なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キム・ヒョンジュとキム・ソックンの「キラキラ輝く」見始めました


キラキラ輝く (반짝반짝빛나는)
d0060962_21223815.jpg

MBC (土、日)午後08:40〜(全50部作)
演出 ノ・ドチョル
脚本 ぺ・ユミ
出演者
キム・ヒョンジュ (ハン・ジョンウォン役) 、イ・ユリ (ファン・グムラン役) 、キム・ソックン (ソン・スンジュン役) 、カン・ドンホ (カン・デボム役) 、コドゥシム (イ・グォンヤン駅) 他


MBCの新しい週末ドラマ「キラキラ輝く (반짝반짝빛나는)」2話まで見ました。
視聴率は10%に届いていないようですが、なかなか好評のようですね。

50話予定の週末ドラマって、だいたい、最初の4話を過ぎてもまだ、人物紹介って感じのことが多いんですね。
私の場合、かなり我慢しつつ見続けることが多いのですが、このドラマではミニシリーズのように、最初から、ラブストーリーに繋がりそうなエピソードで始まり、いきなりひきこまれました。

主人公を演じるのはキム・ヒョンジュとキム・ソックン。

いわゆる、最悪の出会いパターンで始まりますが、このキム・ヒョンジュ演じるジョンウォンはお嬢様なんだけれど、仕事命のガサツな女。
ちょっと「セレブの誕生」のヒロインを思い出すキャラです。
だけど、まだ、2話まででは登場していないんですが、出生時にもう一人の主要登場人物のグムランと入れ替わっているんですね。
予告編でもう、そのことが明らかになりそうな気配がありますから、来週にはグムランと立場が入れ替わるんじゃないかと思います。
ということは、彼女が親の七光りなしの時点から、どう、愛と成功を勝ち取るかって話になるんじゃないかしら。(私の考えですが)

それに対し、もう一人の女グムランは育った環境がかなり辛いものなのね。



父親は借金取りから逃げ回っていて、たまに家にやって来るかと思えば金を持ち出す生活。
そのため、大学も断念して玉の輿を狙っているんだけれど、相手の男には利用だけされて捨てられちゃった、という状況です。
このあと、ジョンウォンがこの家族の家に入って行くことになると思うんですが、彼女はここでどう頑張るんでしょうね?
そして、お金持ちの家へと移るグムランはそれで幸せになれるの?って感じだと思います。

それに対し、男性の方の主要人物はまだ、顔見せ程度ですが、これからどういう役割になるんでしょう?
キム・ソックン演じるスンジュンはジョンウォンの上司となりましたから(それも、ジョンウォンが就けると思っていた席)しばらくは対立するんでしょうね。

そして、カン・ドンホ 演じるカン・デボムはどういう役割を担うんでしょう?
グムランはほんとはデボムのことが好きだったのに、玉の輿狙いで別の男を選んでいるんですよね。
彼女を支えてやるのかなあ?
でも、彼、すでに子持ちなんですよねえ…。
彼がどういう存在になるのか、まだ分かりませんね。
この俳優さん、私は初めてお目にかかりましたが、ミュージカル界の人のようですね。

あと、役者さんでは、ジョンウォンの叔父役で出ているパク・ユファンがJYJ(元東方神起)のユチョンの弟ということで話題になっているようですが、彼の演じるヒロイン父の43歳年の離れた異母弟、まだ、あまり出番はなかったんですが、なかなか面白そうなキャラです。

