なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:歴史物 ( 89 ) タグの人気記事



師任堂、色の日記(사임당 빛의 일기)  ☆☆
d0060962_22494893.jpg
2017年のSBSドラマ、韓国では全28話(日本完全版は韓国版の未収録シーンも含めての編集版で30話、BSフジも完全版ですが44話編集)
演出 ユン・サンホ(「アンニョン!コ・ボンシルさん」「太王四神記」)
脚本 パク・ウンリョン(「アンニョン!コ・ボンシルさん」「2度目のプロポーズ」)
出演者
イ・ヨンエ(師任堂/ソ・ジユン役)、ソン・スンホン(イ・ギョム役)、オ・ユナ(フィウムダン)、チェ・ジョンファン(ミン・ジョンハク/中宗役)、ヤン・セジョン(ハン・サンヒョン/イ・ギョム子役)、パク・ジュンミン(コ・ヘジョン役)
最高視聴率は16.3%(AGBニールセン)
私はLaLaで30話の完全版を見ました♪

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけるととてもうれしいです♪


韓国では5万ウォン札の肖像画に描かれており、良妻賢母として名高い画家の師任堂。
でも、現代人の目からしたら、ろくろく稼ぎもなく外で別の女性との所帯を持つような夫の妻でありながらも、子女を立派に育てた女性、なんて可哀相な人にしか思えませんよね。
そんな彼女にも、叶わなかったけれども大切な愛があった、という大胆な空想のもと、時代に立ち向かう女としての彼女を描いた物語が朝鮮時代、中宗の時代を舞台に繰り広げられ、
それとかすかに呼応するような形で、現代の師任堂にそっくりな美術史研究家のジユンを中心に安堅の絵の贋作事件が展開します。
それぞれの時代で主人公を陥れようとする人たちとの戦いがあり、師任堂のパートでは、高麗紙の技術を復活させてみせたり、女性の生き方を広げる行動を起こしたり、と、とっても盛りだくさんの内容です。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-10-09 23:09 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(27)

太陽人イ・ジェマ(태양인 이제마)  ☆☆☆
d0060962_00350740.jpg
2002年KBS水木ドラマ、全30話
演出 コ・ヨンタク
脚本 キム・ハンミョン
出演者
チェ・スジョン(イ・ジェマ役)、キム・ユミ(ソリ役)、ユ・ホジョン(ウニョン役)、イ・ジョンギル(ク・ジャイン役)、オ・テギュ(チャン・サンウク役)、イム・ホ(チェ・ムナン役)、ユン・ヨンヒョン(チャン・ボンス役)、(キル・ヨンウ(チャミョン役)
最高視聴率23.4%?
(http://v.entertain.media.daum.net/v/20070315102005352)


李済馬(イジェマ)は朝鮮時代末期のの実在の医学者で三大医学者のひとりといわれている人。
彼は人間の体質を4つに分類し、それぞれに合った治療法と食物を提供する「四象医学」を確立したそうです。
(タイトルの一部になっている「太陽人」というのも、その4つの体質のうちの一つです)
彼はサブタイトルにもあるように「韓国医学の父」とも言われていて、私は、あれ、ホ・ジュンは父じゃないの?と思ってしまったのですが、ホ・ジュンが古今の医学書を集大成した人なのに対し、イ・ジェマは朝鮮独自の医学を提唱した人、という意味で父になるようですね。

このドラマでは、そのイ・ジェマの波乱に満ちた生涯を描いています。

(story)


More
[PR]
by kirikoro | 2017-06-25 00:46 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~(마녀보감)  ☆☆
d0060962_06415545.jpg
2016年JTBC、金土ドラマ、全20話
演出 チョ・ヒョンタク、シム・ナヨン
脚本 ヤン・ヒョンムン、ノ・ソンジェ
出演者
ユン・シユン(ホ・ジュン役)、キム・セロン(ヨニ役)、クァク・シヤン(ブンヨン役)、ヨム・ジョンア(ホンジュ役)、イ・ソンジェ(チェ・ヒョンソ役)
最高視聴率は2.986%(AGBニールセン)

姫として生まれながらも、呪いをかけられ魔女となリ捨てられたヨニと、母を殺され復讐に燃える心を隠して生きるホ・ジュンの愛と成長を描くファンタジー・ラブロマンス時代劇

邪悪な力で世の中を支配しようとする勢力とそれに対抗する勢力の戦いと、王女の救出物語ですね。

*このドラマのアンケートを設けました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


内容に関しては、嫌な予感がしたのですが、実は私が一番苦手としているジャンル。
なので、ドラマについてあんまり語らない方がいいのかも、とも思うのですが、一応感想とストーリーを…。

映像の美しいドラマでした。
特に寺の奥にある設定の洞窟が魅力的でした。
そして、耳に残るメロディー
ドラマを見終えてからも長く、ドラマの中の音楽が頭の中で響いていました。

