なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2017年私の韓国ドラマベストテン(1)


今年もいよいよ終わりですね。
いろいろやり残したまま、新年に突入しそう…
おせちとか、明日の朝あたり盛り付けていそうです。

今年の韓国ドラマ視聴は春ぐらいまでと冬になってからが調子よく、夏秋はちょっと気分が乗らなかったかな。
その分、中国ドラマにけっこう嵌っていたので、今年の視聴本数は少なかったつもりだったんですが、数えてみると、短編を除いても新作が27本、旧作が28本と、結構見ていました。
その上、短編も35本と、かなり多く見た年でした。

さて、今年のベストテンです。
どんなふうに選ぼうかな、と考えたのですが、まず、新旧合わせてのベストテンを作成し、そのあと、そこに何作か補う形で新作・旧作それぞれのベストテンを選ぶことにしました。

長くなりそうなので、こちらの記事には全体のベストテンと新作、2017年に韓国で放送されたドラマのベストテンを書き、旧作は別記事にして書きたいと思います。
私が今年見た中華ドラマも別記事の方で簡単な感想付きでサクッと書く予定♪

それでは、新旧合わせての私の今年見た韓国ドラマベストテンです。
d0060962_21084753.png




総合・新作とも第1位浪漫ドクターキム・サブ(낭만닥터 김사부) ☆☆☆☆☆
医療ドラマなんですが、ラブストーリーが無理なく入っていて無理がなく、それに何よりスタッフのチームワークの良さが魅力でした。
このドラマで、私は今までに見た医療ドラマのベスト作品が替りました♪

総合・新作、第2位この人生は初めてなので(이번 생은 처음이라)  ☆☆☆☆
このドラマもほんと、気持ちを動かされたドラマでした。
理屈っぽいかもしれませんし、万人受けする作品だとも思えないんですが、私の好きさ加減から言うと、1位にしてもいいぐらい大好きなドラマでした。

総合・新作の第3位あなたが寝ている間に(당신이 잠든 사이에) ☆☆☆☆
このドラマも☆5つつけるかどうか迷ったドラマでした。
予知夢が絡んでくる犯罪捜査物+ラブストーリーなんですが、ファンタジー設定がちっとも甘くならず、なぜかリアリティーを感じるところがありながらも、その設定のおかげでラブストーリーの見どころが序盤からたっぷりなのも魅力!

総合第4位(旧作1位)グッドワイフ~彼女の決断~(굿와이프)  ☆☆☆☆
アメリカドラマのリメイクなんですが、リメイクの成功作ですね。
法廷ドラマなんですが、大人な人間関係が描かれていて、それがすごく魅力。
そして登場人物それぞれのキャラおよび俳優さんにも大満足のドラマでした。

第5位(旧作2位)ディア・マイ・フレンズ(디어 마이 프렌즈)  ☆☆☆☆
コ・ヒョンジョンとチョ・インソンのラブストーリーがぱっと見には目を引くのですが、実はドラマの真の主役は若くても60歳以上の年齢を重ねた人たちです。
そんな人たちのまだ終わらない人生をベテラン俳優さんたちが細やかな心理描写で描き、人生は美しい!と思えるような作品でした。

第6位(新作4位)ソロモンの偽証(솔로몬의 위증)  ☆☆☆☆
宮部みゆきの小説が原作。
転落死した一人の高校生の死の真相を求めて生徒たちが自主的に校内裁判を開くのですが、その中で生徒たちの闇が、そしてそれ以上に大きな大人たちの闇が明らかになっていく、といったストーリー。
緊張感があるんですが、どこかリリカルな雰囲気で、思春期の少年少女たちの繊細な心理を描いた魅力的なドラマでした。
どこか「ホワイトクリスマス」を思い出させるような雰囲気があったんですよね~

第7位(新作5位)ボイス(보이스)  ☆☆☆☆
ドラマへの没入度では今年1番だったかな~
救急通報センターが舞台の犯罪捜査劇なんですが、正直、かなり陰惨な場面も多いので、そういうのが苦手な人にはお勧めできないドラマです。
それに、犯罪捜査の面であらもいっぱいあるんですが、音や声から犯人や事件現場に迫る手法などユニークなところもあって面白かったです。

