なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コ・ギョンピョ主演の医療ドラマ「クロス」


クロス(크로스)    ☆☆☆☆
d0060962_06444307.jpg
2018年tvNの月火ドラマ、全16話
演出 シン・ヨンヒ
脚本 チェ・ミンソク(映画の脚本あり)
出演者
コ・ギョンピョ(カン・インギュ役)、チョ・ジェヒョン(コ・ジョンフン役)、チョン・ソミン(コ・ジイン役)、チン・イハン(イ・ジュヒョク役)、ヤン・ジンソン(ソン・ヨニ役)
最高視聴率は4.733%(AGBニールセンによる)

男は父親が臓器売買の被害者となり殺され、復讐のために医者に!
天才的な腕を持つレジデント4年目となった男は父を殺した男を殺すため、刑務所の医務官として勤務を始めるのですが…

医師としての使命と復讐の間を揺れ動く男はやがて、父を殺した臓器売買の全容を知ることに。
最終的な彼の選択はいったいどんなものでしょうか?

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


韓国ドラマではよく、臓器を売って金に替えようかと悩んだりするシーンが出てきますが、このドラマではその臓器売買を扱ったメディカルドラマです。
独特な素材も興味深いですが、主人公もまた、人を殺すために医者になったという斬新な設定。
設定が斬新なだけではなく、ストーリー展開も面白く、毎回1時間があっという間に感じられる面白いものでした。




また、その主人公を演じるのが「恋のスケッチ~応答せよ1988~」「嫉妬の化身」「シカゴタイプライター」などに出演して、最近人気を集めているコ・ギョンピョで、彼の入隊前の最後の作品という事になります。
じつは私、「嫉妬の化身」の彼がとても素敵に見えてその後も注目していたんですよ。
彼が魅力的で作品にも満足、というドラマになかなか出会えなかったのですが、ようやく満足です♪

もう一人の主人公となるべきはずだった医師を演じるのはチョ・ジェヒョンです。
「 鄭道傳-チョン・ドヒョン」や「階伯-ケベク」「ニューハート」などに出演している人。
残念なことにドラマの中盤でセクハラ問題により、予定より早い時点での中途退場となったんですね。
彼の早い退場は、ストーリー上は多少無理はあったかな?と思うものの、そのことを知らなければ気づかなかったかもしれないぐらいの小さな傷で、がっかり、とまではしませんでした。
チェ・ジェヒョンさん、最近では悪役が多かったので今回もてっきりそうだと思っていたら、そうでもなくて、そういう意味ではドラマのキャラにまで多少影を落としたかもしれない、と思います。

この二人の関係に作用するような位置にいるキャラを演じるのはチョン・ソミン
日本語では同名になってしまう女優さんが他にもいらっしゃいますが、このドラマの彼女は「1%の奇跡~運命を変える恋」「イニョプの道」に出ている人。
どんな顔をしても悲しげな印象をぬぐえないように私には見える人なんですよね~
好きでも嫌いでもないんですけれど、そのあたりが彼女の限界になっているような気も…
とはいえ、このドラマではいい感じでした。

もう一人の重要人物を演じているのはチン・イハン。一時期キム・ジハンという名前でも活躍していた人です。
出演作は「マイ・シークレットホテル」「奇皇后」「風吹く良き日」など。
この人、だいたいの役で煮え切らないどっちつかずの男を演じている気がするんですね~
今回はその印象がとっても生きている役だったと思います。
惜しむらくは、終盤、コ・ゴンピョとブロマンス的な雰囲気を醸し出してもいい場面が出てくるんですが、そこがイマイチだったんですね。
相性があまりよくなかったのか、そもそもチン・イハンの印象がそういう雰囲気になることを拒絶しちゃうのか…

