なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ケーブルドラマ ( 122 ) タグの人気記事



ロマンスが必要2(로맨스가 필요해 2012)  ☆☆☆☆
tvNの水木ドラマ、全16話
d0060962_2142737.jpg

演出 イ・ジョンヒョ、チャン・ヨンウ
脚本 チョン・ヒョンジョン
出演者
チョン・ユミ (チュ・ヨルメ役)、イ・ジヌク(ユン・ソッキョン役)、キム・ジソク(シン・ジフン役)、キム・ジウ(ソン・ジェギョン役)、カン・イェソル(オ・ジヒ役)、キム・イェウォン(カン・ナヒョン役)他

「ロマンスが必要」シリーズの第2弾ですね。脚本は同じ作家さんです。
シリーズものになると、あとのものは先のものより落ちるってことが多いのですが、私はこのドラマ、前作よりも面白かったです。
もっとも、ラブコメの面白さは主演陣の役者さんやキャラへの好感度が大きく左右するところなので、人により、どちらが好きかは違うと思いますが。

このドラマも韓国ケーブル局の制作で、1話が45分程度と短いので日本のテレビで放送されることになってもカットが少なく、オリジナルに近いものが楽しめると思います。

前作のいいところを生かしながらも、バージョンアップしている感じです。
三人の女友達を軸に、モノローグの多用とキスシーンの多いことは前作を受け継いでいますね。
映像が美しくおしゃれな感じは前作でもあったのですが、こちらの方がずっとレベルは高く、より洗練された感じがします。
音楽も、しゃれた感じの音楽で、私は好きです。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-08-10 21:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)

I Love イ・テリ(아이러브 이태리)  ☆☆☆
tvNの月火ドラマ、全16話
d0060962_921381.jpg

演出 ギムドヒョク
脚本 ムン·ジヨン
出演者
キム·キボム (クム・ウンドン役)、パク·イェジン(イ・テリ役)、ヤン・ジヌ(チェ・スンジェ役)、ジュビ(ハ・スンシム役)、チャン・ソウォン(ファン・ミングク役)他

14歳の中学生の体がある日突然、大人になっちゃった!?
中身は中学生の青年と、孤独な美しい財閥相続人の100日間のラブストーリー!


↑の予告編を見て、あんまり魅力を感じなかったし、少年がある日大人の体になって…というのは「ビッグ」と同じなので、当初はパスしようと思っていたのですが、評判が割といいようなので、一気見で追いつきました。
主演のキム・キボムくん、ドラマの中ではとっても可愛くって、↓こちらの予告編の方が、内容は全く分からないんですが、ドラマの雰囲気をよく表しているように思います。


ファンタジーをモチーフにした作品で、正直、設定はあまり詰めていない感じがあって、アラが目立つんですが、それを上回る魅力のある作品でした。
脚本は「スタイル」を書いた人です。

星は3つと私の中では平均点をつけていますが、その中でも4つに近い作品です。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-07-18 09:31 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

ホーリーランド(홀리랜드)   ☆☆☆
ケーブル局のSUPER ACTIONで土曜深夜に放送されたドラマ、全4話。
d0060962_22353676.jpg

SUPER ACTION公式ホームページ

脚本・演出 パク・ギヒョン
原作 森恒二の同名漫画。2005年にはテレビ東京でもドラマ化されているようです。
出演者
U-KISSドンホ(カンユ)、ソンウン(サンホ)、U-KISSフン(テシク)、チュ・ダヨン(サンミ)

平凡な主人公がボクシング​​の基本であるワンツーストレートをはじめ、空手、柔道、レスリングなどの各種武術を習得していき、街の勝利者で生まれかわる過程を描いたスタイリッシュ格闘アクションドラマ。

この、スーパーアクションという局はこのドラマで初めて知ったのですが、主にアクション映画やプロレスなどのスポーツ番組を中継放送する、格闘技専門チャンネルって感じの放送局のようですね。
脚本・演出のパク・ギヒョンは映画を監督している人のようですね。「アカシア」「暴力サークル」の監督。

