なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ヨウォンとチョ・ヒョンジェの「49日(49일)」見ています!


次々と新ドラマが始まっているのですが、水木ドラマのうち、「茨の鳥」と「ロイヤルファミリー」は視聴がストップしています。
ついでに言うならば、月火ドラマの「マイダス」も・・・。
落ちついたら再開する予定ですが、再開する可能性は、いばらの鳥>ロイヤルファミリー>マイダス、といった感じ。
しんどそうな話はちょっと敬遠気味です…。

その中で、まあまあ面白く見ているのがイ・ヨウォンとチョ・ヒョンジェ主演の「49日(49일)」。
SBSの水木ドラマで全20話の予定のようです。
KBS公式HP

d0060962_21233097.jpg
「善徳女王」「BAD LOVE」のイ・ヨウォンが恋人を失くし廃人になっているイギョンと、植物状態になったジヒョンの魂が入った状態の2役を演じます。
イ・ヨウォンさんって、いつもわりと落ち着いた印象の役を演じているので、キャピキャピの女の子ジヒョンの魂が入った時のいかにも女の子!ってしぐさが見ものです。

植物状態になる前と、霊の状態でのジヒョンはナム・ギュリが演じています。
彼女は「美しき人生」でフレッシュな魅力を発揮していた子ですね。
d0060962_21241378.jpg
男性主人公を演じるのはチョ・ヒョンジェ。
「ラブレター」や「ソドンヨ」の主役を演じている役者さんです。
軍役を終えての久しぶりのドラマ出演ですね。

ペ・スビンとソ・ジヘは今のところ、悪役です。
ソ・ジヘは何かきっかけがあって突っ走っちゃった、という感じなのですが、ペ・スビンは根っからの悪人を演じている感じですね。
d0060962_21243164.jpg

d0060962_2125440.jpgチョン・イルは「スケジューラー」という役どころ。要するに死神?
人間ではない存在なのですが、彼、このドラマでは、なかなか不思議な存在感があり、魅力的!
韓国ドラマでは初めの数話で男性主要登場人物の上半身裸、という見せ場が定番なのですが、このドラマでは4話で、彼がその役を果たしています。

*このドラマを全部見終わっての感想(ネタバレなし)と見どころ紹介は  →こちら。
各話のあらすじはタグ「49日」からご覧ください。


簡単なあらすじは、まだ序盤なので、この続きに!





story
1話
シン・ジヒョンは何ひとつ不自由なく育った社長の娘。
山で遭難しかけたところを救ってくれたカン・ミノと偶然再会して、婚約、そして、結婚式の目前です。
ところが突然、交通事故に巻き込まれ、植物状態になってしまいます。
そして、霊魂になって身体を抜け出すジヒョンの魂。
それを見ているのがスケジューラー。
スケジューラーとはいわゆる死神? 本人は違うと言っていますが…。
死んだ人の魂をあの世に送る仕事をする存在です。
当然人間ではありません。
スケジューラーは別の人をあの世に送りに来たのですが、ちょうどその時、予定外に抜け出してしまったジヒョンの魂。
彼はジヒョンにそのままあの世に行くか、それとも条件を満たし、生き返るかの選択を迫ります。
生き返るためには家族の他に3人の人の、心からの涙を3滴手に入れること。
3人だなんて、簡単!と生き返る道を選んだジヒョンは、涙を入れるペンダントを受け取ります。。

そのジヒョンが49日間身体を借りることになるのがソン・イギョン。
恋人を失くした後廃人状態で、服はボロボロ、頭はいつ洗ったの?って状態です。
しかも家にはシャンプーや化粧水すらありません。
そして、ジヒョンが巻き込まれた事故も、彼女が自殺しようとして車道に出て来たことから起こったのね。
彼女はコンビニの常連さんが助けてくれて、まったくの無傷です。

