なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ナムグン・ミン主演「操作~隠された真実(조작)」


操作(조작)~隠された真実   ☆☆
d0060962_05511447.jpg
2017年SBSの月火ドラマ、全16話
演出イ・ジョンフム
脚本 キム・ヒョンジョン
出演者
ナムグン・ミン(ハン・ムヨン役)、ユ・ジュンサン(イ・ソクミン役)、オム・ジウォン(クォン・ソラ役)、ムン・ソングン(ク・テウォン役)、リュ・スンス(チョ・ヨンギ役)
最高視聴率は12.6%(AGBニールセンによる)

大手新聞社の記事に紛れ込まされていた捏造記事!
書いた男はそれを正そうと奮闘するも殺されてしまう。
ネット専門の弱小新聞に入りその死を解明しようとする弟。
捏造により自ら掴んだスクープが誤報となった男。
上司の罪まで暴こうとして失敗した検事。
彼らが5年後、再び真実に迫ります。

社会の巨悪に挑む話は最近ほんとに多いですが、このドラマでスポットライトが当たっているのはメディアの世界。
大手メディアの情報操作や捏造記事を暴こうとする主人公は弱小メディアの記者なのですが、大手=悪、弱小=善といったシンプルな構造にはなっていません。
敵も味方も双方のメディアを使い分けながらの攻防戦が見られます。

*このドラマのアンケートを設けています。ご覧になった方がらに参加していただけると嬉しいです。





(story)
5年前メダルも期待される有力柔道選手だったハン・ムヨン。
監督の八百長を内部告発したため、ドーピングを行ったという捏造をされ柔道界を追われてしまいます。
そんな折、大手メディア”大韓日報”の記者であったムヨンの兄が何者かに殺害され、何者かがムヨンたちのアパートに侵入。
侵入者の後を追ったムヨンも刺されてしまう、という出来事がありました。顔は見ていないものの、犯人の腕の入れ墨を覚えているムヨン。
ムヨンを刺した男はムヨンの兄が知りすぎたせいだ、と言い残したことを覚えており、また、兄自身は最後の電話で人生をかけた取材をしている、といったことから、彼を殺した犯人を捜す手がかりは兄が書いた記事の事件にある、と愛国新聞という三流ネット新聞の記者となり、兄の手掛けた事件を追っているムヨンです。

そして、今回、兄が追っていた人身売買を潜入取材していたムヨンたちは監禁された女たちとともに、壁に塗り込められた4体の白骨死体を見つけます。
現場に警察を呼んでいたため容疑者はすぐに確保、話を聞きつけた仁川地検の検事クォン・ソラと大韓日報記者のイ・ソクミンも来ています。
クォン・ソラはムヨンの内部告発を担当したものの、ドーピング疑惑のため、手を引いた検事で、ソクミンはムヨン兄の先輩でムヨンの活躍を最初に記事にした記者。
彼らはムヨン兄が死んだ頃、手を組み、政財界を揺さぶるような大きな裏金事件を追っていました。
裏金事件の中心人物が失踪したのですが、その前にソクミンに遺書として、実名入りの告発ビデオと裏金にかかわった人物を記したノートを残していました。
報道と同時に家宅捜索に入ったのですが、情報は漏れており空振り。
その上、記事が出るや否や死体として発見される中心人物。
自殺に偽装されており、ポケットには偽造された認知症の診断書まで…
ソクミンの記事は誤報となり、彼のチームは解散、彼自身は閑職へと追いやられてしまいます。
クォン・ソラの方も、事前に危険を察知した上司に止められたものの強行、そのために懲戒処分となり、地方の地検へと飛ばされてしまいます。
ところで、ムヨンの兄は捏造記事に関わっていたらしく、ソクミン達が追っていた事件にしても、中心人物が認知症という診断書を書かせたのも彼のアイデアのようです。
そして、その診断書を書いた医師はムヨンをドーピング疑惑に陥れた人物で、殺した犯人は白骨死体の犯人でもあります。

白骨死体の事件に関しては科捜研にまで手が回り、釈放されてしまう犯人。
その背後には巨大な力が動いているらしいのですが、彼らにようやく身えてくるのは新聞社の常務や検察の部長、ノアという法律事務所の弁護士チョ・ヨンギなど。
目の前の敵た戦いながらその背後を探ろうとするムヨン、ソクミン、ソラたち…

こんな感じで始まる物語です。

じつは、題材自体は新鮮なはずなのに、あまり新鮮さは感じず既視感があったんですよね~
主人公級の役者さんたちがみな、違う職種にしても似たようなポジションを占めているドラマに出ているせいかもしれません。

また、ストーリーの進行も多少もたもたとした印象がありましたし、扱う事件に関してもリアリティーを感じられなかったり…

それでもまあ、それなりに面白く見ていたのですが、ラストが私は不満足でした。

結局話は本当の悪人たちの実態がほとんど見えないままに終わってしまうんですよね~
一人だけ名前の挙がる人物があるのですが、顔もでてきません。
また、過去の軍事政権に関わりがあるらしいという話は出てくるのですが、具体的には何もわからないところで終わっちゃっているんですよね~

しかも大手新聞社は、記事を捏造したことを明らかにして謝罪したものの、主人公たちは物語の端緒の事件をようやくもう一度やりなおそうとすることろで終わっています。
そうそう簡単には切り崩せないのが現実だ、といえばそうなんですが、ドラマとしてはあまりに無力感を感じてしまいます。

また、ムヨンのドーピング疑惑ぐらいははっきりと正すことができそうだったのに、それもなかったですしね。
じつは私、ムヨン兄が提案した裏金事件の解決法なんですが、上層部の意見に従うふりをしながら、最終知的に医師の偽造診断書を利用してムヨンの無実を証明しようと思っていたんじゃないか、などとも考えていたんですけれど…

このラストは続編が念頭にあってのことなんでしょうかね。
続編とかあれば話は違ってきますが、続編が作られるという話も残念ながら、いまのところないようです…



web拍手 by FC2


[PR]
by kirikoro | 2018-08-24 05:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)