なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ナムグン・ミンとジュノ(2PM)主演の「キム課長とソ理事」


キム課長とソ理事〜Bravo! Your Life〜(김과장)  ☆☆☆☆☆
d0060962_22301384.jpg
KBSの水木ドラマ、全20話
演出 イ・ジェフン(「 鄭道伝〈チョン・ドジョン〉」「グッド・ドクター」いずれも共同演出)、
チェ・ユンソク(「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー」共同演出)
脚本 パク・ジェボム(「グッド・ドクター」「神のクイズ シーズン1~4」)
出演者
ナムグン・ミン(キム・ソンニョン役)、ジュノ(ソ・ユル役)、ナム・サンミ(ユン・ハギョン役)、チョン・ヘソン(ホン・ガウン役)
最高視聴率は18.4%(AGBニールセンによる)

会社のお金をちょろまかすのが得意な男がより大きな金を得ようと大企業に転職。
ところがひょんなことから聖人とあがめられるようになり、会社の不正と不合理と戦うことに!

評判通り、コミカルで楽しい痛快オフィスドラマ。
笑えるところって、人によって差が大きい気がするのですが、私はこの笑いがドツボでした♪

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪





基本は会社の上層部の不正に社内でも冷遇されている部署の人達が挑む話なんですが、その中心になる人物が実は会社の金を懐に入れようと会社にやって来た人。
そんな彼が成り行きでヒーローのような人物になっちゃうわけですから、ともかくコミカルで予想不可能!
それを演じているのがナムグン・ミンなんですが、じつはこの役はは当初、チャ・テヒョンが候補に挙がっていたようなんですよ。
でも、これはナムグン・ミンで大正解だったんじゃないでしょうか。
彼のコミカル演技は予測不可能で、新鮮な楽しさがありました。

ところで、このドラマ、韓国でのタイトルは「キム課長」だけなんですね。
見る前は若手俳優をプッシュするために無理やりタイトルに「ソ理事」をねじ込んだのかしら、と思っていたのですが、実際に見てみると納得のタイトル。
ソ理事はもう1人の主人公と言ってもいいぐらいの重要な人物ですし、演じるジュノ君もまた魅力のある悪役像を作っていました。
彼の演技は「ただ愛する仲」で大注目だったのですが、今回もいい! 「ただ愛する仲」の時とは内面まで全く違った人に見えるのもまた、彼に対するさらなる期待を誘います♪
今回は、彼とナムグン・ミンとの、トムとジェリーのような2人の掛け合いも、とっても楽しかったです。

(story)
群山でナイトクラブを経営するドクポ興業の経理を担当していたソンリョン。
たぐいまれなる手腕で脱税し、国税庁や検察の追及を逃れています。
彼は税金逃れを行うとともに、自分も会社のお金をコツコツちょろまかして”不正腐敗が少ない国No.1”のデンマークへの移住資金を溜めています。
彼が不正をしていることは社長も承知だったのですが、彼ばかりいい目に遭っている、と他の社員からのやっかみを受け、クビを言い渡されます。
そんな折に偶然、流通業の大企業TQグループが学歴経験を問わない経理の社員の募集していることを知り、応募。
TQグループでは計理部の部長が自殺未遂をしたのですが、彼が会社の金を横領して賭博に使った、という話になっています。
でも実は、彼は会社の不正を内部告発した人だったようです。
そんなわけで、事件の解決のために使い捨ての人間が必要となり、こういう破格の募集となったようです。
会社の内部の人間は、力はあるけれど学歴と経歴が相当不足なソンリョンの履歴書を見て門前払いしようとするのですが、彼が検察に起訴されながらものがれている件に注目して彼を雇うように主張するのが検事で、TQのアドバイザーをしているソ・ユルです。

