なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:高麗時代 ( 13 ) タグの人気記事




輝くか、狂うか(빛나거나 미치거나)  ☆☆☆
d0060962_09160822.jpg
2015年MBCの月火ドラマ、全24話
演出 ソン·ヒョンソク(「個人の趣向」「TWO WEEKS」)、ユン·ジフン(「夜警日誌」共同演出)
脚本 クォン・インチャン(「バーディーバディ」)、キム・ソンミ
原作 ヒョン・ゴウンの同名小説(「1%の奇跡」「恋人作り」原作・脚本)
出演者
チャン·ヒョク (ワン・ソ役)、オ·ヨンソ(シンユル役)、イ·ハニ(ファンボ・ヨウォン役)、イム·ジュファン(ワン・ウク役)、イ·ドクファ(ワン・シンニョム役)

韓国では、そして日本でもCSで「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」がスタート。
KNTVは解約しちゃったけれど、時代劇は字幕付きで見たいので、そちらは次の機会にするとして、男性主人公が同じ、こちらのドラマを見ることにしました。
しかも、同じくラブストーリーです。
グッドタイミングで地元テレビ局で、75分枠での放送があったんですよ♪
星は3つですが、4つと迷った末での評価で、まずまず面白く見ていました。


More
[PR]
by kirikoro | 2016-09-30 09:26 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)


六龍が飛ぶ(육룡이 나르샤)   ☆☆☆☆☆
d0060962_00154981.jpg
2015~16年 SBSの月火ドラマ、全50話
演出 シン・ギョンス(「スリーデイズ」、「根の深い木」)
脚本 キム・ヨンヒョン(「根の深い木」「善徳女王」「チャングムの誓い」「薯童謠(ソドンヨ)」)、パク・サンヨン(「根の深い木」「善徳女王」)
出演者
ユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(ブニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(タンセ/イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)

*これからこのドラマをご覧になる方々の参考になるか、と、このドラマのアンケートを作りました。
 ご覧になった方に参加していただければ、うれしいです♪

      
 →「六龍が飛ぶ」は面白かった?

久しぶりの5つ星評価です。
脚本よし、演出よし、俳優もよし!
「根の深い木」の前日譚という位置づけで、双方に共通する架空の人物も登場します。
でも、「根の深い木」をご覧になっていなくても、まったく問題なく楽しめるドラマだと思います。



More
[PR]
by kirikoro | 2016-08-30 00:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(16)

チョン・ドジョン( 鄭道傳=정도전)  ☆☆☆
d0060962_20585192.jpg

2014年のKBS週末大河ドラマ、全50話。

演出 ガンビョンテク、イ・ジェフン
脚本 ジョンヒョンミン
出演者
チョ・ジェヒョン (チョン・ドジョン役)、ユ・ドングン(イ・ソンゲ役)、イム・ホ(チョン・モンジュ役)、パク・ヨンギュ(イ・イニム)、アン・ジェモ(イ・バンウォン役)、キム・ミョンス(恭愍王役)、ソ・インソク(チェ・ヨン役)
最高視聴率は19.8%(AGBニールセンによる)

高麗末期から朝鮮建国期を、キングメーカーであり、また、朝鮮王朝の礎を築いたチョン・ドジョンを中心に描いたドラマです。
同時代を扱ったドラマとしては他に、「龍の涙」「大風水」「開国」などがあります。
また、現在韓国では「六龍が飛ぶ」という、やはりこの時代を扱った全50話予定のドラマが放送中です。

私の場合まず「大風水」を見て、描かれているチョン・ドジョンがあまりにも小物で違和感を抱いたんですね。(結局、架空の主人公にその業績を奪われる形になっていたと思います)
でも、その前に見ていた「根の深い木」では、直接は登場していなかったのですが反対勢力の思想的な源流が彼だったはず。
立場は違っても、とても尊敬できるような人物として描かれていたと思うんですよ。
次に見た、「龍の涙」では世子にバンソクを推すチョン・ドジョンにが理解できず(だって、「龍の涙」ではバンソク母の欲に色惚けイ・ソンゲが惑わされて第一王子の乱が起こったような描写なんですもの)にいたため、チョン・ドジョンを主人公としたドラマならどうなるのか、と非常に興味がありました。

More
[PR]
by kirikoro | 2015-11-10 21:05 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)