2話
イギョンはコンビニで夜間働いており、彼女が眠っている昼間、彼女の体を借りて行動することになるジヒョンです。
イギョンに迷惑をかけないよう、そして、自分が使う分のお金は自分で稼ぐことが条件、また、ジヒョンだと名乗ってもいけない、と言うスケジューラーとの約束です。
最初に使う分として、スケジューラーから少しお金を借りるんですが、ジヒョンはまるで経済観念がないようですね…。
さっそく、自分の入院している病院にタクシーで駆けつけます。
まずはミノの涙を手に入れよう、と思うジヒョンなのですが、思うようには涙を流してくれないミノ。
泣き疲れて、涙も出ないのかしら、と思うジヒョンは親友のインジョンとソウのところを訪れるのですが、上手く会えません。
もう一人の友達のハン・ガンの経営するレストランへと行きます。
ジヒョンはハン・ガンのことを友だちだと思っているんですが、友達なんかじゃない、と言っていたハン・ガン。
どうやら彼、ずっとジヒョンに片思いしているようですね。
さて、そのレストランで、空腹のあまり、食事を頼み、食べるジヒョン、いざ会計となって、手持ちのお金が不足していることが分かります。
警察に突き出されそうになるのですが、ジヒョンだ、と言う訳にも行かず、働いて返すから、とイギョンの経歴、大学は観光学科を出て、ソウルホテルで2年間働いた、ということを持ち出し、何とか雇ってもらいます。

部屋に戻って来たジヒョンは自分の買って来たシャンプーを隠そうとして、イギョンが女の子らしいものをみんな仕舞い込んでいることを発見します。
翌日は仕舞われていたドレスを着て出勤。
格好はまともになったものの、イギョンとは違い、働いた経験のないジヒョンはミスばかり。
そんな彼女が働く店にやって来たミノ。
心配して、あれやこれやと働きかけるジヒョンに、彼は婚約者がいるから近づくな、と言うハン・ガンです。
翌日もミス連発のジヒョンに、ソウルホテルでほんとに働いていたんだったら、その証明をもらって来い、とハン・ガンに言われ、ホテルへと行くジヒョン。
イギョンを知っている人に話しかけられ、ドキドキするものの証明書をもらえたジヒョン、そこでミノを見かけます。
エレベーターに乗って行ったのは宿泊スペース。
どうして?と思っているところに、今度は親友のインジョンがやって来ます。
後をつけるジヒョンはミノとインジョンがホテルの一室に入って行くのを目撃します。
その時に思い出したのは事故直前のこと。
ミノとインジョンが親しげにしているところを見て、そのショックのまま事故に遭っていたのね。
偶然だと思っていたミノとの出会いなのですが、インジョンが絡んでいる、となると、最初から意図的に仕組まれた出会いだったのでしょうか?

3話
ミノがいる部屋へにインジョンが入って行くのを見てショックを受けたジヒョンはその場にしゃがみ込んでしまいます。
その姿をミノの部屋へ行く客室係に見つかり、慌ててその場を去るジヒョンですが、客室係からそれを聞き慌てて外に出て来るミノ。
ジヒョンは見つからずにエレベーターに乗り込むのですが、何かを落して行き、それをミノが拾います。
ミノはどうやらインジョンと組んでジヒョン名義の土地を手に入れようとしているようですね。
ジヒョンが事故に遭う前に成功していたはずなのですが、ジヒョンの渡した印鑑ケースの中身が口紅だったためにストップしていたのね。
インジョンはジヒョンの事故が自分のせいだと思っているのね。
なので、ミノにもうやめよう、と言うのですが、やめたところでジヒョンが戻ってくる訳ではない、と言うミノ。
インジョンにジヒョンの部屋にあるはずの印鑑を捜して来させることにするのね。

