なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、Araの「花郎(ファラン)」


花郎〈ファラン〉(화랑) ☆☆☆☆
d0060962_23075432.jpg
2016~17年、KBSの月火ドラマ、全20話(BS-TBS版は24話)
演出 ユン・ソンシク、キム・ヨンジョ
脚本 バクウンヨウン
出演者
パク・ソジュン(ソヌ/ムミョン役)、パク・ヒョンシク(ジディ/真興王)、Ara(アロ役)、ミンホ(スホ役)、V(ハンソン役)、ト・ジハン(パンリュ役)、ヨウル(チョ・ユヌ役)
最高視聴率は13.1%(AGBニールセンによる)

1500年前の新羅の首都ソラボルを駆けめった花のような男たち!花郎の愛と葛藤、そしてそれぞれの成長を描いた青春時代劇。

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


「善徳女王」にも登場する、貴族の中から選抜された美男子エリート戦士集団と言われる花郎。
その創生期の物語ですね。
でも、歴史物といっても、ほとんどフィクションなので、昔の事物を素材としたファンタジーとしてみるべきドラマだと思います。




(story)
時は新羅時代。24代王真興王(彡麦宗)の時代なのですが、幼い頃に即位したものの貴族たちの力が強く、そのずっと命を狙われていることから、母である只召(チソ)太后は彼を地方で身を隠し生きて行くようにしています。
そのため、王の顔は誰も知りません。
しかし、そろそろ只召太后は王を表に出さなければならず、そのための布石が必要です。
ウィファ公を訪ね、王の親衛隊を作って欲しい、と依頼する只召太后。
只召太后は貴族たちの子弟を人質にし、王の犬にしようと考えているのですが、ウィファ公は国のための人材を育成しようと考えてその話を受けます。
ちょうどその頃、青年となった王は母の許可もなく、勝手に都に舞い戻っています。

一方、賤民の村で育ったムミョンは同じ養父の元で育ったマンムンが家族を探すのに同行、賤民の出入りが禁じられている都に侵入します。
ところがマンムンは王の顔を見たことから殺されてしまい、ムミョンも大怪我を負います。
その現場に駆け付けたのがマンムンが探していた彼の父。
ムミョンは彼によって助けられ、マンムンの本当の名前であるソヌとして生きて行くことになります。

そして、ソヌ(マンムン)の妹のアロ。
彼女には兄の死は知らせれておらず、ソヌ(ムミョン)を実の兄と思いながらもときめく心を感じ始め、ソヌもまた、”妹”にどんな対応をしていいのかわからず、戸惑っています。
その彼女、町で語り部として人々に話を聞かせているのですが、それを偶然耳にした真興王は彼女の声に安らぎ、彼もまた、彼女に関心を持ち始めます。

そして始まる王の親衛隊”花郎”の募集。
貴族たちは只召太后の意図を感じ取り、難色を示すのですが、いろいろな思惑が交差し、次々と集まってくる貴族の子弟たちです。
そんな中、ソヌはソヌ(マンムン)の父と過去に因縁の在る只召太后の命令によってメンバーに加えられることになり、王は自らウィファ公に頼み込みメンバーに入ることになります。
王の身分は秘密ですから、彼はウィファ公の甥ということにし、ジディという名前での参加です。
他のメンバーたちは皆、有力貴族たちの子弟で各々の親や家の思惑を背負い、また家同士や家族間の確執による人間関係もあっての参入で、波乱を予感させるスタートです。

その他、他の登場人物のラブストーリーもあり、全体としては恋愛と同時に花郎たちが徐々に友情をはぐくみながら成長していく様子が描かれて行きます。
ストーリー的には、王であるジティと王と思われてしまう立場になるソヌの存在が話を膨らませ、面白く見ていました。
ただ、最後の反転はお粗末でしたね。
勘のあまりよくない私にもすっかり分かってしまう展開になってしまっていて、ちょっと拍子抜け…
でも、若い人たちの成長物語は私の大好きなジャンルですし、その部分は上手く描かれていたので、おおむね満足でした。

また、花のような男たちの話ですからね。
花郎メンバーたちの人選もまずまずで、ビジュアル面でも楽しめました。(私としてはパク・ソジュンはイケメン枠に入らないのですが、その他の人たちがなかなか素敵でした)
私の評価の星の一つ分は登場人物のビジュアルの分です♪
ただ、欲を言うなら、このメンバーなので、もう少しブロマンス風な雰囲気があってもよかったのに、と思いました。