シンドン~高麗中興の功臣~(신돈) ☆☆☆
d0060962_7574428.jpg


2005年~6年にMBCで放送されたドラマ、全61話
演出 キム·ジンミン(武神 犬とオオカミの時間)
脚本 チョン・ハヨン(王と妃 甘い人生)
出演者
ソン·チャンミン (シンドン役)、チョン·ボソク(恭愍王役)、ソ·ジヘ(魯国公主役)、カン・ムニョン(チョソン役)、オ·マンソク(ウォニョン役)、キム・ヘリ(奇皇后役)
最高視聴率16.9%(TNSメディアによる)

韓国ドラマではよく取り上げられる、高麗王朝末期の王である恭愍王の時代に実在し政治家として活躍し、また「妖僧」として歴史書にも記されている僧侶出身の、辛旽(シンドン、生年不詳~1372年)の半生を中心に据え描いた作品。
私はGyaOで見ました。

結構地味な印象を受けるのですが、総製作費17億円をかけた作品です。
史劇の場合、セットを組んだらこれぐらいはかかってしまうという事なのかしらね?

この作品ははじめは、1999年にKBSで高麗10年シリーズとして企画された作品だったのですが、中止となり、その後MBCで放送されたという経緯があるようです。
(「太祖王建」「千秋太后」「武人時代」に続く作品になるはずだったという事ですね)
そんなこともあって、本格史劇のように一見見えるのですが(もしかして、私だけ?)かなり脚色・創作が加えられ、実際にはシンドンとは時期的にほぼ接点がなかったと思われる魯国公主とともに恭愍王を助け、王と身分を越えて友情を培い、高麗の未来を開こうと試みる物語になっています。
封建時代の世の中にあって、平等な世の中を目指した男、というパターンのドラマです。
物語は恭愍王の死まで描いていますので、高麗時代最後の希望とその挫折というところでしょうか。

More
[PR]
by kirikoro | 2015-04-15 08:12 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)

千秋太后(천추태후) ☆☆☆☆
2009年放送のKBSの大河ドラマ、全78話
d0060962_8135616.jpg

演出 シン・チャンソク、ファン・イニョク
脚本 ソン・ヨンモク、イ·サンミン、カン・ヨンラン
出演者
チェ·シラ (千秋太后役)、キム·ソックン(キム・チヤン駅)、チェ·ジェソン(カン・ジョ)、イ·ドクファ(カン・ガムチャン)、キム·ホジン(ワン・ウク)
最高視聴率は24.3%(TNmSによる)

以前、テレビ放送で見ていた時には序盤でリタイアしてしまっていたものをGyaOの無料配信に合わせて再挑戦しました。
前に見た時にはどうやら史劇の楽しみ方が全く分かっていなかったらしく、今回以前見ていたところからしてもう、どうしてこんな面白いドラマを見続けられなかったの?と思うほど面白かったです。

このドラマの主人公の千秋太后は闘いの先頭に立つ女戦士で、弓の名手。
ヒロインというよりヒーローって感じの主人公です。
彼女の夢と愛、そして…。


*このドラマはあらすじを書いています。
あらすじをお知りになりたい方はこちらをどうぞ

       →「千秋太后」あらすじ
いつもの事ですが、話が進むにつれて、どんどん長くなってしまっていますが…(汗)

*また、このドラマはアンケートも設けています。
ご覧になった方々に参加していただけると、嬉しいです♪

       →「千秋太后」は面白かった?


史劇には、ストーリー的には全体としての構成に難があっても、面白いものもありますが、このドラマは全体としてみてもきれいにまとまっていると思います。

More
[PR]
by kirikoro | 2015-01-21 08:49 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(3)

武人時代(무인시대)  ☆☆☆
d0060962_0302266.gif

2003~4年のKBSの大河ドラマ、全158話
演出 シンチャンソク、キム·ソングン、ユンチャンボム
脚本 ユ·ドンユン
出演者
ソ·インソク(李義方役)、ギムフンギ(鄭仲夫役)、パク·ヨンウ(キョン・デスン駅)、キム·ガプス(崔忠献役)、イ·ドクファ(李義旼役)

後三国時代から恭慇王時代までを手がける高麗10年シリーズの一つとして企画され、本作では高麗中期の武臣政権時代を扱っています。
「太祖王建」「光宗大王-帝国の朝-」に続いて制作された、高麗三部作の最終作。

