なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イ・ミンホ、チョン・ジヒョンの「青い海の伝説」


青い海の伝説(푸른 바다의 전설)  ☆☆☆☆
d0060962_06101102.jpg
2016~7年SBSの水木ドラマ、全20話(BS-TBS版は全26話)
演出 チン・ヒョク(「主君の太陽」「華麗なる遺産」「シティ・ハンターin Seoul」「検事プリンセス」
脚本 パク・ジウン(「星から来たあなた」「棚ぼたのあなた」「逆転の女王」)
出演者
イ・ミンホ(ホ・ジュンジェ/キム・タムリョン役)、チョン・ジヒョン(シムチョン/セファ役)、イ・ヒジュン(チョ・ナムド役)、シン・ウォンホ(テオ役)、ソン・ドンイル(マ・デヨン/ヤン氏役)、シン・ヘソン(チャ・シア役)、イ・ジフン(ホ・チヒョン役)、ファン・シネ(カン・ソヒ役)
最高視聴率は21.0%(AGBニールセンによる)

420年前には悲劇に終わった人魚と人間の恋-
転生しても繰り返す良縁と悪縁…
現世で再び巡り合った二人の運命の恋はハッピーエンドを迎えることができるのでしょうか?

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪





人魚と人間の恋なんてファンタジー設定で男性主人公が詐欺師、と私の視聴意欲にとってはマイナス要因になる部分があり、1度は1話でリタイアしたものの、割と評判がいいので再トライしました。
BSの26話版での視聴です。

少し見続けていると、心配だったファンタジー設定の部分は案外控えめで、お子様だましって感じもなく、普通のラブストーリーの延長として楽しむことができました。
また、詐欺師設定も、最初はひやひやして見ていたんですが、いつの間にか気にならなくなっていて、韓流スター主演のロマンチックな恋物語として見ることができました。
また、ロマンチックな気分を盛り上がる海外ロケも、無理やりロケシーンを入れましたという事もなく、製作者の術中に嵌っているなと自覚しつつも素敵なシーンにうっとり♪
韓流王道のツボをしっかり押してくるので、感情移入しやすいロマンチックなラブストーリーになっていました。
話数拡大版だったので、各話の最後がすこし盛り上がりに欠けた回もありましたが、話の続き具合に不自然な点もなく、充分楽しめる編集になっていたと思います。

(story)
ホ・ジュンジェは稀代の詐欺師。
ところがある日、詐欺には成功したものの、ヤバい筋とつながりのある人物に手を出したため、国外に逃亡します。
その滞在先のホテルの部屋に謎の女が侵入する、という事件が起こります。
じつはその女は海から上がって来たばかりの人魚で、人間界の事は何も知らないのね。
でも、口もきけないようだし問題行動ばかり起こす彼女を知能に問題があるようだ、と思うジュンジェです。
ジュンジェはいったんは警察に人魚を突き出すものの、彼女がしていた腕輪が高価な骨董品だと知り、彼女を警察から救出し、腕輪を入手します。
腕輪を手に入れると女は用済み、と置き去りにするジュンジェでしたが、あまりにも無防備な彼女のことが放っておけなくて結局宿に泊めてやることにします。
ところが、ヤバい筋の人たちが彼の行方を突き止めやって来ます。
逃げ回るものの、最後は崖の上に追い詰められたジュンジェでしたが、彼の手を取り海に飛び込む人魚…。
人魚は元の姿に戻りジュンジェを助けるのですが、人魚であることは秘密にしないと身を守れないため、ジュンジェの記憶を消します。

再び意識が戻った時には人魚のことはすべて忘れ、ソウルへと戻って来たジュンジェでしたが、人魚の方はジュンジェが軽い気持ちで言ったソウルへおいで、といった言葉を胸に、海を越え、陸を歩きソウルまでやって来ます。
水族館で再会したジュンジェと人魚でしたが、ジュンジェの方はやはり人魚のことは覚えていません。
でも、詐欺仲間からスペインで会った女のことを聞かれて(腕輪のことで問い合わせた時に話をしていた)記憶に欠落があることに気づいており、人魚が何らかの関係がありそうだ、と話を聞こうとするものの話をしない人魚。
そのまま行ってしまおうとしたジュンジェでしたが、純真な彼女が詐欺師にだまされそうになっているのを見て彼女を家に連れ帰ります。