それと、花郎はとっても魅力的な素材なので、こういう自由な展開のドラマもいいけれど、本格的な歴史ドラマでも見てみたいな、なんてことも思いました。


web拍手 by FC2


[PR]
Commented by ソネッチ at 2017-12-24 11:43 x
こんにちは。イケメンパラダイスの眼福ドラマ、ほぼリアルで見ました。あまり評判はよくありませんが、私は楽しく見ました。

制作発表会の時、パク・ソジュンが、「『麗』とよく比較されるが、どちらかといえば『雲が描いた月明り』に似ている」と話していましたが、その通りだと思います。「麗」と同じようにイケメンパラダイスですが、王位継承問題は、「麗」ほど重くなくて、若者の成長に重点が置かれた青春時代劇でした。あまり難しいことを考えずに、気楽に見れる時代劇でした。

実は第1話を見たときは、強烈な違和感がありました。花郎創設時代だから、日本でいえば聖徳太子以前のお話ですよね。なのにこのドラマの街の様子や、衣装は、「朝鮮時代より豪華!」という感じでちょっとなあと思ってしまいました。韓国の時代劇は時代考証がかなりいい加減という印象ですが、このドラマにいたっては、時代考証はまったく無視というレベルでしたね。「架空の時代」の「架空の物語」で、おっしゃるようにファンタジーでした。ファンタジーだと割り切って見れば、イケメンたちのシャワーシーンや、ダンスシーンなどのおいしいシーンも盛り込まれていてよかったです(笑)

パクソジュンは、イケメンとは思わないですが、好きな俳優さんです。でも、今回は、パク・ヒョンシクの方が断然好みでした。ヒョンシクは今まで可愛いなと思っていましたが、このドラマを見てからは、お気に入り俳優に昇格しました。

GYAOで放送している「じれったいロマンス」を視聴中です。漫画(?)を使ったオープニングといいい、ドラマの作り方といい、「1%の奇跡」ととっても良く似たドラマです。「1%~」に出ていたチョン・ソンミンが、第1話にカメオ出演していたので、スタッフが同じなのかなと思うんですが。「1%~」同様、とっても気楽に見られる可愛いお話です。ソンフン、再発見しました。
Commented by とっこさん at 2017-12-24 23:37 x
kirikoroさん、アップをお待ちしていました。☆4つに納得いたしました。

本当に、最後はお粗末で、迫力も緊迫感もなかったです。でも、「成均館スキャンダル」を彷彿とさせるところもあり、若いすがすがしい男子たちの青春ものの雰囲気が好きでした。

aroさん、お初にお目にかかりますが、よかったですね。瞬間的にイ・ヨンウォンさんだったかな(「善徳王女」のかた)に、似ておりました。「本当の」兄への懸想が、彼女だからこそ、隠微さも、悲愴さも感じさせず、むしろ、ほほえましく伝わった気がします。偽物とわかってから、そして、一歩、踏み出していく段階へと、よく演じておられて、二人の間の、いつまでもラチがあかない展開にも、マンネリ感がなかったです。

ヒョンシクは、なかなか、むずかしい役どころだったのではないでしょうか。いくら王位につくには、いまだ非力であると自覚しているとはいえ、彼が踏み切れない状況に、説得力がありません。結局、aroを人質にして決着したように受け取られかねないのも、aroが言うように「王らしくない」ですしね。脚本に工夫がほしかったです。また、彼は、歌手なのに、声量がないんでしょうか。王として声を張り上げても、ソジュンに負けていました。そこのところ、精進されてはと思いました。

kirikoroさん、イチオシのミンホ、たしかに、終盤、ぐいぐい魅力を増しました。皇太后に胸をときめかすという設定も合ってました。

私も、ファランをテーマの本格的歴史物だとどんなになるのか楽しみです。

イケメンたちとの毎日の出会いが終わり(涙)、また、何も見るものがない状態です。
Commented by kirikoro at 2017-12-25 21:57
ソネッチさん、こんにちは。

ほんと眼福ドラマでしたよね!
いくら眼福でも話がつまらないとどうしようもないんですが、お話も悪くはなかったですよね。

>ファンタジーだと割り切って見れば、イケメンたちのシャワーシーンや、ダンスシーンなどのおいしいシーンも盛り込まれていてよかったです(笑)

わたし「雲の描いた月明り」のティーザー動画のダンスがここに来た!なんて思ってしまいました。
シャワーシーンもやたら多かったし…

製作者側としては創生期の物語なんで、実在の人物を入れざるを得なかったんだろうな~なんてことを考えながら見ていました。
時代考証がいい加減なのではなく、無視!のドラマとしてみればいいんでしょうね♪