こうしてめでたくソンニョンは合格し、ソウルに転居。意気揚々とTQグループにやって来ます。
しかし、彼が課長を任された経理部は社内でも冷遇されている部署らしく、主な業務は社内の人間の経費を適正に支払う事らしい…
TQグループに新しくやって来たのはソンニョンだけではありません。
ユルもまた、検事をやめてTQグループの理事として赴任です。
出社するなりソンニョンを呼びつけ、多少の不正は目を瞑るがその代わりこれを処理しろ、と裏帳簿のデータを渡すソ・ユル理事。
キム課長はそのデータを見て、新聞で報道されていた元課長が自殺を強要されたらしい、という記事を思い出し、ヤバい会社だ、と。
チャッチャと横領して素早く逃げようと決心するのですが、偶然にも凍った路面で足を滑らせ、会社の前で夫の無実を訴えていた元課長の妻へと突っ込んできた車から、彼女を守る形になってしまいます。
その出来事はあっという間にSNSからひろまり、"聖人”とあがめられてしまうキム課長・・・
気分が良くなっちゃうキム課長です。
ところで、元課長の妻に車が突っ込んできたのは会社の上層部の指示であることに気づいた経理部のハギョン。
ハギョンは会長の妻の提案を受け、会社の不正をただす仕事を手伝うことを決めています。
会長の妻は彼女自身の病気が原因で夫に会社の実権を奪われてしまっていたのね。

また、会計部にはインターンの女の子がいるのですが、実は彼女、検事で、TQグループの不正な会計を暴くために送り込まれた潜入捜査官。
でも、どうにも有能とは言えないみたい…
キム課長の方は、その後も偶然の事からますます”聖人”とあがめられるようになってしまい…

こんな感じで始まります。

主人公は小悪人ですが、不正の少ない国であるデンマークへの移住が目的で蓄財しているわけで、根っからの悪人じゃなさそう、という設定。
最近はあんまりいい人過ぎる正義の味方はリアリティがないためか、性格に難があるか、ちょっと悪人だったりすることが多いですね。
そんな彼が勘違いからちやほやされ始めたことがきっかけで少しずつ変化を見せるのですが、それは成長というより、周りの人たちの期待が人の行動を変えるって感じ。
その変化が上手く自然に描かれていて、そういうのも人間の心理の一面だよな、と納得できました。

同じような変化をたどる人物は他にもいて、会長の息子も、最初は典型的な金持ちのドラ息子なんですが、次第にいいところが見えてきます。
彼の場合な偶然の部分は小さく、キム課長が彼の力を見抜き、正当に評価することにより変わってきた感じで、キム課長は人を成長させる教師としてもなかなか優秀。

それに対し、ヒロイン(というより女性の一番手?)のハギョンは正義感がもともと強い人物。
ナム・サンミ、こういうつまんなくて多少いらっとさせるキャラを演じるの上手いな、と思います。
(本人はいらっとさせる演技をしている自覚はないんじゃないかと思いますが)

そして、ソ理事です。
生意気だし、人を馬鹿にしているしやることは結構ひどいんですが、少しずつ、完全な悪者には見えなくなってきます。
そんな彼を演じるジュノは適役だったと思います。
「ただ愛する仲」での彼とは別人に見える!
最初はハギョンに見せる表情で、そんなに悪い人じゃないかも、と思わされたのですが、こういうなにげない視線でそう感じられる人ってやっぱりうまいんじゃないかな、と思います。
姉は悪人じゃないかもしれない、と思い始めると、ソ理事のキャラ設定で、いつも大量に何かを食べている、というところがすごく気にかかってきます。
食べても食べても満足を得られない人って本当は求めているものが食べ物ではなくて満足感なんですよね。
この満ち足りない心理がソ理事の行動の原因となっている感じだと思うんですよ。
そんな彼ですから、かれもまた、キム課長との関わりで変化していくことが期待されます。
何と言ってもこのドラマの一番の見どころはキム課長とソ理事のかけあいなんで、そこに変化がないと飽きてしまうと思うんですよ。
結論から言うと、そこも期待を裏切りません!
だけど、どういう形になるかは見てのお楽しみに取っておきますね♪

あと、おもしろかったのは潜入捜査官とその上司。
潜入捜査官はソ理事に顔が割れていないという事だけで選ばれた新人さんなのであまり有能ではない、という事は予想されるのですが、上司の方もなんだか抜けた感じがあって、この二人も物語に彩りを与えてくれていました。
演じているチョン・ヘソン、普通のヒロイン役も演じている人なんですが、私はこのドラマや「雲が描いた月明り」のコミカル演技の方が断然いいと思います。