8位(新作6位)魔女の法廷(마녀의 법정)  ☆☆☆☆
登場人物のキャラと役者さんが魅力の法廷ドラマ。
ラブラインもあるのですが、犯罪捜査の部分を邪魔しないほのかなタッチで、これもとっても良かったところでした。

9位(旧作3位)空港に行く道(공항 가는 길)  ☆☆☆☆
2016年の旧作です。
形としては不倫にはなるのですが、不愉快なところはなく、むしろヒーリングラブストーリーになっていました。
風景など映像も美しく、見ていて癒される感じがするドラマでした。

こちらは打って変わって、フレッシュで可愛い音楽ラブコメ。
揺れやすいけれど、一生懸命な若い人たちの魅力たっぷりなんですが、音楽もいいんです。
K-POPなんて全く興味ない私も、とても楽しめました。

ここまでが全作品中でのベストテンです。
今年のベストテンはあと3つ。

超能力ともいえる怪力を持つ少女と御曹司の可愛いラブコメで、主人公二人がとっても可愛くて楽しめました。
ヤクザさんたちのギャグがうっとうしくって、それさえなければもっと上位に来る作品だったんですけれど…。

いわゆる復讐ものプラス現代の義賊の物語です。
荒唐無稽な部分もあるのですが、復讐ものとしては久しぶりに面白かった感じです。
復讐ものなので仕方がない部分もあるのですが、面白くなり始めたのが10話を越えてから、と、序盤ちょっと苦戦したのでこの位置です。

新作10位被告人(피고인)   ☆☆☆☆
これも面白かったんですよ~
ただ、今年は犯罪捜査物がとっても豊作で出来のいいものも多かったので、他のドラマに押しやられてしまった感じかな?
例年だったら、絶対にベスト5ぐらいに入っていた感じの作品でした。

ベストテンはここまでですが、お勧めの星4つの作品はまだまだあります。

内省的なボス/内向的なボス(내성적인 보스) ☆☆☆☆
完璧な妻(완벽한 아내)  ☆☆☆☆
番人(파수꾼)   ☆☆☆☆

残りの4つ星作品は皆、それぞれの魅力があり、面白さとしては同じぐらいで順位はつけられませんでした。
それなりにいい作品だったのですが、多少地味だったり、似たジャンルだと比較してしまって順位を下げてしまった感じの作品が大半です。
「鬼<トッケビ>」に関しては、超話題作だったのですが、私がヒロインを苦手に思っていた、という理由で圏外になってしまいました。
ヒロインさえ大丈夫だったら、絶対ベストテン入りの作品だと思います♪

星3つのものはだいたい上から面白かった順です。
秘密の森(비밀의 숲) ☆☆☆
死ぬと生きる男(죽어야 사는 남자)  ☆☆☆

今年は面白さを感じられないと我慢せず、どんどん落伍してしまったので、結果的に「師任堂」を除いては星3つとなりました。
「師任堂」にしても、見どころはたっぷりあったドラマなんですが、私にはちょっと容認できないところがあってのこの評価です。
「推理の女王」と「秘密の森」はどちらもシーズン2が決まったようですが、こちらにはとても期待しています。
アメリカドラマを見ているとシーズン1はそんなにおもしろいと思えないのに、その後どんどん面白くなるドラマがいっぱいあるんですが、これらのドラマも主人公のキャラがいいので、これは絶対に面白くなるはず、と思っているんですが、どうでしょうか。

短編はランキングに入れませんでしたが、2作品あります。
どちらも面白かったです。


今年韓国で作られたドラマを振り返ってみると、犯罪捜査物がとても多く、しかもレベルが高いものが多かったなあ、という印象です。
ただ、あんまりにも多くって、私の場合「クリミナルマインド」で決定的に飽きてしまった(汗)なんてこともありましたが…。
また、ラブコメで面白かったのは全部ケーブル局制作のものなんですね。
それ以外でも面白い作品がほんとに多く、今ではむしろドラマ全体を引っ張っている感じがますます強くなってきた1年でした。

旧作品の残りのベストテンと中華ドラマのまとめは次の記事へ♪


[PR]
Commented by みみ at 2018-01-01 13:47 x
明けましておめでとうございます。
こちらは穏やかな元旦です。
ベストテンを拝見しました。
随分沢山ご覧になったので目がお疲れでは??