アクション専門チャンネルのドラマらしく、格闘シーンが見ものとなっているドラマです。
私は本物の格闘技は苦手で、格闘技の番組を見たりはしないのですが、映画やドラマの格闘シーンは大好きで、このドラマも楽しめました。
ドラマ紹介にもある通り、主人公はいろんな格闘技を得意とする相手と対戦していくことでより強くなっていくので、各種格闘技の対戦を楽しめます。
スタイリッシュ、と冠されているように、格闘シーンの映像がきれいでかっこいいです。
武術に関心のある人だったら、それだけじゃなく、主人公たちが心の中で呟いている相手に対する攻撃法などをなるほど~と思ってますます面白いんでしょうね。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-05-29 22:41 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

結婚の裏ワザ/ペテン(결혼의 꼼수)  ☆☆☆
tvN(ケーブル局)の月火ドラマ 全16話
d0060962_7415172.jpg

演出 イ・ミヌ
脚本 パク・ヒョンジン
出演者
カン・へジョン(ユ・ゴニ)、イ・ギュハン(イ・ガンジェ)、イ・ヨンウン(ユ・ソニ)、イ・ミヌ(ソ・ジャンウォン)、キム・セジュン(ユ・ミンジョン)、パク・ミンジ(ユ・ミンジ)、チャ・ファヨン(ソ・ドゥリョン)他

死期の迫った母親が4人の娘達の将来を考え、娘たちの結婚相手を探そうと下宿屋を開業!
一方、次女ゴニは会社で犬猿の仲の上司ガンジェがいるのですが、ゴニの失敗で父である会長にアラスカに飛ばされそうになるガンジェ。
困った彼はゴニが父の愛する”チンジョンキムチ”の会長の娘と知ると、チンジョンキムチと合併をして挽回しようと、彼もまた、下宿屋の住人に!
4人の娘たちの恋の行方と母の愛するチンジョンキムチの運命は?!


このドラマは簡単ですが、各話のあらすじも書いています。
         →「結婚のペテン」あらすじ


16話と短いのですが、出生の秘密あり、親世代の因縁があり、しかも大家族、とファミリードラマの要素がいっぱい。
話数が短い分、主人公カップル以外はそう掘り下げられないのですが、うまくまとまっていて、短い時間でファミリードラマのエッセンスも味わえるラブコメだと思います。

私はイ・ギュハンさん見たさに、というのもあるのですが、予告映像を見て、何の話かしら、と思って見始めたんです。
結婚式、と思ったら花嫁が花婿が銃を向け、必死で逃げ出す花婿…って映像。

ところが。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-05-24 07:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)

妻の資格(아내의 자격)  ☆☆☆
JTBCの水木ドラマ 全16話
JTBC公式HP
d0060962_0421373.jpg

演出 アン·パンソク
脚本 チョン・ソンジュ
出演者
キム・ヒエ(ユン・ソレ)、イ・スンジェ(キム・テオ)、イ・テラン(ホン・ジソン)、チャン・ヒョンソン(ハン・サンジン)他

江南地区の中でも一番教育熱の高い町内に引っ越しすることになったソレと夫のサンジンと息子。
ソレは塾通いなどしなくても、家庭で教えれば充分という考え方なのだけれど、夫とその実家は、子供の将来のためには早いうちから優秀な塾に通わせるべきだという主義です。。
結局押し切られる形で引っ越ししたソレです。
引っ越してきたものの、余りにも自分と違う人たちとのカルチャーギャップになじめないソレ。
そんな時に偶然に会った歯科医のテオ。彼もこの町内では、少し異質な存在のようです。
この二人が恋に落ちます、
ところが、テオの妻はそれの息子の通う塾の塾長で、ソレは彼女と親しくなって息子を塾に入れてもらい、それ以降も個人的に親しくしているのね。
そんな関係にあることも知らず、止められない恋に陥る二人。
しかも、そのことはあっという間に夫の妹に知られてしまいます。