ドラマの展開としては巨悪と戦う物語の基本どおり、主人公側にどんどん人が集まり、敵側が分裂し、どんどん見方を失って孤独になる、というところは原則通りなんですが、その集まり方はいかにもこのドラマらしいもの。
正義感なんて大それたもので集まるわけではなく、なんとなく引き込まれていつの間にか自分の良心に従い行動していくんですね。
この主人公にピッタリの集まり方で、とっても生きていると思いました。

ともかく面白かったんですが、よく見るととても考えられたドラマで、なかなかの秀作だったと思います。

あんまり楽しくて、見終わってから、ちょっとしたロス状態に陥ってしまったのが欠点!?かも…

星の数はだいぶ迷いました。
コミカルな話って、ちょっと高評価が付けにくいかなと思うんですが、楽しくて爽快。今一番こういう気分が欲しかったんだよな、と最終的に5つにしました。


web拍手 by FC2


[PR]
Commented at 2018-05-01 12:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rei at 2018-05-01 20:59 x
kiricoroさん、こんにちは!
待ってました、「キム課長」!
本当に面白かったですねーー
今でも思い出し笑いしてしまうドラマでした。
最初の1、2回は結構なドタバタで、ちょっと引きましたが(笑)、
回を増すごとに、登場人物が全員面白くて、面白くて。
お掃除のおばさんから検察のアンダーカバー、群山の部下?にまで
モテモテのキム課長。なのに、全然ラブラインがなくてそういうところもすごくいい。
笑ったのは、キム課長が「自分を消そうとしてる」と、勘違いしてるところ。
みんな、それをなかなか言えないところが、ほんと可笑しかった!
経理課、サイコーー
カンドウと仲良しのサンマンも、マンネも、御曹司もよかったなあー

ジュノの憎たらしいけど、すごく可愛い悪役がなんて魅力的なことか。
カンドウなら真っ向対決しそうな人物を、本当に楽しげに演じてましたね。
ちょっと、今はジュノロスです(笑)。
私も、今このドラマのおかげで、なんだか元気が出ました。


Commented by kirikoro at 2018-05-08 07:50
05-01 12:24の鍵コメさん、こんにちは。

>ジュノ、このドラマでもいい演技してましたねぇ~

「ただ愛する仲」の彼とは別人のようで、びっくりしました♪

ナムグン・ミンはずっと、ちょっと心が屈折したところなるお坊ちゃま的な役のイメージの人だったのですが、最近はブチ切れたコミカル演技から鬼気迫るサイコパスの役まで、何でもできる人ってイメージに変ってきました。
二人とも、とってもうまい俳優さんですよね~

ソン理事の心理は、なんとなく思っただけの事で、私がこだわりすぎているのかも…
違っていたらごめんなさい。

>星5つ、その時自分が観たい、必要なドラマってありますよね!

そうなんです!
コミカルタッチのドラマって、受け付けない時には全く受け付けないですし…
1回目は1話途中で挫折したのですが、再挑戦してよかったです♪

ジュノの新ドラマも楽しみですね♪
英語タイトルは「Work of Love」ですか!
日本語タイトルもきっと、まったく違ったタイトルになるんでしょうね~

>シェフ役のジュノ、どんな美味しい料理を作ってくれるか、楽しみです!

シェフ役、きっと似合っているでしょうね♪
私もとても楽しみです!
Commented by kirikoro at 2018-05-08 07:57
rei さん、こんにちは。

ほんとに面白かったですよね~

>今でも思い出し笑いしてしまうドラマでした。

同じです!

>お掃除のおばさんから検察のアンダーカバー、群山の部下?にまで
モテモテのキム課長。なのに、全然ラブラインがなくてそういうところもすごくいい。

そうでしたね!
何でもかんでもラブラインを入れていた昔の韓国ドラマを思うと、こういうさらりとしたドラマも作れるようになったんだ、と万感の思いです。

>笑ったのは、キム課長が「自分を消そうとしてる」と、勘違いしてるところ。

大真面目になればなるほど面白くなるという鉄則パターンでしたね。

>ジュノの憎たらしいけど、すごく可愛い悪役がなんて魅力的なことか。
カンドウなら真っ向対決しそうな人物を、本当に楽しげに演じてましたね。

同感です!

私はちょっと韓国ドラマ自体にロス気味なんですがジュノ君の「油っこいメロ」が韓国でスタートなので、楽しみにしています♪

by kirikoro | 2018-04-30 22:52 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)