私のベストテン ダントツトップは「麗」です。
以下、トンネル・ボイス・元カレは天才詐欺師・無情都市・ソロモンの偽証・番人・トッケビ・デュエル・僕は彼女に絶対服従です。
どれも良かったので順番無し♪

昨年末からテジョヨンを観始めました。
韓国ドラマを観始めた頃は長編時代劇は苦手だったのに・・・
観始めたら引き込まれましたが話数を調べてビックリ!
完走出来るかしら?
今年も良いドラマに巡り会えると良いな~♪
作品紹介、コメント欄等を楽しみに拝見しますのでよろしくお願い致します。
Commented by ソネッチ at 2018-01-01 16:22 x
明けまして おめでとうございます。いつも楽しみにしている年間のベストドラマの発表!ありがとうございます。

昨年は、キャスト的に地味(特に地上波)なドラマが多くて、放映前から楽しみにしているドラマが少なかったです。一昨年は、わくわくする豪華キャストの作品が多くて、リアルで結構見たのですが、昨年は・・・・でした。
そして、大スターといってよいイ・ミンホ、キム・スヒョンをはじめ、チ・チャンウク、チェ・オン、テギョン、チャン・イルなどの主役級の俳優が大量に入隊したのが私的には痛かった・・・。入隊できなかったソ・イングクやユ・アインも、すぐにドラマ復帰はできないと思うので、今年もキャスト的には我慢の一年になりそうです。

リアルであまり見なかったので、今回は、kirikoroさんが選んだ作品をほとんど見ていませんでした、「グッド・ワイフ」「ボイス」「魔女の法廷」は、後日、必ず見ます。「ソロモンの偽証」は、2月にBSで放送されるようで楽しみにしていますが、GYAOで日本映画も配信されているので、そちらを見てもよいのかどうか悩んでます。(笑) 「カノジョは嘘を愛しすぎている」は、私が好きそうなドラマの匂いがするのでチェックしてます。

昨年度の私のベストドラマは、次の5作品です。
・トッケビ(語れば長くなるのですが、オリジナリティ溢れ、考え抜かれた脚本が素晴らしかった。OSTも大好きです。サブカップルが素敵でした)
・浪漫ドクター キム・サブ(登場人物が、みんな個性的でよかった。そしてどの登場人物も愛すべき人物でした)
・秘密の森(私にジャンルものを開眼させてくれたドラマ。最後まで夢中で見ました。主役のキャラがいいです)
・力の強い女 ト・ボンスン(超・超怪力女主人公のボヨンちゃんと、デレデレの男主人公ヒョンシク君のケミが最高でした。)
・この人生は初めてなので(ト・ボンスンが若々しいラブコメなら、こちらは大人のラブコメ。久々にみたイ・ミンギに胸キュンでした)
こうしてならべると、どのドラマも、主役はもちろん、わき役までキャラがたった人物が多数登場しているドラマばかりでした。当たり前だけど、キャラって大事ですよね。こうしてドラマを書き上げて改めて感じました。

本年も、どうぞよろしくお願いします。
Commented by くりくり at 2018-01-02 16:48 x
kirikoroさん、あけましておめでとうございます♪
kirikoroさんのベストドラマの発表、楽しみにしておりました!
総合一位は「浪漫ドクターキム・サブ」ですね。
このドラマは私も面白く視聴しました!
初回からの告白とキスシーンが意外と新鮮でしたね~。
医療ドラマは苦手なのですが、つかみが良くって知らない間にひき込まれてしまいました。
1話目って大事ですよね。後半じわじわっと面白くなるドラマもありますが、放送されるドラマの本数も多く、昔ほど欲張って見られない状況では、1話目でひきつけられるかどうかはすごく大きいです。

