なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:最高の愛 ( 9 ) タグの人気記事



最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~(최고의 사랑) ☆☆☆☆
MBCの水木ドラマ 全16話
MBC公式HP
d0060962_2243958.jpg

演出:パク・ホンギュン 、 イ・ドンユン
脚本:ホン・ジョンウン 、 ホン・ミラン
出演者:
チャ・スンウォン (トッコ・ジン役) 、コン・ヒョジン (ク・エジョン役) 、ユン・ゲサン (ユン・ピルチュ役) 、ユ・インナ (カン・セリ役)他

元アイドルでありながら、現在は国民の非好感度No.1の生計型女優に恋に落ちた、好感度No.1のトップスター!
虚像が実像よりも優先される世界で、主人公たちは真実の愛を全うすることができるのでしょうか?


世間の関心を引き付ける芸能界を舞台に、ホン姉妹の作品にしては比較的年齢の高い主人公たちのラブストーリーが描かれた作品。
主人公のトッコ・ジンの人気は絶大で、かなり話題になりつつも、視聴率はなかなか20%の壁を破ることができなかったのですが、最終話で21%(AGFによる)と数字的にもまずまずのヒットとなりました。
リアルタイムで見ている日本人韓ドラファンの間でもかなり関心が高いドラマのようで、注目の作品ですね。
日本にもミニシリーズとしては最高額で販売されたとのことで、8月にはKNTVでの放送が決まっているようです。

「シティーホール」のチャ・スンウォンが、今度は、コミカルな魅力を存分に発揮しています。
基本は我儘な子供のような男なんですが、たまに見せる仕事で成功している大人の男の魅力もまた、魅力!
ともかく、上手い人で、トッコ・ジンの魅力からは目が離せないんですよね。
彼の演じるトッコ・ジンのキャラがこのドラマの一番の見どころではないかと思います。
私はともかく、彼の演じるトッコ・ジンにすっかりはまりました。
ただ、個性の強い役作りのため、苦手感を持たれる方もいるかもしれませんね。
また、彼の個性があまりにも強いため、他のキャラが多少印象が弱くなってしまう部分があり、他の役者さんを主に見る、という楽しみ方もしにくい作品のように思います。
そうなると、このドラマを楽しめないかも、との危惧も少しあります。

More
[PR]
by kirikoro | 2011-06-24 22:06 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(14)

「最高の愛」もとうとう終わりです。
ところで、最後になって、こんな人が!
d0060962_22113960.jpg


お久しぶりのキム・ナムギルです。
トッコ・ジンのライバル役として登場!
・・・といっても、この写真だけですが。

あらすじはきりころじっく3にアップしました。

  →「最高の愛」15話・16話(最終話)
[PR]
by kirikoro | 2011-06-24 21:50 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

ドラマの方は終盤となり、涙涙、なんですが、こんな可笑しい動画が話題となっています。
「最高の愛」と「パスタ」の映像をドッキングして、トッコ・ジンと○○○のラブストーリーに…。


視聴率は「シティーハンター」も好評なためか、なかなか20%を超えられませんが、海外には高値で販売されたようで、日本では8月に放送だ、とか。


あらすじの方は、ネタバレ専用のきりころじっく3の方に書いています。


         →「最高の愛」13話・14話
[PR]
by kirikoro | 2011-06-17 19:14 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

「最高の愛」11話・12話


このドラマもだんだん残りが少なくなってきました。
どういう結末になるのか、全く予想がつかないです…。

d0060962_22395036.jpg


楽しいところ、可笑しいところも相変わらず、ふんだんにありますが、そればかりじゃないんですね。
最近のトッコ・ジン、ますます好きです。

あらすじの方は別ブログです。

     →「最高の愛」11話・12話あらすじ
[PR]
by kirikoro | 2011-06-10 22:43 | ドラマ中途報告 | Comments(2)

ドラマの方は今週になって、急激にトーンが変わって来ました。
ますます面白くなってきましたよ。

さて今週の話題はイ・スンギの特別出演。
d0060962_7553893.jpg

リトルトッコ・ジンって役柄なんですが、微妙に現実のイ・スンギのアイテム(「強心臓」に酷似した番組だとか冷蔵庫のCMだとか・・・)を取り入れているんですね。

More
[PR]
by kirikoro | 2011-06-04 08:39 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

「最高の愛」7話・8話


今週も。トッコ・ジンから目が離せません!
d0060962_214254.jpg

これは、「善徳女王」のミシルが憑依しているトッコ・ジン。
眉をピクリと上げるのが、いかにもミシル…。
バックには「善徳女王」の音楽が流れているんですよ。

チャ・スンウォンの演技に圧倒され、とっぷりとトッコ・ジンに嵌まっている私ですが、ホン姉妹の作品だから期待値があまりにも高いのでしょうか?
じつは、ところどころ気になる部分もあるんですよね。