一方のジヒョンはスケジューラーを呼び出し、全て知っていたくせに言わなかった!と文句を言います。
スケジューラーはしかし、49日、正確にはもうすでに47日、はそんなに長い時間じゃない、と言って、そんなことをしている時間はない、と言って帰って行きます。
我に帰ったジヒョンは慌ててハン・ガンの店へと戻るのですが、店の中へは入っていけないのね。
前に女の子がいる、と聞いて店の前へと出て来たハンガンに、書類を渡し、友達が婚約者と…と言うなり、そのまま気を失ってしまうジヒョンです。
ジヒョンが涙を逃しているのが気になるハンガン、ジヒョンが詐欺師だと疑う従業員がジヒョンの鞄の中身をぶちまけるのですが、その中にホイッスルがあるのを見つけます。
それを見て、ハン・ガンは高校生の時のジヒョンを思い出します。

ジヒョンは意識を取り戻すと、そのまま店を飛び出し、イギョンの部屋へと戻ります。
身体をイギョン本人に返すと魂の状態になってインジョンの後をつけるジヒョン。
インジョンはジヒョンの家へと行くのね。
ジヒョンはドアを開けることも通り抜けることもできない霊魂なので、イギョンが閉めたドアを開けられません。
結局、それ以上はついては行けず、今度は病院に行くジヒョン。

インジョンはジヒョンの家に入るとジヒョンの部屋に入り、印鑑を捜すのね。
ところが、そこへジヒョンの母が入って来ます。
ジヒョンのことを思い出して部屋に来たんだ、と弁解するインジョンなのですが、ジヒョンが死んでもいないのに、部屋に来てジヒョンのことを思うというインジョンに不快感を示すジヒョン母。
帰って、と言われ、ここには来ないでと言われてしまいます。

ジヒョンの方は病院にいたミノが家へと帰って行くのについて行きます。
ところが、家の前にはソファーで寝転がってくつろぐインジョンがいます。
それにショックを受けているジヒョンなのですが、二人の話から、自分の土地を奪おうとしていることを知るジヒョン。
d0060962_21293194.jpg

ミノが事故の後、いち早く病院に駆け付けたのも、ジヒョンが渡した印鑑ケースの中に印鑑がなく、契約できなかったことを知りったためだと知るジヒョンです。
放心状態のまま、ふたたびイギョンの身体を借りもせず、ぼんやりと日を過ごすジヒョン。
そこにやって来るのはスケジューラー。
も、残りは44日となったことをいい、このまま、あの世のお迎えのエレベーターへと乗るのかと問うのね。
再び、生きなくっちゃ、とハン・ガンの店へと出向くジヒョンです。
無断欠勤の後にまたもや現われたジヒョンにあきれる従業員ですが、ハン・ガンは、ご飯をやれ、と、ぶっきらぼうではありますが、アルバイトを続けられそうです。
ジヒョンの方も、今度は見違えるようなプロらしい動きに変身。
そんな中、ジヒョンのもう一人の親友のソウがやってきます。
そして、インジョンとミノも。
彼らの秘密を知ってしまったジヒョンは二人を睨みつけています。
そして、彼らの計画を阻止しないといけないジヒョンはハン・ガンに外出の許可を得ると自分の家へと行きます。
自分の家とはいえ、今はイギョンの姿をしていますから、お手伝いさんが留守の間を見計らい、自分の部屋に忍び込みます。
印鑑を探しに来たのですが、なかなか見つからないのね。
そこへ、やはり印鑑を探しに来たミノがやって来ます。
そして、部屋のドアを開けるミノ!

4話
ジヒョンは間一髪で窓から飛び降り、見つからなくてすみます、が、結局印鑑は見つけられないままなんですね。
ミノも、もちろん印鑑を探しに来た訳ですが、やはり見つかりません。
ほどなくジヒョンの母が部屋に来たものだから、表向きの訪問理由、ジヒョンの病室に飾れるような写真やぬいぐるみを手に退散するしかありません。
出て来たミノの様子を見て、ジヒョンは、ミノも印鑑を見つけられなかったのだ、と知ります。

一方、インジョンは別の病院に行き、老婦人と会っています。認知症のような感じです。
「お母さん」と呼びかけているのですが、いったい誰でしょう? 彼女がインジョンとミノがやろうとしていることの理由なのかしらね。

