なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:歴史物 ( 82 ) タグの人気記事



ホン・グギョン(드라마 홍국영)   ☆☆☆
d0060962_00403744.jpg
2001年MBCの月火ドラマ、全40話
演出 イ・ジェガプ
脚本 イム・チュン(「大王の道」)
原作原作はユ・ヒョジョンの小説「風雲鄭鑑録私説鄭鑑録)」
出演者
キム・サンギョン(ホン・グギョン役)、チョン・ウンイン(チョン・フギョム役)、チョン・ジェゴン(世孫正祖役)、イ・テラン(ソ氏/ウンジュ役)、チョン・ソヨン(ウ・ヨオク役)

主人公は朝鮮王朝第22代国王正祖の右腕とも言われ、即位に大いなる貢献をした実在の人物。
このドラマは、父を死に追いやった勢力に、常に命を狙われる正祖を守り、王位につけようとするグギョンと、それを妨害しようとするチョン・フギョムの戦いをクローズアップした作品となっています。
私はBS日テレで見ました。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-03-11 01:03 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)


チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者(장영실)  ☆☆☆
d0060962_22112458.jpg
2016年のKBSの大河ドラマ、全24話
演出 キム・ヨンジョ(「近肖古王」「シンデレラのお姉さん」いずれも共同演出)
脚本 イ・ミョンヒ(「エア・シティ」共同脚本)、マ・チャンジュン
出演者
ソン・イルグク(チャン・ヨンシル役)、 キム・サンギョン( 世宗イ・ド役)、キム・ドヒョン(イ・チョン役)、キム・ヨンチョル (太宗イ・バンウォン役)、
パク・ソニョン(ソヒョン(韶賢)翁主役)、イ・ジフン(チャン・ヒジェ役)、カン・ソンジン(ソック役)
(*ソヒョン翁主以下は架空の人物です)
最高視聴率14.1%(AGBニールセン)

*このドラマのアンケートを作りました。ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです。


世宗の時代、奴婢の身分に生まれながらも天才的な科学者として、緯度計測器である簡儀、さまざまな日時計・水時計等数々の業績を上げ、従三位まで上り詰めた人物の一代記。
ソン・イルグクの8年ぶりの時代劇出演もまた、話題でした。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-10-16 22:15 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)


輝くか、狂うか(빛나거나 미치거나)  ☆☆☆
d0060962_09160822.jpg
2015年MBCの月火ドラマ、全24話
演出 ソン·ヒョンソク(「個人の趣向」「TWO WEEKS」)、ユン·ジフン(「夜警日誌」共同演出)
脚本 クォン・インチャン(「バーディーバディ」)、キム・ソンミ
原作 ヒョン・ゴウンの同名小説(「1%の奇跡」「恋人作り」原作・脚本)
出演者
チャン·ヒョク (ワン・ソ役)、オ·ヨンソ(シンユル役)、イ·ハニ(ファンボ・ヨウォン役)、イム·ジュファン(ワン・ウク役)、イ·ドクファ(ワン・シンニョム役)

韓国では、そして日本でもCSで「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」がスタート。
KNTVは解約しちゃったけれど、時代劇は字幕付きで見たいので、そちらは次の機会にするとして、男性主人公が同じ、こちらのドラマを見ることにしました。
しかも、同じくラブストーリーです。
グッドタイミングで地元テレビ局で、75分枠での放送があったんですよ♪
星は3つですが、4つと迷った末での評価で、まずまず面白く見ていました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-30 09:26 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

花たちの戦争~宮廷残酷史~(궁중잔혹사 - 꽃들의 전쟁)  ☆☆
2013年JTBCの週末ドラマ、全50話。
d0060962_09014879.jpg
演出 ノ・ジョンチャン(「インス大妃」「鉄の王―キム・スロ」「個人の趣向」いずれも共同演出)
脚本 チョン・ハヨン(「インス大妃」「王と妃」「欲望の炎」)
出演者
キム・ヒョンジュ(ヤムジョン)、イ・ドクファ( 仁祖)、チョン・ ソンウン (ソヒョン世子)、ソン・ソンミ(嬪宮カン氏)、チョン・テス(ナム・ヒョク)、コ・ウォンヒ( チャンニョル王妃)、チョン・ソンモ(キム・ジャジョム)
最高視聴率は4.3%(AGBニールセンによる)。ケーブルドラマなので、ヒット作の数字だと思います。

タイトルからして、私の苦手なドラマみたい…と敬遠していたのですが、「華政」の後半部とも重なる時代の話ですし、朝鮮王朝時代の中で、もっとも評判の悪い仁祖が、どう描かれているのかに興味があったので、頑張って視聴しました。BSでの視聴なのでカット版だと思います。
NHKプレミアムで放送の始まった「三銃士」もこの少し前の時代の話ですね。ソヒョン世子とその王妃もこのドラマに登場しています。
(余談ですが、「三銃士」の中で出てきたソヒョン世子の初恋の人が自殺したって話がこのドラマにも登場していました。書物に残っている話なんでしょうね♪)

