なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チャン・グンソク、ハン・イェリ主演「スイッチ-世界を変えろ-」


スイッチ 世界を変えろ(스위치 - 세상을 바꿔라)   ☆☆☆
d0060962_07254431.jpg
2018年SBS水木ドラマ、全16話(1時間換算で)
演出 ナム・テジン
脚本 ベク・ウンチョル(「必殺!最強チル」「怪しい家政婦」)、キム・リュヒョン
出演者
チャン・グンソク(サ・ドチャン/ペク・ジュンス役)、ハン・イェリ(オ・ハラ役)、チョン・ウンイン(クム・テウン役)
最高視聴率は7.9%(AGBニールセン)


小さな詐欺師は刑務所にいるが、大きな詐欺師は、ペントハウスにいる。
少しのお金で詐欺をすれば「詐欺師」で、そのお金が大きくなると「金融業者」。
小さな約束を裏切ると、「詐欺師」、大きな期待を裏切ると、「政治家」。

法があっても捕まえることができず、倒してもドジョウのようにすり抜けていく大きな詐欺師を相手にする方法はないだろうか?

スイッチ!(SWITCH)
本物と偽物のコラボ!

合法と違法の境界を自由に行き来する“詐欺”を 媒介にした風刺劇です。

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪






検事のペク・ジュンスはソウル地検に異動が発令され向かう途中、交通事故を装い車ごと海に突き落とされます。
九死に一生を得たジュンスでしたが意識不明の状態。
連絡を受けたオ・ハラ検事の機転により、上司にも報告せずに病院を移転、襲ったやつらから身を隠させます。
そのジュンスは麻薬事件の捜査のために人と会い、証拠品を受け取るはずだったのですが、相手はジュンスしか信用できない、と本人に手渡すことを条件として出してきます。
ハラは偶然ジュンスにそっくりな詐欺師のサ・ドチャンという男の存在を知り、彼を代役に立てることに!
最初はハラに弱みを掴まれ、いやいやながら従いながらも、彼女の裏をかいてお金を儲け、とっととズラかろうと思っていたドチャン、ところが、ジュンスが追っていた人物が自分の父を殺した人物らしい、と気づき積極的にかかわっていくようになります。
そうこうするうちに、体は完全回復とはいかないもののジュンスが目覚め、彼もまた捜査に復帰、各人の意図が複雑に絡まり合い、ますます混迷の度を深めて行く捜査陣…

こんな感じのお話で、チャン・グンソクが詐欺師と検事の2役を演じます。
二役演技の場合、2人のキャラクターと、もう一方のふりをする場合の3~4通りの演じ分けが重要で、
「えーっ!そうだったんだ!」なんて驚きながらも納得するところが面白いんですが、このドラマでは「あらそうだったのね」ぐらいの感じだったんですよ。
演技力の問題なのか、演出の問題なのか、驚きがない…

そして、詐欺師の手腕
ドラマを見ていて思うんですが、悪役の詐欺師にだまされるのは気分が悪いですが、主人公側が詐欺師だったら気持ちよく騙されたい!
してやられた!っていうのがけっこう快感だったりするんですが、このドラマにはどうも、その快感もなかったんです。
なんか常識の範囲って感じだったんですよね。発想力があまり豊かとはいえないのかもしれない…

その結果、せっかく詐欺師が出てくるのに、普通の捜査物と印象があんまり変わらないんですよ。
私はもっと爽快感のあるドラマを期待していました。
とはいえ、展開はスピーディーで1時間があっという間に過ぎて行くように感じられたので、ストーリーへの没入度はけっこうあって、退屈はしませんでした。

ヒロインのハ・ヒラを演じているのはハン・イェリ
「六龍が飛ぶ」で高麗最後の王の愛妾を演じてとても素敵に見えた人だったんですが、現代劇での彼女の魅力が私には良く分かりません。
最近の流行りなのか、印象が薄く感じる女優さんです。
「青春時代」のシーズン1,2のヒロインも勤めている人なんですがねえ。
従来とは違うヒロイン像というのはわかるのですが、もっと違う魅力を引き出せないものか…

悪役は、最近ではいろんな悪役を演じているチョン・ウンインが演じています。
今回の役は裏では残忍で心の痛みを感じず、野心に持ちた男なんですが、表の顔は美術館の館長なんですね。
人当たりが良く、物腰も優雅だし、美術への造詣も見かけだけではない感じです。
その表の顔を引き立てる彼のファッションがなかなか素敵で、実は毎回、彼のファッションチェックを楽しみに見ていました。
花柄のネクタイや淡い色のスーツなど、かなり難易度の高い服を、あまりおしゃれな感じのない彼が着ているのですが、不思議と着こなしていて、役のイメージとぴったりなんです、

若手の俳優さんの来ているものに目が行くことはよくあるのですが、いかにもおっさんの俳優さんの服に関心が向いたのは初めての体験でした。
彼のスタイリストさん、とっても優秀なんでしょうね~

後、注目の俳優さんは冒頭からドチャンに騙される社長役のクォン・ファウン
「夜歩く士」や「六龍が飛ぶ」にも出演していたみたいなんですが、全然記憶になかった…
今回の役ではコミカルな演技からおどおどした演技、胸に一物あるって感じの演技と、なかなか多彩な表情でドラマを見る楽しみを増やしてくれていました。

こんな感じで、まあまあ面白く見たのですが、期待していたものがなかった、という感じがして星3つにとどまりました。

web拍手 by FC2




[PR]
by kirikoro | 2018-06-07 07:28 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)