ジヒョンはインジョンとミノに裏切られたことを知った今、残された親友、ソウの働くパン屋へと行き、外から彼女の姿を見ているのね。
でも、自分がジヒョンだとは言えないので話しかけられないでいます。
ところが、そのジヒョンに気付いたソウはインジョンの姿を見つけ、店の外まで出て来てくれます。
そして、ハン・ガンの店であった人でしょう?と親しげに話しかけてくれるのね。
自分がジヒョンとは知らないまでも、自分に話しかけてくれるソウが嬉しいジヒョンです。

こんなことをしていますから、また、ハン・ガンとの約束の時間に遅れてしまいます。
戻って来てみるとハン・ガンが待っていて、いきなり、怒鳴り出すのね。
ジヒョンはソウの店で買ったパンを食べながら帰って来たものだから、パンを喉に詰まらせてしまいます。
苦しそうなジヒョンをハン・ガンを始め、他の従業員達もみな心配してくれるのね。
そのジヒョンですが、家の窓から飛び降りる時に足を挫いています。
彼女が足を引きずっていることに気付くと湿布の氷を用意してくれるハン・ガンです。
ハン・ガンはまた、高校生の時にジヒョンと出会った時のことを思い出しています。
彼、この時にジヒョンに一目ぼれしたのかしらね?
だけど、ハンガンはもう、出てこなくていいから、とお金だけを渡そうとするのね。
ジヒョン、首にされても文句は言えない立場だけれど、自分に優しくしておいて、それからクビを言い渡すなんてひどい、と。
それでも、お金を受け取らず出ていこうとするジヒョンに負けて雇い続けることにするハン・ガン。
それを聞いて、嬉しくて大泣きしちゃうジヒョンです。

そのまま仕事をするジヒョンなのですが、そこにやってくるミノ。
自分が知っていたミノとはまるで違う顔のミノなのですが、そこにインジョンからの電話がかかってきます。
インジョンはジヒョンが自分に婚約式のドレスを見せに来ようとしていて事故に遭ったことを知り、ショックを受けて電話をかけて来たのね。
ところが、ミノは2年もかかっていまさら、と説得しようとします。
それを聞いたジヒョンは自分がミノと付き合い始めてまだ2年にもならないのに、どういうこと?と疑問に思います。
電話を終えたミノがジヒョンが自分にちょっかいを掛けて来ている、と思い、ひどい言葉を投げかけるのね。
それを聞いたジヒョンは我を忘れて、自分の正体が分かるようなことを口走りかけます。
その途端、赤く熱くなるペンダント。
d0060962_21321577.jpg

スケジューラーが現われ、正体がバレればペンダントが壊れ、そうなると49日を待たずにこの世を離れなければいけないことを再び警告して行きます。
我に帰ったジヒョンは、社長の友人の婚約者だと言うのに、そんな誤解をされたから、腹が立った、と何とか言い逃れます。

一方、自分の体へと戻り、コンビニに仕事に出たイギョンは自分の足首が痛いことに気付き、また、髪も顔の様子も以前と違うような気がして鏡をのぞき込みます。
そこへ、自分を助けてくれた常連客がやって来ます。
鏡を見ているなんて初めてのことだと言う客に、ほっといてと言うイギョン。
でも、彼は、イギョンが何故事故現場に行ったか知っているし、イギョンの手首の傷が何なのかも知っている、と言い、自分のことを思い出してくれるように言います。
イギョンは彼が以前かかったことのある、精神科医ののノ・ギョンヒンだ、と思い出します。
でも、思い出したくないことだから、放っておいて、と言うイギョンなのね。

インジョンはミノと今度は直接会ってもう、やめよう、と言うのね。
病院でインジョンが会ったのはミノの母親のようですね。
お母さんの状態があまりよくないことを言って、手遅れになる前に海外に出ようと言うのですが、突っ走るつもりのミノですね。
ミノは自分たちがいかにしてここまで来たのかと言い、インジョンの出会いと再会をセッティングしたいきさつのことを持ち出します。
その二人の話を霊になったジヒョンが聞いているのね。
自分が運命の出会いだと思ったミノとの出会いも再会も、最初から仕組まれたものだった、と知り、一段とショックを受けるジヒョンです。
その時、印鑑をカンガルーのぬいぐるみのポケットに入れたことを突然、思い出すジヒョン。
でも、霊状態ですからどうすることもできません。