昨年見た中であげられるのは、「グッドワイフ」「被告人」「耳打ち」「魔女の法廷」などです。特に「耳打ち」の作家さんの創意を凝らした作品づくりには感服しました。どれだけ頭がいいのだろう、と憧れてしまいました。
あとは超地味ですが、「懲毖録」も忘れられません。
昨年多かったような(?)若い人を主人公にした比較的短い時代劇、「逆賊」「君主」「猟奇的な彼女」「7日の王妃」、あと「師任堂」も含めて、その中では、「王は愛する」がよかったです。武臣政権後の高麗が舞台というのも魅力でしたし、なかなか華やかな趣向、光あふれる明るい映像にも心が晴れました。そして、あのイム・シワンさんの才能!とでもいうのかなぁ、何だか見惚れてしまいました。
「花郎」のパク・ヒョンシク君よりもっと屈折した役柄かな。どちらも素敵でしたね。

kirikoroさんのベスト10の中には見ていないものがたくさんあるので、順々に追っかけていきたいと思っています。
今年1年もよろしくお願い致します。




Commented by kirikoro at 2018-01-05 07:09
みみさん、明けましておめでとうございます。
目の方は昔はかなりつらかったのですが、ブルーライトカットの眼鏡を利用するようになってから、とても楽になったんですよ♪

「麗」がダントツトップですか♪
私は最高の状況で視聴しようと大事にしているのですが、これは期待が膨らみ過ぎて失敗するパターンかも!?と、ちょっと心配にもなっています。
他にも面白かったドラマを教えてくださって、ありがとうございます。

「テジョヨン」私は今まで見たドラマの中でずっと弾頭1位のドラマだったんですよ。(今は「六龍~」と並んでいます)
この話数で二度と見ることはないだろう、と思っていたのですが、たまたまちょうど30話目ぐらいをやっている時に見てしまい、そのまままた最終回まで見てしまった、というドラマなんです。

昨年中はブログを読んで下さり、コメントもくださってありがとうございました。
今年もいいドラマに巡り合えますように!
Commented by kirikoro at 2018-01-05 07:21
ソネッチさん、こんにちは。

>昨年は、キャスト的に地味(特に地上波)なドラマが多くて

気にしていませんでしたが、そうだったんですね~

>そして、大スターといってよいイ・ミンホ、キム・スヒョンをはじめ、チ・チャンウク、チェ・オン、テギョン、チャン・イルなどの主役級の俳優が大量に入隊したのが私的には痛かった・・・。入隊できなかったソ・イングクやユ・アインも、すぐにドラマ復帰はできないと思うので、今年もキャスト的には我慢の一年になりそうです。

こんなに、ですか!
前にもそんな時期がありましたが、逆の側面から言うと新たな大スターが育っていく時期でもあると思うので、そちらを期待します!

「ソロモンの偽証」日本映画版は私もちらっとは見てみたのですが、まるで違うタイプのもののようですね。
(あんまり面白くなくて挫折してしまいましたが…)
見てもあまり影響はない映画じゃないかと思いましたよ。

ソネッチさんのベストドラマもありがとうございます。

>こうしてならべると、どのドラマも、主役はもちろん、わき役までキャラがたった人物が多数登場しているドラマばかりでした。当たり前だけど、キャラって大事ですよね。

ほんとにそうですよね。
やっぱりドラマの魅力は人間の魅力でもある、という事なのかしらね。
Commented by kirikoro at 2018-01-05 07:31
くりくりさん、明けましておめでとうございます。

「浪漫ドクターキム・サブ」
>初回からの告白とキスシーンが意外と新鮮でしたね~。

あれでぐっとドラマに引き込まれましたね!

>放送されるドラマの本数も多く、昔ほど欲張って見られない状況では、1話目でひきつけられるかどうかはすごく大きいです。

まったく同感です!
昔は最低4話まで見て判断することにしていたのですが、今ではとてもそんな余裕はありません!

