なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

パク・シフ、シン・ヘソン主演「黄金色の私の人生」


黄金色の私の人生(황금빛 내 인생) ☆☆☆
d0060962_08080303.jpg
2017~18年KBS週末ドラマ、全52話
演出 キム・ヒョンソク(「棚ぼたのあなた」)
脚本 ソ・ヒョンギョン(「いとしのソヨン」「2度目の二十歳」「華麗な遺産」)
出演者
パク・シフ(チェ・ドギョン役)、シン・ヘソン(ソ・ジアン役)、イ・テファン(ソヌ・ヒョク役)、ソ・ウンス(ソ・ジス役)
最高視聴率は47.5%(TNmSによる)


「いとしのソヨン」の脚本家の作品で、韓国での最高視聴率を見ても大ヒットのファミリードラマです。
主演のパク・シフの5年ぶりの地上波復帰作としても注目されました。

財閥家と貧しい家が出てきて、その二つの家族の子供たちが恋に落ちて、といったところは家族ドラマの基本形。
貧しい家の娘の一人が実は財閥家の娘だというところまではよくある設定ですが、このドラマでは貧しい家のお母さん、財閥家の娘ではなく、自分の娘の方を財閥家の娘だと言ってしまうんですね。
でも、ドラマの中ではバレない秘密はありません。
どん詰まりの人生から抜け出せる、と思ったのもつかの間、ヒロインはあっという間に以前よりもひどい状況に叩き落されてしまいます。
そんな彼女が新たな人生を歩んでいく姿とともに、彼女のきょうだいたちや財閥家の子供たちが自分たちの人生を生き始めていく様が描かれます。

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


(story)




かつては父親が事業家として成功し、そこそこ良い暮らしをしていたソ・ジアンの家族でしたが、高校生の時に父親が事業に失敗し、その後はぎりぎりの生活。
父親は家族には会社勤めをしているように装っていますが、実は肉体労働でお金を稼いでいる状況です。
兄のジテは銀行勤め。自宅のローンの返済を担っているため、恋人はいるのですが結婚なんて自分たちには無理、と秘密恋愛をしています。
ジアンの二卵性の双子のジスは近所のパン屋の味が気に入り日参。募集もしていないのに、弟子にしてほしいとアピール。
根負けした社長から、販売員ならば、という話が出て、そのパン店で働くことになります。
そんな彼女には片思いをしている人がいるのですが、名前も知らない状態。でも彼、実はジアンの高校時代の同級生のソヌ・ヒョク。
ジアンと最近偶然再会したのですが、彼はジアンの事がずっと好きだった?って感じです。
末っ子のジホは親がどうしても大学には行け、と言うため勉強しているふりをしているのですが、実はバイトを掛け持ちして、お金を溜めています。
そしてジアン。
大企業のヘソングループで契約職として勤めているのですが、人一倍頑張り、正社員になることが内定します。
そんな時、軽い交通事故を起こしてしまうジアンです。
事故は軽微ですが相手は高級車。しかも乗っていた車は上司のもので保険は使わないように、と言われてしまいます。
修理費に2000万以上かかるが3日以内に払うならば500万で許そうと言うその相手はヘソングループの会長の孫のチェ・ドギョン。
本人は高貴な行動をとっているつもりなのですが、狭い世間で育ち、鼻持ちならない態度になっていることに少しも気づいていません。
お金の事で頭のいたいジアンでしたが、そのうえ、正社員になる話は直前でコネを使った友人に奪われてしまいます。
自分が正社員になることが分かっていながらジアンが正社員になれると喜んでいる席にいたコネ入社の彼女を赦せないジアン、取っ組み合いのけんかをして警察沙汰に。
新たに相手の治療費まで必要になってしまうジアンです。

