なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

パク・ヘス、チョン・ギョンホの「刑務所のルールブック(賢い監房生活)」


刑務所のルールブック/賢い監房生活(슬기로운 감빵생활)  ☆☆☆☆☆
d0060962_07440793.jpg
2017~18tvNの水木ドラマ、全16話(と言っても、1話あたり90分ぐらいあります)
演出 シン・ウォンホ(「応答せよ」シリーズ)
脚本 チョン・ボフン
出演者
パク・ヘス(キム・ジェヒョク役)、チョン・ギョンホ(イ・ジュノ役)、クリスタル (f(x))=チョン・スジョン(キム・ジホ役)、チョン・ヘイン(ユ・ジョンウ役)、チョン・ウンイン(ペン・セユン役)、
最高視聴率は11.3%(TNmSによる)

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


犯罪者たちが主人公のドラマって、私は基本的には苦手なんですが、評判がとてもいいので見始めたところ、このドラマでは刑務所暮らしをユーモラスに描かれており、とても面白かったです。
ユーモラス、といってもいろいろありますが、このドラマではギャグタッチではなく、とぼけた味わいで、一歩遅れてじわぁーっとくるような笑いが主。
登場人物のキャラと一体になっているユーモア感覚で、見ているうちに癖になるって感じでした。

しかも、面白おかしいだけではない話。
彼らが刑務所暮らしを少しでも快適にしよう、と奮闘する姿は面白いし、彼らの間に芽生える情にほっこりしたりしていて、ついつい忘れてしまいがちなんですが、彼らは受刑者なんですよね。
時折それを思い出させられ、そのたびにずんと来ます。




主演のパク・ヘスを始め、知らない俳優さんがほとんど、というドラマでしたが、みんな上手い!
ミュージカル俳優さんが多いと聞いて、納得です。
NETFLIXでは「刑務所のルールブック」のタイトルで配信されていますが、KNTVでは原題の「賢い監房生活」の題で放送されるようです。(私はNETFLIXで見ました)

登場人物は中にはいかにも凶悪な犯罪者って感じのコワい人たちもいますが、だいたいは個性あふれる人たち。
ジェニョクの話を中心に置きながらも、彼らのエピソードも展開します。
そして、濡れ衣を着せられてやって来た人たちもいます。
そんな人たちが出てくると、韓国ドラマではこれでもか、とシリアスに描かれることが多いのですが、このドラマでは問題点は外さないまま、ユーモア感覚を保って描かれています。

また、刑務官たちの方も、多種多様な価値観を持ち動く。一筋縄ではいかない人たち。
しかも、登場人物の誰もが一見してわかるという性格ではないんですね。(本来人間ってそういうもんなんでしょうが)
このドラマに付き合っているうちに、彼らのそれぞれに別の面が見えてきて、人間って複雑で面白い!と思わされます。

しかも、演出が「応答せよ」シリーズの人で、「応答せよ」を思い出す演出もあって、それも楽しかったです。
(脚本家さんも「応答せよ」シリーズの作家チームにいた人だそうです。)

(story)
キム・ジェヒョクは苦労を重ねてプロになったトップクラスの左腕投手。
ともかく努力の人で国民的な人気を得ながらも奢るところがありません。
そして、ついにメジャーリーグに移籍することが決まった矢先、事件が起こります。
彼の妹がレイプされかける現場に出くわしたジェヒョクは頭に血が上り、とことん追いかけて行って反撃、相手が意識不明の重体に陥ってしまいます。
過剰防衛で留置所に入ることになってしまったジェヒョク…
拘置所での慣れない生活に戸惑うジェヒョクでしたが、彼には心強い味方がいます。
幼馴染で高校時代には彼よりも期待されていた投手だったイ・ジュノです。
でも、拘置所内ではジェヒョクの熱烈なファンとして知られており、彼も自分が友達だとは明かしていません。
ジュノは刑務所といっても人間の暮らしているところ、と言って安心させようとします。が…
もう一人、彼を励ましてくれるのは元恋人のキム・ジホ。
別れたことを知らないジェホの母親から頼まれて来た、と言うジホですが、どちらも未練がある感じです。
こうして、何とか拘置所生活に適応しようとしながら、控訴審での執行猶予判決を期待していたジェヒョクでしたが、控訴審でも判決は覆らずに刑務所に移ることになります。
拘置所よりも恐ろしいと言われる刑務所生活を始めるジェヒョクには更なる試練と出会いが…