武臣政権の誕生から、安定しない政権下で次々とトップが入れ替わる時代を経て、崔忠献が政権を安定させることになるのですが、彼の死までを一大叙事詩として描いています。

日本ではちょうど、平安末期から、鎌倉時代の北条氏が実権を握った頃までの時期に当たり、どちらも以前の支配者をそのまま残しておきながら、実権を武士階級が握った、という共通項もあって、面白かったです。

More
[PR]
by kirikoro | 2014-12-18 01:04 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)


奇皇后 〜ふたつの愛 涙の誓い〜(기황후)  ☆☆☆☆

2013~2014年MBCで放送された月火ドラマ、全51話
d0060962_18585411.jpg

演出 ハン·ヒ、イ·ソンジュン
脚本 チャン·ヨンチョル、チョン・ギョンスン

出演者
ハ·ジウォン (キ・スンニャン役)、チ·チャンウク(タファン役)、チュ·ジンモ(ワン・ユ役)、
ペク·ジニ(タナシルリ役)チョン・グクファン(ヨンチョル役)、チン・イハン(タルタル役)

NHKのBSプレミアムでも放送が始まりますが、私は衛星劇場で放送されていたものを見ました。

最高視聴率は29.2%(AGBニールセンによる)で、韓国での放送時人気になっていた時代劇です。

ラブストーリーあり、復讐譚あり、のエンターテイメント大作なんですが、主人公たちの立場がどんどん変わって行く構成で、そのステージごとに冒険譚あり、後宮争いあり、といろんな要素がちりばめられていて、見どころのたっぷりあるドラマでした。


*このドラマもアンケートを作りました。
ご覧になった方にご参加していただけると嬉しいです♪



タイトルにもなっている奇皇后は高麗出身で元の皇后になった実在の人物。
ドラマ「シンイ」の敵役だったキ・チョルは彼女の兄にあたります。

でも、実在の人物を主人公にしながらも、物語自体はほとんど創作と言っていいレベルですね。
なにせ、ストーリーの縦糸となっているのが彼女と元の皇帝と高麗王の三角関係ですし。
歴史歪曲議論なども騒がしかったようですが、ここまでやられると議論するのもアホらしいだろうな、って気がします。
どうして実在の人物の名前にこだわるんでしょうね。
架空の名前にして奇皇后にインスパイアされたストーリーとすればいいのに、と思うんですけど。

このヒロインを演じるのは「チェオクの剣」や「ファン・ジニ」のハ・ジウォン
彼女の7年ぶりの歴史ドラマ出演が話題となっていました。
さすがの演技力で、若いころから年齢を重ねた姿まで、変化しつつ時々の魅力を見せてくれていました。


More
[PR]
by kirikoro | 2014-07-21 19:13 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(34)

大風水(대풍수) ☆☆☆
2012~13年SBSで放送された水木ドラマ、全35話
d0060962_2154374.jpg


*このドラマはあらすじも書いています。
各話のあらすじをお知りになりたい方は、  →こちら にどうぞ。
ラストに関してのネタバレ感想は最終話の記事の最後に書いています。
演出 イ·ヨンソク
脚本 ナム・ソンニョン、パク·サンヒ
出演者
チソン(チサン役)、ソン·チャンウィ(ジョングン役)、チ·ジニ(イ·ソンゲ役)、キム·ソヨン(ヘイン役)、イ·ユンジ(パニャ役)
チョ・ミンギ(イ・イニム役)、オ・ヒョンギョン(スリョンゲ)、ソン・ビョンホ(チェ・ヨン)

高麗末期から朝鮮建国に至る流れの中に、フィクションの人物を織り込み描いたファンタジー史劇。
このドラマでは一人の風水師がその朝鮮の建国に大きく関わった、という仮定の下、その時代を新たに構築した歴史ドラマです。
他のドラマとの関連でいうと、「信義(シンイ)」の後、「大王世宗」や「根の深い木」につながる時代の物語という事になります。

日本でも江戸や京都が風水都市だ、などという説が一時流行しましたが、日本とは解釈は違うものの、やはり漢陽(現在のソウル)も風水により作られた都市である、と考えられているようですね。
このドラマは主人公に一人の偉大な風水師を立て、風水とのかかわりで物語を展開させています。

