアン(コ・ユンジョン役)、キム・ゴヌ(ナム・ジュナム役)

稀病は、まるで『神のクイズ』と同じ。
不完全な人間が高慢にならないように神が出すクイズ...
これは私達が常に解かなければならない恐ろしい課題だ。


韓国初のメディカル犯罪捜査劇というジャンルになるようです。
基本的に1話完結で事件を解決しながら、少しずつ、主人公たちの物語が語られ、最後は2話にわたり、主人公たちが関わる事件のストーリーが展開します。
死者の死因を探るうちに見えて来る彼らの人生の悲しい真実…。

More
[PR]
by kirikoro | 2010-12-11 11:50 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)