パク・ソンジュンはさすがに主役をやる人だけに、存在感がなかなかすごいですね。
ヒョンシクについては私は今回の彼はいまいちかなあ…
「力の強い~」の彼が好きすぎて♪

「じれったい~」は余裕がなくって1話リタイアしてしまったドラマなんです。
「1%の奇跡」みたいなんですね!
機会があれば、再挑戦しなくっちゃ♪
Commented by kirikoro at 2017-12-25 22:08
とっこさんさん、こんにちは。

>でも、「成均館スキャンダル」を彷彿とさせるところもあり、若いすがすがしい男子たちの青春ものの雰囲気が好きでした。

やっぱり、若い人がいっぱい出ているドラマはすがすがしいのが一番ですよね♪

>「本当の」兄への懸想が、彼女だからこそ、隠微さも、悲愴さも感じさせず、むしろ、ほほえましく伝わった気がします。偽物とわかってから、そして、一歩、踏み出していく段階へと、よく演じておられて、二人の間の、いつまでもラチがあかない展開にも、マンネリ感がなかったです。

私も同感です。

>いくら王位につくには、いまだ非力であると自覚しているとはいえ、彼が踏み切れない状況に、説得力がありません。

私は踏み切れない事情は説得力を感じたのですが、踏み切った事情に説得力を感じませんでした。
ほんとにここ「王らしくない」でしたよね。
最後のところだけはもう、脚本を何とかしてほしかったです。

ヒョンシクの声…
じつは私、このドラマで彼の声が妙に耳に残って、とっても好きだったんですよ♪
その弱弱しさもまた、彼の演じるキャラらしかったのかもしれないな、なんてとっても好意的に見ていましたよ。

>皇太后に胸をときめかすという設定

設定は面白かったんですが、私は少し文子に不足だったかな~といった印象だったんです。
貴婦人とないとの関係的なものを描きたかったように思うんですが、もう少し工夫が欲しかったかな…

気に入って見ているドラマが終わってしまうとさびしいですよね~
また。新たな気に入りのドラマと出会えますように♪
Commented by TM at 2017-12-26 11:13 x
どの人も素適でしたね
ソジュンて人は、上品なユーモアのある顔だちなので、ややもするとかるくみられますが、この時代劇の扮装が良く似合っていて、最初から最後まで、男らしくかっこよかったです。
(彼を慕うファランの御曹司もいたね)
、ヒョンシクは、気弱さと、正義感とのせめぎあいをうまく演じていたように思います。
見直しましたのはシャイニーのミノ君。やるじゃないですか^^女性の中の最高である王妃に魅せられ、いたぶられても、まっすぐについていく本当にknightとして、素敵でしたよ。最後、王妃の臨終のばめんでは、譲って去っていく後ろ姿。これで画面には登場しませんでしたが、違うかな。。。
最近見ていた、1988?とは一味違いますが、若者の青春物語は見終わりが良いです^^
Commented by とっこさん at 2017-12-27 00:24 x
>その弱弱しさもまた、彼の演じるキャラらしかったのかもしれないな

なるほどね~。たしかに、王として名乗りをあげたものの、終始、いっぱいいっぱい感、というキャラなら、王として声を張り上げるべき時にも、それにあえて、準じたのかもしれませんね。そう言えば、ファランが王座の前に押し寄せたときの彼の表情は秀逸でした。彼の演じた王らしかったです。

声というのは、やはり、言語を理解していないと、そこまで感じ取れないように思いますので、さすが、kirikoroさんですね。私には、そういう経験は無理そうです。イ・ジュンギの声が好きだと申しあげたことがありますが、それは、役とは関係ないですから、また、違うと思います。

でも、この頃、韓国語の日常のいいまわしは、なんとなく、覚えてしまって、なんかの折りに、言ってみたくなるんですよ(笑)。そういえば、「ファラン」は、「マングカーマイダー」?がない時代劇でしたね。

ところで、kirikoroさんの言われる、ヒョンシクの「力の強い~」というのは、なんのことでしょうか?ドラマのタイトルでしょうか?
Commented by みみ at 2017-12-27 16:45 x
期待して観ました。
パク・ソジュンさんはイケメン枠外なのですね。
キルミーヒールミーの時は良いな~と思ってましたが今回はチョット・・・・。
おでこ出しのロングヘアーと赤い衣装が似合って無い気がしました。
Araさん ファンジョンウムさん似の口元も苦手です。
あれこれ苦手だけれど内容が軽いので楽しめました。
イケメンといえばチョンイルさんもイケメン枠かしら?