More
[PR]
by kirikoro | 2011-05-28 21:35 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

今週もはチャ・スンウォン爆裂!です。

「シティホール」でチャ・スンウォン落ちした人には必見のドラマかも。
d0060962_11255039.jpg

(このドラマでは珍しく、自然で、普通っぽい表情のトッコ・ジン。)

今回も初恋ものなんですが、トッコ・ジン、年齢もかなり上だし、俳優さんだから、知識はあるんですよね。
だけど、実際には初めての恋だから、小学生のような行動に…。
そのギャップがいいんです!

あらすじは、いつものように別ブログです。

     →「最高の愛」5話・6話
[PR]
by kirikoro | 2011-05-23 11:39 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

「最高の愛」4話まで見ましたが、ホン姉妹の脚本らしく、出だしの展開がスピーディ。
今回も、そうそうに、見ている私の心臓がドキドキし始めました。
視聴率も、ぐんぐん伸びて好調のようですね。

ホン姉妹の脚本って、恋に不慣れな男の子の初めてのときめきって感じがとても好きなんですが、今回はチャ・スンウォンさんでしょ?
おじさんだし、ちょっとそれは無理かと思っていたんですが、やはり、このパターンできましたね。
普通だったら説得ないと思うんですが、現実感の乏しさが帰って魅力になっているチャ・スンウォンさんをうまく使っていると思います。
ギャグもいけるし、キャスティングは成功しているのではないかな?
d0060962_19332944.jpg

(髭が소の字だ、とヒロイン甥っ子に指摘され、それを確認しているトッコ・ジン)

ヒロイン演じるコン・ヒョジンさんも体当たりの演技。

More
[PR]
by kirikoro | 2011-05-15 20:15 | ドラマ中途報告 | Comments(0)

韓国で新たに放送が始まるドラマ、見たいものが多くて、どうして時間を捻出しようか、と悩むこの頃です。
まだ、全部出揃っていないのですが、上記の3ドラマ、それぞれ2話まで見ました。

この中で、私が一番スタートの感触が良かったのが「私に嘘をついてみて(내게 거짓말을 해봐)」だったんですね。
始まる前の期待度にも大きく左右されているとは思うんですけれど…。
d0060962_12101645.jpg

主人公がカン・、ジファンとユン・ウネ、とじつは、私がどちらかと言えば苦手にしている俳優さん達。
ところが、どうしたことでしょう?
いきなりカン・ジファンはかっこよく見えちゃっていますし、ユン・ウネも可愛いの。
ユン・ウネを可愛いと思ったのは「宮」以降、初めてです。
ユン・ウネの演じるヒロインは公務員なんですが、すんごいトラブルメーカーなのね。
いきなりハチャメチャな目に遭っているんですが、それに巻き込まれているのがクールな財閥の御曹司を演じるカン・ジファン。
このやり取りが、とっても楽しいんです。
そして、ちょっとした出来事が雪だるま的に膨らんで行く進行も、とにかく、面白いんですよ。

そして、この二人に絡んで来るのが「ホワイトクリスマス」で大注目のソンジュン
d0060962_12294381.jpg
「ホワイトクリスマス」では自閉傾向のある子を演じていたのであんまり表情を動かせなかったんですが、ここでは自在な表情を見せてくれていて、素敵なんですよ!
「ホワイトクリスマス」の時には脚本家さんがインタビューでは「ホワイトクリスマス」のスピンオフを書くとしたら、彼を主人公にした恋愛ものを書きたい、とおっしゃっていたんですね。
それ以来、私の頭の中では妄想が炸裂していた、というか、期待が芽生えていたというか…。
もちろん、キャラが違うけれど、待っていたものがやって来た感じがあります。
d0060962_12333864.jpg
そこに、ヒロインが騒動を引き起こすトリガーに今のところなっている、彼女の高校時代の友人、というか悪友の面白いキャラをホン・スヒョンが演じています。
彼女、とっても分かりやすい悪役で、ストレートに、ヒロインが自分よりいい目に遭うなんて許せない、とヒロインに絡んで来るのね。
分かりやす過ぎて憎めないんですよね。じめじめしていないし。

まだまだ話の行方は分かりませんが、一番次回が楽しみです。

*期待の作品だったのですが…。
全部見終わっての感想は→こちらです。


続いて「最高の愛(최고의 사랑)」
ホン姉妹の新作なんです。

More
[PR]
by kirikoro | 2011-05-12 12:41 | ドラマ中途報告 | Comments(16)