でも、肝心の物語が面白く感じられなくって…。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-06-16 06:47 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(7)

ホン・グギョン(드라마 홍국영)   ☆☆☆
d0060962_00403744.jpg
2001年MBCの月火ドラマ、全40話
演出 イ・ジェガプ
脚本 イム・チュン(「大王の道」)
原作原作はユ・ヒョジョンの小説「風雲鄭鑑録私説鄭鑑録)」
出演者
キム・サンギョン(ホン・グギョン役)、チョン・ウンイン(チョン・フギョム役)、チョン・ジェゴン(世孫正祖役)、イ・テラン(ソ氏/ウンジュ役)、チョン・ソヨン(ウ・ヨオク役)

主人公は朝鮮王朝第22代国王正祖の右腕とも言われ、即位に大いなる貢献をした実在の人物。
このドラマは、父を死に追いやった勢力に、常に命を狙われる正祖を守り、王位につけようとするグギョンと、それを妨害しようとするチョン・フギョムの戦いをクローズアップした作品となっています。
私はBS日テレで見ました。


More
[PR]
by kirikoro | 2017-03-11 01:03 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)


チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者(장영실)  ☆☆☆
d0060962_22112458.jpg
2016年のKBSの大河ドラマ、全24話
演出 キム・ヨンジョ(「近肖古王」「シンデレラのお姉さん」いずれも共同演出)
脚本 イ・ミョンヒ(「エア・シティ」共同脚本)、マ・チャンジュン
出演者
ソン・イルグク(チャン・ヨンシル役)、 キム・サンギョン( 世宗イ・ド役)、キム・ドヒョン(イ・チョン役)、キム・ヨンチョル (太宗イ・バンウォン役)、
パク・ソニョン(ソヒョン(韶賢)翁主役)、イ・ジフン(チャン・ヒジェ役)、カン・ソンジン(ソック役)
(*ソヒョン翁主以下は架空の人物です)
最高視聴率14.1%(AGBニールセン)

*このドラマのアンケートを作りました。ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです。


世宗の時代、奴婢の身分に生まれながらも天才的な科学者として、緯度計測器である簡儀、さまざまな日時計・水時計等数々の業績を上げ、従三位まで上り詰めた人物の一代記。
ソン・イルグクの8年ぶりの時代劇出演もまた、話題でした。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-10-16 22:15 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)


輝くか、狂うか(빛나거나 미치거나)  ☆☆☆
d0060962_09160822.jpg
2015年MBCの月火ドラマ、全24話
演出 ソン·ヒョンソク(「個人の趣向」「TWO WEEKS」)、ユン·ジフン(「夜警日誌」共同演出)
脚本 クォン・インチャン(「バーディーバディ」)、キム・ソンミ
原作 ヒョン・ゴウンの同名小説(「1%の奇跡」「恋人作り」原作・脚本)
出演者
チャン·ヒョク (ワン・ソ役)、オ·ヨンソ(シンユル役)、イ·ハニ(ファンボ・ヨウォン役)、イム·ジュファン(ワン・ウク役)、イ·ドクファ(ワン・シンニョム役)

韓国では、そして日本でもCSで「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」がスタート。
KNTVは解約しちゃったけれど、時代劇は字幕付きで見たいので、そちらは次の機会にするとして、男性主人公が同じ、こちらのドラマを見ることにしました。
しかも、同じくラブストーリーです。
グッドタイミングで地元テレビ局で、75分枠での放送があったんですよ♪
星は3つですが、4つと迷った末での評価で、まずまず面白く見ていました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-30 09:26 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

花たちの戦争~宮廷残酷史~(궁중잔혹사 - 꽃들의 전쟁)  ☆☆
2013年JTBCの週末ドラマ、全50話。
d0060962_09014879.jpg
演出 ノ・ジョンチャン(「インス大妃」「鉄の王―キム・スロ」「個人の趣向」いずれも共同演出)
脚本 チョン・ハヨン(「インス大妃」「王と妃」「欲望の炎」)
出演者
キム・ヒョンジュ(ヤムジョン)、イ・ドクファ( 仁祖)、チョン・ ソンウン (ソヒョン世子)、ソン・ソンミ(嬪宮カン氏)、チョン・テス(ナム・ヒョク)、コ・ウォンヒ( チャンニョル王妃)、チョン・ソンモ(キム・ジャジョム)
最高視聴率は4.3%(AGBニールセンによる)。ケーブルドラマなので、ヒット作の数字だと思います。

タイトルからして、私の苦手なドラマみたい…と敬遠していたのですが、「華政」の後半部とも重なる時代の話ですし、朝鮮王朝時代の中で、もっとも評判の悪い仁祖が、どう描かれているのかに興味があったので、頑張って視聴しました。BSでの視聴なのでカット版だと思います。
NHKプレミアムで放送の始まった「三銃士」もこの少し前の時代の話ですね。ソヒョン世子とその王妃もこのドラマに登場しています。
(余談ですが、「三銃士」の中で出てきたソヒョン世子の初恋の人が自殺したって話がこのドラマにも登場していました。書物に残っている話なんでしょうね♪)