と、ヒロイン側の不倫に始まりますし、ヒロインたちの隣の家に住んでいる母子は、実は義妹の夫のもう一つの家族、と、ストーリーは結構ドロドロ系の話になりそうなのに、なぜかさわやかな印象のドラマです。
映像がとてもきれいで音楽もさわやかな感じ、というのもあると思うんですが、主人公たちの恋に嘘やごまかしがないからでしょうね。
不倫というより、子を持つ親同士の純愛物語って感じになっています。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-04-27 00:45 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)

プロポーズ大作戦~Mission to Love (프로포즈 대작전) ☆☆☆
テレビ朝鮮の水木ドラマ 全16話(BSフジでは全20話に編集して放送されるようですね)
テレビ朝鮮公式HP
d0060962_19552255.jpg
演出 キム・ウソン
脚本 ユン・ジリョン
原作 同名の日本ドラ
出演者
ユ・スンホ(カン・ベッコ)、パク・ウンビン(ハム・イスル)、イ・ヒョンジン(クォン・ジンウォン)、コ・ギョンピョ(ソ・チャンウク)、キム・イェウォン(ユ・チェリ)、パク・ヨンソ(チュ・テナム)他

そんなに古いドラマじゃないのでご存知の方も多いと思いますが、山下智久、長澤まさみ主演のドラマのリメイクです。
私は見ていないのですが、男性主人公が大好きな幼馴染の結婚式に出席して、後悔、過去の自分に戻って頑張る、と言う部分は一緒じゃないかと思います
でも、終盤になって、これは韓ドラ!と思える展開になって、日本のドラマじゃこんなことはないだろう、と調べてみたのですが、そのあたりは韓国のオリジナルだそうです。
なので、日本のドラマをご存知の方も最後までドキドキしながら見ることができると思います。
実は、10話を過ぎたあたりから、私の視聴意欲は非常にダウンして、見続けるのが苦痛なぐらいまでになっていたのですが、13話のラストでまさかの展開に!
ここですっかり盛り返し、思わず涙、でした。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-03-30 23:43 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート/黙れイケメンバンド(닥치고 꽃미남밴드 )  ☆☆☆☆
tvNの月火ドラマ
tvN公式HP
d0060962_021846.jpg

演出 イ・グォン
脚本 ソ・ユニ
出演者
イ・ミンギ(チュ・ビョンヒ)、ソンジュン(クォン・ジヒョク)エル(イ・ヒョンス)、イ・ヒョンジェ(チャン・ドイル)、ユ・ミンギュ(キム・ハジン)キム・ミンソク(ソ・ギョンジョン)、
チョ・ボア(イム・スア)、チョン・ウィチョル(ユ・スンフン)

自由奔放で、ワイルドな魅力にあふれた高校生バンド「眼球浄化」。
江南唯一の貧民街の住人である「眼球浄化」のメンバーが、江南でも最高級レベルの住宅地にある、超エリート高校に学区再編で転入することになった!
腕っぷしが強くて、ちょっとクレージーな彼らの青春ストーリーです。


ドラマの主人公たちはかっこよくて、こんなバンドが実際にあればいいのに、って感じ。
しかも、メンバーがそれぞれ、違った個性を持った違った魅力にあふれる人物です。
誰がお好み?などと、見ているだけでも楽しいんですが、そればかりではありません。

邦題のサブタイトル、ちょっとイメージが違うんですよね…。
このタイトルを見たり、きれいな子たちにバンドをさせて、メジャーデビュー?なんて話を聞くと、売れ線狙いのお子様路線か、と思えるかもしれませんが、ストーリーは練られていて、本格的。いいお話でした。
ストーリーの中心となっているのは、揺れて迷い、悩みながら、真の自分を見つけていく10代の子たちの心理。
そんな成長痛ともいえる痛みが丁寧に描かれていて、彼らに共感したり応援したりしたくなるドラマでした。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-03-22 00:12 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(24)