去年面白かったドラマのご紹介もありがとうございます。
「耳打ち」は期待して待っているドラマなのでますます楽しみです。

>あとは超地味ですが、「懲毖録」も忘れられません。

邦題は「軍師リュ・ソンリョン」で確定したのかな?
このコメントをいただいてすぐ、GyaOで配信が始まっているのに気付き、見始めました♪
おもしろかった、というコメントをいただいてなければ時代が豊臣秀吉の時代ですし、絶対パスしていたドラマです。

「王は愛する」も期待が高まります。

今年も面白いドラマに出会えるといいですね♪
こちらの方こそ、今年もよろしくお願いいたします。

Commented by kamibin at 2018-01-05 20:07 x
Kirikoroさんこんばんは

すでに年明けですが、私の昨年視聴ベスト10を紹介させて頂きますね~順不同です

『太陽の末裔』ソン・ジュンギの格好良さに、あっという間に見終わりました。回りにもファンが増えびっくりしました。
『ドクターキムサブ』医療物だけではなく、ラブラインも良かった。ハン・ソッキュの存在感は圧巻。
『空港へ行く道』静かでそれでいて心に残る作品でした。イ・サンユンとキム・ハヌル、本当の縁を感じました。
イ・サンユンと言えば『ニ度目の二十歳』この彼も素敵でした~はつらつとしたチェ・ジウのキャラがとっても合っていましたし、イ・サンユンのストレートな行動にもキュンとしました。
ラブコメと言えば『ト・ボンスン』小さな体に
怪力が自然で、違和感がないところが見事でしたし、ヒョンシクにも胸キュンでした。あっという間に見終わった作品のひとつでした。
『青い海の伝説』もラブコメかな?なんと言っても、イ・ミンホのイケメンぶりがスゴい!見ていてドキドキするほど。チョン・ジヒョンの可愛いキャラや人魚っぽさも相まって、次が楽しみなドラマでした。
賛否両論でした?『サイムダン』
リタイア寸前から今年の私のベスト10は個人的には素晴らしい!
『七日の王妃』昨年の時代物の私的にナンバーワンでした。ぜひkirikoroさんの感想をお聞きしたい。とにかく考えさせられたドラマでした。
なんと言ってもスピード感があったサスペンス2作品
『ボイス』こんな残忍さをそのまま画面に撮して大丈夫?と心配したほど残虐な場面だらけでしたが、ストーリーの持って行き方が上手かった。チャンヒョクが水を得た魚でしたね。
『被告人』これもまた練られたストーリーとチソン、オム・ギジュンの演技対決が素晴らしかった。
次点として3作品も
『ひとり酒男女』冒頭の飲み+食事シーン
美味しそうで、それを見ながら私も一人酒
一風変わったドラマでしたが、キャスティングの成功例ですね。
『彼女は嘘を愛しすぎてる』ヒロインの声がとても素敵でした~フレッシュでした~
『番人』スピード感とイ・シヨンの妊娠初期を知って見たので、とくに心配しながらの視聴でしたが面白かった。

これが私の2017年ベスト10+次点3作品でした~
昨年の話題作『トッケビ』にハマれなかったのが残念でしたが、多分またトライしてもリタイアでしょう~f(^_^;
Commented by kirikoro at 2018-01-07 07:48
kamibinさん、こんにちは。

ベストテンプラス3作品のご紹介、ありがとうございます!
他の方のベストテンって、ほんとに面白いですよね♪
同じ作品を選んでいても別の視点に発見がありますし、見ていない作品は期待を膨らませたり、見る時の心構えになったり、ととてもありがたいです。

「青い海の伝説」はぜひとも再トライしなくちゃ、と思い「7日の王妃」はますます期待が膨らみます。

>『番人』スピード感とイ・シヨンの妊娠初期を知って見たので、とくに心配しながらの視聴でしたが面白かった。

知ってみるのと知らないで見るのとではだいぶん心持が違いますね♪

他の方が面白いとおっしゃっても、ダメな作品ってありますよね。
私は「一人酒~」はたぶんダメなんだろう、と思います。
こればかりは好みですから、仕方ないですよね(汗)
Commented by ただしいまち at 2018-01-07 22:44 x
明けましておめでとうございます。

毎年恒例となりました!!
2017 視聴したドラマのベストテン\(^o^)/

第1位   そう、そんなものさ
第2位   ショッピング王 ルイ
第3位   浪漫ドクター キム・サブ
第4位   ボイス
第5位   トンネル
第6位   力の強い女ト・ボンスン
第7位   青い海の伝説
第8位   獄中花
第9位   推理の女王
第10位   耳打ち


一応、順位はつけてはいますがあってないようなものです
と言うのも、夏以降は視聴意欲がさっぱりでして・・・。
まだ1話も手を付けてないドラマや途中で止まってるドラマが、ハードディスクに溜まりに溜まってます(笑)
理由はいろいろあります。
その1つとして1,2話でググっとこない→リタイヤが増える
そして、1つのジャンルが流行ると“またこのネタか”と食傷気味に・・・。
時間を忘れて一気見するようなドラマに出会いたい!!