今は「明日、あなたと」を観てますがリタイヤ寸前です。
エピソードは良いのですが何故か?集中出来ないです。
イ・ジェフンさんの困った表情が好きなので何とか完走出来そうです。
今年のドラマベストテン発表は有りですか?
楽しみです♪
ちょっと早いですが来年もよろしくお願いします。
Commented by kirikoro at 2017-12-29 07:21
TMさん、こんにちは。

ほんとに、みんな素敵な人たちでした!

>見直しましたのはシャイニーのミノ君。

私もなんですよ!
いままで、注目されている感じがある割には、いまいちかな、と思っていたのですが、今回はほんとによかったです♪
ほんとにナイトでしたよね。
キャラも魅力的だっただけに、もう少しこの関係を描いてほしかったな、と思いもしたんですが。
ラスト、私もちょっと気になっていたところなんです。
ここになんか、ドラマがあったような気がしてるんですよね~

>若者の青春物語は見終わりが良いです^^

ほんとにその通りだったと思います♪
Commented by kirikoro at 2017-12-29 07:27
とっこさんさん、こんにちは。

>王として声を張り上げるべき時にも、それにあえて、準じたのかもしれませんね。

なるほど、そうなりますね~

>そう言えば、ファランが王座の前に押し寄せたときの彼の表情は秀逸でした。彼の演じた王らしかったです。

そうでしたよね~

>「力の強い~」

失礼しました。「力の強い女ト・ボンスン」は日本ではまだ、衛星劇場で放送されたぐらいですね。
まもなくBSでもやると思いますので、お楽しみになさってください♪
Commented by kirikoro at 2017-12-29 07:33
みみさん、こんにちは。

イケメン枠って、人によりかなり違ってきますよね~
チョン・イルについては「シンデレラと4人の騎士」でも書いたんですが、私の枠からは外れてしまってるんです(汗)

「明日。あなたと」は私は早々にリタイアしてしまいました。
最近はほんとにリタイアするドラマが多くって…

ベストテン、発表するつもりで入るんですが、今年中に間に合うか?って感じです。
また、今年面白かったドラマでも、盛り上がりましょうね♪

私の方こそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by まるゆな at 2018-03-09 00:03 x
kirikoroさん、こんにちは😃
今年もよろしくお願いします。

花郎、麗、雲が〜の3つ観ました。
3つとも面白かったです。毎回楽しく観ました。ストーリー的には花郎が一番良かったかなぁ。パク・ソジュンは確かにすごいイケメンではないかもしれないけど、魅力的だと思います。素敵でした。個人的にはイ・ジュンギ大好きなので、麗には、すっかりハマって、麗ロスになってました。ツッコミどころ満載のドラマでしたが〜。ヒロインは、キム・ユジョンが一番良かったかなぁ。アロも、彼女らしい可愛らしさというか個性が出てて良かったですけどね。

kirikoroさんはこれから麗を見るようですが、どんな感想を述べてくれるか楽しみにしてまーす。
Commented by kirikoro at 2018-03-13 07:54
まるゆなさん、こんにちは。
こちらの方こそ、よろしくお願いします♪

3つのドラマの比較、ありがとうございます!
私も「麗」の視聴を始めたので、これからの展開がますます楽しみです♪

男性主人公は私もイ・ジュンギが一番かな?(いまのところ)
パク・ソジュンは私はまだまだ彼の魅力を掴み切れていないみたいなんですよ~

「麗」の感想も、視聴が終わったら記事にするので、どうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by at 2018-03-13 17:49 x
kirikoroさん、こんにちは~(^^♪
お久しぶりです^^
以前よりもゆる~く韓ドラ鑑賞しています。

「力の強い女」を最近見終わったのですが久々に楽しめるドラマでした。
ヒョンシクくんもボヨンちゃんも可愛かったですね。
オンマとアボジのキャラも良かったです。

現在BSで放送の「ファラン」をヒョンシクくん目当てに見ていますが
「力の強い女」のアボジがこちらではヒョンシク王子の護衛さん
チーム長と組員の二役さんがこちらではパク・ソジュンくんの義父と
色々突込みながら見ています。

そうそう「三食ごはん漁村編2」にゲスト出演していたヒョンシクくん
純朴でとっても可愛かったです。
Commented by kirikoro at 2018-03-19 06:04
空さん、お久しぶりです!