そんな折、ドギョンの母親の元に”25年前に行方不明になった娘の居所を知っている”とのメッセージが届きます。
続いて届く2本の歯ブラシとジアンとジスの写った写真…
ドギョン母に問い詰められたはジアンとジスの母親は、ジアンが自分の実の娘ではない、と。
自分が財閥家の娘だと聞かされたジアン、最初は財閥家に入るつもりはなかったのですが、ドギョンと更なるトラブルがあり、その上言いたい放題言われてプライドを守りたいジアン、実の母親に電話をかけ、お金を出してくれるように頼み、そちらの家に入る決心をします。
ドギョンに修理費の実費を叩きつけてこれで悪縁も終わり、と思っていたジアンですが、新しい家に入ってみるとドギョンが兄…。
会社の方は、契約職から一人正社員にするという約束を反故にしたのは会社の落ち度だ、とのドギョン父の意見でジアンはヘソンの正社員になります。
財閥家の娘の期待に応えようと頑張り、会社でも実績を重ねるジアン。
悪縁だったドギョンとも、兄だから、と親しくなろうとするジアンです。

こんな感じで始まるのですが、ドギョンとジアンが実の兄弟だとラブラインはあり得ませんよね♪
じつは、ジアンとジスのお母さんが思わず嘘をついてしまており、本当はジスが財閥家の娘なのね。
初めは自分が財閥の娘だと信じ込んでいたジアンだったのですが、つじつまの合わないことがあり、自分が財閥の娘ではないことを知ってしまいます。
ドギョンにはそれを打ち明けるものの、ようやく結婚へと動き出した兄の結婚式が済むまでは黙っておいてほしい、と頼み、事実を打ち明ける機会を先延ばしし、続いてドギョンの方の事情から、さらに先送りしているうちに財閥家の両親がその事実を知ってしまい、ジアンはどん底へと突き落とされることに…
しかもその頃にはジアンとドギョンの二人、恋愛感情が芽生えているのね。

このあたりの展開はとても面白く、次はどうなるの?と面白く見ていたのですが、その後わたしは、興味が続かなかったんですよ~~
このあと、登場人物たちの心の動きにまるで共感できないし、財閥家の様子はほとんどが紋切型のいつものパターンだし。
ただ、ちょっと特殊だな、と思ったのが財閥家のお母さん、明らかに実の娘ジスよりも、ジアンが自分の娘だったらよかったのに…と思っているんですよね。
彼女の方が都合の良い娘だったという事なんですが、このあたり、地味に注目ポイントだったかも?

後半になり、結局は貧しい家の方の父親の父性愛を描くドラマなのかな、と思ったものの、どうにも弱い。
感動もないんですよね~

ラブラインの方も、主要カップルの方はいろいろ理由をつけて前進できる道筋をつけはしたのですが、いろいろとご都合主義。
しかも、結局はほとんどずっとジアンはドギョンを拒否していたわけで、ちょっとつらかったです。
ジアンの行動には理解はできるけれど共感できないって感じかなあ。
ジスのラブラインは、もう少しメリハリがあってもよさそうなものなのに、何とも淡いです。
末っ子にいたっては、もう少し何かあってもよさそうだったのに、完全に肩透かしでした。

そして、ジアンが最終的に自分が本当にやりたかったことを見つけるという展開もねえ…
私は会社で一生懸命に働いていた時のジアンが素敵に見えていたので、なんだかとっても残念に思えてしまったんです。
でも、ドギョンの成長はよく描かれており、彼の転身についてはとても共感できました。
その他の両家の子供たちもそれぞれに、今までとらわれていた考え方から抜け出し自分らしい道を歩み出している姿はなかなかよかったです。
あ、ジスは最初っからそのままですけれど…

こんな感じで、いろんな要素があり、いろんな世代の人の興味を引くテーマがあったものの、そのすべてが中途半端な感じだったかなあ。
何でこんなに視聴率が高かったのか、正直なところ、私にはわかりませんでした。


web拍手 by FC2


[PR]
by kirikoro | 2018-07-10 08:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)