天地人(チョンジイン)/発酵家族(발효가족) ☆☆☆☆
JTBCの水木ドラマ、全24話
公式HP
d0060962_18394969.jpg

演出 パク・チャンホン
脚本 キム・ジウ
出演者
ソン・イルグク(キ・ホテ)、パク・ジニ(イ・ガンサン)、イ・ミニョン(イ・ウジュ)
チェ・ジェソン(カン・ドシク)、キム・ヨンフン(オ・ヘジュン)、カン・シニル(イ・ギチャン)

華々しい看板はないけれど、伝統の味を守る「天地人」。
そこに引き込まれるようにやって来た孤児院育ちのホテは、自分の幼い頃の記憶を一つずつ思い出して行きます。
そこに隠された真実は何?
そんな彼を支えてくれるのが、店の主人の次女のガンサンをはじめとする、天地人の人々です。

キムチをはじめとする韓国の伝統の料理から、そこに根付く思想まで。
韓国文化の奥深さを伝えながら、視聴者の心をも癒すヒーリングドラマです。


韓国の食を題材にしたドラマはいろいろありますが、このドラマほど、料理がおいしく見えたドラマはありません
料理はもはや、題材の域を越え、もう一つの主役となっています。

韓国の伝統美を伝えようとするドラマは今までいろいろありましたが、このドラマの伝える美は日本で言うならばジャポニズムに近く、一旦海外に出て、外部者の目を通過しての美のように思います。
その分、外国人にとっては、受け入れやすいものとなっていると思います。
でも、それでありながら、そこに流れる思想や感情は余すところなく、伝えられているのでは?といった印象があります。

韓国では食と同じように重要なものとして考えられているのは家族、という存在だと思うのですが、ここ、天地人では血縁にはこだわらない「家族」が描かれます。
家族という人の絆もその間を流れる空気のように描かれていて、とても魅力的。

総合チャンネルで放送されたドラマの中でも視聴率はあまり高くなかったのですが、私の予想では、韓国内でよりも、海外での評価が高くなる作品なんじゃないかと思います。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-02-25 19:05 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)

パダムパダム...彼と彼女の心臓の鼓動の音(빠담빠담… 그와 그녀의 심장박동소리)  ☆☆☆
JTBC(総合編成チャンネルのひとつ)の月火ドラマ 全20話
JTBC公式HP
d0060962_1153426.jpg

演出 キム・ギュテ
脚本 ノ・ヒギョン
出演者
チョン・ウソン(ヤン・ガンチル)、ハン・ジミン(チョン・ジナ)、キム・ボム(イ・グクス)、イ・ジェウ(キム・ヨンチョル)他

日本での放送は既にDATVで始まっていますね。

高校時代に無実の罪を被せられ、16年もの間服役して出所した男、ヤン・ガンチル。
しかし、間もなく末期の癌だと知らされ、その上、無実の罪を被せた人間は事実が分かるのを恐れ、ガンチルを陥れようとしている…。
ガンチルは、このまま死んでしまうのでしょうか? それとも…。


このドラマのテーマは奇跡で、天使が出てくるファンタジックな設定がなされているのですが、ノ・ヒギョン作家の作品、天使の起こす奇跡が主題ではありません。
ノ・ヒギョンは「嘘」「彼らが住む世界」「グッバイソロ」などの脚本を手掛けた人で、リアルな心理表現を得意にする人で、演出のキム・ギュテとは「彼らの住む世界」でコンビを組んでいます
このドラマでは、ファンタジーを用いるなど、など、ノ・ヒギョンとしては変わったイメージの作品だと思って見ていたのですが、終ってみると、いかにもノ・ヒギョンらしいドラマだったと思います。
d0060962_11533841.jpg


More
[PR]
by kirikoro | 2012-02-10 11:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(12)