ふたたびイギョンの身体を借りる時間になると真っ先にスケジューラーに会いに行きます。
スケジューラーに、何があっても印鑑を手に入れ、父親にミノとインジョンの話をする、と言い、そうなれば、すぐさまあの世行きのエレベーターに乗ることになるのを確認するジヒョン。
ジヒョンは逃げないから、エレベーターに乗るのを1時間だけ待って欲しいと頼むと病院へと駆けつけます。
でも、行ってみると、人形を病室に置いておくのは患者の呼吸の妨げになるから、と言われたミノがぬいぐるみを持って病室を出てきたところ。
一方、イギョンは印鑑を再度探していたのですが、彼女もジヒョンがカンガルーのポケットを隠し場所にしていたことに思い当ります。
病室へと行くのですが、家族が家に持ち帰ったと聞き、ミノに電話をかけるものの、電話に気付かないミノ。

一方のジヒョンはイギョンの姿なのですが、自分の家へと向かい、インターホンを鳴らします。
[PR]
Commented by fugushima at 2011-03-29 02:34 x
お久しぶりです。
いいですね。49日!!なんと言ってもわかりやすし、重いストーリーがコミカルで面白い。

冴えたるは俳優陣ね。
これでチョ・ヒョンジェ氏にはまりそうです。表情の変わる瞬間がとにかく美しい。

ギュリちゃんもカワユイ


kirikoroさんもみてると思ってました。大当たりー
楽しみましょう。
Commented by kirikoro at 2011-03-29 07:05
fugushimaさん、こんにちは!
ほんとに俳優陣が豪華で、そして皆、生きていますね。
チョ・ヒョンジェさん、じつは「パパ3人」の時には、この人、こんなにブサイクだった?とちょっとがっかりしていたのですが、魅力的になって帰って来ましたね。
チョン・イルもとっても素敵に見えるので、困っちゃいます。(いえ、私が困る必要は全くないんですが…)

ギュリちゃん、ほっぺたがつるつるでもちもちしてて、触ってみたい~。

今は辛い展開なんですが、前向きで明るい感じがあるのがいいです。
最後まで、楽しく見られますように!
Commented by よっち at 2011-03-29 17:59 x
元々、イ・ヨウォンさんが何となく好きなので、彼女つながりで視聴を始めたのですが、すっかり興味深く視聴中です。
スケジューラとジヒョンのやりとりが、重たい設定を少しやわらげてくれていますね。
チョン・イルウさんは、「お嬢さんをお願い」以来なのですが、こちらのほうが好きです(笑)。
彼がジヒョンを葬儀場に連れて行って、その場にいる人たちの涙がそれぞれ違う色をしているのを視て、何となく
「きっとミノの涙って、綺麗な色をしていないに違いない」
と思ってしまっていましたが、案の定でした(笑)。
20話なのですね。
最後まで楽しみに視たいと思います。
Commented by kirikoro at 2011-03-29 18:21
チョン・イルウさん、「お嬢さんをお願い」の感想を書いた時には、今にして思えば、結構ヒドイことを書いていたような気がしますが、このドラマでは、すごくかっこいい!
この彼なら、はまっちゃうかも…です。

それにしても、あっという間にミノの悪人ぶりが・・・。
ペ・スビンって今までのドラマですごくいい人イメージがあったので、私はここまでの悪人をやるとは思っていませんでした。
ちょっとびっくり!

予定は20話ですが、韓国ドラマですからね。実際20話で終るかどうか…。
でも、視聴率は10%を超えたようなので、早期打ち切りはなさそう、かな?
ラストまで、面白いままで突っ走って欲しいです。
by kirikoro | 2011-03-28 21:34 | ドラマ中途報告 | Comments(4)