架空の人物を登場させることにより歴史的な出来事をダイナミックに立ち上がらせ、今までとは違った解釈を見せるところは、とても面白かったです。
歴史に詳しい人からしたら、もしかしたら、いろいろと無理なところが見えるのかな?とも思いますが、ほんの少しだけ知っている、私のような視聴者には、とてもスリリングな解釈なんじゃないでしょうか。
一例をあげるなら、恭慇王がっ美少年を集めた組織として知られる子弟衛も、このドラマではイ・イニムが王を見張らせ、また政治に近づけないようにするために設置したことになっているんですよ。

一味違った角度から読み解く歴史といった感じで、とても面白かったのですが、それに比べ、フィクションの部分が正直お粗末だった印象があります。

More
[PR]
by kirikoro | 2014-04-06 22:16 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(9)

霜花店(쌍화점サンファジョム)
2008年に公開された韓国映画です。


公式HP
監督 ユハ
出演
チョ·インソン、 チュ·ジンモ、 ソン·ジヒョ
突然、「信義」つながりで見たくなって視聴しました。私はShowTimeでの有料視聴です。

こういう時にクリック一つですぐに見られるShowTimeはありがたいです♪
映画は見ても、あまり感想を書かないのですが、これは「シンイ」つながりで簡単に。
「シンイ」に出てくるコンミン(恭愍)王の、もう一つの物語って感じかな?
「シンイ」では恭愍王と魯国公主のラブロマンスがモチーフとして取り入れられていましたが、こちらは、そんな純愛物はすっぱり無視して、魯国公主亡きあとの恭愍王に関して流布している話をモチーフに、描かれています。
(「シンイ」でも書きましたが、高麗をクーデターで倒した朝鮮王朝の書いた歴史が元になっていますから、歴史書に乗っている話でも信ぴょう性は高くなさそう)

More
[PR]
by kirikoro | 2013-12-29 10:25 | 映画 | Comments(6)

シンイ-信義(신의) ☆☆☆☆

2012年のSBSドラマ、全33話(オリジナルは24話)
SBS公式HP
d0060962_0495464.jpg

演出 キム·ジョンハク、シンヨンフィ
脚本 ソン·ジナ
出演者
イ·ミンホ (チェ·ヨン役)、キム·ヒソン(ユ・ウンス役)、ユ·オソン(キ・チョル役)、イ·フィリップ(チャン・ビン役)、リュ·ドクファン(恭愍王役)、パク・セヨン(
魯国公主)他

最高視聴率は13.4%(TNmSによる)

美容整形外科医がタイムスリップして高麗時代に!
主軸となるのは、彼女と、歴史にも名の残る武士とのラブストーリー。
そこに、元(中国の王朝、元寇の元ですね)の影響から脱し、高麗の国家としての独立性を取り戻そうとする恭愍王と親元派との争いが描かれます。


3度目の挑戦で、ようやく最後まで見ることができました。
1度目の挫折はキ・チョルを演じたユ・オソンのために、「鉄の王キム・スロ」を思い出して視聴意欲がそがれてしまったんですね。
「鉄の王」の薄っぺらな悪役のイメージがダブってしまって…。
それに、彼のあやつる二人の舎弟舎妹も、イージーな設定な感じがして苦手でした。
舎弟を演じるソンフンは「芙蓉閣の女たち」で注目の俳優さんらしいのですが。

それでも、イ・ミンホがいい感じだったので、2度目に挑戦したのですが、今度は吹き替えオンリーで声になじめず挫折。
そんなところに、地元地方局で2カ国語選択可の日本語字幕のものが放送されたので、とりあえず録画し直していました。

で、「武神」を見たら、その後の時代という事でふたたびこのドラマも見直して見ようか、と思い始めたんですね。
そして、韓国で現在放送中で評判もいい「奇皇后」のヒロインがこのドラマのキ・チョルの実妹と知り、俄然興味が湧いてきました。
見始めたら面白くなって、ほとんど一気に見てしまいました。

最初はヒロイン役のキム・ヒソンが苦手だったんです。
演技不足が常に取りざたされる彼女ですが、今回も序盤では、キンキンうるさい女で、またか…とちょっと辛くて…。
でも、彼女が高麗時代で暮らして行くうちに、しっとりとしたいい女になって来て、彼女に惹かれて行きました。
キム・ヒソンもお母さんになり、少し人間的な幅が広がったんでしょうかね、以前の薄っぺらなイメージが払拭されました。
イ・ミンホより相当年上ですが、違和感を感じず、このカップル自体もいいなあ、と好きになっていました。

More
[PR]
by kirikoro | 2013-12-27 00:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(60)