(story)
刑務所の医務官の面接にやって来たカン・インギュ。
レジデント4年目で、彼の刑務所の医務官になりたい理由を疑い、渋る刑務所の医務科長で内科医のペク・ジナム。
ところが刑務所に無期懲役の囚人キム・ヒョンボムが別の囚人をガラスで刺すという事件があり、緊急事態になります。
搬送も間に合わない状態でその場で手術するしかなく、採用を決めるジナム。
緊急手術は無事に終わり、ソンリム大学病院へと搬送される囚人です。
その後、ヒョンボムの方もてのひらに負った傷の手当てのためにやって来るのですが、インギュの父は彼に殺されているようですね。
インギュの父は希少な血液型で、その臓器を狙っての殺人だったようです。
彼はどうやら、彼への復讐のために志願したようで、少しずつ彼を苦しめ殺す、と心の中で呟いていますが、ヒョンボムの方は彼の正体には気づいていません。
一方、刑務所から送られてきた患者の手術のあとを見て何かを思いついたようなソンリム大学病院のコ・ジョンフン…
刑務所から搬送されていた別の患者の臓器移植の際に、摘出手術の説明のために自ら刑務所に出向き、インギュと会います。
ジョンフンに敵意をむき出しのインギュ。
そんなインギュに、大学病院に送られてきた患者を手術したのが彼だと分かりあうために来たのだ、といい、彼の判断の甘さを言って自分の元でもっと学べ、と勧めるジョンフンです。
じつは。インギュと妹はジョンフンの養子となっていたのですが、妹が亡くなった時に彼女が臓器移植のドナーになるようにし、その臓器で手術をしたようですね。
インギュも妹も、希少な血液型だったため、養子にしたのだ、と抗議している幼いインギュの回想シーンがあります。
そして、インギュはジョンフンにも復讐を口にしています。
ところで、刑務所からの患者の摘出手術に立ち会っている臓器移植コーディネーターのジインはジョンフンの娘のようですが、インギュの事は知りません。
インギュを養子にしていたころ、ジョンフンは離婚しておりジインは母と共にアメリカにいたようです。
ペク・ジナムはインギュのヒョンボムへの投薬に疑問を持ち、彼の父がヒョンボムに殺されたことを知ります。
インギュにそのことを話し、刑務所をやめるように言うのですが、ジナムが収監された息子に会うためここに来たことを知っており、対抗。

一方、ソンリム大学病院では理事長と病院長がルールを無視し、国会議員に移植しようとするのですが原則主義者のジョンフンは反対し、囚人への移植を行います。
摘出された臓器は他にもあり、公開手術で病院長の息子ジュヒョクが担当していたけれど、手術中に手が震え、血管を傷つけてしまい緊急事態に陥ります。
幸いジョンフンが助けに入り、事なきを得るのですが。
ジュヒョクの手の震えは同じ病院で働く理事長の娘ヨニが、暴れる患者の保護者に傷つけられそうになった時に彼が割って入り、手首に怪我を負ったことが原因のようです。
そんな折、インギュは自分が助けた患者が父殺しの共犯だったと知ります。

ドナーになった囚人の刑務所内での友人は移植のことを知り、自分もドナーになる、と申し出ます。
その説明に刑務所にやって来たジイン、帰りにインギュを車に乗せて行くのですが、その道中で事故に巻き込まれる二人。
彼らは軽傷のようですが、一台の車の中で、子供は無事のようですが、妊婦とその夫が意識不明のようです。
彼らの顔を見て、ドナーになることを決心した囚人の家族だと気付くインギュ。

夫の方は足を挟まれているようですが、意識を取り戻したものの、妊婦は重篤。
インギュが応急処置をとりそのままジインの属するソンリム病院に搬送、胎児を取り出したのちに妊婦の手術を行うのにも参加するインギュです。
妊婦は一命を取り留めたものの肝臓へのダメージが大きく、移植が必要な状態ですが、生体移植できる肉親は刑務所にいる彼女の父しかいません。
ジインはインギュに電話をかけ助けてくれるように言うものの、冷淡に電話を切ってしまうインギュ。
でもインギュは嫌がるジナムを説得して妊婦の父が移植できるように奔走します。
一方、ジナムはインギュに頼まれた、とヒョンボムに投薬、薬の作用で起こるであろう症状を意味ありげに口にしています。
ジナムの言葉に疑問を持ったヒョンボムの方は手下にインギュの家を調べさせていますが、インギュは予想していたかのように部屋を整えて防犯カメラまで仕掛けています。
刑務所でジナムの言った症状が現れ始めるヒョンボム。
ソンリム病院では手術直前になり不適合が分かり会議。
交換手術をするしかない、という話になるのですが医師が足りないことが問題に。
そこに呼ばれているインギュ。
ジョンフンはこの病院でもできる、とインギュの名前を出します。が、断るインギュ…。