評判を探して読んでみると、結構面白くご覧になっている方も多い作品です。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-19 09:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(32)


王の涙‐イ・サンの決断‐(역린)

d0060962_23162318.jpg


2014年の映画
監督:イ・ジェギュ
脚本:チェ・ソンヒョン
撮影:コ・ラクソン
出演者
ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェ

じつは私、韓国映画はあんまり見ないし、見ても、特に語ることもなくて基本、単独でブログに記事をアップすることはないのですが、これは記事にしたい、と思うドラマだったんです。
思いっきり美しい映像に浸っている中、いつの間にか、登場人物たちの悲しい運命の物語に心動かされ、感情を強くゆすぶられる映画でした。
見始めてから気づいたんですが、これ韓国で封切られた当時は「逆鱗」として紹介されていたものだったんですね。かなりのヒット作だったと記憶しています。
オリジナルタイトルの方が邦題よりずっといいと思うのですが、多くの人の注意をひきつけるための選択なんでしょうね。
仕方がないとはいえ、残念な邦題だったと思います。
特に、涙って…。甘ったるくて感傷的なのはこの映画には似合わないと思います。仕方がないんでしょうけれどね…。
ずいぶん前にお勧めいただいていた映画でしたが、CSで放送されるのを見つけて、ようやく視聴しました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-15 23:28 | 映画 | Comments(12)


王の女(왕의 여자)  ☆☆
d0060962_23432368.jpg

SBS2003~4年の月火ドラマ、全42話。
演出 キム・ジェヒョン(女人天下」「龍の涙」、チョン・ヒョ(「星を取って」「あなたの女」)
脚本 ユン・ジョンゴン(「ミンジャとエジャ-姉妹の事情 -」)
原作は朴鍾和の小説「寝て行くあの雲よ (자고 가는 저 구름아 )」←イ・ハンボクに代表される庶民や無党派の人たちが中心に描かれた小説らしいです。(日本語版はなし)

出演者
パク・ソニョン(ケトン/キム・ゲシ)、チソン( 光海君)イム・ドンジン (宣祖 )、キム・ユソク (臨海君)、サガン(ユ氏夫人)、ホン・スヒョン(仁穆王后キム氏)、イ・フン(イ・ハンミン)、キム・ヘリ(ソンイ)

1591年(宣祖24年)~1623年(仁祖1年)の間に起きた倭乱と内乱、反正という激変と混乱の歴史を舞台に語られる愛の物話。

1591年は壬辰倭乱直前で、秀吉が朝鮮に、明に行くから通せと要求してきた時ですね。
ドラマの開始は宣祖に溺愛されているヤンファダン(仁嬪キム氏)の兄のところに賊(イ・ハンミン)が入り、信城君擁立のメンバーの名簿を入手したところから始まります。
武侠テイストを取り入れたファンタジー史劇、って感じの幕開けですね。
(でも、この武侠&ファンタジーなところは中途で消えてしまうのですが、これについては後述します)

話の中心では宣祖の息子である光海君が幼馴染のケトン(キム・ゲシ)とともに王座を目指し、手に入れ、それを失うまでが描かれます。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-13 23:55 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(14)


イニョプの道(하녀들)   ☆☆☆
2014~15年JTBCの金土ドラマ、全20話
d0060962_23142481.jpg

演出 チョ・ヒョンタク
脚本 チョ・ヒョンギョン
出演者
チョン・ユミ(イニョプ役)、オ・ジホ(ムミョン役)、キム・ドンウク(ウンギ役)、イ・シア(ユノク役)、イ・イギョン(ユンソ役)、チョン・ソミン(ダンジ役)
最高視聴率は4.725%(AGBニールセンによる)

時代は朝鮮王朝初期。王は第三代の太宗(イ・バンウォン)になっていますが、まだ初代の王太祖(イ・ソンゲ)が存命中です。
太祖は太宗が2度の兄弟粛清により王となった後、王の印である玉璽(ぎょくじ)を持ったまま咸興(ハムン)に隠棲している時代。
太宗は和解を求め、何度も太祖に使者を送るのですが、そのたび殺される、という事態が続いています。
(このエピソードがもとになって「咸興差使(ハムンチャサ)=帰ってこない人や音沙汰のないこと」、という言葉が生まれたようです。)
朝鮮王朝の創生期を描いたドラマでは触れられることの多い話ですが、単独でこの時代が背景になったドラマは初めてではないかしらね?

そんな中、陰謀に巻き込まれ良家の令嬢から使用人の身分に落とされた女性イニョプの、愛と闘いが描かれています。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-05 23:23 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)