ところで、ジュンジェは幼い頃に父が五歳を迎え、母が出て行った後、連れ子と共に家に入ってきた後妻に虐められており、高校生の時に家出して父とは連絡を絶っています。
そんな父でしたが、自分の財産は実の子であるジュンジェに継がせたい、と彼を探させ始める父親。
それを知った後妻は殺人を犯してその後脱走していたマ・デヨンにジュンジェ殺害の依頼を…

このマ・デヨンは前世でもジュンジェとこの人魚と悪縁があったようです。
宣祖の時代、過去世のマ・デヨンのヤン氏は嵐の日に打ち上げられた人魚を捕まえ、彼女を使って大儲けしようとしていたのですが、県令として新たに赴任してきた過去世のジュンジェ、タムリョンに酔って手放さざるを得ないことになり、再び人魚を捕まえることとタムリョンへの復讐に燃えることになります。
そのタムリョンと人魚、実はその時にあったのが初めてではなく、幼い頃から離れられない運命に陥っていたものの、人魚によって記憶を消されていたのね。
そして、タムリョンは夢で現世のジュンジェを見ており、ジュンジェもまた、少しずつタムリョンだった時のことを思い出し始めます。

過去世ではタムリョンと人魚の愛は悲恋に終わったようなのですが、現世の彼らはデヨンの魔の手から逃れることができるのでしょうか?
そして、彼らの愛を全うすることができるのでしょうか?

こんな感じのお話です。
コミカルなエピソードに過去世の話。ジュンジェの家の家族の話、と複数の要素が絡まり合いながら展開するストーリーなんですが、バランスよく、まとまりもいい感じで面白かったです。

ヒロインの人魚を演じるのはチョン・ジヒョン
2001年の映画「猟奇的な彼女」で大ブレイクした女優さんですね。
じつは私、図らずもこのドラマと同時期にドラマ版にリメイクされた「猟奇的な彼女」を見ていたのですが、チョン・ジヒョンの「猟奇的な」キャラって他の追従をゆるさない感じ。
今回も一般常識では考えられないような無茶な行動を繰り返すのですが、それがものすごく魅力的なんですね。
容貌だけでは彼女より美人の人はたくさんいると思うけれど、彼女ならではの魅力を存分に発揮できるのは、やっぱり韓流スターだな、と思います、
映画から15年経ち、それなりに年齢を重ねているのに、今でも無垢で無邪気な姿に違和感がありません。
そして、表面上の明るさとは別に、奥にずんとしたものを抱えているのを感じさせられます。
外見のイメージよりもずっと低音の声のせいなんでしょうかね?
それが人魚のキャラにピッタリだったと思います。

イ・ミンホは多少おっさん臭くもなりましたが、やっぱりかっこいいというか、韓流スターのツボを心得ている俳優さんらしく、視聴者のドキドキポイントを責めてくるんですよね~
画面に出てくるだけでぱっと華やかになるような花のある人だと思います。

こういう人たちが主演ですから、安心して見ていられる感じなんですが、脇を固める助演陣も良かったです。
コミカルな部分も多いだけに、コミカルな姿を見せる俳優さんもたくさん登場するんですが、それぞれに違うコミカルさなんですよね~
コミカル面で私が一番好きだったのはジュンジェ母!
ざっくり見ていると普通なのに、あちらこちらでそこはかとなくコミカルな姿を見せてくれていました。

ただ、シン・ヘソンはちょっとミスキャストだったかな?と私は思いました。
勘違いばかりの見るからにコミカルなキャラなんですが、彼女が演じるとなんか重いんですよね~
このキャラはもっと軽快な持ち味の女優さんに演じてほしかったな、と思います。

最後まで、おおむね満足して見たドラマだったんですが、ただ、ジュンジェ父がねえ
結局おバカな姿のままで終わってしまったのがなんとも…でした。




web拍手 by FC2

[PR]
Commented by みりん at 2018-08-06 14:17 x
こんにちは。楽しめたようでよかったです♪私はうーん…という感じでしたが、バージョンによっても評価が結構別れそうな気がします。CSノーカット通常20話版、CSディレクターズカット20話版(1・2話で追加映像入り)、地上波22話版(吹替あり)、BS26話版、セルDVD版…他にもあるかも?