では、本年もよろしくお願いします。
Commented at 2018-01-08 13:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2018-01-11 07:46
ただしいまちさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いいたします♪

自分のベストテンを選ぶのも楽しいですが、皆様のベストテンを読むのもとっても楽しい年始です。

第1位の「そう、そんなものさ」はチョ・ハンソン出演のホームドラマですね。
配給会社が付けた(?)邦題は「これが人生!ケ・セラ・セラ」。
ホームドラマは全く目が届いていなくて、まったくのノーチェックでした、
機会があれば、ぜひ見てみます!

夏以降視聴意欲が減退された方って、多い感じですね~
私もそうだったんですが、年末にぐっと盛り返しました♪

>その1つとして1,2話でググっとこない→リタイヤが増える
>そして、1つのジャンルが流行ると“またこのネタか”と食傷気味に・・・。

私もまったく同じなんですよ!

>時間を忘れて一気見するようなドラマに出会いたい!!

何といってもそこが重要なんですよね!
おたがいに今年は順調に面白いドラマに出会えますように♪

こちらの方こそ今年もよろしくお願いいたします♪


Commented by kirikoro at 2018-01-11 07:51
01-08 13:30の鍵コメさん、こんにちは。おめでとうございます!

1年単位でドラマを振り返ると、どうしても後半のドラマの方が印象に残っちゃうんですよね~

>私の中では、
「この人生は初めてなので」「ボイス」「トンネル」「魔女の法廷」「推理の女王」「トッケビ」の6作品が、とても好きでした!

いろんなテイストの作品を選ばれましたね~
どれも印象に残るドラマばかり!

昨年は何度もコメントをくださって、ありがとうございました。
今年も素敵なドラマに出会えますように!

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by なお at 2018-01-17 15:37 x
Kirikoroさん、こんにちは。
いつも、私のつたないコメントに丁寧な感想をくださり、ありがとうございます。今年も、皆さんのコメントを楽しみに、お邪魔させていただきます。
2017年の年間ベストテン、興味深く拝見しました。
私は、BS・地上波での視聴なので、その年の作品を見ることは少ないのですが、グッドワイフは唯一視聴し、これまで見た作品の中でも上位にランクインするかなと思った作品だったので、納得の順位でした。
 「空港へ行く道」は、現在3話まで視聴しましたが、私も好感触の予感です。(今さらなのですが、「ライヤーゲーム」を同時に見始め、そちらもイ・サンユンさんとシン・ソンロクさんがメインで、この作品と違うキャラを演じていらっしゃるので、楽しく見ています)「ソロモンの偽証」は、BSで近日放送されるようなので、見てみたいと思います。
 私が今年視聴した作品だと、「グッドワイフ」「38師機動隊」「未生」「ドクターズ」「麗」が順不同上位ベスト5かな?現在、「六龍が飛ぶ」を中盤まで視聴中なのですが、見終わっていたら、「麗」の代わりに「六龍」だったかもしれません。
 では、今年も、よろしくお願いします。
Commented by kirikoro at 2018-01-25 06:34
なおさん、こんにちは。
お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。

昨年も、振り返ってみると面白かったドラマがたくさんありましたね~
なおさんのベスト5もありがとうございます!
私はこの作品を選んだのだけれど、他の方はどんな作品を面白くご覧になったんだろう?と思っていましたので、教えてくださってとっても嬉しいです♪

今年もまた、いろんなドラマの感想を聞かせてくださいね。よろしくお願いいたします!
by kirikoro | 2017-12-31 22:28 | 私の年間ベスト | Comments(14)