評判を探して読んでみると、結構面白くご覧になっている方も多い作品です。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-19 09:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)


王の涙‐イ・サンの決断‐(역린)

d0060962_23162318.jpg


2014年の映画
監督:イ・ジェギュ
脚本:チェ・ソンヒョン
撮影:コ・ラクソン
出演者
ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェ

じつは私、韓国映画はあんまり見ないし、見ても、特に語ることもなくて基本、単独でブログに記事をアップすることはないのですが、これは記事にしたい、と思うドラマだったんです。
思いっきり美しい映像に浸っている中、いつの間にか、登場人物たちの悲しい運命の物語に心動かされ、感情を強くゆすぶられる映画でした。
見始めてから気づいたんですが、これ韓国で封切られた当時は「逆鱗」として紹介されていたものだったんですね。かなりのヒット作だったと記憶しています。
オリジナルタイトルの方が邦題よりずっといいと思うのですが、多くの人の注意をひきつけるための選択なんでしょうね。
仕方がないとはいえ、残念な邦題だったと思います。
特に、涙って…。甘ったるくて感傷的なのはこの映画には似合わないと思います。仕方がないんでしょうけれどね…。
ずいぶん前にお勧めいただいていた映画でしたが、CSで放送されるのを見つけて、ようやく視聴しました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-15 23:28 | 映画 | Comments(12)


王の女(왕의 여자)  ☆☆
d0060962_23432368.jpg

SBS2003~4年の月火ドラマ、全42話。
演出 キム・ジェヒョン(女人天下」「龍の涙」、チョン・ヒョ(「星を取って」「あなたの女」)
脚本 ユン・ジョンゴン(「ミンジャとエジャ-姉妹の事情 -」)
原作は朴鍾和の小説「寝て行くあの雲よ (자고 가는 저 구름아 )」←イ・ハンボクに代表される庶民や無党派の人たちが中心に描かれた小説らしいです。(日本語版はなし)

出演者
パク・ソニョン(ケトン/キム・ゲシ)、チソン( 光海君)イム・ドンジン (宣祖 )、キム・ユソク (臨海君)、サガン(ユ氏夫人)、ホン・スヒョン(仁穆王后キム氏)、イ・フン(イ・ハンミン)、キム・ヘリ(ソンイ)

1591年(宣祖24年)~1623年(仁祖1年)の間に起きた倭乱と内乱、反正という激変と混乱の歴史を舞台に語られる愛の物話。

1591年は壬辰倭乱直前で、秀吉が朝鮮に、明に行くから通せと要求してきた時ですね。
ドラマの開始は宣祖に溺愛されているヤンファダン(仁嬪キム氏)の兄のところに賊(イ・ハンミン)が入り、信城君擁立のメンバーの名簿を入手したところから始まります。
武侠テイストを取り入れたファンタジー史劇、って感じの幕開けですね。
(でも、この武侠&ファンタジーなところは中途で消えてしまうのですが、これについては後述します)

話の中心では宣祖の息子である光海君が幼馴染のケトン(キム・ゲシ)とともに王座を目指し、手に入れ、それを失うまでが描かれます。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-13 23:55 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(14)


イニョプの道(하녀들)   ☆☆☆
2014~15年JTBCの金土ドラマ、全20話
d0060962_23142481.jpg

演出 チョ・ヒョンタク
脚本 チョ・ヒョンギョン
出演者
チョン・ユミ(イニョプ役)、オ・ジホ(ムミョン役)、キム・ドンウク(ウンギ役)、イ・シア(ユノク役)、イ・イギョン(ユンソ役)、チョン・ソミン(ダンジ役)
最高視聴率は4.725%(AGBニールセンによる)

時代は朝鮮王朝初期。王は第三代の太宗(イ・バンウォン)になっていますが、まだ初代の王太祖(イ・ソンゲ)が存命中です。
太祖は太宗が2度の兄弟粛清により王となった後、王の印である玉璽(ぎょくじ)を持ったまま咸興(ハムン)に隠棲している時代。
太宗は和解を求め、何度も太祖に使者を送るのですが、そのたび殺される、という事態が続いています。
(このエピソードがもとになって「咸興差使(ハムンチャサ)=帰ってこない人や音沙汰のないこと」、という言葉が生まれたようです。)
朝鮮王朝の創生期を描いたドラマでは触れられることの多い話ですが、単独でこの時代が背景になったドラマは初めてではないかしらね?