ユーモラスな小さなエピソードが多い上に、なんか臨場感(?)があり、自分がその一因になった気分になったり、と、いつの間にか刑務所生活に憧れたりしちゃいました。
また、ジェヒョクが危機をふわりと乗り越える話が多くて、ついつい、犯罪者たちの話だということを忘れがちなんですが、忘れたころに、彼らの厳しい現実を思い知らされ、憧れたりしていた自分も一挙に現実に戻されたりするんですね。
その構成が絶妙と言うか、とってもうまいと思います。
そして、甘さと苦さのバランスもいい。
主人公の話は多少甘い目寄りで進むんですが、そんな中に、夢から覚める苦さもあるんです、
ラストもまた、突然の別れがあったり、長きにわたる努力が一瞬で無に帰するエピソードもあり、と、みんなハッピーエンド、では終わらせない話です。

最近の私は、一日にいくつかのドラマを並行して1話ずつ見る、という視聴パターンを撮っていたのですが、このドラマは90分もあるのに、ついつい続きが見たくなって日に何話も見てしまっていました。

視聴率もケーブルではかなりのヒットという数字ですが、それ以上に面白く感じられるドラマでした。
刑務所の話なんて苦手~、と思っていらっしゃる方や、役者さんが地味~とためらわれている方にもぜひ見ていただきたい、とってもおすすめのドラマです♪



web拍手 by FC2



[PR]
Commented by ソネッチ at 2018-09-29 09:03 x
おはようございます。面白かったですよね、このドラマ!netflixが同時配信してくれたので、ほぼリアルで視聴しました。大好きな「応答せよ~」のプロデューサーだし、お気にいりのチョン・ギョンホが出演と聞いて、制作発表の時から「見るぞ」とチェックしていました。

舞台がずっと刑務所ということで、癖のある(何と言ってもみんな犯罪者)おじさんたちの共同生活を描いていますが、悲惨な感じや暴力的な描写はあまりなく、受刑者たちの行動に思わず笑ってしまう面白い人間ドラマでした。脚本がよかったですよね。

視聴する前は、チョン・ギョンホが主役とばかり思っていたのですが、主役はパク・ヘスでしたね。「六龍が飛ぶ」の豪快なジランが印象に残っていた俳優さんですが、大柄なのでこのドラマの野球選手という役にもぴったりでした。群像劇なので、地味ですが存在感のある彼の主役は、脇もひきたち、とてもよかったと思います。視聴時「秘密の森」や「あなたが眠っている間に」を見て間もないときだったので、イ・ギュヒやチョン・ヘインがの出演も嬉しかったです。二人とも前作とは全く違う役で、しかも、見せ場の多い役でした。そして、この二人に絡み、何度も笑わせてももらったパク・ホサン氏!彼の出演ドラマは見ているのですが、あまり記憶に残っていなかったんです。今回の役は舌足らずの台詞回しが印象的で、彼のキャラにツボリました。後、お馴染みチョン・ウンイン氏。口の悪い刑務官役で登場した時は「また、いつもの役だな」と思ったのですが、ひとひねりあって、これもとってもよかったです。キャスティングが素晴らしく、それに応えた俳優陣も素晴らしい「おじさんドラマ」でした。
Commented by kirikoro at 2018-10-03 07:32
ソネッチさん、こんにちは。
面白かったですよね~
おっしゃるように、本当によくできた脚本だったと思います。

主役、私もチョン・ギョンホとのツートップかしら?と思っていたのですが、彼は準主役の位置でしたね~
でも、無理やり目立たせることもなく、自然な位置にいて、それも良かったです。

>悲惨な感じや暴力的な描写はあまりなく

私はそういう場面が多いに違いない、と思っていて、視聴するのが遅れました。
見てみるとほんとにその通りで、不愉快に感じる要素がなかったです♪

パク・ヘスさん、ドラマではとっても大きく見えて調べてみたら181センチと、そこまで大きくなくてびっくり!
がっしりした体型が身長以上に大きく見せているんでしょうね~
ほんとに野球選手って感じの存在感でした。
他の出演者もみんな、とっても印象的なキャラばかりだったので、ついつい調べてみたんですが、ほんと、この人、この役で出ていたんだ!といった驚きの連続でしたね。

>後、お馴染みチョン・ウンイン氏。口の悪い刑務官役で登場した時は「また、いつもの役だな」と思ったのですが

私もそうでした!
後で考えてみると、みんなそう考えてしまうところもキャスティングのポイントだったんだろうな、などとも思いました。

>素晴らしい「おじさんドラマ」

おっしゃるとおり!
素敵なドラマでした♪
by kirikoro | 2018-09-28 07:59 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)