CS放映開始とほぼ同時期にうちの地区では地上波でも始まり、CSが週一なのでCSで2話視聴後に月~金の地上波版に移行したのですが、カットしすぎで繋がりがむごく、吹替の翻訳・声優の質ともに「完全ブチ壊しレベル」でした。カット版は他でも違和感ある物は多いけど、比べ物にならない程で「…すごいところでカットするな」とあまりのセンスのなさに呆れる程で、ヒロインの吹替は元々かなり下手な人が米国ドラマのおバカなティーンみたいな独特のノリまま、現代どころか朝鮮時代までしゃべり通すのが最悪でした。最初に見たCS2話分は不自然さもなくきれいな流れで進んでいくので、朝鮮時代のファンタジーも違和感なかったです。エピローグも楽しいし。

イ・ミンホが苦手なのと、海外ロケがどうでもいいタイプなのでその部分が無駄に長く感じられたのもあり、地上波22話吹替版では★3もいかないかも…?チョン・ジヒョンは人魚の姿に違和感ないのがすごいし本当に魅力的だけど、彼女でなかったら見なかったかな…。イ・ミンホは苦手だからか、通常魅力的に見える演技が私には逆にダメで、詐欺師として悪い人物の方がまだ魅力的で、三人で悪企みして軽快に実行する姿の方が楽しく、犯罪面で大人しくなっていい人を目指す方向になると、やっぱり苦手感が出てしまいました。またいくら朝鮮に伝承があったとはいえ人魚という設定も所謂人魚姫とどこが違うのという練りの浅さだし、前世との繋がり云々もお家騒動も使い古された設定で、しかも陳腐に感じてしまったのもイマイチと感じた要因だったかも?

私もシン・ヘソンには驚きました。あの手の役に必要な小気味良さが全然で…。ミスキャストなのか、演技や魅力の限界なのか、チョン・ジヒョンの凄さにあてられてしまったのか、全部なのか…?その後見る予定だった「黄金色の~」での抜擢に不安を感じた程でした。

★3か★4で迷ったとのことですが、どの辺りでどの様に迷われたのでしょうか?こういうポイントを聞くのが好きなので、教えていただけると嬉しいです(図々しくてすみません)
Commented by ソネッチ at 2018-08-06 18:28 x
こんばんは。会う人ごとに言ってますが、本当に暑いですね。クーラーを一日中つけています。今月の電気代は電気代は恐ろしいことになりそうです。

パク・ジウン作家にこの豪華出演陣!制作が発表されたときから期待度MAXの作品でした。もちろん、韓国放映時にリアルに視聴しました。が、ぶっ飛んだ女主人公に、しっかり者の年下男主人公という設定がこの作家の「星から来たあなた」と被ってしまい、どうにも二番煎じという感じが拭えませんでした。また、この作品と放映時期が重なった「トッケビ」があまりに私のツボだったので、このドラマは途中で視聴がストップしてしまいました。

韓国ドラマ視聴絶不調のとき、このドラマが目に留まり,先月視聴し直したのですが、面白かったです。パクジウンは、やっぱり上手い脚本家だと思いました。続きが気になるエピソードが次から次へと起きて、最後まで面白く視聴しました。結果的に、視聴意欲がわかないときに見るには、持って来いのドラマでした。

チョン・ジヒョンは、大大スターですから言わずもがなですが、イ・ミンホの存在感というか、スター感もすごかったです。二人とも華があって、期待通りでした。ただ、主役二人があまりに豪華だったので、「トッケビ」「星から来たあなた」などと比べると、2番手カップルはもう少しどうにか・・と思います。シン・ヘソンは、今でこそ大活躍ですが、このドラマ放映時、私はほとんど名前を知らなかったです。
Commented by kamibin at 2018-08-07 14:50 x
Kirikoroさん
こんにちは