「力の強い女~」もよかったですよね♪

>「力の強い女」のアボジがこちらではヒョンシク王子の護衛さん
チーム長と組員の二役さんがこちらではパク・ソジュンくんの義父

おお!そうでしたか!
ちょっと間が開いてしまい、気づきませんでした。

>そうそう「三食ごはん漁村編2」にゲスト出演していたヒョンシクくん
純朴でとっても可愛かったです。

純朴なヒョンシクくんですか♪
それも見てみたい!
バラエティーはまったくノーチェックなので、教えてくださって、とてもありがたいです!
Commented by みりん at 2018-04-03 15:26 x
こんにちは。ずっと避けてたこのドラマ、今さら視聴しました。「雲を描いた月明り」も「麗」も期待外れだったので、このドラマはもっとダメだろうと決めつけてたんですが、ラスト何話以外は思ったよりも楽しめました。

ここまで割り切って架空の歴史ファンタジーとしたのは大いにアリだと思います。重い雰囲気が続く時代劇は見ていて疲れることもあるし、日本でも時代劇風コメディが愛されてたりするし。花郎といえば華やかなビジュアルは誰もが期待するところなので、アイドル起用は大正解ですが、しかし演技力で勝負できないアイドルを普通の時代劇に出したところで…となるのは必至。なので変に無理はさせず、開き直ってK-Popをどしどし流して、手打拍手(多易書が何のオマージュだかわかりました?)やら現代的要素をふんだんに盛りこんでガンガン華やかで軽やかな雰囲気にしてしまい、彼らの普段の世界の表情や振る舞いでのびのびさせて魅力的に見せたのは、自然でいきいきした感じが前面に出ていてとても新鮮でよかったと思います。

パク・ソジュンは演技力が高くて好きな役者の一人ですが、アイドルたちの中でひときわ存在感を放っていてさすがでした。浪人っぽい扮装ですらも纏う雰囲気がすごくてかっこよく見えました。アラは苦手なタイプで「応答せよ1993」でもダメで「君たちは包囲された」でもあの演技に疲れて途中脱落でしたが、今回は面白いところもある役なので、まあまあかと。ただ目が離れたタイプの顔立ちは前髪がない髪型だと魚顔に見えてしまうらしく、時代劇のヒロインとしては厳しいかも…。

脇を支えるベテラン俳優たちは重い役どころをこなしながらも、アイドルくんたちの軽やかでコミカルな世界にも対応していてさすが!でした。ただ、太后役の女優さんは、王室周りの大臣などの役者たちは緊張感ある中で重みのある役を演じていたのに、ひとり場違いな感じが…。こんな権威も力もなさそうな太后、今まで見たことないです(汗)。王女役の女優さんの話し方の方がまだ威厳が感じられました。おかげで摂政として長年王座を守り続けたというところに全く説得力を感じません。

ミノも存在感と華やかさがあって、更に表情がクルクル変わって豊かなので画面映えしますね。現代物にも出ても面白いことになるのでは?

ラストについてはネタバレになるので、非公開コメントで送らせて下さい。
Commented by kirikoro at 2018-04-06 10:04
みりんさん、こんにちは。

私も3作品の中でこのドラマが一番面白かった(まだ「麗」は最後まで見ていませんが)です!

だけど、同じような期待値だとどうだったかなあ~とも…
私も同じく、もっとダメだろうと決めつけていたクチです(汗)

>なので変に無理はさせず、開き直ってK-Popをどしどし流して、手打拍手(多易書が何のオマージュだかわかりました?)やら現代的要素をふんだんに盛りこんでガンガン華やかで軽やかな雰囲気にしてしまい、彼らの普段の世界の表情や振る舞いでのびのびさせて魅力的に見せたのは、自然でいきいきした感じが前面に出ていてとても新鮮でよかったと思います。

同感です。
手打拍手・多易書・・・まったく気にも留めていなかったんですが、スラーバックスにDAISO・・・
現代的要素を取り入れた歴史ドラマでは定番ですが、いろんなものが出てきていますね。

主演陣は好みに左右されるところも大きいですが、好みでなくても見続けさせられるものがないとつらいですね。
パク・ソジュン好きなタイプではなくても演技力で見せてくれましたし、コ・アラはキャラとの相性がとっても良くて気になりませんでした。
(私は魚顔と言うより、目がくりくりの女の人が時代劇に出てくるのが実はちょっと苦手なんですよ)

ベテラン人の演技についても同感です。

>ただ、太后役の女優さんは、王室周りの大臣などの役者たちは緊張感ある中で重みのある役を演じていたのに、ひとり場違いな感じが…。

キム・ジスさん…
韓国では中堅女優として認められている人だと思うんですが、私も同感!
そもそも、現代劇でもこの人、あまり演技力を感じないんですよ…

ラストについて、ご配慮ありがとうございます。
ほんとに同感です!
ここまでよかったんだから、ラストは何とかしてほしかったですよね~~
by kirikoro | 2017-12-23 23:15 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(16)