What's Up(왓츠업)  ☆☆☆☆
MBNのドラマ、全20話
MBN公式HP
d0060962_23324844.jpg

演出 ソン・ジウォン、チャン・ミジャ
脚本 ソン・ジナ
出演者
イム・ジュファン(チャン・ジェホン)、テソン(ハ・ドソン)、イム・ジュウン(オ・ドゥリ)、チャン・ヒジン(ウン・チェヨン)イ・スヒョク(イ・スビン)、キム・ジウォン(パク・テイ)、チョ・ジョンソク(キム・ビョンゴン)、
オ・マンソク(ソヌ・ヨン)他

このドラマは以前にも記事にしましたが、事前制作されていたものの、何度も番組編成に失敗して、一度はお蔵入りと言われていたドラマ。
、総合編成チャンネルの開局により、ようやく日の目を見ることができたドラマです。
1話が50分弱と、短くなっているのもそういう事情が関係しているのかもしれませんね。
これは、日本で放送されることを考えれば非常にプラスで、韓国ドラマ特有の、1話にいろんな要素をぎっしり詰め込んだ韓国ドラマらしいスタイルを日本のテレビでも味わえるのではないかと思います。
このあと、韓国では6回ものスペシャルが準備されているようなのですが、カット場面が放送されるんでしょうかね?
視聴率的には不調な総合チャンネルの中でも相当低く、1%にも遠く及ばなかったようです。
だけど、ラストには少し不満がありましたが、全般的に見て、かなり良くできたドラマだったと思います。

それぞれ違った環境で育ち、違った悩みを抱えた子たちが大学のミュージカル学科に入学して、風変わりな先生に導かれ、少しずつ成長する姿が描かれます。
以前にも書いたように、登場人物が多く(幽霊まで2名も…)、主要人物だけでもかなり数が多いんですが、それぞれの内面にまで踏み込んで描かれているストーリーがまず、第一の魅力です。
この年代特有の繊細な心の動きが感じられるドラマですね。
みんな、初々しい魅力にあふれたキャラクター達です。
役者さんたちも、それぞれ、輝いています。

韓国ドラマを見ていると、どうしてこんなにたくさんのものを、たったこれだけの時間で描けるんだろう、と思うことがよくあるんですが、このドラマもそう。
最近ミュージカルを扱ったドラマがいくつか作られましたが、私はむしろ、それよりも「ドリームハイ」に似たものを感じました。

そして、音楽もヘビメタ(?)からラップの取り入れ、そしてもちろん、オーソドックスなミュージカルナンバーも、と雑多なものを取りこみながら、それを自然に統一感のある姿にしているのも魅力です。
出演者も、皆、歌やダンス、うまいんですね。
その上、それぞれの得意分野を発揮する場のある脚本って感じです。
ところが、イム・ジェファンは主人公の中でも一番の中心となる人物なんですが、歌は幼い時以来初めて歌うと言う場面だけですし、ダンスも、よく見ると、ほんの一瞬映すだけで、ほとんどそういうシーンに登場しません。
そのあたりの割り切りもいいですね。下手に入れると、台無しになっちゃったかも、と思います。
歌も踊りも、ともかく、見ていて楽しいし、映像的にも(ダンスシーンに限りませんが)きれいで素敵です。

ほとんど満足だったんですが、ラストの収め方にはちょっと不満あり、でした。
ありがちなラストを避けた考えられた結末だったと思うんですが、頭では納得できても、どこか心がすとんと落ちないところがあって、ここでラスト??と、なんだか肩すかしをされたような気がしてしまいました。

でも、最近放送されたドラマの中ではかなり面白い方でしたよ。


4話までの人物紹介を兼ねたあらすじは以前の記事に書いています。
          →4話までのあらすじ
5話以降のあらすじは簡単にですが、別ブログに書いています。
          →5話から20話(最終回)のあらすじ

*アンケートも作りました。ご覧になった方は、参加していただけると嬉しいです。
          →韓国ドラマアンケート「What's Up」は面白かった?

おまけ
テソンのOST。

More
[PR]
by kirikoro | 2012-02-06 23:40 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)