妊婦の父に強く頼まれ手術を引き受けることにしたインギュ。
一方でヒョンボムに刑務所に来たのはアルバイトをする時間が作れるから、と言い、電話番号を渡すインギュです。
もくろみ通り、仕事の電話を受けるインギュ、移植手術は1時間半後なのですが、この仕事は逃せない、とGPSを仕込み、警察に通報して出かけます。
けれども、相手は一枚上手で、GPSを見つけられて捨てられ、人けのない場所に止められた救急車に連れて行かれます。
ところが、臓器を取り出す相手はまだ子供で、彼女を連れて逃げ出すインギュです。
トラックを止め、ソンリム病院へと向かいます。
病院の方でも彼を待ちかね、手術をスタートしている状態。
ところがトラックの中で状態が悪くなってしまう少女。
インギュは病院到着後、救急センターで少女の蘇生に力を注ぎますが、止まってしまった心臓は電気ショックを与えてもなかなか回復せず、大幅に移植手術の時間に遅れてしまいます。
それでも何とか移植手術の方に間に合い、手術を成功させるインギュ。
一方、症状が現れ始め、ますます疑いを持ったヒョンボムは部下にインギュのことを探らせ、部下はインギュの正体を突き止めます。
ジナムの息子を危篤に陥らせて隙を作り、刑務所を脱走するヒョンボムです。

こんな感じで始まり、その後、ヒョンボムとインギュとの死闘が繰り広げられる中、不法臓器移植と病院との関係が次第に明らかになり、インギュはより大きな敵と戦うことになります。

ストーリーの方もスピーディーな展開とともに、登場人物の自然な心の変化が描かれており、とても面白かったです、
ただ、ラストがちょっと荒っぽかったかな?
主人公に対してちょっと結末が甘すぎな感じがありました。
 
それと、終盤で主人公の目のエピソードが出て来ていたのですが、わたしにはこのエピソードの意味がよく分からなかったんです…
”神の目”を失って普通の人になったという事?
ラブラインとからめて車の運転のエピもありますしね。

とはいえ、落胆というほどのラストではなく、最後に少し集中力は落ちましたが、充分に楽しめたドラマでした。



web拍手 by FC2



[PR]
Commented at 2018-04-30 07:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-05-08 09:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2018-05-08 17:04
04-30 07:45の鍵コメさん、こんにちは。
さっきのコメントはすいません。
なぜだか鍵付きになっていました(汗)ので再アップです♪

連休突入で、なんということなく忙しく、お返事がすっかり遅くなってしまいました。ごめんなさい。

コ・ギョンピョ、決してハンサムさんではないのですが、ちょっと幼い感じの表情が役柄にピッタリでしたね。
私も、予想通りにしっかりロス状態です…

>やはり、見る方がちゃんと見ると多少無理があったのですねぇ・・・

最終話で退場予定だった、とどこかに書いてあったのを見て、その予定だとどういうストーリーになったんだろう、などと考えながら見ていたからそう思ってしまったのかもしれませんね♪

主人公の最終回エピソード、一時的なもの、と受け止められていたんですね~
私はもっと危機的なものだと勝手に思い込んでいたみたいです(汗)

>(しかし、なんで敵に背中見せるかなぁ・・!!)

私もここ、しっかり心の中で突っ込んでいました♪

>劇中にラブラインが無かったので、最後にあの位なら許せました~~

最後の二人のエピもものすごくさりげなかったですよね~
インギュったら♪とくすっと笑えるようなエピで、ラブライン的には私もとっても好きなラストでした。

ほんとに素敵なドラマに出会えましたね♪
by kirikoro | 2018-04-29 06:50 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(3)