人気ブログランキング |

なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

チェ・ジニョク、ソン・ハユン主演「恋の記憶は24時間~マソンの喜び~)」


恋の記憶は24時間~マソンの喜び~(마성의 기쁨)   ☆☆☆
チェ・ジニョク、ソン・ハユン主演「恋の記憶は24時間~マソンの喜び~)」_d0060962_07424853.jpg
2018年のDRAMAX、水木ドラマ、全16話
演出 キム・ガラム(「ヴァンパイア探偵」「いばらの花」
脚本 チェ・ジヨン
出演者
チェ・ジニョク(コン・マソン役)、ソン・ハユン(チュ・キップム役)、イ・ホウォン(ソン・ギジュン役)、イ・ジュヨン(イ・ハイム役)
最高視聴率は2.2%(AGBニールセンによる)

〈シンデレラ記憶障害〉という(たぶん架空の)病を患い、昨日のことはすべて忘れてしまうはずなのに、たった一人、愛した女性のことだけはなぜか思いだしてしまう、というロマンティックな設定のラブストーリーです。

背景も海外ロケを含め、ロマンチックな場所が次々と登場。
行ってみたくなるところがたくさんありました。

(タイトルは変わるんじゃないかと思うのですが)韓国放送時に日本語で紹介されているタイトルはみんな「魔性の喜び」になっていて、激情系のラブストーリー?なんて思ったんですが、「魔性」って感じはありませんね。男性主人公の名前と取っていいように思います。題の後半部の「喜び」というのもヒロインの名前とのダブルミーニングです。
昔の少女マンガのようなかわいいラブコメでした。

主演は「愛の迷宮-トンネル-」「エマージェンシー・カップル」のチェ・ジニョクと「サム、マイウェイ」「ファントム」のソン・ハユン
身長差カップルで、チェ・ジニョクがとっても大きく頼りがいのある感じに見えました♪

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪


(story)




チュ・キップムは韓国で国民の初恋と言われるトップスター歌手。
仕事で中国南部の海南を訪れている時、偶然、誤解からコン・マソンと出会います。
マソンは大企業のソヌグループの後継者序列1位であり、なおかつ世界の脳神経分野の最高権威者であり、ソヌ病院脳神経センター長を務めている男。
キップムとマソンは出会ってすぐに恋に落ちるのですが、1時間後にもう一度会おう、と約束して別れたものの、その後再会することができなかった二人です。
というのも、偶然キップムをハメよう、と話し合っている男たちの話を聞いたマソンが彼らの後をついて行き、そこで交通事故に遭ったため…
マソンと会えず、仕方なくホテルに帰ったキップムは、キップムをものにしようと狙っていたアイドルに薬を盛られて意識を失い、彼の部屋に連れて行かれてしまったのですが、そこでアイドルが死んでしまい、キップムは殺人の容疑者に!
そして3年後。
キップムは嫌疑不十分で罪には問われなかったものの、彼女が殺人者に違いないと思い込む人たちも多く、すっかり人気を失ってしまいます。
それでも芸能界に残り、情けない姿をさらし、生の魚の丸呑みまでさせられています。
その魚の骨が喉に刺さり、病院に行くキップムなのですが、監督がいくら落ちぶれたとはいえ、これは許せないという映像を撮っていたのを見つけ、それを消そうと悪戦苦闘しているうちに録画スイッチが入ってしまいます。
そこに通りがかったのがマソンです。彼の勤める病院だったのね。
ところが、キップムのことに気づかないマソン、
実は彼、3年前の事故がもとで、翌日に記憶を持ちこせない記憶障害〈シンデレラ記憶障害〉を患っていたのです。
しかもマソン、3年前の印象とはまるで違い、気難しく、キップムに酷い態度をとります。
彼は日常生活を送るため、一日の出来事をこと細かくメモしていたのですが、キップムとの出来事はメモする価値もない、と書き残しもしません。
ところが、翌日になってもキップムと再会した時の場面が思い浮かぶマソン。
気になって、秘書に聞くものの、離れていた時の出来事のため、彼は知りません。
ところが、キップムが消そうとしていた動画がアップされてしまい、それがマソンの目にも触れます。
彼女のことを調べさせ、インターネットショップもしていることを突き止め、大量注文を入れて自宅に届けさせるマソンです。
翌日になっても思いだす、ということは大切な人ではないかと思ったものの、あまりにも情けないキップムの姿にそんなはずはない、と思うマソン。
それでも、直接キップムに、自分と付き合ったことがあるかと聞くマソンです。
記憶障害のことを知らないキップムはそうですと言えるわけもなく、否定。
すると、追い返すように彼女を帰すマソン・・・
けれども、キップムを帰したものの気持ちがすっきりしないマソンはキップムの家までやって来ます。
またもや誤解から腹を立てて帰ろうとするマソンなのですが、今度はキップムの気持ちがおさまりません。
何であの日、会いに来なかったのか?と聞くキップムなのですが、もちろんマソンは何も覚えていません。
キスしたことも覚えていない浮気者、と非難するキップムに、明日になっても君のことを覚えておくべきか君が決めろ、と言うマソン。
きれいさっぱり忘れて道で会っても知らないふりをしろ、と答えるキップムです。
でも、翌日もまた、キップムのことを思い出すマソン・・・

こんな感じで始まり、ラブラインではマソンのいとこのギジュンと、キップムと入れ替わるようにトップスターとなったハイムが絡まりつつ、別のラブストーリーを生み出し、といった展開を見せます。

この、ギジュンを演じるイ・ホウォンという俳優さん、見覚えはあるんですが、名前に覚えがない…
雰囲気的にK-POPアイドルっぽいな、と調べてみると、元INFINITEのホヤが改名しているんですね♪
韓国の俳優さんって、人気が出てからも改名する人が多くて、ほんとについて行けません…

そして、キップムを再び陥れようとする動きがあり、ソヌグループの代表の座を巡っての策略もあります。

お話自体はだいたいが予想のつくストーリー展開で平板、正直なところ16話は長すぎ、と思いましたし、わたしは中盤で退屈したりする事もあったんですが、主演の二人が嫌いじゃなければ、まずまず楽しめるドラマではないかと思います。


web拍手 by FC2



by kirikoro | 2018-11-20 07:58 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)