『青い海の伝説』ご覧になったんですね。
私は少し前に見ました。チョンジヒョンがあまりに人魚のイメージ通りで、全然違和感がなく
イミンホとも年の差を感じさせなくて
とても楽しく見ました。☆3か4で迷っているとおっしゃっていたので、ハハ~ン!これはてっきりkirikoroさん的には☆3だな、と思ってました。
そしたら☆4つ、びっくりしました。
でもおっしゃる通り、チョンジヒョンは声が低いので、ただただ弾けた行動をしても落ち着いているというか、ブッ飛びすぎない過ぎないところで
見ていて安心します。そっか、声のせいなんだ!
変わった行動や服装をしていても、とても可愛らしく品良く見えますよね。
またイミンホって、自分がカッコ良いとわかっていて、とことんカッコ良く振る舞うキャラがぴったり
で、この二人の相性がとても良かった。それになんかものすごく、出演者、特別出演者が多いドラマでしたよね~、流行りの、ストーリーの中で年代の行ったり来たりもそれほど嫌みに感じませんでした。
こんなファンタジーなストーリーは、まさに今、ささくれ状態の今の私に欲しいドラマですよ、ホント。さらっと楽しめるドラマが欲しい~(T-T)

それにしても、イミンホの家、入り口と内装のギャップスゴくないですか?あり得ない邸宅が多すぎる、韓ドラあるあるですよね。
Commented by お気楽母 at 2018-08-07 20:00 x
ご無沙汰してます。
生きてますか?
実は私、先月エライ目に合い死にそうになりました。
文句言いつつも何とか乗り切って自宅に戻ってきました。
やはり自宅が一番です。
「青い海の伝説」見られましたか?
今年の初めかなあ?見たんですよ。
見る前に、見た方のレビュー読んで「詐欺師?それがのちに検事?あり?」と。
全体的に悪くはないんですが、う~んなんとも・・・。
私この頃、チョン・ジヒョんさんがポツポツ登場してきて演じているけど何だかみんな同じに見えるんですよね。
甲高い声で叫ぶ?ファッションも彼女特有のファッション。
演技が下手とか言うんではなくただ何となく・・・。
だから、過去からの縁が今に続くお話になってるのは良く分かるんだけど何だかなあ・・・。
良かったと思えたのは、詐欺仲間のチョ・ナムドゥが過去も現在も、裏切らなかった事。
シン・ヘソンさん、甲高い声で勘違いもはなはなだしい役がほんと多いんですよね。
必要なのかと思いましたね。
今はドラマより「三食ごはん」に嵌ってます。
面白いですよ。

Commented by kirikoro at 2018-08-11 07:05
ソネッチさん、こんにちは。
ほんとに暑いですね~
私は冷房をかけると体調を崩すのであんまり使わないのですが、今年はさすがに利用しています。

「星から来たあなた」や「トッケビ」の印象が強い時期だといろいろ思うんですよね~
私が1度目に挫折したのも「トッケビ」の印象とかぶってしまったのが原因でした。
オリジナリティーという点では確かに見劣りするところもあるんですが、不調期にはこういう豪華な韓流王道のドラマって貴重ですよね♪

>結果的に、視聴意欲がわかないときに見るには、持って来いのドラマでした。

ここ、まったくの同感です!
チョン・ジヒョンとイ・ミンホに関しても同じ感想。

>2番手カップルはもう少しどうにか・・

一瞬、二番手カップルなんていたっけ?なんて思ったほどの印象の薄さでした…

シン・ヘソン。私も「黄金色の私の人生」で初めて名前を覚えた人なんですが、調べてみるとけっこう私の見ているドラマにも出ているんですよね~。まったく記憶に残っていない女優さんでした(汗)
Commented by kirikoro at 2018-08-11 07:10
みりんさん、こんにちは。
このドラマに限らず、韓国ドラマって、編集の仕方で全然違って感じられることがありますよね。
ノーカット版が最良かといえば、中には冗長な印象を受けるものもあり、一概には言えないのがつらいところです。
地上波は22話版なんですね~
今ちょうど、私の住んでいるところでも放送しているので見てみました。
1話をざっと見ただけでは何とも言えませんが、違和感のあるカットも確かになるかな、と。
しかも、いつもは吹き替え版で韓国ドラマを見ることはないのですが、久しぶりの地上波の録画でミスしてしまい、吹き替え版しか見られないことに(汗)
声優さんって、やっぱりアメリカドラマやアニメの吹き替えで進化していった技術を持っているのでは、と改めて思いました。

ロマンチックなラブコメは主演俳優さんたちが好きか嫌いかでも面白さが違って感じられませんよね~

>またいくら朝鮮に伝承があったとはいえ人魚という設定も所謂人魚姫とどこが違うのという練りの浅さだし、前世との繋がり云々もお家騒動も使い古された設定で、しかも陳腐に感じてしまったのもイマイチと感じた要因だったかも?