そんな中、陰謀に巻き込まれ良家の令嬢から使用人の身分に落とされた女性イニョプの、愛と闘いが描かれています。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-05 23:23 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)


六龍が飛ぶ(육룡이 나르샤)   ☆☆☆☆☆
d0060962_00154981.jpg
2015~16年 SBSの月火ドラマ、全50話
演出 シン・ギョンス(「スリーデイズ」、「根の深い木」)
脚本 キム・ヨンヒョン(「根の深い木」「善徳女王」「チャングムの誓い」「薯童謠(ソドンヨ)」)、パク・サンヨン(「根の深い木」「善徳女王」)
出演者
ユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(ブニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(タンセ/イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)

*これからこのドラマをご覧になる方々の参考になるか、と、このドラマのアンケートを作りました。
 ご覧になった方に参加していただければ、うれしいです♪

      
 →「六龍が飛ぶ」は面白かった?

久しぶりの5つ星評価です。
脚本よし、演出よし、俳優もよし!
「根の深い木」の前日譚という位置づけで、双方に共通する架空の人物も登場します。
でも、「根の深い木」をご覧になっていなくても、まったく問題なく楽しめるドラマだと思います。



More
[PR]
by kirikoro | 2016-08-30 00:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(16)

テバク~運命の瞬間(とき)~(대박)   ☆☆☆
d0060962_23395748.jpg

2016年SBSの月火ドラマ、全24話
演出 ナム・ゴン
脚本 クォン・スンギュ(「ペク・ドンス」「火の女神ジョンイ(共同脚本)」
出演者
チャン・グンソク(ペク・テギル/ヨンス役)、ヨ・ジング(ヨニン君役)、チョン・グァンリョル(イ・インジャ役)、チェ・ミンス(粛宗役)、イム・ジヨン(タムソ役)、ヒョヌ(景宗役)
最高視聴率は12.2%

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです♪

      →「テバク」は面白かった?

時代背景は、粛宗と英祖の母である淑嬪崔氏との出会いのころから、英祖が王になった少しあとまで。
ドラマで言うと「チャン・オクチョン」の終盤あたりからで、これまであまり扱われてこなかった時代ですね。
生後2か月で亡くなったとされる淑嬪崔氏の長男ヨンスが生き延びていた、という設定で、彼が主人公です。

このドラマの一番の特徴は、書物に残るような表の歴史を描きながら、その中で「賭博」が大きな要素を占めているところ。
主要人物たちはみな、賭博の才能に恵まれた人たちで、比喩的に人生における賭博を行うばかりでなく、実際のゲームとしての賭博に人生をかけたりします。
韓国では賭博や賭博師がよく、映画やドラマに出てくるのですが、実は私、これが生理的に(?)苦手なんですね。
ところが、このドラマではあまり嫌な感じがしなかったんですよ。
SBSらしい映像の美しさと、下卑た感じがしなかったことで、賭博の病んだ部分をあまり意識させられなかったのかしらね?
それに、序盤でのチェ・ミンスとチョン・グァンリョルとの対決シーンに圧倒されて見始めましたから。

物語は、天下をわが物にしたいという野望を持った男イ・インジャがボクスンというすでに夫を持つ女を意図的に時の王、粛宗に近づけるところから始まります。

More
[PR]
by kirikoro | 2016-08-16 23:46 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)

客主-商売の神( 장사의 신 - 객주 2015) ☆☆☆
d0060962_8183855.jpg

2015~16年のKBSの水木ドラマ、全41話。
演出 キム・ジョンソン(「大祚栄」「広開土大王」)、キム・ドンフィ
脚本 チョン・ソンヒ(幻の王女チャミョンゴ」「近肖古王(クンチョゴワン)」、イ・ハノ
出演者
チャン・ヒョク (チョン・ボンサム役)、ユ・オソン(キル・ソゲ役)、キム・ミンジョン(メウォル役)、ハン・チェア(チョ・ソリン役)、パク・ウネ(チョン・ソレ役)
原作はキム・ジュヨンの小説「 객주 (客主)」
最高視聴率は13.0%(AGBニールセン)

19世紀末朝鮮を舞台に、客主の跡取り息子に生まれながらも、陰謀により父親も客主も失った男が一から商売を学び、尊敬される商売人となる話。
主人公が数限りなく危機に陥るものの、そのたびに切り抜けるタイプのエンターテイメント時代劇です。
サクセスストーリーだとか、巨商になる話、という説明も見かけましたが、むしろ、零細な商人の倫理で、巨商の理不尽と時代の荒波に立ち向かう話、といったところだと思います。

*このドラマはアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪

          →「客主ー商売の神」は面白かった?


原題に2015と入っているのは、日本では公開されていませんが、同じ原作から1984年に1度ドラマ化されているためですかね。
(ちなみに1984年版の主演は「チョン・ドジョン」でチェ・ヨン将軍を演じたソ・インソク)

(あらすじ)

More
[PR]
by kirikoro | 2016-08-06 08:40 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(5)