それから、グムランの姉役で「メリは外泊中」のムギョル母を演じたイ・アヒョンが登場しています。
今回は9歳の娘の母親役。教育ママ?って感じです。

と、まだまだ、見えていない部分も多いのですが、出だしはいい感じです。

簡単なあらすじも書いておきますね。
1話
ハン・ジョンウォンは父がオーナーの出版社「知恵の森」のチーム長。
仕事に夢中で結婚なんて眼中にないのだけれど、母親に押し切られ、見合いの席へと出かけます。
そこで、一人で人を待っている様子の男を相手の男と思いこみ、無礼極まりないことをまくしたてます。
しかも、格好はものすごくいい加減。靴なんて、右左違う靴ですよ!
ただ、あきれるばかりの男です。
ところが、席を立ったジョンウォン、ソン・スンジュンにインタビューする、という知り合いに会い、こんどはスンジュンの悪口を思いっきり言ったところで先ほどの男がやって来て、彼がスンジュンだと知ります。
彼は新聞社の文化部記者。美しい文章を書くので有名な人なんですね。
一方、ジョンウォンと同じ年、同じ日に生まれたファン・グムランは結婚間近。
結婚相手のスンジェは司法試験に受かり、今は修習生なのね。
ところがこの男、ちょっと思いやりに欠ける男のようですね。
グムランの家が貧しい事を知りながらも、高いものを次々と用意させています。
さすがに切れたグムランですが、将来有望な男との結婚を楽しみにしている母親の事を考えると、どうしても彼と結婚しようと思っているようです。
それなのに、スンジェときたら、結婚の日取りも決まっているのに、グムランの買ってやったスーツを着て、別の女と見合いに行こうとしています。
その相手というのがジョンウォンなのね。
スンジェの後をつけ、見合いの席までやって来るグムランです。

2話
スンジェが待つ見合いの席に現れたジョンウォンは、例によって、また、失礼なことをまくしたてています。
そこにやって来るのがグムラン。
どうしてこんなことができるの?!と問い詰めるグムランなのですが、ジョンウォンには、きれいに別れた仲だ、と言い訳するスンジェ。
グムランはテーブルのジュースを手に持ち、スンジェにぶっかけようと思うのですが、スーツがいかに高いものかを思い出し、彼にはかけれないグムラン、自分にぶちまけます。
驚くスンジェなのですが、そこですかさず、自分のジュースをためらいもなく、スンジェにぶっかけるジョンウォンです。
大丈夫、とグムランにティッシュを差し出すジョンウォンなんですが、グムランはますます自分がみじめになるばかりです。

その場面をちょうど見ていたのが、ジョンウォンの父とスンジュン。
ジョンウォン父はスンジュンを出版社にスカウトしているようですね。
そのスンジュンはお手洗いに立った時に、またもやジョンウォンと顔を合わしてしまいます。
今度はジョンウォンがコンタクトを落とし、地面にはいずり回って探しているかと思えば、ヒールがぐらついて、派手に転んで、と、またしてもとんでもない場面です。
2日連続でお見合い?と聞かれたジョンウォン、セミナーで、と誤魔化そうとするのですが、すっかり見られていたことを知ります。

一方、グムランとスンジェはお互いにののしり合っています。
グムランに、お前も同じ穴の狢じゃないか、と言うスンジェ。
グムランが実はカン・デボムのことが好きだったのに自分と付き合いだした、と言うのね。
自分が司法試験に合格していなければ結婚を考えたか、と言うスンジェです。

このカン・デボムはグムランの家の近くの考試院に住み、司法試験に挑戦しつつ、もう3年目です。
彼、ジョンウォンの家にも家庭教師として行っているようですね。
教えているのはジョンウォンの叔父、18歳。
ジョンウォン父の、年の離れた腹違いの弟のようです。

さて、スンジェに一方的に別れを言われたグムランは泣きながらホテルのロビーを飛び出すのですが、そこで、ジョンウォンの父の車にぶつかりそうになり倒れます。
ぶつかっていないから、とそのまま行こうとするグムランですが、家の方へと送って行くというジョンウォン父。
自分がジョンウォンの父であることを言い、申し訳ない、と。
ジョンウォンの父を知り、ますますジョンウォンが羨ましく思うグムランです。

一方、ジョンウォンの会社では空席の編集長の席をめぐり、ジョンウォンがその席に就くのではないか、と噂されていて、ジョンウォンもその気なのね。
ところが、会社の人事権を持つことを条件に編集長を引き受けることにしたスンジュンがやって来ます。

こんな感じの出だしです。
[PR]
Commented at 2011-07-01 10:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2011-07-01 11:27
鍵コメさん、こんにちは
「キラキラ輝く」の39話・40話は現在下書きが終わった状態です。
アップがついつい後回しになってしまって…。
今日明日中にアップしますので、ちょっとお待ちくださいね。
by kirikoro | 2011-02-16 21:26 | ドラマ中途報告 | Comments(2)