ドラマの世界に没入できないと、こういうところが気になってしまうものなんですよね~
私はそこそこ入り込めたので、違和感を感じずに済みました♪

シン・ヘソンは今のところ器用にあれこれできる人ではない感じですから、どういう役を演じるかが重要になってくると思うのですが、このドラマの役はちょっとねえ…
「黄金色~」の方はキャラ的には悪くはないと思うのですが、長編ドラマはちょっときつかったかも、と思わないでもなかったです…

星の数を迷った理由はオリジナリティーの部分かなあ?
私は基本的には新鮮味のあるドラマが好きで高い評価を付けるのですが、このドラマはそのあたりがすこし不足しているかも、と思ったんです。
でも、視聴意欲が絶不調の時期に見るのには、こういう王道的な韓国ドラマがすんなりと心に入って来るなあ、とそのあたりを高く買いました。
Commented by kirikoro at 2018-08-11 07:55
kamibinさん、こんにちは。
楽しいドラマでしたね~

>チョンジヒョンがあまりに人魚のイメージ通りで

私の場合、このドラマ以前に漠然とあった人魚のイメージはチョン・ジヒョンとまったく違うんですが、彼女が人魚をやったら、もう他の人魚は考えられない!って感じです(汗)

星の数は視聴意欲が高い時に見れば、3つにしたかもしれない、と思います。
あまりにも王道スタイルなのが普段だったらマイナスポイントになる要素なんですが、疲れ切った心には、こういう王道スタイルがしっくりくるんですよ~

変わった行動や服装をしていても、とても可愛らしく品良く見えますよね。

そうそう、この品の良さが他の人にはない彼女独自の良さって気がします。

>またイミンホって、自分がカッコ良いとわかっていて、とことんカッコ良く振る舞うキャラがぴったり

そうでしたね~
こういうキャラは最近の若い子ではまだまだ演じられません!
おっしゃるように、二人の相性もとってもいい感じだったし。

>出演者、特別出演者が多いドラマでしたよね~

それも楽しみの一つでしたよね♪
とくにチャ・テヒョンの登場には笑わせていただきました♪

>良かったと思えたのは、詐欺仲間のチョ・ナムドゥが過去も現在も、裏切らなかった事。

同感です!
どちらの時代でもミスリードさせるシーンがあって、これも効果的だったと思います、

>こんなファンタジーなストーリーは、まさに今、ささくれ状態の今の私に欲しいドラマですよ、ホント。さらっと楽しめるドラマが欲しい~(T-T)

まったく同感です!
やっぱり韓国ドラマの最大の魅力はこういうところにあるのかも、なんてことも思いました。

>それにしても、イミンホの家、入り口と内装のギャップスゴくないですか?あり得ない邸宅が多すぎる、韓ドラあるあるですよね。

ほんとあるあるですよね~
外見に合わせて内装を作ろうという気がハナからないとしか思えない…
Commented by kirikoro at 2018-08-11 08:06
お気楽母さん、こんにちは。

>エライ目に合い死にそうに

熱中症ですか?! 大変でしたね!
回復されて何よりです。

>全体的に悪くはないんですが、う~んなんとも・・・。

そうでしたか…
残念でしたね、

チョン・ジヒョンさん、同じに見えますか…
確かに猟奇的な彼女のイメージを引きずっている人なのかも。
私は「星から来たあなた」のキャラがすこしダメで、今回の人魚役は大好き、と似ていても印象はすごく違っているんですよ。

>良かったと思えたのは、詐欺仲間のチョ・ナムドゥが過去も現在も、裏切らなかった事。

ここはポイント高いですよね~
これがあることで終盤の印象がぐっと良くなりました♪

シン・ヘソンさん、やっぱり駄目ですか。
ほんとに必要なのかとまで思ってしまうキャラでしたよね~

>今はドラマより「三食ごはん」に嵌ってます。
>面白いですよ。

バラエティーは苦手気味であんまり見ないんですが、機会があれば見てみますね♪
教えてくださってありがとうございます!
by kirikoro | 2018-08-06 06:23 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)